000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

シックハウス・カウンセリング.com

PR

Freepage List

Category

Calendar

Archives

June , 2018
May , 2018
April , 2018
March , 2018
February , 2018

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


M.asaka

Recent Posts

Comments

M.asaka@ Re[1]:年が明けたら・・。(11/12) めきめきとパワーアップしています! …
夢追いカズコ@ Re:年が明けたら・・。(11/12) なんかずいぶんとパワーアップしてるので…
M.asaka@ >カズコさん ご無沙汰です。 mixiの方に怪しさ満点の…
夢追いカズコ@ ご無沙汰でしたァ~☆ お久しぶりですね。(*^-^*)☆ なんか…

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >

カテゴリ未分類

December 26, 2014
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
気付くとラビッツを始めて3年近くが過ぎました。(協会を作ってからは5年になります)
今年度に至っては4月から9月まで半年間も、週7日で教室を担当する、というハードスケジュール。事務仕事がズレにズレて大変でした。。

でも毎日が楽しくてしょうがない。
体操指導を通じて子供達のストレスを外してゆくと、面白い表情や言動、奇妙な動きがどんどん出て来て、指導してるこっちも毎日・毎時間 笑いが止まらない。それが普通になった今、普通の仕事になんて戻れない。

それ以前に、毎日働ける身体に戻ってることが自分にとっては既に幸せなこと。
過敏症でろくに動けなかった日々をもう忘れてしまったかのように、自由な身体があり、自由な仕事があり、その中で子供達が自由に体操に向き合っている。

会員は約120名。会員制じゃない単発プログラムの幼児クラスには毎週 新しい家族が口コミでやってくる。昨年は150家族、今年は200家族以上の新規参加者が学びに来てくれた。

最初の頃は他のクラブや学校体育の指導方針を気遣って遠慮がちでしたが、今ではもう、こちらが標準。学校の先生は体操に関しては素人ですから!フィットネスクラブの教室の先生は体操経験 無いですから!と普通に話すし、参加者は何も言わずに理解してくれる。他と違う!という事に驚き、何度も参加したり友達を連れてきてくれる方達が後を絶たない。

空いた時間にヒーリングや、CS相談は今も若干 続けていますが、空いた時間が最近はほとんど取れない状況です。
さらに年明けには大きな企画が進行中です。

もともとの計画にあった全国展開への1歩がやっと踏み出せます。
まずは隣の朝霞台駅にラビッツ2号校を出そうと物件を探しています。と思ったら2つ隣の志木駅に良さそうな物件が出て・・、どちらにしようか悩んでいます。

関西からも面白い話が来たので、今後は生徒や家族のケアだけでなく、指導者育成を本気で考えなければいけなそうです。

東日本大震災の後、色んな町を旅しました。
特に被災地で教室を作れないか・・、その前に、まず自分の町から変えていきたい。知らない町の、子供が少ない町でも、やっていける仕組みをつくる。その道のりが少しずつクリアになっていく。

まだまだ時間が掛かるなぁ・・、と日々想いますが、自分のペースで確実に積み重ねてゆきます。


model G
http://www.sick-house.com/g/

ラビッツ体操塾
http://www.niiza-taiso.com/

2014.12.26
(財)新座市体操協会 代表理事 浅香実津夫






Last updated  December 26, 2014 11:48:21 AM
コメント(0) | コメントを書く
July 15, 2013
カテゴリ:カテゴリ未分類
朝霞市・彩夏祭の打上げ花火、有料観覧席のご案内

8月3日(土)19:00~20:00(雨天中止の場合は翌日)

自由席:一般3,000円(1ドリンク付き)
<主催者とfacebook、mixi等で繋がっている方は2,000円>
禁煙:室内だけでなく、ベランダや屋上での喫煙も出来ません。外も朝霞市の路上禁煙重点地区のため、ちょっと外で吸って戻るとかもNGです。

会場:朝霞駅 東口駅前リゾンのビル9階 model G
予約受付期間:7月25日(木)まで
<定員になり次第締め切らせて頂きます>



昨年4月より朝霞駅東口、駅の階段降りて直ぐのリゾンのビル9階に、主に体操教室として使用する多目的スタジオ model G をオープンしました。

周りに高い建物が殆どないため、毎日の夕日や夜景が絶景な立地です。
教室の会員の皆様から「ここからだと花火すごいんじゃないですか?」という声を何度も聞いたものの、彩夏祭について全く知らなかった昨年の私としては「どうなんですかね?当日 見てみないと何とも・・。」という曖昧な返答しか出来ませんでした。


