000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

コスミックハートプロジェクトへようこそ!

コスミックハートプロジェクトへようこそ!

全2件 (2件中 1-2件目)

1

HealingTour

2013年08月08日
XML
カテゴリ:HealingTour
   アリゾナ、ニューメキシコ、コロラド、ユタの4州が合わさるフォーコーナーズを訪れたのは、私にとっては約30年ぶりで、その変貌ぶりには驚くばかりでした!! 昔はほんとに何もなく、石柱が一本立っていただけでした。でも多くの先住民にとっての聖地の趣きがありました。今はディズニーランド並みに整備され、4州の合わさるポイントでポーズ写真を撮るために順番待ちをする人々の長い列が・・・たくさんのお土産屋さんのブースといい、正直、かなりがっかりです・・・

 サンタフェではオーガニック野菜が並んだファーマーズ・マーケットを巡って買出し。今回の旅は食事も毎回、満足度の高い手作り中心で皆様に好評でした(!)。“サンタフェチック”に、キャニオンロードに並ぶギャラリーやブティック巡りに繰り出したり、ジョージア・オキーフ美術館を訪れたりと充実した時間でした。

    U4
     サンタフェへ向かう道中も、いろんなUFOが現れました~~!!

 奇跡の砂で有名なチマヨ教会・・・は正直、かなりがっかり! 私はほぼ30年ぶりに訪れたのですけど、同じチマヨとはとても思えないほどの変貌ぶりで、教会周りもきれいに美化されたのはいいとしても、その代わりに大切な魂が抜けてしまったというか・・・それを象徴するかのような「事件」は、2ヶ月前に起こったばかりだそうです。この敬虔なディエゴの隣には美しいグアダルーペの聖母像があって、それが何よりもパワフルだったのに・・・何とその聖母像が何者かによって盗まれてしまったそうです! 何だか悲しいなーと心を痛めていたら、あたりからどこからともなく、ふわ~っと美しい芳香が漂ってきて、私たちを慰めてくれました。きっと祈りが聞き届けられたのでしょう・・・

     chimayo
     ディエゴが崇めるそこにはいつも美しいグアダルーペの聖母像があったのに・・・

 オホ・カリエンテではちょっとゴージャスなお宿で2泊、ミネラル温泉でしばし旅の骨休めです。昼間は世界遺産、タオス・プエブロへ出かけて、これまたマジカルな時間を過ごしました。チャコキャニオンといい、このタオスといい、ユネスコ世界遺産を2箇所も訪れたゴージャスで奥深い旅でしたね~。

 タオスは世界遺産だからか、30年前とあまり変わらず、きれいな小川がきれいなまま、村を流れていました。ここでも「偶然」入った店で、皆で感動体験を!思わず、村で一番のドラム造り職人による手作りドラムをオラクルに持ち帰ることになりました。

     Taos
     世界遺産、タオス・プエブロ。ここは6回目!という信じられないRさんのガイドで~
 
 オホ・カリエンテは、オホ(目)、カリエンテ(熱い)という意味なのですが、熱い目って?と思いながら、温泉に浸かって運転で疲れた首筋を伸ばしていたら、参加者のお一人、気を扱う術に長けたヒーラーのサカイさんが「気」を入れてくださり、短い時間で回復できたのでした! そのとき、閉じていた私の目がぐわ~んと熱くなって、そのとき、はたと思ったのでした。「熱い目!、オホ・カリエンテだ!」と。まるでデジャヴー体験! 
私も霊気で気を扱うこともあるけど、サカイさんの気はぐんとパワフルで、温泉に入っているから余計に、私の離した両手の間にはビリビリと電流が通るかのようで、もう少しで感電するところでした! 

 サカイさんは女性みんなに、気を操ることでほうれい線をとり、顎のたるみをとって小顔にする美顔術を実演してくれました。全員驚きの納得ぶりでした。これは皆様にもお勧めせねば、というわけで、東京でサカイさんの気治療を受けたい方はどうぞ、ご連絡されてみてくださいね。サカイさんは気を入れることで、安もののワインを上等の美味しいワインにしてくれるという技も披露してくれ、皆さんに大受けでした!

     sakai
     タオスで、我が家へ来ることになった手作りドラムを持ってくれたのは気のマスター、サカイさん!

 夜は楽しい食事の後、温泉、そしてキャンプファイヤーでのアセンショントークあり、またデッキで皆で寝転び、満天の星の下、流れ星を目で追ったり、UFOかも?とワクワクしたり・・・夜毎に楽しかったですね~!

 最後のアルバカーキーでは、バイオパークを訪れました。お目当ては蝶の館です。色とりどりの美しい蝶たちが飛びかう空間にいるだけで夢心地、なかなか離れ難かったです。水族館のクラゲもまた、コスミックでいつまでも決して見飽きないディスプレイでした!

     moonjelly
     バイオパークの水族館では、クラゲの遊泳が実にコスミックでした~!

(パート3に続く)






最終更新日  2013年08月08日 17時58分08秒


カテゴリ:HealingTour
 暑中お見舞い申し上げます!
今年もそんなご挨拶の季節となりました。昨日の新月は、私もオラクルハウスにて祈りの輪に参加させていただきました。68回めの広島、そして長崎原爆記念日への思いもまた、グリッドに乗せたところです。決してこのレッスンを風化させてはならないから・・・

 この夏、また一段と馬力アップで大シフト!を否応なしに強要されるような昨今のエネルギーですけど、皆様、倦怠感やら不思議な頭痛やらでへこたれていませんか? これもセントラルサンから降り注ぐアセンションエネルギーの一部ゆえのこと、シンドイですけどまたとない宇宙的進化のチャンスです。優しく、しなやかに踏ん張って(!?!)この夏を乗り越えてまいりましょう!

