1801364 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

My Secret Room

PR

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2011年04月12日
XML
テーマ:Jazz(1714)
カテゴリ:JAZZ(Born In The U.S.A. )



工事で行き止まりの小路。しかめっ面で踵を返したわたしは、ポワンとぶつかった甘い香りに思わず、、微笑んだ。
沈丁花ですね。そんな季節になったんだ。。

人は、いろいろと理由をつけて、切ない気持ちに区切りをつけたいと、思うものです。。
それができるかできないかは、人によって違うんだろうけど。。
一週間、とか、、一ヶ月、、とか。。。。時間を持ち出したりして、どこかで区切りをつけたい、、と。
昨日は、ちょうど一ヶ月でした。少しでも気持ちを整理して、前に進みたい人達に、むごい揺れが続きます。
でも、自然にはそういった想いは通じないものなのですね。

で、今日は人生の寄り道小径の一枚です。
去年のお正月くらいに風に吹かれて。。と言うタイトルで文章あげたことがあるんですけど、、そこで、ダウンロードが始まった、って、書いてた演奏なのですが、、やっと、今年になって遠くあちらから円盤を空を飛バシテ、購入できました。2月の初めだったかなぁ。。
一聴、とても素敵な内容で、パスカも素晴らしい、アースキンのドラムって、本当にほれぼれするくらい綺麗なのです。同時運ばれてきたものに、日本でも発売になった「Standards 2, Movie Music」、「Way You Look Tonight/Alan Pasqua Dave Carpenter Peter Erskine」これって、たぶんこの続きなんでしょうが、ミンツアー入りのアルバムで良かったのですが、パスカとアースキンのインティメイトな感じに溢れているのはこちらのアルバムかな、って、思い、こちらをアップしますね。新譜と呼ぶにはちょっと時間がたってますので、寄り道小径の一枚かな♪
でも、人と人の繋がりを考えル昨今では、ぴったりな一枚だと思います。


オープニングは、びっくりするくらいオーソドックスな感じで始まるジャッキーバイヤードのChandra。いかにもジャズピアノのトリオのライブが始まるよ、って、感じでなんだかわくわく、うきうきしてくる。でも、その美意識、繊細さにファンが惚れ込むパスカファンにすると、ちょっとびっくりな感じ。(笑)と、一分近いスティックが刻む音だけ、、、満を持してピアノのみずみずしい音が入ると目の前がぱっと広がるように情景が広がります。おぉ、誰もがイメージするアランパスカの軽やかな爽やかなサウンドです。アースキンのAutumn Roseは、陰影のある本当に綺麗なメロディ。わたしの好きなグエン・レとのユニットでもアースキンは演奏してます。彼の奏でるギターも美しいのですが、パスカの感情が発露するようなみずみずしい輝き方は誰もがうっとりする演奏。
ガレスピーのCon Alma。アースキンのドラムの多彩さ美しさは今に始まったことではないのですが、ちょっとアブストラクトな感じも入ったCon Almaは、ベースのダレクも前に出て来ます。
パスカのオリジナルで、Stickslapでは、3人はカリブの太陽をたっぷり浴びて明るく踊りまーす。

と、再びうっとりとJimmy WebbのWichita Linemanは、美し過ぎるのねぇ。
パスカファンが彼のピアノが好きなのは、こういう濡れたような感覚、美しい響きがあるからじゃないかなぁ。ダレクのソロも、しっとりマッチ。甘く切ないメロディだけど、沈丁花の香りのように思わず気持ちがほぐれます。The Music of My Peopleは。アースキンのオリジナル。ドラマーのオリジナルらしく、リズムで遊び心を刺激。そして、再びパスカオリジナルにBarcelona。前半のピアノに心を奪われ、中盤のダレクの歌心にうっとり、アースキンの適所に入るスティック、3人の息の合った演奏。アースキンのオリジナルBulgariaでは、ドラムソロから。次第にヒートアップしても軽やかで明るい色彩に包まれたドラミング。彼らの遊び心で満たされます。

最後は、I Hear A Rhapsodyなのですが、洗練された知的な演奏。ぎゅっとジャズのエッセンスが詰まったアグレッシブな演奏。切れ味よく、最後までスリリングで力強い三位一体の演奏、満場の拍手で終演。いぇーーい。

平穏な日常に戻ったら、是非是非、来日してくださいね。

1. Chandra
2. Autumn Rose
3. Con Alma
4. Stickslap
5. Wichita Lineman
6. The Music of My People
7. Barcelona
8. Bulgaria
9. I Hear A Rhapsody

Peter Erskine (ds)
Alan Pasqua (p)
Darek Oles (b)

今週は、新潟でも素敵なピアノトリオがやってきますよ。

★「TRIO'」@ 新潟★
福田重男(p) 森泰人(b) 市原康(ds)

4月15日(金) 新潟市「JAZZ FLASH」
Open=19:00/Start=20:00 Charge=前売3,900円(1ドリンク付)/当日3,900円(ドリンク別)
JAZZ FLASH 新潟市中央区東堀通5番町440 昭和新道 小林ビル1F
      TEL:025-224-4518

急遽追加された柏崎の情報も。。
4月14日(木) 柏崎市「うたげ堂」
Open=18:30/Start=19:00  Charge=3,500円(1ドリンク付・要予約)
うたげ堂 新潟県柏崎市西本町1-3-21  TEL:0257-21-9925 

緊急の決定らしく、予約先の電話番号が二つありました。
まずは、スカンジナビアンコネクションのHPから、

■予約・お問合せ
 ◆水口様◆(みずぐちさま)
  TEL:080-5694-5174
  ★水口様までご予約ください。

そして、ジャズイン新潟の掲示板には、

投稿者に直接メールで尋ねるか、
お問い合わせ:洋琴舎(0257-21-3915)

震災復興に協力!でも、余震も続いてます。
充分にご自身で考えたうえで、お出かけくださいね。

と、今日は、、ここまで。。
んじゃ、退散♪






最終更新日  2011年04月12日 18時36分14秒
[JAZZ(Born In The U.S.A. )] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.