そして昨年の彩夏祭、土曜日の授業の後、残った会員の家族と一緒に花火鑑賞。
目に飛び込んできたのは予想を遥かに超える圧巻の風景。



9階の窓一面が巨大スクリーンのように、ちょうどTV中継しているかのようにドンピシャの方角、サイズ、そして耳が痛くなる程の爆音に本当に近くで上げているんだと体感できました。

ちょうど裏手には有名な板橋の花火大会が同日・同時刻で開催されていて、屋上に出ると そちらもほぼ目の前に上がっています。
が、そちらの規模にも全く引けを取らない大規模な花火大会がエアコンの効いた部屋で見られるのだから これ幸いとビール片手にマットの上でゴロゴロしていました。



そんなこんなで、今回は有料観覧席を一般開放します!定員は15名。
入れようと思えば50人くらい軽い場所ですが、主催者もゆったり寝転んで観たいですし、うちの甥っ子達も来ると思うので、20名は超えない設定で試してみようと思います。

同じ日の19:00~20:45に戸田橋花火大会、いたばし花火大会も大音響で見られます(こちらはベランダか屋上に出る必要あり)
他にも遠くで2~3箇所 打ちあがってるのが見えます。
駅徒歩0分、エアコンの効いた部屋でビール片手に花火祭りをご堪能ください!



<注意事項!>
車での来場は絶対にご遠慮ください。当日は半径5キロくらい交通が完全にマヒします。近くまで来れても、駐車場を探して入れるまでに1時間以上かかるとお考えください。
電車でお越しの方も、20分程度の余裕を持ってお越しください。駅から会場までは1分とかかりませんが、ホームから改札までは酷い時で20分くらい足止めされます。ホームから人が溢れそうな様子は見ていて恐いくらいでした。

普段さほど人口も多くない街、駅に異常なほどに人が集まります。花火大会の規模としても一級レベルなので、あまり聞かない土地の小さな花火大会と考えると身動き取れなくなります。
準備などで午後からスタジオに居りますので、1~2時間 早く会場に来て頂いても対応致します。


予約はこちらまで。
<迷惑メールが増えてますので、タイトルに必ず『花火大会』という文字を入れて送ってください。宜しくお願いします>


model G
http://www.sick-house.com/g/

ラビッツ体操塾
http://www.niiza-taiso.com/

2013.7.15
(財)新座市体操協会 代表理事 浅香実津夫






Last updated  July 15, 2013 11:05:25 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 17, 2013
カテゴリ:カテゴリ未分類
副都心線と東横線の相互直通運転が始まったということで、ちょうど横浜方面でやってる講演会に行ってきました。

CS関連の講演会は本当に久しぶりでした。もう何年も前線から離れていたので、いくつか最近の現状が聞けたのは収穫でした。
(あ、でも昨年末に新たにCSヒーリングやったり、昔からの患者仲間と会ったりは続けています)

柳沢先生が定年退職されてたとか・・、坂部先生が東海大学に移っちゃって・・とか、北里のクリーンルーム撤廃は知ってましたが、改めて考えると、過去30年程に渡って作られてきたCS界の3本柱はここ数年で見事に崩れ去っていたんだな・・、と哀しくなりました。



改めまして、3月17日、横浜の某・自然食品店にて、CS支援センターの相談役(元・理事)をされている方の講演会を聞いてきました。

個人的に言いたいことは3つ!!!

☆CS患者が居られない場所でCSネタの講演会しちゃダメでしょ!
後ろに居たCS患者さん、途中で帰っちゃってたよ。。話の質よりも空気の質が合わなかったんでしょうね。。

☆そんな場所に知り合いのCS患者さんが時より食事に行ってるらしいというのは、「あの方、本当にそんなに回復されてたんですね!!」っていう驚きと共に実感できて嬉しかったです。(私はこの場所 初めて行きました)
※この自然食品店は食のプロであって空気のプロでは無いので、そこを非難する気はありませんが、「一般向けの講習会です」とか「CS対応してません」という表記は必要かと思います。最新の情報が入ってると患者さんは つい行ってしまうものです。自分も含めて。。

