1874761 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

My Secret Room

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2022年07月
2022年06月
2022年05月
2022年04月
2022年03月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2006年12月03日
XML
テーマ:Jazz(1891)
カテゴリ:A Merry Jazzmas
Emilie-Claire Barlowはカナダの歌姫です。カナダの歌姫といえば、ダイアナクラールが有名ですよね。どうも、同期くらいらしい。少し前に「Like A Lover」とうアルバムの日本盤が発売されたので、これから知名度があがるかもしれません。今は日本では知名度は低いけど、地元では小さな頃から俳優、歌手、、声優、、などで活躍していて、いまもアニメなどで地元のTVで「声」がきけるようです。
そう、、ものすごく、「無理なく」可愛い声です。はい。

試聴して、すぐにわかるのはその少女(高校生みた~い)な可愛いらしい声。
実にキュートなお嬢さん、ってかんじなのです。
マシュマロとか、粉砂糖とか、、ヴァージンスノーとか、もう、そんな感じの声。
清楚でナチュラルな、、イメージですが、歌唱力はもちろん、曲や演奏にたいする考え方もしっかりしていて、このアルバムでもアレンジを手がけ積極的なアルバム作りをしています。
声質も優しい感じなら、全体にポップな感じの仕上がりなので、リラックスして聴けちゃいます。


呟くように語りかけるような冒頭からその手のファンはノックアウトですね。。。
ストリングスにのって情感込めて歌い上げるWhat Are You Doing New Year's Eve?
恋する人達は大切な時を一緒にすごしたいもの、、クリスマスはもちろん、新しい年だって一緒に迎えたいもの。囁くように、控えめに、、優しく問いかける彼女にうっとり。せつせつと訴える気持ちが溢れて、私なら、、、ずっと一緒にいてあげるな。
Winter Wonderlandは二人いるギターのReg Schwagerとのデュオを基本にサックスが絡むスタイル。ギターはジョージシアリングのクリスマスアルバムでも活躍してるカナダの人。ギターの刻むリズムにしっかりのって、軽くスキャットする彼女にサックスがまるで、いたずらっ子のように陽気にオブリガードをつけていきます。楽しそう。
そのサックスのJohn JohnsonはSleigh Rideではフルートに持ち替えて、アップテンポで歯切れ良くスィングするエミリーを好サポート。最後は、いぇ~ぃ、って感じかな。
再びストリングスの入ったかわいいSanta Baby。あのお決まりの台詞が可愛い、可愛い。とろけそうですぅ。
私の大好きなChristmas Time Is Here。クリスマスの風景をたんたんとつづった静かな「幸せ」を歌ったバラードなのですが、しっとりと歌うエミリーに答えるようなレグのギターのソロが素敵。ムーディなサックスも雰囲気にぴったりです。

ゲストヴォーカルの登場! Baby, It's Cold Outsideは男女のやりとりをコミカルにうたった曲なのですが、男女の関係をお洒落に歌い上げるAORのスターMarc Jordanの登場。「お部屋に入りたい彼」と「ぶりっこする彼女」の楽しい会話。むむ、、危ないわ。。。エミリーちゃん。。。
続くLittle Jack Frostはベースにしっかりのって、歌手エミリークレアの見せ場。
もう一人のギターRob PiltchがソロをとるI've Got My Love To Keep Me Warm。
クリスマスソングではないのでしょうが、ほんわりと暖か、、豊かな気持ちになれる美しいメロディ。
Let It Snow! Let It Snow! Let It Snowはギターを再びレグにかえて、はずむように歌うエミリー。
ギターとピアノのやりとりもはいって、楽しいナンバーです。最後はピアノとのデュオ。Angels' Lullabyはリリカルでロマンティックなメロディ。
夢見るよう歌うエミリークレアの優しい歌声とピアノで静かに終演。

う~ん、ほのかな甘さ。キュートな雰囲気。
日本でもファンが増えそうな感じ。
クリスマスにぴったりな雰囲気でした。
ギターやピアノの好サポートを得て、ふわふわと舞い落ちる雪の結晶のようにきらきら輝くエミリーさまでした。
さぁ、、買ってみよう♪

1. What Are You Doing New Year's Eve?
2. Winter Wonderland
3. Sleigh Ride
4. Santa Baby
5. Christmas Time Is Here
6. Baby, It's Cold Outside featuring Marc Jordan
7. Little Jack Frost
8. I've Got My Love To Keep Me Warm
9. Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow
10. Angels' Lullaby

Emilie-Claire Barlow (vo,perc.)
Nancy Walker(p)
Kieran Overs(b)
John Johnson(sax,flute)
Reg Schwager(g)
Rob Piltch(g)
Mark Kelso(ds)

Marc Jordan(vo)

Violin
Lenny Solomon, Karen Graves, Drew Jurecka, Norman Hathaway, Kathryn Sugden
Viola
Anna Redekop, Johann Lotter
Cello
Kevin Fox, Alex Grant

この素敵なアルバム、ジャケットも若い女性らしく大変お洒落な雰囲気。
しかし、ちょっと、、だけ、、私には「むむ、、」がある。
それはねぇ。。ジャケットに宝石のようにちりばめられた、、雪の結晶の絵。
デフォルメされてるのはいいのですが、、やっぱ、雪の結晶は六角形でなくちゃ。。
描かれてる雪の結晶、全部八角形。
八角形の雪の結晶は、、なんだか、、落ち着かない、、な。
むずむずしてきちゃいます。はい。
いくら、「絵」といえ、、表現は自由といえ、、
やっぱ、六角形が自然の摂理ですからね♪

追伸
朝から、ふったりやんだりしていた雪。
今は、少しつもり始めました。
今シーズン、、はじめて、、庭のポプシーのライトを点灯しちゃおうとおもいます。
クリスマスもシーズンインなのですが、、
ここのところ、、クリスマスプレゼントのような素敵なCDに沢山であって、、
嬉しいような、、、困った?ような。。。
贅沢な悩みで~す。






最終更新日  2006年12月03日 15時25分54秒
[A Merry Jazzmas] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.