018641 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日本の端の方でデュエルマスターズ

PR

X

Profile


kate9015

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

Feb 20, 2012
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
そういやまだ書いてなかったかなー、と
最近書いてなかった新殿堂ですが、まぁメモ程度に

今回の殿堂は今までと違い、公式サイトで先に枚数だけ情報が出ていました。気になるその数は「4枚」。自分は予想としてキリコ、Mロマノフ、ヴォルグ、エクスが入ると予想していましたが、結果は異なりましたね。

プレミアム殿堂
・エンペラー・キリコ
これは当然の措置だと思います。4枚使えた時代の暴れっぷりも去ることながら、パワーカードが増えたこのご時世でコイツがまた出て来たのは不思議なことじゃありません。Nワールドという手札増強カードとリュウセイカイザーの奇襲性に合わせエクスまで入ってしまい、一度動き出したら止まらないカードになってましたからね。E1で再録されるような事がなくて本当によかったです。

・Mロマノフ
こちらも当然の措置かと。過去、キリコが流行り出した時に登場したMロマは様々な形を作り、キリコが制限になり姿を消してからは環境を大きく支配するカードでしたが、ヴィルジニアとともに殿堂入りし一度退却しました。しかし、超次元呪文からのジョンタッチャブル、キルヤヌスと、アタッカーとして優秀な進化クリーチャーであるイダを採用した型が出回り、その後ガイアールカイザーが登場したため一気にメジャーデッキへと舞い戻りました。極端な話、シューティングホールが入るデッキには積んどけってカードになっていたと思うので、環境への影響力は相当なものだったでしょう。

・母なる紋章
登場した頃は母なる大地と8枚体制が組め、ロマネスクとラストパトロールの大暴れの援助をしていました。当時タカラトミーの手回しが急激に早かったので全国大会などでこのタイプのデッキが暴れることはありませんでした。大地の禁止時に殿堂入りし、同時にコンビ殿堂もとれたこのカード、元々3マナで様々なクリーチャーを場に出すカードでしたが、エクスの登場で完全に化けました。確かに禁止にするには十分なカードだったかも知れません。母なる系は母なる聖域がまだ残っていますが、こちらも今後次第で規制される可能性があるカードですね。キリコが禁止でなければ間違いなく規制されてるかと。母なる大地の亜種には獰猛なる大地がありますが、まったく使われません、黒歴史となっています…。同じく亜種に父なる大地があります。これはいつか規制が入るんじゃないでしょうか?

殿堂入り
・カラフルダンス
今回のタカラトミー枠ですね。今後強烈な効果を持ったスペースチャージが来るか、再誕の聖地とのコンボを恐れたか、ですね。パロロとシナジーが組めただけに残念です。自身に規制がかからずじわりじわりと弱体化していくBロマノフが不便でなりませんね。いつぞやのアマコンのようです。墓地肥やしにはプライマルスクリームがあるので、今後墓地を肥やす場合はこっちが主流になるんでしょう。

といった感じでしょうか!
これにより環境は変化するわけですが、一切規制を受けなかった青黒はベルリンという大きな壁に遭遇し、相対的な弱体化を受けています。それでもヴィネスを入れるという案があるのでまだ環境には居座るんじゃないかなーと思いますね。あとは紋章がほんのり痛いNエクス、環境に順応しやすいネクラ、Mロマが消えたラムダ、デッキを食い尽くすヴォルグサンダー系統。この辺りが次の環境の初動を引っ張ると思います。
ではでは






Last updated  Feb 21, 2012 01:39:24 AM
コメント(0) | コメントを書く


Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
masashi25@ コメント失礼します☆ ブログ覗かせてもらいましたm(__)m もし…
根絶@ どうも^^ こちらでは初めましてですかね。改めて宜…

Headline News


© Rakuten Group, Inc.