538214 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

豊島区私的空間

PR

X

全199件 (199件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

トロント生活

2007.06.10
XML
カテゴリ:トロント生活

久しぶりにカナダ関係の話題です。最近、ちょっと友人に聞かれることがあったので、個人的な経験をブログにも載せようかと思いました。

2005年9月にカナダに行くことが決まり、生後6ヶ月の息子を連れて行くにあたって、エアカナダのHPなどで確認したところ、はっきりしないことも多いため日本の事務所に電話してみました。

(日本→CANADAと2007年8月にCANADA→日本への帰国については会社負担のため息子用にも正規チケットが用意されていました)

ひっかかったのは、チャイルドシートは北米の安全基準を満たした品でなければならないという点です。 

*********** エアカナダHPより抜粋 ***********

座席を使用する幼児のチャイルドシートの装着義務について
小 児運賃を支払った2歳未満の幼児が座席を使用される場合、安全性を確保するために座席にチャイルドシートを装着することが義務づけられます。2才以上の幼 児でも体重が18kg未満の場合には、座席にチャイルドシートを装着することができます。お使いいただくチャイルドシートは、座席の幅に合ったもので 1981年1月1日以降に製造されたものでなければなりません。飛行機で利用できるチャイルドシートには次のような承認ラベルが貼られています。ご確認く ださい。

  • CMVSS 213 (or 213.1): Canada Motor Vehicle Safety Standard (Canada)
米国基準にもとづき1985年2月26日以降に製造されたチャイルドシートの場合、次の2文が表示されたラベルが貼られたものでなければなりません。
  • This child restraint system conforms to all applicable federal motor vehicles safety standards.
  • This restraint is certified for use in motor vehicles and aircraft.
ご注意: 子供用補助いすの使用は認められておりません。カナダの航空会社であるエア・カナダは、カナダの安全基準に準ずるため、日本の安全基準のチャイルドシートはお断るする場合がございます。予めご了承ください。

体重が9kg未満の幼児には、必ず後ろ向き取り付け型のチャイルドシートをご使用ください。9kg以上18kg未満の幼児には前向き取り付け型のチャイルドシートをご使用ください。規定についてのより詳細なご質問はエア・カナダコールセンター、またはお近くの旅行代理店までお問い合わせください。

 ***********

でも日本でどうやって北米の安全認可を受けた品を入手すればよいのでしょう? 行きはバシネットでよいとして、帰国時(2006年8月末)には息子は1歳半になっていておそらく10kgを超えているだろう帰路について悩んだため、直接事務所に問い合わせたところ、

「日本製の品を含め、安全基準を満たしていない品だと、飛行機の座席にフィットしないため安全が保障できません。チャイルドシートを持たないお客様については安全上、搭乗券を持っていても拒否する可能性があります」

「じゃあ、北米基準をみたしたチャイルドシートはどこで買えばよいのですか? 日本でうっていますか? 買えない人はどうするんですか? 」とたずねても

「お客様のほうでご用意していただくしか・・・」 

といわれました。そのため日本製のチャイルドシートをもっていたにもかかわらず、我が家はCANADAで更に1台安全基準を満たした品を購入して、帰国便で利用しました。

ところが、ところが!!! 買ってしまってからCANADAで知り合った方に聞くと、実際にチャイルドシートを持っていなくても搭乗拒否されたという話は聞かないとか、たまたま私自身もチャイルドシートを装着しないで利用している家族をみかける機会があったり、建前と運用はちがうんだなーと実感しました。

もちろん子供の安全は第一ですけど、それを別にすると規則を真に受けて購入したチャイルドシートおよそ2万円は結構痛い出費だったなーと思います。(知っていてあえて買ったのとは違うという意味で)

たとえばエアカナダが規定に沿った品を貸し出してくれるなりしてくれたら、レンタル料を支払えばスムーズなのにと私は思うのですが、いかがでしょうか。

■バシネットについて10kgまたは腰が座る前の子供であれば利用できるということです。我が家の子供に付いてはその時点で7~8kgでしたので、行きについては問題なく利用できることがわかりました。実際利用してみると、食事用のテーブルなどと同様離陸時などには使えなかったです。要注意なのが、10kg未満でも座れる場合は利用できないとスチワーデスに言われることがあります(友人体験談)ので、飛行機の中で確認されたらバシネットを利用したい場合は「腰が座っていません」と回答するのがよいと思います。

