000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

お母さんの秘密?

骨髄移植 入院2日目(採取当日) 

骨髄移植 採取当日


6時 起床
7時 採血 バイタルチェック(血圧・体温)
8時 手術着に着替え (下にT字帯・圧縮タイツ着用)
8時半 お迎え  車椅子にて手術室に移動
    全身麻酔前に、ボ~~っとする注射をするようだが、私の場合、必要ないということで(なぜ?)ベッドでなく(フツウはベッドのまま手術室に運ばれるらしい)意識もしっかりしたまま雑談しながら移動。

9時 手術準備室(?)
   手術着・T字帯をはずされ、太ももまでのタイツだけの上に、青いシーツをかけた姿に

9時15分 手術室  麻酔開始
 
   右手に点滴、左手に血圧計・胸に心電図のパッド 腕は枕木(?)に固定  

   「ちょっと注射するけど、せきが出るからね」医師の言葉通り、その注射をされるとせきこんでしまった。
   
   酸素マスクのようなものからシューシュー・・・今考えると、あれが麻酔だったのね・・・そして私は意識をなくしていく。
   
 
 
自分から目覚めたのか、起こされたのか、気づくとベッドに寝かされていた。

自分ではすっかり目覚めたつもりで、看護士さんたちに話しかけたりする。

真っ先に口にしたのは「どのくらい抜いたんですか?」だったような。

意識がはっきりしているつもりだったけれど、やっぱり寝ぼけたような状態だったような気がする。

1時半(多分) ベッドごと病室に移送。

酸素マスクと点滴が2本、それから導尿のためのカテーテルが自分につながっていた。

痛みはどうか、他におかしなところはないかなどを聞かれたような・・

3時  安静解除

   導尿のためのカテーテルが抜かれる。男性はこの痛みに耐えられないようだが、私には、抜く瞬間に「おっと」って感じの違和感がある程度。

   T字帯のお役目は終わった。とはいえ、ほとんど使われていなかったような・・??

   タイツも脱ぐ。T字帯はもう使うこともなさそうなので処分をお願いする。

安静解除のため、もう、トイレでもどこでも行っていいとのお許しが・・

しかし、逆にそんなに簡単でいいの??って感じでなんだか不安。。

痛み??腰には傷口を保護するためなのか、大きなテープが背中からお尻にかけて貼られており、さわるとさすがに痛みがある。

それより、声がかすれている。

呼吸確保のために差し込んであった管の後遺症だね、きっと。

3時半  コーディネーターさんが来て、アンケート

    痛みとか、ほかにどんなところに違和感があるかとか、
   
    旦那に無事終わったことを連絡してもらったが、「留守だったのでメッセージ残しました」とのこと。

    実は、携帯番号を間違えて教えてしまい、多分そのメッセージは私の携帯に入っている。

    コーディネーターさんは、元気そうな私の姿を見て安心したと帰っていった。




痛みは、じっとしていれば、特にひどくも無いが、せっかくなので(?)痛み止めの座薬をしてもらう。


6時 酸素マスクはずす。

  それ以前から、邪魔だったので、時々はずしていたけれど、すっかり自由の身になった(点滴一本はつながっていたが)

  冒険・・・トイレに行ってみる。点滴を引っ張りながら、でかけたが、それほど痛くは無い。

お待たせしました~!

夕飯が出される。朝食・昼食抜きの久しぶりの食事。

実は、麻酔からさめたときからおなかが鳴っていて、看護士さんには「もうちょっとだからね」とはげまされ、安静解除になったときには「売店に行って何か買ってきて食べてもいいよ」なんて言われていたのだ。

夕食メニューは「うなぎ」土用のうなぎだね。しかし・・・・全粥にうなぎは悲しい。

それから・・・・うなぎにうめぼしって、食い合わせが良くないのでは??などとつまらないことを考えながら頂く。


感想としては、こんなに元気でいいのかしら・・って位の回復力。

予定通り、1000CCの骨髄液が私の腰椎から採取されたそうだ。


夜、普通に読書していると・・・・

カーテンが開き、「間に合った~」と汗びっしょりの旦那が顔を出した。

「別にお見舞いなんて来なくていいよ」と言ってあったが、来てくれるとうれしい。

「こんなに元気でごめんね」なんて言いながら、旦那の持ってきてくれたプルーンを受け取った。

30分ほどで面会時間が終わり、旦那が帰っていった。


消灯。。。。痛みに苦しむことなく、眠りに就く。

痛みは、筋肉痛のような、そんな感じ。寝るときに、患部がベッドに当たる瞬間とか、ちょっと痛むけれど、寝てしまえば特に感じることも無い。

                   (・・・・入院3日目につづく)


© Rakuten Group, Inc.