229874 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

世界に一つだけのプリスクールを作ろう

コルクについて

schoolmamaがなぜ「カーペット」をはじめ、コルクにこだわりたいのか。

ここにも「ECO」だったり、「LOHAS的」な感覚だったり。自然の中に生きる
感触をたのしんでもらいたかったからです。
素材としては・・・。

・夏さらっとしていて冬暖かい。自然で柔らかな風合いと弾力性。
・保温・断熱性能抜群。床からの熱ってあなどれませんよね。
 冬は足がひやっとしないのもいいです
・mamaとしてはやっぱり清潔に使えること!洗える!ダニの心配がない!
・防炎性が高いなど、子供のいる施設にはぴったり。

以上のメリットから当初より「コルクを使おう使おう」と主張していた
schoolmamaなのです。

でも・・。コルクっていったいなんぞや?!
schoolmamaの知識ではどうしても「ワインの栓」(乏しい発想)なので
調べてみました。


・樹齢150年~200年といわれるブナ科の樫木=コルクガシ

地中海地方 特にポルトガルに多く生息するこの木は樹皮が非常に厚く 古くから様々なものに使われてきたそうです。そういえば
卓球のラケットにも貼られていませんでしたっけ。(うーん、日本の
日常ではあまり登場しないのか?コルク)

植えてから「コルク」として使える木の皮がとれるようになるのは
25年くらいかかるそうです。

でも一端皮をとって利用した木はまた9年後には元通り再生し
くり返し利用することができるんですって!(ぱちぱち)

つまり木そのものを切ってしまうのではないから環境にも
より優しく、共存できる「資源利用」といえるのではないでしょうか。

☆さらに、ヨーロッパを砂漠化から守るコルクガシの林は「保護林」としての
役割ももっているそうで、そこにはたくさんの鳥や小動物がすんでいる
そうです。うーん、いってみたいなあ。

以上 コルクについてのお勉強でした!


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.