422176 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

お母さんの秘密?

自己血採血 1回目

血液検査・尿検査。

内科にて、診察を待つ。しかし、診察室が混雑しているということで、「輸血室」に移動。

看護師さんが案内してくれて、そこのベッドに横たわって先生が来るのを待った。

血液センターで献血をするベッドに似てはいるが、もっと粗末なもの。

もちろん、テレビもDVDも無い。

しばらく待つと先生が現れ、血液検査と尿検査の結果を確認し、採血。

「移植用マニュアル」というのがあるらしく、普段の採血とは少し手順が違うようだ。

担当医師しか知らないことが多く、スタッフが右往左往する場面も。

無事採血が始まり、400CCが抜かれていく。

献血で経験しているものの、やはり勝手が違う。

採血し終わってからも「絶対に立ち上がらないでね」と念を押された。

その上、医者は「この人、元気ですぐ立ち上がりそうだから、見張っててよ。30分は寝かしといて」と外来に行ってしまった。

そして看護士に見張られてただただ時間が過ぎるのを待つ。

採血よりもつらい。

「あなたが転んだりしたら、大変なんだから。あなたもだし、患者さんもね」

この言葉に観念し、じっと耐える。

「起き上がらないで下さいよ。信じてますからね。」

看護士が姿を消す。

「絶対に、起き上がらないでよ。信じてますよ」

念を押してドアを閉める看護士。

・・・・・見透かされているというか、信用されていないというか・・

 
 
献血ならこの後、ジュースでも振舞ってもらえるのだが、そうもいかない。

そんなこんなで、特に具合の悪くなることも無く、終了。


前回処方された造血剤。本当は採血後から飲み始める物だったらしいが、

すでに服用していたので、また4週間分処方してもらった。


そして・・・・

採血2日後、生理が始まり、造血剤を飲みながらの出血。

「この年齢でこれだけのヘモグロビンを持つなんて凄い事ですよ」

と太鼓判を押されるほど貧血とは縁の無い私だが、自分の造血力を信じるのみ。


一週間後にはまたもや400CCの採血がまっている。


自分の体に戻す血液なのだから、できるだけ健康な血液にしたいもの。


自己血採血2回目


© Rakuten Group, Inc.