000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

お母さんの秘密?

骨髄移植 入院3日目

目覚めると、足首が痒かった。

虫にでも刺されたかな?なんてかいていると、ますます痒くなり、両足のひざ下全体が痒くなった。

看護士さんに痒みを訴えると、アイスノンを二つ持ってきてくれ、「とりあえず」冷やして痒みを抑えることに。

冷やすことにより、赤みと痒みがひけたものの、朝食を食べるとまたぶりかえしてきて、両膝下は赤くなってしまった。

医師二人が現れ、症状を見て・・・

「接触性蕁麻疹」との診断が下った。

どうやら、手術の際に使った圧縮タイツにやられたらしい。

確かに今までも靴下やパンツのゴムの後が痒くてたまらないことがあったが・・・

ステロイド剤と、痒み止めの軟膏を処方してもらう。

手術の際、テープにかぶれるかどうかのテストはしていたが、まさかゴムにかぶれるとはね。。。

(この痒みは、退院後2日くらいまで食事をした後とか体温が上がると再発を繰り返すことになる。)


となりのベッドに入院中の患者さんと話をする。

同室の患者さんは健康そうなのに入院した翌日に手術をした私が一体どんな病気なのか気になっていたようだ。

実は病気でないことを話し、その方の闘病について話を聞いたりした。(あとでこぼれ話にでもまとめるつもり)


採取痕を保護するテープが痒くなってきたころ、副部長先生登場。

「こんなもん、すぐはがさなくちゃあ」なんて言いながらメリメリっとはがす。

どうやら皮膚には4箇所穴があいているらしい。

「これ、デジカメで撮っといた方がいいよ。」なんて助言もあったが、その時は自分では見ることもできない。

骨には「ブスブス刺して数え切れない」ほど穴が開いたのだと。

もう、シャワーを浴びてもいいし、普通の生活をして良いと。ガーゼをはがしたあとにも何も処置しなかった。

何日かは消毒したり・・・なんて考えていただけに、「あら、そんなに簡単なものなの?」と肩透かしされた感じ。

それでも、しばらくは重いものを持たないこと、お風呂は退院後3日ぐらいしてからにすることなどの注意を受けた。

「もう退院してもいいんだけどね。まあ、明日予定通り退院ということで」



エレベーター前のホールで漫画を読んだり、自動販売機に出かけたり・・・

前の日に全身麻酔で採取を受けたなんて信じられないほど行動ができる。


看護士さんによると、痛みを訴えるのも人によって違うらしい。

女性は出産を経験しているし、強いのかしらね。

とにかく、その日の私は痛みよりも痒みのほうが気になる一日だった。


          (入院4日目(退院)   につづく・・・)


© Rakuten Group, Inc.