000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

シックハウス・カウンセリング.com

PR

Freepage List

Category

Calendar

Archives

April , 2018
March , 2018
February , 2018
January , 2018
December , 2017

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


M.asaka

Recent Posts

Comments

M.asaka@ Re[1]:年が明けたら・・。(11/12) めきめきとパワーアップしています! …
夢追いカズコ@ Re:年が明けたら・・。(11/12) なんかずいぶんとパワーアップしてるので…
M.asaka@ >カズコさん ご無沙汰です。 mixiの方に怪しさ満点の…
夢追いカズコ@ ご無沙汰でしたァ~☆ お久しぶりですね。(*^-^*)☆ なんか…

全3件 (3件中 1-3件目)

1

超能力

September 25, 2006
XML
カテゴリ:超能力
2つ前の「ためしてガッテン」批判の日記、mixiの方で反響がありました。
自動車業界にいる友達からのコメントに対する回答日記をこちらにも掲載します。


コメントの内容としては、
<<自動車業界にも車室内VOC低減を掲げてホルムアルデヒド等13の化学物質の使用を抑えましょう、と基準値も設けられていて「とりあえず何かやってます」ってのがあります。
ホルムアルデヒドを筆頭とした13の物質は比較的その傾向が強そうだ、ということなのか?それとも、全くそもそも見当違いなのか、せめて少し知っておきたい>>

以下、その回答日記です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


国も「とりあえず何かやってます」という感覚で13物質の規制に踏み切りました。
最初の1歩でしかないのに、それから3年経っても2歩目が出てないんです。

・まずシックハウスの原因物質として特定されているものが100物質あります。
(特定されてないだけで他の原因物質も沢山あるかも知れません)
規制しなきゃいけないものは「とりあえず100個はある」ということです。

・13物質は比較的 大量に世間に出回ってしまっているもので、被害にあう確立が高いので真っ先に規制すべきものです。

・ホルムアルデヒドはその最も”有名”なもので そこいら中にあります。
建材・接着剤はもちろんですが、家具からも電化製品からも、PCの排気ガスからも結構出てます。車の排気ガスからも もちろん大量に出てます。
家の中だろうが家の外だろうが、日本人は毎日 大量にホルムアルデヒドを吸っています。
最も”有名”なもので、最も”大量”にあるものですが、最も”危険”というわけでは有りません。
少量でもヤバイものは他にあります。

・なので、本質はシックハウスの原因となる化学物質(100物質)を順番に減らして行こう!となるべきです。

・今のところ、シックハウスの原因となる幾つかの化学物質(13物質)を減らしましょうね、という段階です。

・先日の「ためしてガッテン」では、シックハウスの原因であるホルムアルデヒドを減らしましょう、という番組構成になっていました。
『シックハウスの原因=ホルムアルデヒド』という構図が10年前から染み付いてしまい、他の物質は気にしない状態になっています。

・13物質の規制後、ホルムアルデヒドの代わりにアセトアルデヒドを大量に使うようになりました。
規制されてないから幾らでも使って良いという解釈になるためです。
ちなみにアセトアルデヒドは、最初から14物質目の規制対象として検討されているものです。(まだ規制されていません)

・次に危ないというものが、ここ3年間で大量に世間に広まっています。
国はこの3年間に、せめて次の10個くらいの物質を規制するべきでした。
最初の13個だけ規制して「とりあえず何かやっています」という雰囲気が見え隠れしているのが とても残念です。

・ホルムアルデヒドの使用量自体は確かに減っていますが、シックハウス症候群・化学物質過敏症患者は右肩上がりに増えています。

・今年、新潟の小学生1万人を対象にした調査が行われました。
化学物質過敏症の可能性のあるレベルの子供(過敏症かもしれない・いつか過敏症になるかも知れない)が全体の60%だったそうです。
それほど身の周りに化学物質は溢れています。
人は気付かないうちに被害を受けています。
「うちは大丈夫だよ」って言う人ばっかりですが、本当に安全な環境で暮らしている人に私は出会ったことはありません。


・大量にあるのが問題なんです。
何があるからダメなんだ、とか。これを使わなくなれば良いんでしょ、っていう話ではないんです。
ホルムアルデヒドを規制したら、アセトアルデヒドが増えた。
アセトアルデヒドを規制したら別の化学物質が大量に使われるようになった。。
しばらく この繰り返しをすることになると思います。

その後になってようやく・・、
「っていうか、化学物質 全般の使用を控えようよ」ってことを皆が意識すると思います。

・それまでに何十年掛かるか、何百万人の過敏症患者が発生するか・・、検討も付きません。
我々患者はそうならない為に各自 声を発していますが、誰も気付かない(気付けない)問題なので、事態は一向に良くなりません。

・長くなりましたが、「対策してます!」と言う人、言う会社に属している人は、最低限これだけは頭に入れて欲しいです。
ガッテンして頂けますか?!






Last updated  September 25, 2006 11:06:10 PM
コメント(2) | コメントを書く
April 17, 2005
カテゴリ:超能力
指導している大学の器械体操部の試合があるので今日は早起き。
が、さっそく寝坊。
あ~~、ドタバタと着替えて出るか・・。

普段、家を出る1時間前に起きて ゆったり体を起こしてから家を出るようにしている。30分寝坊しても 幾らでも対処ができる。

しか~し、今日に限っては体が動かない、なんだこれは~~!!

