692683 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

MY HIDEOUT ~私の隠れ家~

Aug 12, 2005
XML
カテゴリ:映画鑑賞記録
official

監督・・・水島精二
原作・・・荒川弘『鋼の錬金術師』(月刊少年ガンガン連載)
主題歌・・・L’Arc~en~Ciel
出演(声)・・・朴路美(エドワード・エルリック)、釘宮理恵(アルフォンス・エルリック)、豊口めぐみ(ウィンリィ・ロックベル)、大川透(ロイ・マスタング)、内海賢二(アレックス・ルイ・アームストロング)、根谷美智子(リザ・ホークアイ)、麻生美代子(ピナコ・ロックベル)、津嘉山正種(カール・ハウスホーファー)、小栗旬(アルフォンス・ハイデリヒ)、沢井美優(ノーア)、かとうかずこ(デートリンデ・エッカルト)、藤原啓治(警官)、他。

・物語序盤・
西暦1923年、ドイツのミュンヘン。
エドワード・エルリックは、別世界での冒険の日々を友人のアルフォンス・ハイデリヒによく語る若者。
アルフォンスはロケット開発に従事する青年で、エドの話を作り話と笑い流していた。
しかしエドはかつて別世界で、本当に錬金術師をやっていたのである。
そしてその世界とこちらの世界で離れ離れになってしまった弟アルに、再び会いたいと望んでいた。
ある日エドは、仲間に売られたジプシー娘を助ける。
彼女ノーアは人の体に触れただけで相手の過去や未来を読める千里眼の持ち主だった。
彼女を狙っていたのは、理想郷“シャンバラ”を求める謎の組織トゥーレ協会だった。

cake_l

TVシリーズの最終回で現実世界と錬金術世界とに離ればなれになってしまったエルリック兄弟のその後の冒険譚を、完全オリジナルストーリーで映画化した作品。

え~、管理人の「ハガレン」知識を先に告白しておきましょう。
原作本→読んだ事ありません。
アニメ→テレビを付けてたまたま放映していた時に、一~二度ちらっと観ました。
以上、要するに、な~んにも知らないという状態です。
等価交換の法則とか、基礎中の基礎知識だけはありましたが、既知の登場人物はエドとアルの兄弟二人のみという、あまりに頼りない知識…。
取り合えず、テレビ版の最終回で、エドとアルは現実世界と錬金術の世界とに別れ別れになってしまったのね、という事だけ頭に入れて、いざ映画館へ出陣。

結論を言うと、充分楽しめたのですが、やはりファン向けに作られた映画なので、何も知らない私は置き去りにされる事しばしばでした。
周囲のお客さん達が反応しているのに、ぽかんとして観ているのは寂しかったです。
テレビ・原作に登場していた人物と似た人物が、パラレルワールドである現実世界にも居て、そういうキャラクターがあちこちに登場しているみたいなのですよね。
私には当然、小ネタが一切判らないので、一人孤独を味わっておりました(笑)。

しかし原作・テレビシリーズを知らない私が楽しめたのは、エドの居る現実世界に歴史上実在の人物が多数出てきてくれた事でした。
舞台は第一次大戦に敗北したドイツです。
社会は混乱し、極度のインフレが続き、敗戦後樹立されたヴァイマル政権に不満を持つ人々が街に溢れかえり、国家の威信を取り戻そうとするナチスが徐々に勢力を持つようになる。
そんな閉塞した社会の中で、ロケットという夢の技術が人々を熱狂させてゆく…。
この辺の歴史を簡単に知っていると、俄然面白くなりますね。
ロケット開発技師達の何気ない台詞の中に、オーベルト博士の名前が出てきた時、私はワクワクしました。
これは史実を利用して作られた脚本なのだと。
その予想は当たっていて、出てくる人出てくる人がドイツ近代史に名を連ねている人々じゃないですか。
マブゼと名乗る男は、映画監督のフリッツ・ラングだし。
("マブゼ"というのは彼の映画「ドクトル・マブゼ」から取ったものです。)
後にナチス副総裁になったルドルフ・ヘスや、地理学者のカール・ハウスホーファー。
そしてエド達が戦う事になるのは、ナチ党の母胎となった秘密結社トゥーレ協会と、思わず「ほぉ~」と見入ってしまう内容です。
そのリーダー、ディートリヒ・エッカルトは、デートリンデと名を変えて女性になっていましたけど。
それら歴史的事実や人物を上手くフィクションと融合させて、新たなストーリーを作り出した事に感心しました。

ハガレンを知らない奴が何も偉そうな事は語れませんが、面白い作品でした。
戦争という結果など誰も望んだ訳でもないけれど、結果的に自分達がこの結果を引き起こした。
誰も社会と関わりを持たずには生きられない。
だから自分達のすべき事をやろう、というようなエドの台詞が好きでしたね。
なんか意訳になってるけど、確かこんな感じの言葉でした…笑
好い加減でスミマセン。
でも、ホント、楽しかったですよ。

blog_ranking
↑ぷちっとクリックして下さると嬉しいです。






最終更新日  Aug 14, 2005 04:07:51 PM
[映画鑑賞記録] カテゴリの最新記事


PR

カレンダー

プロフィール


GATECRASHER

バックナンバー

Sep , 2020
Aug , 2020
Jul , 2020
Jun , 2020
May , 2020
Apr , 2020

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

■★■午後ロード「激流… UEKO・f★さん

BLUE ROSE BLUE ROSEさん
KIROMERU’s Web MOVI… kiromeruさん
ひでちゃんの映画の… ひでちゃん77さん
旧い映画を楽しむ。… なでしこ3779さん

カテゴリ

サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.