1873776 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

My Secret Room

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2022年06月
2022年05月
2022年04月
2022年03月
2022年02月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2008年02月09日
XML
テーマ:Jazz(1887)
カテゴリ:JAZZ
冬の時季になりますと、窓から眺める雪景色、冬の灰色の空、春を待ちわびる心、、そんなどちらかというとネガティヴな条件の中で「You must Believe in Spring / Bill Evans」が無性に聴きたくなります。
この透明感は、人が持っている永遠の課題「生と死」に通じるものがるようなきがしまして、それはそれは陰鬱な気分に浸り人生を考えるには打って付けなのです。
幽玄な世界です。
しかし、なぜか、今年はあまりこのエヴァンスのお世話にならずに、、ここまで来てしまいましたが。。
それでも、1月にリリースされたポーランドのピアニストMarcin WasilewskiのECM第二弾のこのアルバムをかけていると、静かに雪景色を眺めるのも悪くない、、と、思うのです。人生なんて、山有り谷有り、、、捨てる神あれば拾う神あり。。
独り静かに自分と向かい合うことも必要な時があります。(ため息……)

雪の降る街では、雪は生活の垢を隠し、異次元に運んでくれます。
居ながらにしての脱日常、、それはそれは神秘的な美しさです。
日本では、シンプル・アコースティック・トリオととして、何枚かの日本盤もあり、その名のとおりシンプルな音づかいで人気も高いユニットですが、ECMでのデビュー作品はその耽美的な感覚により拍車がかかり、研ぎ澄まされた作品に仕上がってます。
前作「Trio/Wasilewski/Kurkiewicz/Miskiewicz」もこの第2作も、マニアックなECMファンというよりジャズファン全体がこのレーベルに持っているイメージにぴったり当てはまる仕上がりだとおもいます。

今回は、ピーコック、モリコーネ、プリンス、スタンコ、カーラ・ブレイ、、、と、ECMになじみ深いミュージシャンの曲等と自作が4曲、そして、3人の共作が1曲です。

幕開けは、マルチン・ボシレフスキのオリジナル。神への祈りにも通じそうなThe First Touch。
静かに深く壮大さも感じるメロディと美しい演奏。
2曲目はピーコックのVignette。この後、5曲他人の曲が続きますが、これが、全てマルチン・ボシレフスキの「もの」になっています。
ホント、抑えて抑えて、禁欲的な世界。
流氷漂う冬の海に身を任せるのがごとく、、冷たさ、煌めき、全てが美しい。
そして、冷え切った身体は逆に自らの体温を感じていくような、、、不思議な身体の芯から感じる温かさ。。。

3曲目は、お馴染み?ニューシネマパラダイスのメインテーマ。
甘さを抑えつつ、でもロマンチックでリリカルに。
そして、プリンスのDiamonds and Pearlsも、☆が煌めく演奏に。
ベースのピチカートから内省的にはじまるこの曲も次第に熱く躍動感ある愛の詩に。
そして、彼等尊敬し、メンバーの一員でもあるトマシュ・スタンコのBalladyna。
彼の祖国の敬愛するトマシュ・スタンコの曲は、彼等のアルバムには必須科目。
敬虔で芸術の香り高い、シリアスな演奏。深遠な部分が大きくクローズアップ。
カーラおねえさまのKing Korn。ビターな感じのインプロヴィぜーションが凄んでいてカッコイイです。

ベースから始まるマルチン・ボシレフスキのオリジナル。猫。
ジャジィーで動きのある曲です。
ここから、後半はマルチン・ボシレフスキワールド、って事なのでしょうが。。
前半の他人の曲でも、その個性はつよく、場面がチェンジした感じはあまり感じないのですよね。(悪い意味でなくて)
タイトル曲、Januaryは、陰影深く思索的な曲。時折、流れるように入る詩情的な美しさに立ち止まりそうになります。
つづく、The Young and Cinemaも硬質ながら、彼流の明るさも取り込まれたテンポある曲。どうなんでしょう、、。何気ないフレーズも、どんどん、洗練されていく気がしますよね。ベースソロも、変化にとんでます。
最後は、New York 2007と、名付けられた3人のインプロヴィぜーションによる曲。
今回は、魔物が住む、レンボースタジオでなく、ニューヨークでの録音でした。
彼等にとっての、ニューヨークはこんな抽象的な摩訶不思議な魔物なのかしら?

そう、クールで耽美的、甘さを抑えた一枚です。
寒さに強い方、、寒さが身にこたえない、厚手のかた。。どうぞぉ。

1.The First Touch
2.Vignette
3.Cinema Paradiso
4.Diamonds and Pearls
5.Balladyna
6.King Korn
7.The Cat
8.January
9.The Young and Cinema
10.New York 2007

Marcin Wasilewski(p)
Slawomir Kurkiewicz(b)
Michal Miskiewicz(ds)

なんか、いろいろ、情報があつまってきました。
雪国の春は、楽しいことが待ってるかも。。。

三連休ですね。おでかけしてますか?
私は、この連休は、細々とした用事が満載。
連休明けがたのしみでぇ~~す。(爆)






最終更新日  2008年02月09日 09時37分41秒



© Rakuten Group, Inc.