1873487 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

My Secret Room

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2022年06月
2022年05月
2022年04月
2022年03月
2022年02月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2004年12月16日
XML
カテゴリ:JAZZ(Far North )
Evening Falls / Jacob Young

昨日、忘年会でしたぁ。
ぼぉ~とした頭には、灰色のノルウェーの空がぴったり♪
やはり、ノルウェーの空のイメージは灰色ですよね?
って、ことでEvening Fallsが朝の一番です。

繊細で暖かな音色の「普通」のギターであります。
超、私好み。
一曲目、我らがメセニーのような雰囲気ではじまりますが、
トランペットとバスクラが、丁寧に丁寧にユニゾンで入るあたりから、
どっと北欧の灰色の空がおしよせてきます。
いかにも北欧、ってペットとバスクラのサウンドと、
ちょっとメセニー入った暖かギターは、
もう、見事なミスマッチ!
そして、展開するのがMathias Eickのトランペットソロ。
青い炎のようにクールでいながら、熱い。
ものすごく、綺麗な音。即、痺れてしまった。
彼のソロにインスパイアされたJacob Youngのインプロゼイションも
一挙にメセニーを吹き飛ばして快走するのでした。
う~~ん、メセニーがノルウェーでそだったら、こんな感じになるかなぁ~。
な、わけないか・・。このギター、アメリカンとのハーフとか・・。
ギターは、その前に聴いたカーリンクローグのWhere Framingos Flyで
ナチュラルに彼女に寄り添っていて、その暖かな音色に惚れちゃったのですが・・。
このアルバムは地元のお友達(って、いったって超巧い、ノルウェーでは人気者のようです)とECMデビュー♪
全編、北欧ムードでございました。
一曲、一曲は大変良いとおもうので、できたらもうちょっとアルバムとしては、
アクセントつけてもよかったのかな・・
って。
なにせ、50分間ノルウェー時間がすぎていくので、
このせせこましい日本に生きてる私達には、
ちょっと渋すぎるかもしれません。
でも、私・・・・思い出しては聴き、
聴くたびにいろんな発見するお得な一枚なんだぁ。

Mathias Eick、ってトランペット、他にも聴いてみたいです。リーダー作はないのかな?

昨日忘年会があったイタリアンでは、この土曜日に大野雄二が演奏するってありました。
今日のクリスマスはこれに決定!

-------------------
LUPIN THE THIRD JAZZ CHRISTMAS / 大野雄二トリオ&フレンズ
-------------------

では♪














最終更新日  2004年12月22日 11時35分40秒
[JAZZ(Far North )] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.