2022年03月28日

お彼岸に緋色のカーディナルと再会!ワシントンDCの桜祭りライブでよしとするしか・・・今こそ新月(4月1日)の祈りを!

アリゾナの高地にも少しずつ、春が訪れています。去るお彼岸の夕方、いつものように近所の散歩コースを早足で歩いていると、ピーピーピーとひときわ賑やかな鳥の声がしてきて、歩く私に話しかけてきているみたい。あまりに賑やかなので足を止めて見回してみるけど、どこにも見えない。どこにいるの?とよーく見ると、茂みのなかから、鮮やかな緋色の一羽のカーディナルがヒョッコリと現れたんです!あらまあ~~!


2年前に息子が向こうへの橋を渡ったときにも同じように、緋色のカーディナルが2日間にわたって現れてメッセージをくれたことがあったので、これは息子かも?と咄嗟に思いました。その緋色君は、私がしばらくして写真を撮ることを思いついて何枚かパチリとしたにもかかわらず、ずっとそこに居て、しかも真正面から(!)私をじっと見るんですよね。そうかー、あれから2年、日本ではこれを(二周忌ではなく)三周忌というのだとある方が教えてくださいました。それで私は周囲に誰もいないことをいいことに、息子への愛をいっぱい伝えました。そうして数分たったのに、それでもまだ彼はそこにいるんですよね。去りがたい思いでその場を去っても、また別のもっと高い木に移動して、そこからも見ているのでした。見えないだけでそこにいる!ことを実感せざるを得ませんでした。時空を超えて、愛だけが真実なんですね。

ここにも地元の早咲きの桜は咲き、もう散っています。もっともソメイヨシノの風情はまったくいのですが、やはり桜は桜・・・で愛でて眺めております。

やっぱり桜並木が見たいなあと思って、そういえば日本がワシントンDCに贈った桜があったなあと思ってチェックすると、いまちょうど満開みたい。ライブでワシントン桜フェスティバルの様子が見られます。

https://nationalcherryblossomfestival.org/bloom-watch/

ほんとはすぐさまDCに行こうとしたんだけど、急にフライトを取ろうとすると驚きのお値段!ホテル代も一泊安いところでも500ドル位する!ちょっとなぁー。今年はライブで我慢します。来年こそは日本に行けますように~!


​             ​​​             裏庭にはあやめも咲き出しました。
​​

もうすぐ​
4月。しかも1日は新月です!このクレージーな世界情勢、マスごミを総動員して展開中の恐れの心理戦を再考してみるいいチャンスです。それぞれのいらっしゃる場所から、ぜひ真我と繋がってみてください。テレビは消してね。そしてブレない自分を確認してみてくださいね。Ukライナ「問題」なんて、ほんとに起こっていることから目をそらすための煙幕シアターであることを忘れないでください。


さて、やっと春らしくなってきたところで、私としては
2021年から続けてきたユニコーン・プロジェクトをどうしても終わらせたいですね。残るは青森県と鳥取県の2。青森県は縄文の里、とても大切な北の玄関口。鳥取県は隣国への交通要所、港がありますよね。どちらも大切です!だからもう一度だけ呼びかけさせてください。この2県にお住まいの方で、私が無料でご用意しているアンダラたちを県内のポイントに納めていただけるユニコーンさんの挙手をお待ちしております!また、雪解けまで待つことにしてあった県、そしてまだ奉納が終わっていない2県(岩手県と奈良県)の挙手していただいたユニコーンさま、どうぞご奉納のほど、よろしくお願いいたします。ご報告をお待ちしております。本プロジェクトの状況はいつも​トップページに更新​しております。

そしたら、今日!愛知県のKさんより、こんな胸アツのメッセージが届いたんです。
実はKさんは、以前にも何度かご連絡をいただいていました。「・・・(前略)私はペーパードライバーではありますが、もし誰も挙手がないようでしたら、どうぞ私をお使いいただけないでしょうか?・・・」と。

いやー、まさか愛知県から青森県まで、ペーパードライバーの方に運転させるわけにはいかない、と、私としても丁重に辞退させていただいた経緯があります。「K様のお気持ちはとても嬉しいの一言に尽きるのですが、やはり地元にお住まいの方の愛の行動をこそ」という趣旨を述べさせていただいたのでした。同じく、他県からご自分の手持ちのアンダラや石たちを青森県の岩木山神社などにご奉納くださった方がたもおられました。本当に愛ゆえの、愛だけの行動ですよね。感謝してもしきれないです。

そして今日、再度、Kさんからのご連絡がありました。

「美保子さん、こんにちは、
すっかり花見シーズンとなりましたね。青森県や鳥取県で生まれた方で、その地を大切に思われている方なら、どなたか挙手があれば良いですね。

美保子さん、私は愛知県の養父母に4歳の時に会い、育ててもらいました。今も同じ愛知県に住んで半世紀たったわけですが、美保子さんのプロジェクトを知った時、最初は地元愛知県への奉納を迷った事を悔やんでいて、日本は大好きだしという事で、代替として挙手をしました

でも、青森県や鳥取県に生まれ育った方が奉納の適任者という、美保子さんのご意思を知りお任せする事にしました

でも、そうして挙手をしただけなのに、その後、私の内で変化があり、驚いている毎日です

自分が生まれ育った地に奉納する事は、自分の人生を丸ごと受け入れ、今までの事を赦し、昇華されていくプロセスを早めてくれるのでしょうね。そうしてこのプロジェクトに賛同される方が、ご自分の生きる場所に奉納する適任者なのですね。何だかこの気づきにより、身辺が軽やかに感じられるようになっています。

今まで私が自分のために、と行動して、いろいろな方々との出会いで教わった事がら、またカウンセラーやスピリチュアル系の情報、ワークショップの講師の方々の話など・・・がバラバラな記憶として残り、意味が見いだせず苦しんでいましたが、それらが私の中で一つにまとまり、地に足が着いた感覚がありました

挙手をしただけなのに?と驚きました

私は目覚めが遅すぎましたが、遅いなりに私が出来る事をします引き続き、私も地元の方がたの挙手を祈りますね今週末には、こちらも花見シーズンです。楽しみにしています(. .)

時節柄、ご自愛ください。」

なんだか素敵なメッセージでしょう!?思わずシェアさせていただきたくなって、急遽、ご本人の許可を得たところでした。

しばらくお待ちしてみて、どうしても地元からの挙手がない場合は、他県からのオープン挙手にさせていただこうと思っています。(でもペーパードライバーさんは指名しないのでご安心を!)

私情にて大変申し訳ございませんが、4月は娘からまた招集礼状が来てマイアミに行くため、月半ばから3週間ほど発送等ができなくなりますことを、どうぞご了承くださいませ。メールはいつも見ています! 

 これから日本列島、一斉に桜前線が通り抜けることでしょう!いいなあ~!羨ましいなぁ~!どうぞ、私の分までお花見を存分にお楽しみくださいませね。ナマステ~!






TWITTER

最終更新日  2022年03月28日 09時54分50秒
[アンダラ・グリッド] カテゴリの最新記事