035775 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

目指せ!年齢不詳の美魔女

PR

X

Profile


なあみゅ

Archives

Calendar

2021.01.14
XML
テーマ:日常の雑談(1871)
カテゴリ:雑談
本日は雑談です。


先日、ちょっとスカッとすることがありまして、

そのお話をさせてください。




駅の自動改札機で一方通行になっていないところ、ありますよね?


「入る人」と「出る人」が、どちらも使える改札です。

私はそれを『譲り合い改札』と呼んでいます。



ある朝の通勤時、

改札を出ようとする私の前にいた、一人のおじ様。


そのおじ様の前方で、誰かが改札機につかまる「ピンポーン」の音。


おじ様は、すかさず隣の改札機へ。

そこは『譲り合い改札』でした。



しかし、その改札機の向こう側には、

入って来ようとしている若者がいて、

すでに交通系IDカードをかざそうとしている。


なのに、おじ様は、

「自分が先だ!」

と言わんばかりに、強引に改札機に突っ込んで行きました。



若者は、ちょっとムッとした表情。

まぁ、当然ですよね。


ところが舌打ちをしたのは、なんと、おじ様の方。

これにはビックリ。びっくり



おじ様をやり過ごしてから、再び改札機を通ろうとする若者。


すると、

ピンポーン!


通れないようです。


若者は、駅員さんがいる窓口の方に歩いて行きました。

気の毒に…



あれ、でも、もしかして?



ちょうど同じ方向に歩いていた、おじ様の後ろ姿を眺めていると、

おじ様は、他の路線の改札の方へ。

そして再び改札機を通ろうとした、その時…


(ワクワク)


ピンポーン!


おぉ、やっぱり!



もうお分かりですよね?

若者の方が、IDカードをかざすのが少しだけ早かったようです。


おじ様は、改札を出ていないことになっていました。



さっき出てきた改札まで、足早に戻るおじ様。

少しバツが悪そう。


その後ろ姿に

「ザマァミロ」

と心の中でつぶやいた私って性格悪いですか?



若者に、そのおじ様の姿を見せたら、さぞかしスカッとしたことでしょう。



ほんの数秒を待てなかったがために、

数分をロスしたおじ様。



忙しい朝の通勤時間帯、

気持ちは分からなくもないけれど、

急いでいるのは周りの人も同じ。


自分のことばかり考えて、思いやりとか気遣いを忘れないように。

自分への戒めにもなった出来事でした。




朝は、会社に着いてから、一杯のコーヒーを飲む余裕を持って出勤するのが私流。



時間に余裕があれば、

改札の「ピンポーン」にイライラする必要もないのです。




最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ






インスタントコーヒーは苦手。会社でも必ずドリップでコーヒーを淹れています。


会社用に可愛いマグカップを探しています。







Last updated  2021.01.14 07:30:05
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.