421587 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

お母さんの秘密?

骨髄移植 こぼれ話 その1

骨髄移植 こぼれ話 その1


トイレ

入院中、私の腸は動きを止めていた。

おならをしちゃいかんという緊張感が、その動きにストップをかけたのだ。

あたしは すかしっぺ をすることができない。

あたしのそれは、旦那に言わせると「地響きのような」ものらしい。


毎朝、このガス抜きで一日が始まる。

始まるだけでなく、一日中、ガス抜きをしているのだが、さすがにカーテン一枚の仕切りじゃあ、無理・・

いかに私でも・・・・無理・・・むり・・・爆音をとどろかせるわけにはいかない。

ガス抜きができないってことは、大物も出てこない。


ありがたいことに病院のトイレはウォッシュレットだった。

これで刺激して・・・・・

でも無理・・・むり・・・だって、共同トイレじゃん。やっぱ気になる。


あと数日で自宅に帰るんだから。。と開き直って膨らんでくるおなかをさすってすごした。

あと数日退院が遅かったら、あたしゃガス爆発してたかもしれない。




ちなみに、放射線治療を行うと全身の皮膚が弱くなって、とても紙でなんか拭けないんだと。

ウォッシュレットがなきゃダメなんだって、隣の患者さんが教えてくれた。


          (次回 こぼれ話2 看護士さんとコーディネーターさん    につづく・・・)            


© Rakuten Group, Inc.