239027 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

まいぺんらい・・・

全5件 (5件中 1-5件目)

1

父のこと

August 21, 2011
XML
カテゴリ:父のこと
帰ってきてるのかなぁ

オット

帰ってきてるわけないじゃん!

母と私

父に会わなくなって10年以上経つ
お盆だからって 帰ってくるという感覚が全くない

帰ってきてたかもしれないのに
・・・・・

それでも8月14日は真面目にお墓参りに行った。
帰りに
父が愛した天ぷら屋さんで母と弟とオットと
ビール飲みながらランチ


母はあまり天ぷらをつくらなかった
父が外でこんなに美味しい天ぷらを食べていると知ってから
作る気が失せたらしい


父が愛したのは羽田のホテル内の天ぷら屋さん

結婚してすぐに地方に住んだ私は
里帰りのとき いつも父に羽田まで迎えに来てもらい
この天ぷら屋さんで食べさせてもらっていました。

そのときの板前さんが 今、実家の近くで開業
母や弟は時々行っているようですが
私は初めて

住宅街の奧にある隠れ家のようなお店で

マジほんとうにオススメ









Last updated  August 21, 2011 11:27:16 AM
コメント(4) | コメントを書く


January 5, 2010
カテゴリ:父のこと
大晦日のドリカムよかったねぇ~
みなさん観ましたか 紅白マイク
やっぱ 日本人の年越しはこれじゃなくっちゃ 

ってことで 紅白の始まる前に家を出て
久々に大晦日に実家に行き お泊り3泊ちょき
・・・今年は受験がないもんね
   チョーしあわせよん赤ハート

オットが首都高の分岐を忘れて 思いがけず神宮付近をグルグルしましたが
お目当てのスーザン・ボイルやSMAPのマイケル
大本命・布施明の前には実家に到着
今年で紅白最後にするという布施さんのマイウエイを正座して聴きました

元旦は朝からめでたくお屠蘇を頂戴し
ご実家のお雑煮にありつきました
・・・どーして こうもハハの作るお雑煮は美味しんだろねぇ~

とはいえ
どうも熱っぽくて ヤバヤバなカンジ
元旦は午前中におとーちゃんのお墓参りに行き
午後は来客のお相手

熱をはかるとダメになりそうなので
ここは気合で
一年に一度しか会わない人たちと会話がはずみます

みんな年とったなぁ~
そら アタシも今年大台だし あたりまえだわね


今年はさ

とうちゃんが大事にしていた
シャンパンを開けてしまったスマイル
25年モノのシャンパンは
炭酸もしっかりしていて 
お味は・・・ ちょっとブランデー風味
いやいや もう一生 飲むことはないぜ 
と いいながら 味わう・・・

さらにだ

とうちゃんが大事にしていた
ワインも開けてしまったスマイル
いとこがワインフェチでわが親族のソムリエ
ラベル収集しているので
カレにラベル進呈したら

なんと
ラベルのすみっこに
2010年と 父の字で記載されていた

2010年が飲み頃とメモしてたんですね
とうちゃんは(涙)


これまた 仏さん横目にいただきまーす
ってことで
死んじゃった人は飲めなくてかわいそー と
騒ぎながら 飲み干しました

楽しかったぁ~


2日は 弟と呑んだ飲んだ呑んだ
今だから話せるシリーズ
父が死んだアトのゴタゴタ話を初めてちゃんと聴いた

莫大な負の遺産を残して 
突然とうちゃんが逝ってしまって10年
弟がよく頑張ってくれたおかげで
実家が残り
ノーテンキにお正月を実家で過ごすことができる

弟としては 今から思えばアノ時 こうしておけばと思うことが
沢山あるらしいけど
まあ とにかく アンタのおかげよ ってことで
弟にお酌するアタシ

あのまま仕事続けても
さすがにこの不況は乗り越えられなかっただろ

今となってはいいタイミングで死んじゃったよねぇ~
って

あん時 突然冷たくなった父の亡骸は
もうしゃーない と ほったらかして
ハハと弟は 関係各位へのあいさつ回りに追われ
妹とアタシで慌しく葬儀の支度をした
あの日のことが
今でも昨日のことのように思い出されます