 私もビッグな10日間のサウスウエスト大巡礼のスピリチュアルツアーを無事終えて、帰宅したところです。身辺の雑事、諸事・・・に追いつきながら、それでも3700キロも走ると、たくさんのグリッドをまたいだからか、頭では(気持ちは)大丈夫なのに、身体はまた元のグリッドに戻るまで大変です。ご参加の皆様をアルバカーキー空港にお見送りしてから、今度は一日じゅう(10時間?)一人で運転してオラクルハウスまでたどり着くと、気持ちはかなりハイなのに、首すじ、肩凝りが・・・・の私を待っていてくれたのは、何と! ラストーンセラピーの創始者で私の敬愛する先生でもあるメアリー・ネルソン女史によるLaStoneのセッションでした! 何てラッキーな!! (私のトウリーディング・セッションとトレード)。
 マスターによる温・冷両方の見事な石使いのアートに身をまかせること2時間。心(芯)からじっくりとほぐれていくのがわかります。ラストーンは、繰り返される温熱・冷却効果ゆえに、通常のマッサージを受けるのに比べて3倍もの相乗効果があります。これは何度も実証済み!

     sacred symbol
     メアリーによるセイクレッドシンボル、私への石たちからのメッセージ解読には夢見のワークも伴います。

 セッションの間に使われた150個+の石たちは、セイクレッド・シンボルとして無意識のうちに曼荼羅を形成していきます。石たちからのいまの私へのメッセージです。今度のシンボルはかなり強烈でパワフルだったな~~!! これというのも、今回のビッグな巡礼の旅の直後ゆえに、そのまとめのような役割もあったようで、石のワークは夢見のなかでもしばらく続いていきます。何という思いがけないすばらしい旅の締めくくり! 宇宙に、そしてメアリーに感謝です!

 あ~~それにしても何という楽しいミラクルに満ちた旅だったことでしょう! とてもその濃くて実にマジカルな内容をすべて記述することはできないけど、ダイジュスト版を~!
 40度を超えるフェニックスに降り立った皆様は、熱さにびっくり仰天! この先、一体どうなるのやらと不安がよぎったはず・・・でもそもそも旅の始まりからして、大空にかつて見たこともない大きく見事な彩雲が現れ、その隣には誰の目にもはっきり分かる大きなハート雲がぽっかり浮かび、参加者の皆様をお出迎えくださいました! 幸先のよいスタートです。それにまったく私の計画するところではない「偶然」によって、この旅の始まりの日は、マヤ暦でいう「銀河の同期」の日だったそうです。

 セドナでも天の歓迎の言葉を受け、みんなで頑張って登ったカセドラルロックから降りると、ちょうどスイス人のご夫婦がフラワー・オブ・ライフを完成させたところでした。あちこちで虹が出たり、雲がUFOになったり・・・と道中の時空を彩ります。最初の夜から、さっそくUFOと出会ったりと、この先がもっと楽しみ! もっとも参加者のなかにいつも遭遇しているU4さんがいたからかも?

     flower of life-sedona
     フラワー・オブ・ライフ完成!きっとこの旅はグリッド作りの旅になる予感が・・・!

 今回もまた、天は惜しげもなくありとあらゆるコスミックな天体ショーを見せてくれました! それも雨期のアリゾナならではのこと。お手上げ寸前の熱い空気、バケツどころか、太平洋が真っ逆さま?になって降ってきたような雨から、天をつんざくような稲光、雨のあとのしっとりとした美しい緑の砂漠(!)、完璧なしかも二重半円の(!)虹、動物たちや雲(蜘蛛)を駆使してのメッセージ、夜は空にUFO! こんなのあり?という感じのマジカルな毎日でした。シカゴから参加してくれたHさんが運転も手伝ってくれて負担半減、ありがとうございました!!

 ホピ村ではまたしても「偶然」にマーティン長老と出会って再会を喜び合いました!お元気そうでしたが、今年は歩行器を押していました。ホテヴィラ村ではカチナが踊るホームダンスのリズムに酔いました。これを聞かないことには、私の一年は決して明けないのです!

     wMartin
     毎年、まるで待ち合わせていたかのように、長老にばったりお会いするのは不思議です・・・ 
 
 これだけ雨が降ると、キャニオン・デ・シェーでのジープツアーも、普段なら決して見られない赤岩から雨が急遽、滝となって流れ落ちる様子も眺められ、スパイダーロックも緑多い谷との対照が際立って美しかったこと! 雨でチャコキャニオンへの舗装されていない道の状態が心配でしたが・・・ 何とかその日は快晴、無事に通れて古代アナサジ、アステカの里へと迎え入れられたのです。後で知ることになったのですが、宇宙のポータルを開けることになったチャコキャニオンを訪れた日は、太陽系の星ぼしが天に六芒星を形成した銀河の「ダビデの星」の配列の日だったそうです。マヤ暦を知らない私なのに・・・やっぱり自分でやっているようで実は動かされているだけ、ということをまたしても実感させられる旅でした。
 
     spider rock
     雨のおかげでしっとりとした緑の谷とのコントラストがきれいなスパイダーロック:キャニオン・デ・シェーにて~

     bridging Chaco
     世界遺産、チャコキャニオンでブリッジポーズを!アナサジ、アステカとの架け橋に!         

(パート2へ続く)






最終更新日  2013年08月08日 17時53分41秒

全2件 (2件中 1-2件目)

1


© Rakuten Group, Inc.