☆CS的な建築のプロであることはよく分かりましたし努力してこられたのは十分に伝わりましたが、化学的な知識があまりにお粗末な方だったのは衝撃的でした。ある意味 確認できて良かったです。私の周りのCS患者さん宅の改装・新築にはとても紹介できません!
20数名 来ていたお客さんの大半が一般人だったので・・、一般向けの内容としては間違っていない、嘘は言ってない、でも専門家として つっこみたい言葉は数え切れないほどでした。


最近の情報を幾つか知れたのは収穫でしたが、残念だった感が大きかったです。あの場で指摘して更に空気悪くするのもちょっと・・。もともと空気悪い場所でしたし何も言う気がしなかったです。

振り返ってみれば・・、上記で触れた柳沢先生の講習を私が受けたのはもう10年近く前になるので・・、色んな意味で時代は変わっているということですね。。




最後に私の近況を少し。。

昨年から新たに始めた埼玉県朝霞市の体操塾は会員数が80名まで増えました。
最初の目標100名まで まだ少しかかりそうですが、自治体とも学校とも関わらず単独で、内装もそれなりに こだわった空気の良い場所で、子供達の運動能力を上げる仕事に日々 取り組んでいます。毎日が楽しいです!

普段はあえて言葉にしないようにしてますが、体の弱い子供達の代謝機能を高めCS発症の予防にも自然と繋がるような・・、トータルな運動能力向上の体操塾でもあります。

患者になってしまった人のフォローも大切ですが、知識のある人が予防側の立ち居地で仲間を増やしてゆくことも大切だな、と今回 改めて感じました。

あくまで自分の出来る形でですが・・、今後もCSと関わってゆきます。


model G
http://www.sick-house.com/g/

ラビッツ体操塾
http://www.niiza-taiso.com/

2013.3.18
(財)新座市体操協会 代表理事 浅香実津夫






Last updated  March 18, 2013 03:12:57 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 12, 2012
カテゴリ:カテゴリ未分類
2012年4月より新たな生活がスタートしました。

(財)新座市体操協会の2号店でもあり、体操を広める自前の拠点施設として、埼玉県朝霞市、東武東上線「朝霞」駅(池袋より電車で20分)の駅前に”ラビッツ体操塾”をオープンしました。


次なる震災への不安や、この夏の電力供給の問題なども踏まえ、いっそ関西で開業しようかとも悩みましたが(実際に奈良県の学園前という街を視察にも行きました)やはり慣れ親しんだ ここ朝霞市で、フラッグシップとなる施設をまず作ることを決意しました。


朝霞市みぞぬま児童館では3年前から、朝霞市はまさき児童館でも半年前から、月一での体操教室をボランティアで続けています。そちらを継続する形で、朝霞駅に毎日通う日々が始まりました。

化学物質過敏症で動けなかった頃には全く考えられなかった仕事を、今は単独で出来てしまえるようになりました。週5日以上で運動し(指導し)、30歳を超えて腹筋が6つに割れました。健康面では申し分ない程にパワーが漲っています。

もう学校や市の体育館を借りる必要もありません。駅前のテナント物件を借りて(賃貸で借りているわけですが)自治体や施設の管理者の思惑に左右されない自由な、真に子供と向き合う教育施設としての体操塾が始まりました。



セインツ体操クラブを経営してみて、昨今の子供の教育環境(こと児童向けの運動教育の環境≒体育)があまりに劣悪であることを理解しました。

勉強の面では様々な学習塾が展開していたり、保育施設も昔に比べたら増えていると思われます。
政党のマニュフェストにも児童の学力向上についてはよく触れられますが、体力向上は ほぼ触れられません。触れていたとしても体育の時間を少し増やすとか その程度です。内容・質についてはずっと昔から変わっていません。

身近な遊び場も殆どありませんし、学習塾のような体育を補助する施設はほとんど存在しません。

昔からある駅前の体操教室のようなところ、チェーン展開のフィットネスクラブの体操教室では、未だに体操競技の経験のある先生が”いない”ところが殆どです。昔ながらの古い指導論で、20年経っても30年経っても同じことを行っています。


では体操クラブではどうかというと・・、やはり旧時代的なスパルタ方式を繰り返しているだけでした。
セインツを運営してみて、他所のクラブの話も嫌というほど聞きました。選手クラスでも多くの生徒がうちに移ってきました。ずっと子供が笑顔で体操をしていることに驚く保護者に対して、むしろ こちらが驚いたほどです。
笑顔の無い体操がもはや普通だと思われている現実が私には信じられませんでした。

