388190 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

信濃追分日記

PR

プロフィール


nakasenndou

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:妙義山での岩登り(11/23) free trail of cialisfree cialis soft tr…
 http://buycialisky.com/@ Re:石楠花色って?(05/19) buy cialis soft pillscialis time to sta…
 http://buycialisky.com/@ Re:信濃追分猫物語 (猫つぐら)(02/23) cialis in den niederlandenbuy cheap gen…
 http://buycialisky.com/@ Re:信濃追分から秩父へ(11/24) cialis heart helpgeneric cialis tadalaf…
 http://buycialisky.com/@ Re:あんまり暑いので‐-‐(08/16) differences entre viagra et cialisfree …

お気に入りブログ

鹿島槍ヶ岳からのお… takanebiranjiさん

フリーページ

ニューストピックス

2017年07月14日
XML
カテゴリ:信濃追分の自然


わが家では、蛍が10日程前からとぶようになりました。
塩沢の方で、蛍がたくさんとんでいるらしいので、見学に行きました。



ぼんぼりを貸していただいて、ボランティアのガイドさんの案内で歩きます。


4,5秒光るのがゲンジボタル、チカチカと早く光るのがヘイケボタルです。
生息地も違っていて、水がかなり流れている所をとんでいるのがゲンジボタル、
流れが少ないところにいるのが、ヘイケボタルです。こちらは少し小さめで
土の上で休んでいる子もいるので、踏みつけないように注意が必要です。



わが家の庭は、水が流れているので、池を造っています。
鯉が住んでいますが、カワニナ・ヤゴもいます。
この池は(琵琶湖)と呼んでいますが、右から左へ流れて敷地外へ小さな小川に
なって流れています。この向うで、日が暮れると蛍が飛び交っています。

蛍って不思議です。3年前、実家の母の調子が悪くなって彼岸へ旅立ったとき、
私の家のベランダまでとんできて、お別れを告げるかのように姿を見せてくれました。

そして数日前、「今日は母の命日ね。」と、夫と話しながら蛍を見ていたら、
わたしの手元にスッととんできて、まるで握手をするかのようでした。
蛍ってあの世とこの世を行き交っているのかもしれません。

先日、夫がラジオで「私 母から 母 蛍から」という短歌を耳にしたそうです。
入選作品でしたが、上の句を聞き逃しました。なぜか心に響きますね。






最終更新日  2017年07月15日 06時50分21秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.