174113 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

Norikazのマイホーム&DIY LIFE

PR

楽天プロフィール

設定されていません

カテゴリ

コメント新着

Norikaz@ Re:参考になりました(02/03) 風編さん ご返答遅くなり申し訳ありま…
風編@ 参考になりました はじめまして。 楽天ブログ内にて「ニコ…
けもや@ Re:おままごとキッチン(10/20) ご無沙汰しております。 ^^ おぉ、…
Norikaz@ Re[1]:決断のとき(02/03) ままのおりぼんさん >我家も、おおかた…
Norikaz@ Re[1]:決断のとき(02/03) ☆ジョン太郎☆さん >埋蔵金、いいですね…

お気に入りブログ

まだ登録されていません
シックハウスと化学物質過敏症に悩むnorikaz。現在の症状を改善するためには、まず住環境を見直す必要があることに気がつく。新築から5年が経過した今、自分たちの体から幸せになれる住環境をめざし、人生2度目の建築を目指す。

こんにちは、Norikazです。化学物質に囲まれた生活をしています。私個人は重篤ではありませんが、鼻づまりにより時折味覚を失います。私の生のブログが、私を含むシックハウスや化学物質過敏症に悩む人たちの住まい作りに役立てば、このブログの価値が見出せます。また、norikazは趣味が多様です。もちろん、化学素材バリバリのおもちゃなども嗜好品としています。なるべくシンプルに分かりやすく、アナログライクで見せていきたいと思います。

なお、以前掲載していた1棟めの住居(現在住居中)については、「はじめての注文建築」へ縮小版で掲載しております。症状を自覚していなかったときの建築ですので、現在との比較ができるため、あえて掲載しております。併せてごらんください。

にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ DIYへ
2014年02月08日
XML
シックハウスと化学物質過敏症を改善、もしくは徹底的に低減したい。そのためには、まず住環境を見直す必要があった。norikaz人生2度目の建築を目指す。

年が明けた2014年1月。工務店からTELが入った。

「明日竣工する物件があるのですが、よかったら見に来ませんか?」

大工さんによると、設計事務所さんとの仕事のため、私たちの目指すものとは異なると思うが、使用する木材や工法は似ているので参考になるのでは、とのことであった。また、無添加ではないので、どの部位でシックハウス反応がでるか参考にしたいとのことでもあった。

見学会では大変参考になった。プライバシーの関係上物件概観は掲載を控えさせていただくが、構造は伝統構法(ただし、大工の手刻みではなくプレカットによるもの)、外壁はサイディングによる大壁工法(この工務店の標準仕様は真壁工法)であった。床板については、この工務店が採用するのは36mmの床板が標準であるが、外部の設計事務所が監修しており、合板の上に15mmの床板施工とのことであった。担当さんが私の質問に対し「norikazさんとのお打ち合わせしている仕様とは異なります」と端々に出ていたのが印象的だった。ここで改めて、「家に求めるものは人それぞれなのだな」と実感させられた。

大工さんが外部設計士さんの脇で方をすぼませる中、norikazが、「私の家は思う存分、腕を振るってください。」というと、「一緒にがんばりましょう。良い家ができますよ。」と笑ってくれた。

201401見学会
201401見学会2
201401見学会3






最終更新日  2014年02月08日 23時17分39秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.