■エアカナダの子供サービスについてエアカナダはサービスですごく有名な航空会社というわけではありません。また一回破産?したあと、さらにサービスが切りつめられているようです。以前もらえたオムツなどももらえなくなりました。息子が6ヶ月のときに利用したときのベビーフードは瓶にはいった離乳食3個だった気がします。

現地に長い方に聞いたところによると、エアカナダの規則は北米の自動車を目的とした安全規則の法律によって定められたそうです。そのためチャイルドシートは北米の安全認可をうけた品ではないとだめだ、というようになったようです。

今後エアカナダの規則が変わることも考えられますので最新情報はエアカナダのコールセンターでご確認いただきたいと思いますが、これから子連れでエアカナダを利用されようという方がいらっしゃれば、参考にしていただければと思います。

naahtaahのトロントでの生活日記はこちら







Last updated  2007.06.10 23:43:00
コメント(0) | コメントを書く


2007.06.02
カテゴリ:トロント生活

カナダで修学旅行生がはしかを発症したというのはなんとなく知っていたのですが、同行者のうち免疫が十分にないひとたちがはしかの予防接種をしたうえでカナダに足止めになっているという記事が読売新聞6月2日に掲載されていました。そういえば、うちの息子もトロント滞在中にハシカの予防接種うけましたよ。カナダや米国は、国内でのはしかの患者の発生がほぼゼロ、というのはこの記事で知りました~。 へぇ~。

はしかといえば、わたしは妊娠する前に予防接種を受けたにもかかわらず、妊娠後の免疫検査では十分な免疫がついていないことが確認されて、がっくりということがありました・・・。 大流行と聞いてやっぱりちょっとこわいですね。妊娠を考えている方にはくれぐれも早目の予防接種をお勧めします~。そしてカナダへの渡航を計画されているかたも~。(ワクチンまだあるのかな?)

==============

カナダ修学旅行中に都内の私立女子高校の女子生徒が、はしかを発症し、現地の病院に入院した問題で、検査で十分な免疫がないことがわかった41人の生徒・教員が、帰国便への搭乗を拒否されたことが1日わかった。

dart2("ad2.yomiuri.daikou/national","",10000000000000); Click here to find out more!

 はしかの感染を広げる恐れがあるためで、生徒らは4日ごろまで待機し、発症しないことが確認され次第、帰国できるという。

 同校によると、一行は生徒・教員131人で、現地時間の先月24日から31日までの日程でカナダを訪れた。到着後に1人が、はしかで入院したた め、カナダの保健当局から、他の生徒や教員もホテルで待機を命じられ、検査の結果、免疫がないことが判明した41人はワクチン接種を受けた。

 一行は入院した女子生徒1人を除き、31日に帰国の途に就く予定だったが、出国検査で、1人に微熱があったため、十分な免疫のない生徒39人と教員2人の搭乗が拒否された。免疫のあった生徒らは出国した。

 カナダや米国は、国内でのはしかの患者の発生がほぼゼロの「排除」地域。患者の発生は輸入例が多く、特に米国では、日本からが目立ち、「日本ははしかの輸出国」と批判されていた。

 渡航先カナダで日本人の発症が報告されたのを受け、外務省は1日、30歳未満ではしかの免疫がないと思われる渡航予定者に対し、ワクチンの接種を勧める異例の渡航情報を出した。

2007年6月2日3時3分  読売新聞)






Last updated  2007.06.02 09:13:28
コメント(0) | コメントを書く
2007.04.06
カテゴリ:トロント生活
世界水準の選手が増えてきたせいか、日本のフィギュアスケート人気も盛り上がっているように思えますが、そんな雰囲気の中で浅田姉妹が観光親善大使に任命されたという朝日新聞の記事を発見しました。実際の生活などにはあまり関係ないかもしれませんが、ニュースということで・・・。

今年は日・カナダ観光交流年なんですね、知らなかった~。

(朝日新聞記事本文/2007年4月7日)
今年が日本とカナダの観光交流年にあたることから、フィギュアスケートの浅田真央(16)と姉の舞(18)の両選手が観光親善大使に選ばれ、6日、東京都内で任命式典があった。

