366354 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

英語表現・ことわざメモ ~奪取・英検1級編~

PR

Calendar

Profile


なぼむし

Category

Freepage List

Comments

なぼむし@ Re:参加します!(07/19) tokieさんへ こちらにコメントを頂戴し…
tokie@ 参加します! 今日は既に7月25日、4日も遅れてしまいま…
なぼむし@ happy01233210さんへ happy01233210さん、こんにちは。 ブログ…
なぼむし@ masumasu.さんへ masumasu.さん、こんにちは! 驚かせてし…
なぼむし@ sshizuさんへ sshizuさんへ びっくりさせて本当にご…

Favorite Blog

白いつえを頼りに… bona_123さん

あそびのカレンダー ときしの。さん
Potato☆Momの英語ノ… Potato☆Momさん
フクメン英語塾(TOE… フクメン英語塾塾長さん
英語の学び方いろい… ひろくん1956さん
2010.04.25
XML
早起き勉強を始めて、約一カ月。

土日はしない予定なので、目覚ましをかけなかったのですが、5時半過ぎに目が覚めました。
う~ん。気持ちがよい。

そして、布団の中でiPodTouchを触りながらごろごろしていたら、いきなり熱い思いが降ってきたので、急いで布団を出て、ブログを書きに来ました。

その熱い思い、とは。

私、今年は英語を集中して勉強する年にします。


・・・ええと、今まで集中していなかったんじゃないんです。
1時間集中してできた、とかの短いスパンではなくて、長い目、もっと言っちゃえば人生においての一年です。

伸びという意味で、資格試験が指標としてわかりやすいのでそれを挙げますが、私が英検準1級から1級を取るまで、約8年かかっています。
8年間毎日ガリガリ勉強していたわけではないのです。
途中何もしない時期を挟んだりしていたから。

・・・そう、その何もしない時期をはさんでぼんやりしていたのが、ちょっとひっかかる。

もっとつきつめれば、高校を卒業し大学に入ってから英語を勉強しなくなって・・・。
やっぱりぼんやり期間、長すぎないか!?



もちろん、その間全く何もしなかったわけではなく、前回前々回と振り返ったように、そのぼんやり期間に学習した大学受験問題集が役に立ったといういい面もあります。

要領よく行くだけがすべてではないし、自分のやってきたことに後悔はありません。



今月、yukomillenniumさんのブログがきっかけで「リスニング強化月間」に参加したことで、集中して何かをやることの大切さを身にしみて感じるようになりました。
(あ、報告を怠っていましたが、4月25日朝6時現在のリスニング時間は13時間21分。1カ月で1~3時間しか聞けなかった私が!です)

たった13時間でこんなことを言っちゃうのはおこがましいかもしれませんが・・・。

私・・・前より聴けるようになってる。

やってみて分かったことは、自分にとっての課題は「集中すること」。(ここでの「集中」は、ごくごく短時間の集中という意味です)
その集中のために、自分がどんなものに興味があるのか、なぜそれを聴きたいのか、しっかり考えて聴くようになってきました。

今まで、やみくもに「リスニングしなきゃ」「英語の音に触れなきゃ」と無理やり流していたのが、何のためにそれを聴くのか突き詰めて考えていったら、自分のやりたいことが見えた。
それは大きな意味での「人生の目標」でもあります。

う。リスニング13時間しただけで人生悟るのは壮大すぎか?

朝なのに酔っぱらっているか!?

・・・ただ言えるのは、ぼんやりと英語学習を続けていたら、今回のような発見はできなかっただろうな、ということ。

そのきっかけとなった「リスニング強化月間」、ブログにそのことを書いてくださったyukomillenniumさんに深く感謝しています。



集中(長い目で見た集中)して勉強するために。
資格試験の受験も、すごく役に立つことだと思っています。

8年ぼんやりしていた私が偉そうに言います。

何のために受験するのか、その資格を取って何がしたいのか、そこをはっきりとさせ、その目標のためにしっかりと計画を立てて「集中して」頑張る。

自分には全くできなかったことですが、それが一番大事なことだと思います。



今回も長文になりましたが、最後まで読んでくださって、本当にありがとうございました。







Last updated  2010.04.25 06:45:49
コメント(2) | コメントを書く
[英語について思うこと] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.