240943 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

まいぺんらい・・・

November 19, 2007
XML
テーマ:父の想い出(2)
カテゴリ:父のこと
特攻隊だった 

これは父の口癖

終戦が1年遅かったら 父の命はどこそかの空に散っていて
ワタシは存在しなかった
そしてワタシの子供も存在しなかったばかりか 夫はもっといい人と結婚してもっと幸せだったかもしれない

なんてコトを考えても仕方ない

父から聞く戦争は日比谷で映画をみていたら空襲警報が発令されて
入ろうとした防空壕が満員だったので別のところを探した
空襲警報解除のあと見たら 満員だった防空壕は全滅だった というハナシ

日々 エラそうに暮らしている ワタシだが
やっぱり歴史に翻弄される市井の市民だってことだ(あたりまえだけど)
だって あと1年戦争が長引いていたら 存在しなかったワタシだから

昭和4年生まれの父
あと1年で特攻隊だったのか あの頃日比谷で映画が上映されていたのか
史実として確認はしたことがない
今となっては本人にも確認できない

そろそろ語り部にならなきゃな と言っていた父は
ずっと前の木枯らしの吹いた日の未明 
なぜか突然帰らぬ人となった

語らずに突然逝ってしまった父が
まだ許せないでいる






Last updated  November 19, 2007 07:35:49 PM
コメント(10) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:戦争があと1年続いていたら・・・(11/19)   ☆marusian さん
続三丁目の夕日でも 自動車屋のオヤジさんが 戦友会に出るのが怖い というのがありました。戦友の生死を突きつけられるのが怖いと言う。自分だけ生きて幸せになっていいのかって・・
義父はまったく戦争の事を話しません。父は軍需工場での爆撃の悲惨だった話はしてくれましたが戦地にはいっていません。
運命的に命が繋がったのは不思議なことですね。 (November 19, 2007 08:46:45 PM)

Re:戦争があと1年続いていたら・・・(11/19)   うるとびーず さん
こんばんは♪

穴沢さんのお父さんはあと一日戦争が長引いていたら、
爆弾を背負い、連隊長として先頭に立って、
戦車の下に飛び込む任務だったそうです。
あと一日……。

一緒に働いてた後輩のお父様はそのひとり前までが
特攻で出撃したのだそうです。
私たちのいのちは本当に紙一重で繋がったんだね。

この頃、戦争体験を聞く機会が多くなりました。
話してくださる方々も危機感なんだと思う。
「語ってから死ぬことにした」
こんなテレビ番組もありましたよね。
私たちはもっともっと聞いて、
もっともっと伝えなくちゃいけないよね。
(November 19, 2007 09:31:46 PM)

Re:戦争があと1年続いていたら・・・(11/19)   shower51 さん
木枯らし1号の季節に父上のことを偲ばれたんですね。
私の両親は、らいばあさんのお父上より少しだけ若いので、疎開先でひもじい思いをした父の話、体が弱くて疎開もできず東京空襲に合って地獄絵のように人が死んでいくのを見た母の話を聞いて育ちました。
今、高齢者の仕事をしながら、思いがけず90代の方達から南方で捕虜になった話や満州事変出兵の話まで聞くことができ、この貴重な話を語り継いで欲しいという思いにかられています。
私自身は、「この子たちの夏」という母達の戦争体験を語る朗読劇(地人会)に参加したことがあります。 (November 19, 2007 11:57:51 PM)

Re:戦争があと1年続いていたら・・・(11/19)   yasuko- さん
おはようございます
私の父は身体が丈夫じゃなかったらしく、
出陣しないうちに終戦になってしまったのですが
だけどもし戦争が長引いてたらそうも言ってられなかったでしょうね。
そして今の私は紙一重で存在しなかった可能性もあるわけで・・・ひぃ~
その頃の写真が数枚あって、本当に、教科書に載ってる兵隊さんとおんなじ父の姿で
ああー ほんとうなんだなぁー って子供心に思った覚えがあります。
父の姉であるオバサンが泣きながら当時の辛かった食事情を話てくれたこともあります。
だけど二人とももう、そんな話はしてくれないだろうなぁー
夢の中の人(痴呆)になってしまっているからね。
なんだか寂しいです。