 振付師がカナダ人のうえ、来週もアイスショーでカナダを訪れるという真央選手は「交流の懸け橋になりたい」。

 10年開催のバンクーバー五輪でも活躍が期待されている真央選手。駐日カナダ大使から金メダルならぬ、カエデ模様の金色の特製ブローチを渡され、満面の笑みを浮かべていた。






Last updated  2007.04.06 22:41:27
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.23
カテゴリ:トロント生活
息子が生後6ヶ月~1歳6ヶ月の時期(2005年9月~2006年8月末)にトロントに滞在しました。なにしろ息子が小さいので思うように動けず、また情報もどこで得ればよいのか、病院は、子供用品はどこ、育児情報は、ととまどうことばかりでした。 

Family Talks Forum(旧Baby Talks Forum)のメーリングリストに登録(会費無料)して、メンバーとの情報交換したことで、ママ友もでき、豊富な育児情報も得られて、1年間の滞在がより充実したものになったと思います。

我が家の息子はBABYでしたが、もっと大きいお子さんをお持ちの方も参加しています。

もしこれからトロントで育児をされる、という方がいらっしゃったら登録をおすすめします。

こちらのページから登録できます。


naahtaahのトロントでの生活の様子はこちら






Last updated  2007.03.23 19:59:18
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.07
カテゴリ:トロント生活
トロントのことを思い出したので、忘れないうちに古本屋さんの話題も。2006年8月末現在の情報です。

洋書の古本をお探しの場合、World's Biggest Bookstoreワールド・ビッゲスト・ブックストア( 20 Edward Street,Toronto, Ontario)の隣に中型店舗(中古本(フィクション、ノンフィクション、児童書、地図他)、新古本、中古DVD、中古ビデオなど)があります。そのお店はチェーン店で、別店舗がYonge.stを徒歩10分弱北上すると(デパートのBAYよりは南側、colllege st.よりは北側)、道路の左手にあります。またそのお店の近くには何店舗か小さな古本屋さんが並んでいます。

私はこれらの古本屋さんでMIGHTY machine のVHSやたくさんのロマンス本、手芸本、子どもの絵本などを購入しました。最新作などはめったにめぐりあえないかもしれませんが、タイトルを選ばなければ、結構掘り出し物もあります。

ワールド・ビッゲスト・ブックストアは、イートンセンターからほど近いです。たまにサイン本なども置いてありました。

中古ではない普通の洋書などをお探しの場合、イートンセンター内にIndigoがあるほか、上のワールド・ビッゲスト・ブックストアにも(世界一というほど大型店舗ではないですが池袋のジュンク堂やLICROのほうが大きそう)取り扱いが多いです。indigoは本だけでなく、雑貨やCDなどの取り扱いもあります







Last updated  2007.03.07 16:12:53
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:トロント生活
とても久しぶりのカナダ関連の話題です。

CNNの記事によると、トロントの市内中心部で氷塊が落下して主要道路が閉鎖されたそうです。トロント在住のお友達のみなさん、大丈夫ですか???



2007.03.06
Web posted at: 20:17 JST
- CNN/REUTERS

テーブル大の氷塊が高層ビルから落下、道路閉鎖 カナダ



トロント──カナダ東部トロント市内中心部で5日朝、高層ビルから次々と氷塊が落下したため、警察が歩行者や車両の安全を考慮し、主要道路などが閉鎖となった。氷塊は大きなもので1メートル四方と、テーブル大の大きさだった。

警察によると、閉鎖された道路は一般道だけではなく、高架の高速も含まれていた。朝のラッシュ時間だったため、多くの人々に影響が出た模様。

大きな氷塊が落下したのは、ここ数日間の天候が原因。今月初めに冬型の天候で大雪が降った後、夜間に降った雨で溶けた雪が日中に「かゆ状」になったが、再び冷え込んだ気温で「かゆ状」の雪が凍って氷塊となった。これが、朝の太陽で溶けて、高層ビルの上部などから次々と落下したという






Last updated  2007.03.07 16:01:21
コメント(0) | コメントを書く
2006.12.22
カテゴリ:トロント生活
トロント在住の方のブログを拝見していて、郵便料金値上げのことを知りました。2007年1月15日からまた値上げ!!! 国内52¢、USA93¢、外国$1.52ということです。おそらく小包なども値上げ? 

