498227 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

信濃追分日記

PR

プロフィール


nakasenndou

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re:妙義山での岩登り(11/23) free trail of cialisfree cialis soft tr…
 http://buycialisky.com/@ Re:石楠花色って?(05/19) buy cialis soft pillscialis time to sta…
 http://buycialisky.com/@ Re:信濃追分猫物語 (猫つぐら)(02/23) cialis in den niederlandenbuy cheap gen…
 http://buycialisky.com/@ Re:信濃追分から秩父へ(11/24) cialis heart helpgeneric cialis tadalaf…
 http://buycialisky.com/@ Re:あんまり暑いので‐-‐(08/16) differences entre viagra et cialisfree …

お気に入りブログ

鹿島槍ヶ岳からのお… takanebiranjiさん

フリーページ

ニューストピックス

2005年11月19日
XML
カテゴリ:中山道69次資料館
 中山道69次資料館にお越しいただいたお客様には、スリッパに履き替えた後、この場所で地図を見ながら、「江戸時代の旅人は、日本橋から約540kmの道のりの中山道を、1日40km歩いて14,15日で三条大橋まで辿り着いていました。‐‐‐」と説明しています。
 
 そこで、館長は自分も江戸時代の旅人に挑戦しようと、10日程前に夜明けと共に日本橋を発って、40km先の第6次桶川宿をめざして歩き始めたのです。ところが、30kmぐらい歩いたところで足の裏が痛くなったので、サロンパスを薬局で買って貼ったら余計痛くなってしまったのです。それでも、1日40kmの目標だけは達成しようと頑張って、夜になってしまったけれど、旧旅籠屋の武村旅館に無事辿り着きました。

 足の裏が紫色になってしまったので、もう無理はできないと次の日、電車で信濃追分の自宅に帰ってきました。それから、10日ほどたったので、足の痛みもだいぶん取れて、昨日は資料館の庭の草刈ができました。周到な計画をしていたのですが、体力的に20代の頃とは違うので、もう一度計画の練り直しです。3月に多分、もう一度挑戦するのでしょうが、もう少し日数をかけて、自己体力とも相談しながらですね。そうしたら、完全に心の痛みも癒えることでしょう。






最終更新日  2005年11月19日 12時19分46秒
コメント(0) | コメントを書く
[中山道69次資料館] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.