子供が成長するには、子供のやる気を引き出すのがまず最初です。楽しいからやる気が出るのです。楽しいから勉強・練習するのです。

自分達の現場しか知らずに10年が経ち、それが出来ている環境が他に殆どないという現実に衝撃を受けました。
そんな様々な問題をクリアする施設としてセインツ体操クラブは機能していましたが、東日本大震災の影響で体育館が借りられなくなってしまいました。


そんなこんなで・・、自前の体操施設をなんとか用意しなければならない。
これだけ現状を知って・・、何もしないわけにはいかない。少なくとも自分達が抱えられる子供や保護者には、笑顔と共に学ぶ姿勢を身につけて欲しい。
それが震災後の、そして将来の日本の未来を託す子供達への教育(体育)であると自信をもって今は言えます。


4月から始めた体操塾では、これまでの小中学生の他に幼児さんの体操も行っています。歩ける子なら1歳から参加可能です。
そこで目にするのは、「後転のとき手は耳だよ~~」というお母さんお父さんの姿です。自分達が子供の頃、誤ってそう教えられたからです。
また「この前 保育園でそう習いました」という保護者もいます。

確かに後転の正しい教え方、側転の正しい教え方なんて教本には無いと思いますが、体操専門でない保育園・幼稚園・小学校の先生方が・・、間違ったままの指導を今もずっと続けていることが残念でなりません。
子供の運動能力の基礎の基礎の部分が・・、ずっと間違ったままになることに恐れを感じています。


運動を行うことで化学物質を体外に排出する効能を私はよく知っています。化学物質過敏症の悪化を食い止めていたのも(子供達に体操を教えるという形で)定期的に運動をする機会があったからです。
アレルギーや花粉症の子供の増える昨今、身の周りの化学物質がどんどん増えている時代に、運動は難しい、つまらない、TVで見るもので自分がやることじゃない、そんな体育が続いていくことに激しく不安を感じます。


そんなことも含めて、また一から子供達と向き合っていくことを、皆に笑顔を与える体育を始められたことに本当の意味で幸せだと感じています。しばらく体操三昧な生活にどっぷり浸かってみようと思います。



保護者の見学用にカフェ・スペースも併設していますので、興味のある方は覗きに来て下さい。火曜と日曜以外は毎日やってます。
東武東上線「朝霞」駅、東口を出て最初に見える不動産屋リゾンの入っているビルの9階 model G が練習場です。

model G
http://www.sick-house.com/g/

ラビッツ体操塾
http://www.niiza-taiso.com/

2012.6.12
(財)新座市体操協会 代表理事 浅香実津夫 






Last updated  June 12, 2012 11:41:21 AM
コメント(0) | コメントを書く
November 2, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類
振り返ってみて、幸せのピークは昨年末でした。
ここ数年、続きに続いた幸せと順調な仕事は、今年の年明けから大きく狂ってゆきました。


そして東日本大震災。。

多くの人が、多くのモノを失った年だと思います。
我が家もまた、少なからず損害を被りました。
4月から暫く、病気の頃のような先の見えない生活が続きました。


それでも多くの人に、新たな転機が訪れた年でもあります。
震災とちょうど時を同じくして、1年間で100名まで会員数を伸ばし順調に地域の評価を勝ち得ていたセインツ体操クラブから脱退しました。
現在は埼玉県の朝霞駅周辺に新しい体操教室を創るべく準備を進めています。来年4月開校を予定しています。
私のこれまでの人生と、1年間 代表を勤めて再確認した体操教室の在るべく姿と、旅先で再発見した日本の素晴らしいものを掛け合わせ、より多くの子供たち家族たちが幸せになるための場所を創ります。


震災以降、本当に色々な場所に足を運びました。
最初の頃は心の静養の旅で、そして被災地へチャリティーの旅へと変わりつつ・・、気付いたら次の仕事へ向けた視察の旅となっていました。

掛川・浜松、白浜・熊野・吉野、松島・石巻、塩釜・松島、弘前・青森、台場、江ノ島・七里カ浜・鎌倉、八戸・十和田・陸奥、小樽・旭川・富良野・トマム、浜松・京都・吉野・伊勢・津・名古屋、常陸那珂、伊東、小田原・御殿場・三島、湘南、そして高知へ。


宮城県は松島・石巻に数回。
その後 友人の紹介もあり弘前に「奇跡のりんご」で有名な木村さんの農場を訪れに行きました。世界遺産の白神山地にも足を踏み入れました。

桜の季節には山桜で有名な奈良県吉野を巡りました。震災直後、本来なら世界遺産と桜の名所として国内外を問わず観光客でごった返しているべき時期に、人は まばら・・、外国人に至っては数人しか見かけない、という現状を直視してきました。

