2021.02.24

私はコロナではないんです。

テーマ:日常の雑談(1878)
カテゴリ:雑談
今日は、アレルギーの咳についてのお話です。



私は花粉症で、毎年春になると咳が出ます。


花粉症で咳なんて出るの?

と思われる方もいらっしゃると思いますが、出るんです。



花粉は、鼻や目だけでなく気管支にも影響を及ぼします。

そのため花粉症の方は、喘息を発症する確率が高いのだそうです。



喘息にかかってしまうと、少しの刺激でも咳が出ます。


喋ろうとして息を吸い込んだり、

鼻水が逆流して気管支を通過したり、

そんなことでもゼイゼイと咳こんでしまう。


私も然り。



病院には通っているし、薬も処方してもらっています。

アレルギー症状を抑える薬と、喘息用の吸入薬。

でも症状が軽くなる程度で、完全に治まることはありません。




コロナが流行してからというもの、

それが原因でイヤな思いをたくさんしています。



発作のように咳こんでしまう時があって、

電車に乗っている時など、「今はやめて」という時ほど出てしまう。



近くに立っている人に睨みつけられたり、

私の方をチラ見しながら遠ざかったり、向きを変えたり、

露骨に態度に表す人がいっぱいいます。


新幹線で後ろの席に座っていた人が、舌打ちして席を移動したこともありました。



これが『コロナハラスメント』というやつですね。




「この咳はうつりません。」という缶バッジも販売されているそうです。





こういうものが販売されること自体、悲しい事ですよね。




咳こんでいる人が近くにいたら、

気になるのは仕方がないことだと思います。


逆の立場なら、きっと私も「もしかして・・・」と思うはず。



でもこれだけは分かっていただきたい。

咳をしている時、申し訳ない気持ちでいっぱいなんです。



だから、

よほど空いている時でなければシートには座らないし、

立つ時は人がいない方を向いて立つようにしている。


まあ、これはあくまでも私の場合なのですが・・・




もし皆さんの近くで咳きこんでいる人がいても、

「この人、コロナなんじゃ・・・」

と決めつけないであげてほしいのです。




私と同じようにアレルギーの咳で苦しんでいる人、

それが原因で周囲から冷たい視線を向けられている人、

たくさんいらっしゃると思います。


なので、今日はこのようなお話をさせていただきました。




今年は花粉の飛散量が多いと聞きます。

この記事を読んでくださっている花粉症の方々、一緒に頑張りましょう!




最後までお読みくださり、ありがとうございました。

読んだよ~の合図にポチっとしていただけると嬉しいです。
  下矢印下矢印
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村














TWITTER

Last updated  2021.02.24 07:30:06
コメント(0) | コメントを書く