1882098 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

My Secret Room

My Secret Room

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2022年08月
2022年07月
2022年06月
2022年05月
2022年04月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2005年12月04日
XML
テーマ:Jazz(1898)
カテゴリ:A Merry Jazzmas
ジャズギターのクリスマスアルバムは、やはり少なーーい。
ジャズギターって、マイナー分野だけど実際にはアルバムは異常に多い。(と。思う)
でも、クリスマスアルバムはその数にくらべると、、
とっても、少ない。泣けるほど少ない。たんなるほど、少ない。。
と、泣きをいれていても仕方ないので、持ってるもので、、ご紹介。

まずは、王道、二枚。
私のジャズギターの神様、ケニーバレル(もう1人は、ウエスモンゴメリー)
Have yourself a soulful little Christmas / Kenny Burrell
バレルの演奏はいつものように、ドライブ感あふれており、大好きなブルジーなフィーリングもたっぷり。
オーケストラがかぶってはいますが、まさにジャズギターの王道をいくバレル。
彼のファンならこのマイフェヴァリットシングスの為だけに仕入れても後悔はしないとおもいます。
グル~ヴィで、スリリングで、このかっこよさは、極地です!痺れる。
ちなみにジャケット違いは、こんなカワイイ仕様で~す。


次は、マイジャズギターの右大臣のジョーパス。
ええと、左大臣はジムホールで~す。左右で、「光」かがやいてま~す。(^_^)
Six-String Santa / Joe Pass
リズムギターの朋友John Pisanoとの楽しい一枚。
バレルのブルージィさは無いけど、ジャズギターの見本のようなです。
見事な曲の解釈と演奏。
まるで、自宅のリビングで録音したようなリラックスした雰囲気なのですが、
そこは、それ!ギター職人!
インプロゼーションになると、これがクリスマス?って、かっこよさです。
ジョーパスのリラックスした、でも正攻法なジャズギターがきけるアルバムです。

つづいて、ゲッツとの共演で有名なチャーリーバード。
Charlie Byrd Christmas Album / Charlie Byrd

彼は、クラシックギターの演奏に近いので、ソロで奏でられるこのクリスマスアルバムは、ジャズ度は低いけど、クリスマス気分は堪能できます。
上の二枚とは、ちょっと違った静かで厳かなクリスマスをご希望の方に。
しかも、二枚だしてます。基本的には、同じような内容、雰囲気ですから、どちらか一枚でオッケイでしょう。曲もかぶさってるいるものもあるし。
つうときは、、最初に出した方を抑えます?どうなんでしょ?こちらが1枚目です。
Christmas Carols for Solo Guitar / Charlie Byrd

同じようにひとりギターでも、ジャズ度、驚愕度が高いのがタックアンドレス。
Hymns, Carols, And Songs About / Tuck Andress
ギターリストはソロアルバムの恐ろしさをよ~~く知ってると思います。ギターは小さなオーケストラ?
言うは簡単ですが、ベースとコードとメロディを一人演奏するのは実際大変。
うまいヤツでも、たいがい何処かに破綻がある。
この人のひとりギター、一応、三つ完璧。で、キツイ感じにならない。
超絶技巧でいながら、「目一杯、やってますぅ」みたないな、
激しいノリや、テクニックを誇示した感じがしな~い。
でも、ギター演奏する人が聴いたら、きっと驚くとおもいます。
このアルバムをかけると・・外に雪が降り出しそうなきがします。
あぁ、かけたからつもってしまったよ。
アヴェマリアを一緒に歌いながら、窓の外は雪・・・


ひとり妙技を堪能したら、別の技巧派の、クリスマスアルバムも聴いてみよう!
Winter Nights / Al Di Meola
アルディメオラ。なな~んと。バンドォーラの名手とクリスマスアルバム出していて、スーパートリオの白熱とは違った、叙情の絡み合いがたっぷりなエキゾチックなクリスマスアルバム。
そんな独特の哀愁が感じられる作品です。
クリスマス曲もオリジナル曲もシルクロードの味付けでございます。
自他共に認めるへそ曲がりの方、普通のクリスマスは嫌、って方、是非♪

まだまだ、続くギターのクリスマス。。。






最終更新日  2005年12月07日 18時35分32秒
[A Merry Jazzmas] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.