9月には台風の影響で甚大な被害を受けた吉野に再びボランティアで行きました。


被災地が・・、という言葉ではもう置き換えられない、日本全域があらゆる打撃を受けていました。
そしてその被害の大きさ、形といったものは、それぞれの土地で、町ごとで異なっていました。それを受け止める人々もまた、一人一人全く違っていました。沢山の人が沢山のことを考え願っていることがよく分かりました。

またその情報自体に誤りがあること。その情報によりまた傷付き、疑心暗鬼が増えてゆくことを身をもって体感してきました。


もうこれまでと同じ幸せはない。これまでと同じ日本はない。そもそも そういった考え方自体が、誰かによって刷り込まれたマヤカシだったことを理解しました。


この日記の冒頭で幸せのピークは昨年で終わったと書きました。

本当のところは新たな気付きです。
日本人として本当の「幸せ」ってのが何なのか、改めて、いや初めて理解したのです。
これまでの形だけの平和や幸せの定義とは違う、本来 人間が求める笑顔あふれる生活を送りたい。自分にはそれが出来る。そのための再準備に1年を掛けることになりました。

この地球の中で、日本人として多くの人に喜んでもらえる居場所を作る。それが今の自分のやるべく使命だと感じています。

来年度から、私自身の本当に幸せな生活が、幸せの人生が初めて始まります。
そんな事を気付かされた1年間でした。

そしてまず自分の幸せから、自分と関わる多くの人に幸せを共有し広げてゆくことを生業としてゆくつもりです。



さて、1年後の自分はどんなことをしているでしょう?
次の日記、また1年後をお楽しみに。。。


 2011.11.2.
(財)新座市体操協会 代表理事 浅香実津夫 
http://www.sick-house.com/found/






Last updated  November 2, 2011 06:53:36 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 10, 2010
カテゴリ:カテゴリ未分類
またまた1年以上 放置していました。もう、このBLOGはそんな扱いですスイマセン。仕事はもちろん続けています。

禁煙カフェは辞めてしまいましたが(お店は他のものが経営して禁煙を続けています。潰れてはいませんよ/汗)、シックハウスや化学物質過敏症の相談事、ヒーリングのお仕事、演劇関係、ゴミ拾い、そして体操関係。。
それらは全て、自分の日常の一部なのです。

(記録や報告は主にmixiに載せています。やっている方はそちらをご覧下さい。「id=1170628」が私の日記です。探してみて下さい。)


もう「ヒーリングの人」という認識が周囲にはっきり受け入れられるようになりました。
そういう怪しい力に対する理解も得られる時代になってきたんでしょうね。実に動き易いです。

仕事に関係なく初めて会う人でも さらっと受け入れて貰えますし、「ちょっと試してみます?」っていう流れも結構ありますね。
8割くらいの人には、「明らかに科学を超えている」「人外の力だ!」とその場で理解して貰えるような、ちょっとしたことが幾つも出来るようになってきましたし。

こっちはもう口コミだけで、宣伝とか一切してませんので、混み過ぎることも暇過ぎることもなく、淡々と続けています。自分の場合は1度の効果が数ヶ月続いてしまうので、継続する患者って少ないんですね。重症だからと数ヶ月診てた人も直っちゃえばそれまでだし、混み過ぎる・・、ということは今後も無いでしょう。このペースで続けて行きたいと思っています。



CS関係は少し減ってますね。大きな宣伝媒体としてのお店を出てしまったので、気軽に自分に会いに来る人も減りました。。

それでも時より来る相談事は最優先で当たっています。
如何に迅速に対処するかが この病気では鍵を握ります。

なんとなくブームが去ってしまった感はありますね。
知識を持っている人が明らかに減ってきていたり、地方に移ってしまったり、新たに知識を持とうとする人は少ないのかも知れません。
それでも患者さんは右肩上がりに増えています。シックハウスも、当然 増えています。

ちょっと大きな施設とかに行くと、自分の言葉は重宝されるみたいです。明らかに五感で感じ取ってるなこの人・・、という雰囲気 全開で話していくので。

あまり恐い印象を与えると素人は耳を塞いでしまうので、なるべくフランクに話すように心掛けています。
大の大人が「もっと知りたい」と目をキラキラさせて色々 質問してくるのは気持ちが良いですね。