まあ
そうは言っても あれから今年で10年

没後10周年記念で
今年はみんなで松涛の「シェ松尾」に行こうよ
って提案したら

バカ言うんじゃねぇ~
ディナーはいくらすると思うんだ 
と みんなから総スカン失敗


そんなこんなで 今年も酔いどれおばさんの1年が始まりました

はぁ~
行きたいなぁ 松涛のレストランダブルハート

<シェ松尾 松涛/a>







Last updated  January 5, 2010 11:31:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 22, 2008
カテゴリ:父のこと
国道にテンテンと続く赤と白の車のライトを見ていたら
突然 パパに会いたくなった

いい年してくっだらんこと言ってんじゃねぇ~よ 
って思うけど
会いたくなっちゃったものは 
しゃーない

こういう想いって 
いったん堰を切ったようにあふれだすと
止まらないもんだ

パツパツに気が張って
緊張して あげくに気持ちが高揚してしまって
どうにもならない日も3週間目にはいると
さすがにキツイ

残業の帰り道
フト 父を思い出したりしちゃうもんだ

父はどこかで見ていてくれるんだろうか

なんて ドラマみたいなセリフが浮かんだりするワケね

ボスとの喧嘩にピリオドを打ち
先週の初雪の日 気持ちを新たに出社したのだけれど
結局 ボスとまたやってしまった
昨日のスタッフ会議での話し合いのコトなのに
ボスは大きく錯誤している
別の職員を呼んで 錯誤を解除してもらったけれど
こう なんというか 
これまでエネルギー使って唾飛ばしあいしてきたのに
ピリオドを打ったはずなのに まだわかってもらっていない
ってことに とてもガッカリしてしまって
気持ちが萎えそうになって 

そして今日
ボスと一緒に行政に出向いて果てしなくエネルギーを消耗してしまった
行政はとっても厳しかったなぁ~
障害○○課の課長さん 怖かったなぁ~ 
明日までに文書で提出しろ と言われた帰り道
車思いっきりボカンとぶつけたらさぞ気持ちよかろう って思ったりして
    ハイ 大袈裟です すんません

別件の期限の迫った膨大な仕事が進まない苛立ちも重なり
夜更けまで職場に残るって
気持ちが不健康になる

パパは
オレの子だ もうちょっと頑張れ 
って 言うのだろうか

帰路の子に お弁当を3人分買って帰るようにメールをして
あーあ
なんで こんなに気張ってんだろ

辞表をポケットに忍ばせての戦いは まだ続く・・・


PS
帰宅して ワタシは昨日の残りおでんにうどんを入れて食べました
これは ホント 旨いよ!






Last updated  January 22, 2008 10:10:36 PM
コメント(4) | コメントを書く
November 22, 2007
テーマ:父の想い出(2)
カテゴリ:父のこと
父の死については
突然だったので 
未だに納得していないところがあって
こいういうのはよくないと思うけれど
なぜ仏壇に手を合わせなければならないかもわからない
ワタシのチチはこんなところにいるわけがない って思うわけよ

あの時のこと 文章にしてみようと思うけど
膨大なエネルギーが必要なので
なかなかできないままに もう7年

嫁いだ身なので父がいなくても自らの生活にほとんど支障はない
だからかな
やっぱりどこかで納得していない

まあ そんなこと言ったってしゃーないんだけどね







Last updated  November 24, 2007 10:37:27 PM
コメント(2) | コメントを書く
November 19, 2007
テーマ:父の想い出(2)
カテゴリ:父のこと
特攻隊だった 

これは父の口癖

終戦が1年遅かったら 父の命はどこそかの空に散っていて
ワタシは存在しなかった
そしてワタシの子供も存在しなかったばかりか 夫はもっといい人と結婚してもっと幸せだったかもしれない

なんてコトを考えても仕方ない

父から聞く戦争は日比谷で映画をみていたら空襲警報が発令されて
入ろうとした防空壕が満員だったので別のところを探した
空襲警報解除のあと見たら 満員だった防空壕は全滅だった というハナシ

日々 エラそうに暮らしている ワタシだが
やっぱり歴史に翻弄される市井の市民だってことだ(あたりまえだけど)
だって あと1年戦争が長引いていたら 存在しなかったワタシだから

昭和4年生まれの父
あと1年で特攻隊だったのか あの頃日比谷で映画が上映されていたのか
史実として確認はしたことがない
今となっては本人にも確認できない

そろそろ語り部にならなきゃな と言っていた父は
ずっと前の木枯らしの吹いた日の未明 
なぜか突然帰らぬ人となった

語らずに突然逝ってしまった父が
まだ許せないでいる






Last updated  November 19, 2007 07:35:49 PM
コメント(10) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.