490360 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Nakao Yuusuke.com

2007年03月13日
XML
カテゴリ:人材育成
随分前、ある大手企業が不祥事を起こしたとき

売り上げ不振で明らかに赤字だろうというとき

なぜか黒字決算だったことがあります。

なんでだろう?

そう思って調べてみるとそこには

会計のカラクリがありました。



なるほど。とそのとき思いましたが

会計を知るということは

会社を動かす上でとても重要だと思いました。



その企業とは全く関係ないのですが、このように

誰もが知っているけれど、

本当のところはよく分からない経済ニュースの謎って

けっこうありますよね?




会計をマスターするとそれがすっきりと見えてきます。

たとえば・・・



 ・甲子園球場の土地は時価155億円なのに、決算書は800万円!?

 ・V次回復の日産は、売上が1,100億円増なの、利益が1兆円増!?

 ・楽天は赤字なのに、どうして株価が高い!?

 ・上場企業の業績は良いのに、なぜか肌で感じる景気は寒い!?




こういう世の中の謎を会計を知ることで明確になってくるんです。



会計のトリセツでアマゾン1位を獲得し、

難しいと思われている会計を

分かりやすく解説できることで定評のある

公認会計士の望月実さん
が、

今回さらに面白く分かりやすい本を出されました!



     

会計を使って経済ニュースの謎を解く

~決算書の読み方が変わる7つのエピソー ド





3月16日に●マゾンから購入すると素敵な特典があります!

詳細は→ http://www.ac-intelligence.jp/mystery/index.html



さて、本日の中尾語録いってみましょう!



中尾語録022

 人が頭を下げるのは、自分が偉いからではなく

 背中にある会社のカンバンにお願いをしているだけ




大企業病とはよく言ったもので

大企業病にはいろいろな症状があります。

その一つが

「自分は偉いんだ」という

大きな勘違い
です。



たとえば、大企業の新入社員といえば

いい大学を出た自称エリート(笑)が多くいます。

(もちろんそうでない人もいます)



しかし、世の中はが中小企業やベンチャーのほうが

圧倒的に多いわけです。



下請け(という言い方は最近はしないらしいです)、孫請けになれば、

たとえ社長でも、大企業の新入社員には

「仕事をください!」

「なんでもします!」


一昔前なら、過剰な接待・・・・。



自分の父親ほどの年齢の「社長」という肩書きの方から

こんな風に言われたら

勘違いをした自称エリートくんは

「自分は偉い」とますますエスカレートするばかりです。



自分で言うのもなんですが、僕もそうでした・・・。

そのエピソードはこの本で→



しかし、一歩会社を出れば、ただの若造です。

人間的に特別優れているわけでもなく

社会的な信頼や人望があるわけでもありません。

ただ、大企業という目に見えないカンバンが背中にあるだけです。



つまり、大企業病にかかってしまっている人たちに

頭を下げてくる方たちは、

その人に頭を下げているのではなく、

その人の後ろにあるカンバンにお願いをしているだけ
なんです。

そこを勘違いしていると、間違いなく

大企業病になってしまいます。



それを忘れないでほしいです。



 人が頭を下げるのは、自分が偉いからではなく

 背中にある会社のカンバンにお願いをしているだけ






最終更新日  2007年03月15日 06時28分34秒

PR

カレンダー

フリーページ

プロフィール


中尾ゆうすけ

お気に入りブログ

東大読者 くま蔵2003さん

藤沢あゆみのやれる… 藤沢あゆみさん
Oh!おっちょこ克服… かんろですさん
しあわせカフェ&シ… Coo-Cooさん
メンタルトレーナー… いつもプラス思考さん
FROM21★今ここ… ティーンズ応援団長さん
テラッチ☆笑顔力~ふ… テラッチ!☆笑顔力さん
ふれあいの窓 楽天よーしさん
幸せ日記 みぽりん@ごきげん&ほほえみプレゼンターさん
【しあわせお父さん】 ツイてる☆とっさん!!さん

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

バックナンバー

2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.