これも機会がある限り 続けていきます。CSは治っても一般人に比べると自分の嗅覚はまだまだ別次元なので、特技として生かしていきます。



ここ1年での大きな変化としては、もう10年ほど指導者として関わり続けていた器械体操。

新しい場所が出来ました。
いや、自分達で作ってしまいました。
http://www.saints-taiso.com/

体の動かない時期も(実はヘロヘロになりながらも)月数回の指導を続けていて本当に良かったなぁ~、と思います。
最終的なCS悪化を食い止めていたのも、ここで多少 声を張り上げて怒ったり、ちょっとお手本で(本当にたまにですが)運動してたことが大きかったです。

初動から運営開始まであまり時間がなかったので、NPOではなく財団法人を作ってしまいました。
そして「セインツ体操クラブ」という器械体操のクラブチームを新規設立しました。4月に始まってまだ4ヶ月ちょっとしか経ってないですが、既に噂が噂を呼びレベルの高い子達が集まってきています。
レベルを抜きにしても総勢80名以上の子供達を既に抱えています。?落としにオリンピック金メダリスト内村航平選手とかが来てくれちゃったのも、神掛かった大きなうねりを感じています。
近い将来、体操業界に"セインツ"の名前は鳴り響くことでしょう。

ということで、「財団法人・新座市体操協会」の代表理事になってしまいました。
カフェのオーナーとか、ヒーリング自営業とか、肩書きとして弱いな~、と思っていたので、この社会的地位を確立できたのは大きいです。

自分も週2~3回 担当のクラスを持って、前以上に運動もするようになり、ちょっと怪我した子はヒーリングで直しちゃったり、本当に楽しくやっています。子供と接するのは昔から好きなんです。



その他としては、スカベンジ(ゴミ拾い)が次の領域へと進みました。

今年から地元ではなく、瀬戸内の島に遠征しています。
既に2回行ってきましたが、1回目の報告は以下をご覧下さい。
http://www.sick-house.com/usa/
素晴らしい場所なので、ゴミ拾いに限らず生涯ずっと、たまに足を運ぶ場所になりそうです。


そんな感じで、今は楽しい人生を送っています。これまでの苦痛の人生が、そのまま仕事として生かせるようになり、人々を喜ばせることに繋がっています。

このBLOGはまた1年以上 放置してしまうと思いますが、もろもろ続けていますので興味のある方はメールでも下さい。

mixiやってる人も気軽に声掛けて下さい。

それではまたしばしお別れです。。

                    2010.8.10.浅香実津夫






Last updated  August 10, 2010 10:39:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
December 4, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類
もうずっとmixiだけで活動してきました。

こちらのBLOGは1年間もほったらかしていましたね。
申し訳ないです。

この1年間 大きく変化しました。そして来年も、まだまだ進化していきます。こちらのBLOGはあまり更新できないと思いますので、近況報告だけでも。
(mixiをやっている方はそちらをご覧下さい。「id=1170628」が私の日記です。探してみて下さい。)


2009年1月1日より、ヒーリングの仕事を始めました。
予想外に反響もよく、禁煙カフェとの両立が難しくなってきました。
リーマンショックもあり、飲食業界は更なる不況の道へと進んでいきます。周辺のお店が・・、ここ数年でどんどん変わっていくのですね。個人のお店を3年以上継続するというのは、思っていた程 簡単でもありません。
どちらかを選ばなければいけない。。
2009年3月末、3年近く勤めた禁煙カフェを仲間に譲り自由になりました。

カフェを経営して気付いたことは、自分が多くの仲間に支えられていること。強い意志を持って自ら動くことで、仲間が増えていくこと。自分の強みは積極的な行動力であったこと。誰よりも痛みを知っていること。まだまだ知りたい、辿り着きたい欲求があること。そしてまだ知らない世界が広がっていること。。


2月~5月、CSの専用プログラムのモニターを募集し、一つの可能性としてヒーリングによる民間療法を確立する。
モニターの体験感想など、こちらに全て掲載してありますので興味のある方はご覧下さい。
完治・・、とかって話は まだまだですが、引き続き継続されている方は順調に回復されてます。

この道で良いんだ・・、と思う反面、CSに固執してはイケナイと気付く。手を差し伸べたい人は、CSに限ったことじゃない。


もう何でも良いから、このヒーリングで救える人を救ってゆく。
そんな思いで1ヶ月埋まった月がありました。
癌のヒーリングモニターとかもやって・・、関東圏で色々飛び回っていました。名古屋とかも行ったなぁ。。
充実してましたね。仕事で忙しい・・、という状況に。