ebayなどでもカナダの郵便事情が悪いので(?)カナダには送らないとかいう出品者もみかけたりするくらいで、ウワサや推測ですが他国利用者からもあまり評判はよくないようです。でもカナダに住んでいたら利用するしかないのが悲しいところですよね。

私自身は日本やアメリカなどに郵便を送る際に1~2週間に1度は近所のハーバーフロントの郵便局を利用していましたが、郵便料金が高い上に、対応も悪いこと~。イートンセンター内の郵便局のお姉さんがたは感じがよかったので、人によるのかな・・・。また窓口から差し出したエアメイルが3度も自宅に舞い戻ってしまったこともありましたっけ。航空便で届いた日本からの荷物は、キレイに梱包されたプレゼントの包装紙はビリビリにされて届くし、船便は2ヶ月以上かかったこともあり、日本の常識をそのまま海外に持ち出してはいけないと思いつつ、かなりヤキモキしたり気をもんだりさせられた記憶が一気によみがえりました。郵便局に限らず、私自身の英語が不得手なことも対応が悪い理由だったかもしれませんが、「笑顔やサービスは無料」というのは日本だけの文化かも。


カナダポストのHP






Last updated  2006.12.22 20:37:41
コメント(0) | コメントを書く
2006.11.04
カテゴリ:トロント生活
トロントの記事はおよそ2月ぶりになります。トロントから先月船便で届いた荷物、特にパソコンなどがようやく落ち着いて着ましたので、トロントで最後に撮った写真などをUPしていきたいと思います。

本当の最終日は、コンドミニアムの客室からタクシーに乗って飛行場に行き、午前中の飛行機に乗っただけでしたので、じっさいには最終日の前日がトロントに別れを惜しみつつ過ごした一日でした。

以前から見たいと話していたトロントアイランドの夜景、とうとう見れたんですよ♪ 部屋をお昼すぎに引き払ってしまってから、午後はトロントアイランドでずっと過ごして、夜景をみて、客室に戻ってきました。本当にたくさん写真を撮りました! まずは1枚UPします。

iland1.jpg




日本に帰国してからカナダのことがもっと知りたくなりました。少しずつ参考書籍などもこのブログの隅にでも載せようかと思っています。

旅行の手引きに関する書籍

留学、ワーホリについての書籍

カナダの文化が知りたい~文学

カナダの文化が知りたい~先住民

カナダの文化が知りたい~音楽シーン

カナダの文化が知りたい~映画






Last updated  2006.11.05 22:27:23
コメント(4) | コメントを書く
2006.08.30
カテゴリ:トロント生活
我が家のトロント生活の最後の日は、住んでいたコンドミニアムのゲストルームに泊まることになっていたので、10時半ごろコンドミニアムの無料シャトルバスに乗ってチャイナタウンでお気に入りの飲茶のお店に行って食事をして、その後私は息子とBAYで最後のショッピング。

主人はレストランから直接部屋に戻って家主さんに鍵を渡して部屋を引き払いました。部屋で合流できたので、みんなで14時過ぎにゲストルームにうつりました。この部屋が(借りる前から知ってたけど)窓がないのです!!! 荷物だけ置いて、念願の夜景を楽しむべくトロントアイランドへ。明るい時間には息子も芝生をかけまわったり、遊園地のちいさい電車に乗ったり、ファームの動物を眺めたりして、enjoyしていました。

暮れなずむトロントの街を木製のベンチから眺めて、ときどき写真を撮りつつ、いろいろあった1年間のことを思い出しました。来れてよかった! 肌寒くなってきたので9時ごろの船で帰りました。

たくさん撮った夜景の写真は後日UPしますね。






Last updated  2006.09.17 19:44:35
コメント(0) | コメントを書く
2006.08.28
カテゴリ:トロント生活

トロントでの日記は今日が最後になりそうです。トロントでの約1年間の生活におつきあいいただきましてありがとうございました。日記に書いたこと、かけなかったこと、いろいろあった1年でした。訪問してくださる皆さん、感想をくださる皆さんのおかげで続けることができました。

帰国後は日本での育児・生活雑感を綴りたいと思います。これからもよろしくお願いします。







Last updated  2006.08.28 20:50:33
コメント(2) | コメントを書く

全199件 (199件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >


© Rakuten Group, Inc.