(November 20, 2007 08:16:12 AM)

Re[1]:戦争があと1年続いていたら・・・(11/19)   らいばあ さん
☆marusianさん
>続三丁目の夕日でも 自動車屋のオヤジさんが 戦友会に出るのが怖い というのがありました。戦友の生死を突きつけられるのが怖いと言う。自分だけ生きて幸せになっていいのかって・・

オレたちはどうせ20歳まで生きられないんだから
って 思っていたと父の言葉
生きて残ったという思いは その後の人生に大きな影響があったでしょうね なかったかもしれない人生だもんね
 
>義父はまったく戦争の事を話しません。父は軍需工場での爆撃の悲惨だった話はしてくれましたが戦地にはいっていません。
>運命的に命が繋がったのは不思議なことですね。
-----
運命的に命が繋がっているんですよね
まさに運命的な生なわけだ・・・
(November 20, 2007 10:50:26 PM)

Re[1]:戦争があと1年続いていたら・・・(11/19)   らいばあ さん
うるとびーずさん
>こんばんは♪

うるちゃん こんばんにゃ♪

>穴沢さんのお父さんはあと一日戦争が長引いていたら、
>爆弾を背負い、連隊長として先頭に立って、
>戦車の下に飛び込む任務だったそうです。
>あと一日……。

おおっ!あと1日ですか
爆弾を背負って戦車に飛び込むなんて
そんな任務があったのですね
終戦と聞いてどんな思いだったのでしょうね

>一緒に働いてた後輩のお父様はそのひとり前までが
>特攻で出撃したのだそうです。
>私たちのいのちは本当に紙一重で繋がったんだね。

うん ほんとうにその通りだ
紙一重でなかったかもしれない命だったんだね

>この頃、戦争体験を聞く機会が多くなりました。
>話してくださる方々も危機感なんだと思う。
>「語ってから死ぬことにした」
>こんなテレビ番組もありましたよね。
>私たちはもっともっと聞いて、
>もっともっと伝えなくちゃいけないよね。
-----
体験していないけれど 体験した世代の子供としての
使命があると マジで思う
知らないけれど 伝えなくてはならない 
そうなんだよね (November 20, 2007 10:54:23 PM)

Re[1]:戦争があと1年続いていたら・・・(11/19)   らいばあ さん
shower51さん
>木枯らし1号の季節に父上のことを偲ばれたんですね。

ハイ その通り こんなことを日記にと思ったのも木枯らし1号ときいたからです

>私の両親は、らいばあさんのお父上より少しだけ若いので、疎開先でひもじい思いをした父の話、体が弱くて疎開もできず東京空襲に合って地獄絵のように人が死んでいくのを見た母の話を聞いて育ちました。

ご両親はしっかり語ってくれているのですね

>今、高齢者の仕事をしながら、思いがけず90代の方達から南方で捕虜になった話や満州事変出兵の話まで聞くことができ、この貴重な話を語り継いで欲しいという思いにかられています。

HH時代ワタシも原爆の生々しい話を聞くことができました とてもとても貴重な時間でした
高齢者の方も話すチャンスを伺っているように思います こちらが聞くよとサインを出せば話してくれるのですよね お仕事で聞けるなんて羨ましいです

>私自身は、「この子たちの夏」という母達の戦争体験を語る朗読劇(地人会)に参加したことがあります。
-----
ちょっとづつでもそういった活動にかかわっていくことが大切かなって思います
(November 20, 2007 11:02:30 PM)

Re[1]:戦争があと1年続いていたら・・・(11/19)   らいばあ さん
yasuko-さん
>おはようございます

yasuko-さん こんばんにゃ♪

>私の父は身体が丈夫じゃなかったらしく、
>出陣しないうちに終戦になってしまったのですが
>だけどもし戦争が長引いてたらそうも言ってられなかったでしょうね。
>そして今の私は紙一重で存在しなかった可能性もあるわけで・・・ひぃ~