しばらくぶりの人から「明日か明後日やって欲しい」と急に連絡を貰った時、これじゃダメなんだと思いました。

今 手を触れたい人に、「1ヶ月 待ってくれ」と言うのは心が痛い。
それから ずっと、宣伝らしい宣伝はしてません。。
まぁ、極端なんですよね自分。。

急な理由でキャンセルとかも結構あったし、キャンセルの後 数ヶ月空いてしまったりするのも悩みどころでしたが・・、それでも ちゃんと声は掛かる。少しずつ広がってゆく感覚はあるので、口コミだけに身を委ねることにした。
空いてる日には修行をすれば良い。新しい能力も身に付け、行く先々で仲間が出来る。

久しぶりに会う人達からは、「元気そうだな」とか「笑顔が良い」と言われる。もうCSは完治した。過去の自分を知ってる人からすれば、こんなに元気な自分は見た事がないのだと思う。

お酒や演劇、シックハウス。。これまで仕事としていたことは趣味となり、そこで出来た友人に、ヒーリングの面も少しずつ見せてゆく。今は自由に、この楽しい時間を満喫すれば良い。。


日本人は働き過ぎだと思う。この前 ドイツから帰った友人とも意気投合する。
休みも多くて、それなりの金額は稼いでいて、精神的な負担がない状態。。それが一番 良いのではないか?

これは学生 出た頃の自分では、当然 その周りの人間には理解されないものだし、理解させることも出来なかっただろう。
これまでの迷いまくった自分の人生だからこそ納得して貰える仕事と環境を今は手に入れることが出来た。



それから・・、週1でずっと続けていた体操教室にも変化が起こる。来年から、お世話になった顧問の先生とで新しい体操教室を作ることになった。夏開けくらいから少しずつ準備を進め、年明けには正式な発表が出来る状態になってきた。

自分は財団法人の代表理事になるらしい。。その肩書きは、今 一番欲しいものだ。
より公共的であり、社会的な地位を周囲が約束してくれる。
良いことをしていても周囲から変な目で見られる・・、そういうものとは無縁となる。
もう堂々と好きな仕事をやって、好きに休んで、酒を飲んで、それが家族にも社会にも認められる形となる。


model T を作ったとき、最初に掲げた想いは”幸せの連鎖を起こす”ことだった。
CSとか、恐怖を煽り知識を広めるのはなく、まず自分が幸せになり、その形を伝えてゆく。苦しい人間が幸せに生きてゆくための一歩だった・・。

不思議なことに、model T を辞めて初めてそれが実現した。この胸の中に、Tの意思は続いている。


他のどの病院に行っても解決しなかった問題、苦痛を持った人が、自分のところに来て笑顔になって帰ってゆく。この環境は気持ちが良いよ。
今はこの環境の維持と、先の未来を考える。決して忙しくなり過ぎることなく、より楽しくなるための一歩をこれから歩いていこうと思っています。






Last updated  December 4, 2009 05:06:02 PM
コメント(0) | コメントを書く
January 1, 2008
カテゴリ:カテゴリ未分類
さて、そろそろ活動再開といきましょう。

この2年間は色々なことがありました。
店を開いて、そこで色んなイベントをやり、沢山の仲間ができ、また新たな一歩が始まります。


振り返って思えば、CS(化学物質過敏症)でも働ける環境作りと、新しい情報発信の場を作っていた2年間でした。

最初から そういうものを目指してはいましたが、気付いたら2年が過ぎてました。
なかなか難しいものです。。


私自身の体調も、最悪の時の状態ほどではないですが、1年間ずっと落ち込んでいました。
1日の3分の2は横になっていることが当たり前で、そのスピードでしか動けないことにも・・、もうすっかり慣れてしまいました。

最近になってようやく まともに動けるようになり、急に出来た時間の使い方が分からなくて困っています。
と言っても、いつまた落ち込むか分からない体だということも、身を持って知りました。

その上で、またシックハウス症候群・化学物質過敏症の情報発信を始めようと思っています。
最近はmixiでの日記が多いですので、またこのBLOGが止まったとしても、”動けない症状に陥ってる”という わけではないと思いますので、ご心配なさらずに。


model T の営業開始は5日(土)からです。店内での相談にも力を入れて行きたいと思っています。
今年も宜しくお願い致しますm(__)m






Last updated  January 1, 2008 07:14:06 PM
コメント(2) | コメントを書く
July 19, 2007
カテゴリ:カテゴリ未分類
来週23日(月)15:00~17:00、先月のCSおしゃべり会にてお知らせしたセラピーの体験会を MODeL T で行います。


今回はCS患者限定です。そして無料です!

