115250 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

blabonのページ

2日目の朝

2日目の朝



さすがになかなか目が覚めなくて、起きたのは8時半はまわっていた。

朝方一度目が覚めたとき、なんとなく足元に感触が・・・。
見てみると、蘭ちゃんが寝ていた。

しばらくはボンヤリ。
蘭ちゃんもボンヤリ。

ネムネム
蘭ちゃん専用のお布団。
枕の上に、保冷材をタオルで包んで置いてもらってる。
まるで、「孫」みたい^^

で、
なんか、蘭ちゃんをイジリたくなる。
わんこ




朝のお散歩に出かけた。
おうちの近所をのんびりと歩く。

散歩3
さぁ、おさんぽ行こうね。


車はほとんど通らないので、途中からノーリードで。
ノーリードでも蘭ちゃんは寄り道したり、走り回ったりしない。
ちゃんと後ろからついてくる。

朝の散歩1

散歩2



上が東北新幹線、下がJR線の線路脇の道。
こちらの道はちょっと高い位置にある。
東京って、けっこう高低があるんだなあ。

それで、途中、びっくりしたことがあった。
このお散歩コースに少し古ぼけた社屋があったので、何気なく看板を見てみると・・・

「ミヤリサン」

ん!?ミヤリサン??

うわー!めっちゃ懐かしいっ!!

ミヤリサンといえば、子ども時代、お腹こわしたら飲まされてたおなか薬。
カリカリっと噛んで食べれるので、
あんまりお薬のような感じはしなかったけど。
ちょうど、ビオフェルミンと同じような薬だ。


蘭ママが、ここが本社よ、って言ってた。

何でも、東北新幹線でやってくるふうせんかずらさん(=呑気婆)に、
この「ミヤリサン」のでっかい看板の下で手振ってるからっていう約束してたらしい。
「ミヤリサン」って、まだあったんやねえ(シツレイ^^;)


帰ってきてから、蘭ちゃんはゆっくり朝ごはん。
デザートにヨーグルトのプロポリスかけを食べ、
私までプロポリスを飲まされ・・・。


その後、一時的にものすごい雨が降ってきたので、それが止むのを待ち、
いよいよ巣鴨へのチャリツアーに出発した。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 

まず、近所の旧古河邸へ。
門を入ると、すぐに大きな洋館が見えてきた。
ここは、予約していないと中には入れないらしい。

旧岩崎邸と同じジョサイア・コンドルの設計だそうだが、かなり趣を異とする。
石造りのどっしりとした構えで、イギリスの田舎に建つお屋敷のようだ。

旧古河邸1

1階北東角に丸く突き出したサンルームらしき部屋では、
ファッション誌か何かの撮影をしていた。

南側へ回ると、そこにまず洋風庭園が広がっていた。
土地の高低を生かした造りで、バラ園が斜面とその下の段に造られている。
下から見上げた南側ファサードは、左右に三角屋根が特徴の塔屋が張り出しているが、
左側はベイウインドウが付いていて、立体的な変化があって面白い。
旧古河邸2


庭を下まで降りると、今度は広い日本庭園だ。
心字池や枯滝、大きな雪見灯篭、
高低もあって変化に富んでいる。
旧古河邸3

滝や茶室などもあり、庭だけでもとても見ごたえのあるものだった。



巣鴨ババチャリツアーへ








Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.