おかしい、5時間近くは寝たと思うのだが・・、まるで睡眠が足りてない感じだ。

今回は過敏症の症状ではない。
起きた瞬間の「やばい、昨日変な空気 吸った!」って後悔がないのは、そういう体の疲れ方では ないということ。
単に睡眠が足らない感じだ。

でも今週は毎日 昼過ぎまで、自分でも寝過ぎていると感じるくらい寝ている。それなのに何故?!


心当たりは、・・ある。
お前 寝過ぎだろぅ、と感じてたのは超能力治癒を開始した翌日から。
日曜の体操教室の筋肉痛を治した月曜の夜が始まりだから、火曜から過剰に睡眠を取っている。

実は あれから毎日、事あるごとに体の至る箇所に自ら超能力治療を施している。
「まっさか、そのツケか・・。」と思ったことは何度もあったが、精神パワーが弱いんだ!と思って あえて治療を続けた。

起き上がってフラッと来たよ。過敏症の症状以外で、足元が おぼつかないなんて初めてだ。
朝食を食べて、背中の筋肉痛を治す・・。
一昨日の練習の筋肉痛だ。他の箇所は既に治療済みだったので、簡単に手が届かなくて ほっといた場所だけ今になって激しい筋肉痛だ。
この分かりすぎる差は面白い。

体は体操で柔らかくなった方だけど、流石に背中の隅々まで掌を回すのは大変だ・・。
寝る前の集中治療は しばらく止めようかな・・。
いや、でもなぁ~。






Last updated  April 22, 2005 01:13:32 AM
コメント(3) | コメントを書く
April 12, 2005
カテゴリ:超能力
昨日のTVでやってた、超能力医療、ロシアの13歳少女ヤーナさんを取り上げた番組は大変参考になりました。

自分にも そんな力があったなんてビックリですね。
力の使い方が少し分かりました。ヤーナさんに感謝です。


化学物質過敏症っていうのは、能力の開花であると、個人的に思っています。身体が化学物質の危機に晒されて、防御反応として嗅覚が飛躍的に発達する。しかしながら、その防御反応が高すぎてアレルギーと同様の過剰反応を示してしまうのだ、と・・。

私の場合は嗅覚だけでなく、視覚や聴覚も変化しているので、そう思いたくなってしまいます。被害者ぶるのも好きじゃないですしね。

医学の解明で分かっている範疇では、この病気は中枢神経障害であり、だから人によって症状は違うし、人によって気になる臭いも違ってきます。気になる臭いと気にならない臭いが、過敏症の患者一人一人で違ってくるのです。

よって嗅覚の過敏さと、症状のレベル、危険物の存在量は、綺麗に比例することは無い。


なので、これ以降は私の勝手な空想です。
化学物質の影響により、五感が引き上げられる。能力がアップするという考え方。
その結果として嗅覚などが発達し、微量な化学物質を感知できるようになるのです。
ここは花粉症との大きな違いです。
花粉症の酷い方は、「今日は花粉多いね」って言いますよね。アレルギー反応が出るから花粉の存在が分かるのです。
でも、花粉の臭いがして、花粉の存在を感じて、症状を出すわけではありません。
突然 症状が出たから、花粉の存在を感じるのです。

でも化学物質過敏症の人は、まず化学物質の臭いを感じます。そこで存在は分かっています。それから症状を発します。
逃げようと思えば逃げられます。でもそれが会社の中、友人と一緒だったりしたら、一人で逃げるのはオカシイので、我慢して症状を出します。
症状が重い人は、逃げる間もなく症状を出してしまいますが・・。


そんな訳で、五感の発達に伴った弊害だと感じることが多いです。

じゃあ、第6感も一緒に発達してるってことは無いのかな?とも思っていました。

昨日のTVを見て、第6感は普通に存在していて、誰でも持っていて、こんな風に使っているのか、というのが分かりました。

一緒に見ていた親は、「でも やっぱり胡散臭いね」と言ってましたが、私はその横で不思議な感覚を味わっていました。
自分なら出来るはずだ、と・・。
五感は発達しているんだから、この能力は引き出せる状態にあるはずだ、と・・。
疑うことなく自分を信じてやってみたら、超能力治癒は出来ました。

具体的には昨日の激しい運動での全身の筋肉痛、最近パソコンのやり過ぎから来る目の疲れと痒み(強く擦るため、それが原因となり目が疲れやすいという悪循環)、この冬のスノーボードで痛めたけど医者には行ってない膝の靱帯の痛み、ここ1ヶ月苦しんでいるけど これまた医者には行っていない虫歯の痛み、それが消えましたよ(笑)

膝と虫歯はまだ若干残っていますけど、ほとんど痛くないです。
目も痛くないので、こうして長い日記を平気で書いています(そのせいで日記の更新は控えていました)


この能力の開花は嬉しいですね。これから どうにかして鍛えてみたいです。人前で使えるように なりたいな~。






Last updated  April 12, 2005 08:27:06 PM
コメント(3) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.