自分で試した意見として、マイナスはないと思いますので、試しにやってみては如何でしょうか?
今回は無料ですから。


この説明&体験会ですが・・、来月からmodel T で定期的に行うことが決定しました!
その代わり、次回からは有料となります。1人3000~4000円を予定。

CSの方は恐らく私と同様、全てのツボからNGが検出されると思います。
”スピン判定”と言います。
体験だからといって回復する前に時間で区切ってしまうのでは やる意義はないと思うし、この治療の良さも伝わらないでしょう。

ということで、そのスピン判定の状態から回復するところまでは必ずやってくれるそうです。

人によって時間も違いますが、1人15分か20分もあればいけるでしょう・・とのこと。
スピン判定さえ解除されれば、その瞬間は分からなくても、数日間で効果のほどは体感できると思うからです。

私は最初に3時間くらいやって貰ったので(体験ではなく、ちゃんとした治療として受けました)治療が終わる頃には もう変化が実感できるほどでした。
CSに有効かどうか、他の方にも体感できたら嬉しく思います。


また、今後 MODeL T の営業時間中に、この治療を店内で受けることも可能になります。
現在 お店を構えてこの治療を行っている方が近いところで横浜と千葉にいます。
東京には無いようですので、うちの店に出張してくれるそうです。
皆が笑顔になる場所としてなら、場所を貸すのは全然構いません。

さぁ、まずは体験会です。
他の患者さん達にも受け入れられるか、興味津々です。



※なお、この体験会は定休日を当てています。買出し等 ありますので、終了後にお喋り会などは出来ません。ご了承下さい。


------------------
No Smoking Cafe      MODeL T
バー・タイム(18:00~23:00) 月曜定休
http://www.nosmoking-cafe.net/






Last updated  July 20, 2007 04:28:21 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 23, 2007
カテゴリ:カテゴリ未分類
毎回 多くの方々にお越しいただいている恒例の池袋スカベンジ「Ikebukuro Scavenge Action」
来週土曜 決行!


○ 趣旨:
「スカベンジ(ゴミ拾い)」という社会貢献活動を通して、池袋の街の美化と、ポイ捨ての無い街づくりを地域に訴えていくことを目的とする。
また、豊島区周辺の学校に通っている学生や地域の人々のコミュニケーションにより交流を深め、また、お互いに理解を深めることで青少年の非行・犯罪を未然に防ぎ、お互いに気持ちよい生活の場を築いていく。


○ 時間・場所
2007年 6月 30日(土) (小雨決行)

  ~ Time Schedule ~
集合時間・場所 : 13:30 / 東京芸術劇場 噴水前
開始時間・場所 : 14:00 /     同上
終了時間・場所 : 16:00 / 池袋西口公園
※ 開始・終了時刻は、当日の状況により多少の変更あり


○ 参加について
参加費は無料です。事前の申し込みも不要です。
必要なものはこちらで用意しますので、持ち物も特にありません。
また、安全第一で行いますので、初めての方や一人で参加する方、小さなお子様もお気軽にご参加下さい。


○ 問い合わせ先
TEL 080-3469-8405(大濱崎)
E-mail ikebukuro_scavenge_action@yahoo.co.jp
HP http://jhsf.info/0630.html(日本ハンディキャップ協働基金HP)
※ mixiメッセージなどでもお気軽にどうぞ!

主催: 日本ハンディキャップ協働基金
共催: 立教通り商店街振興組合
    mixi豊島区池袋町会
協力: 立教小学校(予定)
協賛: カルピスビバレッジ株式会社(東京)


○ その次のスカベンジ予定
2007年 8月 25日(土)を予定しています。


_____________________________

さて、今回は100人 超えそうな勢いです。
準備万端!

池袋に限らず、この活動に興味を持って下さった方は誰でも歓迎します。
ご家族揃ってでも、子供1人での参加も可能です。

前回の様子はこちらを参照下さい。






Last updated  June 23, 2007 11:12:44 AM
コメント(2) | コメントを書く

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.