こうしてブログ書いて 毎日ヒーヒーと暮らしている自分が存在しなかったかもしれない なんて考えることも難しすぎる・・・

>その頃の写真が数枚あって、本当に、教科書に載ってる兵隊さんとおんなじ父の姿で
>ああー ほんとうなんだなぁー って子供心に思った覚えがあります。

写真があるなんてすごいです
ほんとなんだ という子供の頃に思ったことはインパクトあったのでしょうね

>父の姉であるオバサンが泣きながら当時の辛かった食事情を話てくれたこともあります。
>だけど二人とももう、そんな話はしてくれないだろうなぁー
>夢の中の人(痴呆)になってしまっているからね。
>なんだか寂しいです。
-----
そうですよね 早く語ってもらわないと とあせりがあります 
夢の中ではせめて辛かったこと思い出さないでいて欲しいですね (November 20, 2007 11:08:24 PM)

Re:戦争があと1年続いていたら・・・(11/19)   elephant さん
昨日まで「正」と信じていたことが、敗戦と同時にガラガラと崩れ去り、必ず死ぬと思っていた人が生きていて、ないと思っていた未来が突然広がりだす。

戦争が終わったとき、普通の日本人たちはどんなふうに心を保っていたのでしょうねえ。
もちろん平和な世の中になってうれしいでしょうが、
価値観も何もかもひっくり返ったのに、よくぞまともに復興してくれました、と思ってしまいます。

無事復員された方々は、語りたくても語れないこともたくさん抱えておられることでしょうね。
お年寄りたちの深いしわの中には、しまいこまれた思いがあるんだろうなあ・・・・

ところで、ご命日でしたか?
改めて、ご冥福をお祈りいたします。 (November 21, 2007 10:34:25 AM)

Re[1]:戦争があと1年続いていたら・・・(11/19)   らいばあ さん
elephantさん
>昨日まで「正」と信じていたことが、敗戦と同時にガラガラと崩れ去り、必ず死ぬと思っていた人が生きていて、ないと思っていた未来が突然広がりだす。

>戦争が終わったとき、普通の日本人たちはどんなふうに心を保っていたのでしょうねえ。

ああ ほんとうです どうやってしていたのでしょう
生きていくことに必死で考える余裕もなかったというイメージでとらえがちですが どこかに押さえ込んでいたのかもしれませんね

>もちろん平和な世の中になってうれしいでしょうが、
>価値観も何もかもひっくり返ったのに、よくぞまともに復興してくれました、と思ってしまいます。

物心ついた頃にはテレビも冷蔵庫もあり父は自家用車
も所有してました
感謝ですよね
もはや戦後ではないと言われた時代 今から思えば充分に戦後だったのに 戦争の影どこにも見当たりませんでしたね

>無事復員された方々は、語りたくても語れないこともたくさん抱えておられることでしょうね。
>お年寄りたちの深いしわの中には、しまいこまれた思いがあるんだろうなあ・・・・

うん そこんとこは是非是非聞きたいよね
どんなに個人的なことであっても
どんなに些細なことであっても 知りたいなぁ~

>ところで、ご命日でしたか?
>改めて、ご冥福をお祈りいたします。
-----
それがさぁ~ 毎年毎年 命日はすっかり忘れてしまうのよ 数日後にあっそうだったなんてことばかり・・・・
ン年前の木枯らし1号は10月半ば過ぎに吹いたんだなぁ~ やっぱ温暖化でしょうか・・・・ (November 21, 2007 09:44:28 PM)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


らいばあ

Favorite Blog

tvN DRAMA(9/23)<悪… New! shower51さん

女ともだち ――靜代に… New! 幻泉館 主人さん

100冊の絵本26「… New! みらい0614さん

祝、大坂なおみ全米… 穴沢ジョージさん

「マスク練習中」マ… そういえばささん

Comments

msk222@ Re:そんなこんなで(07/09) つらいね。 どんなに精一杯支えても、通じ…
らいばあ@ Re:飛んで星に・・・(06/10) 昨日 さんざんご一緒していたヘルパーさ…
らいばあ@ Re[1]:ご無沙汰は怠慢のエビデンスかな(笑)(05/08) ちょこママプリンさん トマト500グラ…
らいばあ@ Re[1]:ご無沙汰は怠慢のエビデンスかな(笑)(05/08) みらい0614さん すっかりご無沙汰し…
らいばあ@ Re[1]:ご無沙汰は怠慢のエビデンスかな(笑)(05/08) 穴沢ジョージさん あらぁ~ そうでした…

Freepage List

Category


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.