474724 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

信濃追分日記

PR

X

全199件 (199件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

信濃追分の自然

2017年07月14日
XML
カテゴリ:信濃追分の自然


わが家では、蛍が10日程前からとぶようになりました。
塩沢の方で、蛍がたくさんとんでいるらしいので、見学に行きました。



ぼんぼりを貸していただいて、ボランティアのガイドさんの案内で歩きます。


4,5秒光るのがゲンジボタル、チカチカと早く光るのがヘイケボタルです。
生息地も違っていて、水がかなり流れている所をとんでいるのがゲンジボタル、
流れが少ないところにいるのが、ヘイケボタルです。こちらは少し小さめで
土の上で休んでいる子もいるので、踏みつけないように注意が必要です。



わが家の庭は、水が流れているので、池を造っています。
鯉が住んでいますが、カワニナ・ヤゴもいます。
この池は(琵琶湖)と呼んでいますが、右から左へ流れて敷地外へ小さな小川に
なって流れています。この向うで、日が暮れると蛍が飛び交っています。

蛍って不思議です。3年前、実家の母の調子が悪くなって彼岸へ旅立ったとき、
私の家のベランダまでとんできて、お別れを告げるかのように姿を見せてくれました。

そして数日前、「今日は母の命日ね。」と、夫と話しながら蛍を見ていたら、
わたしの手元にスッととんできて、まるで握手をするかのようでした。
蛍ってあの世とこの世を行き交っているのかもしれません。

先日、夫がラジオで「私 母から 母 蛍から」という短歌を耳にしたそうです。
入選作品でしたが、上の句を聞き逃しました。なぜか心に響きますね。






最終更新日  2017年07月15日 06時50分21秒
コメント(0) | コメントを書く


2017年06月29日
カテゴリ:信濃追分の自然
朝起きると、庭を歩きたくなります。



キョウカノコの背丈が伸びてきました。
この花を見ると、母を思い出します。



忘れな草が川の流れのように見えます。



とても優しい花ですが、生命力旺盛で、川の流れに沿って池の方まで続いています。





2年ほど前に、お隣から頂いた木に咲いた花、名前はわかりませんが、桜のようです。







最終更新日  2017年06月29日 22時06分34秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年06月07日
カテゴリ:信濃追分の自然



今日、軽井沢も梅雨入りしたようですが、終盤を迎えたアヤメが曲線を描いています。
四国の形になっているのですが、お分かりになりますでしょうか?



庭の中を流れていく小さな川、アヤメとせせらぎの間に咲く小さな花、



それは、忘れな草たちです。
可憐で涼しげなヨーロッパ原産の花です。水辺が大好きで、驚く程増えていきます。







忘れな草が大好きなのが、渡りの蝶「アサギマダラ」です。
昨年までは、1頭か2頭だったのが、忘れな草がグッと増えた今年は、
あちらこちらで、グルグル飛んでいます。
人懐っこい蝶です。庭を歩く人についてきます。
でも、渡りの蝶なので、いつの間にかどこかへ移動しています。



薄紫色のチョウジソウも花開き、涼をよんでいます。これから雨の日も続きますが、
元気に過ごしたいですね。






最終更新日  2017年06月07日 22時37分32秒
コメント(4) | コメントを書く
2017年02月18日
カテゴリ:信濃追分の自然



雪に閉ざされていた、と思っていた庭に花が咲きました。
春を呼ぶ黄色い、マンサクです。
先週は蕾でしたが、花びらが開き始めました。



まず咲く マンサク 満作  雪の中で、春を一番に感じさせる花なので、
得意そうに咲いています。人間の私たちも嬉しくなります。
秋に黄色の葉っぱをいっぱいに付けるので、満作なのかな?
小川の流れの中で、ワスレナグサの葉っぱが元気に育っています。
春が来るのが待ち遠しいですね。






最終更新日  2017年02月18日 21時27分19秒
コメント(2) | コメントを書く
2017年01月25日
カテゴリ:信濃追分の自然


連日、日本列島は冷え込んでいます。



朝8時前で、マイナス15度です。
今日は朝から出かけるので、少し急いでいます。



美しい青空の下、霧氷の枝で野鳥の群れが休んでいます。


アトリの集団のようです。




こちらの画像は、先日の雪のときに出来たツララです。
屋根の雪の水分がゆっくり融けてツララがだんだん長くなっていきます。



屋根の雪が下へ押し出されると、いっぺんにすべて落下してしまいます。
こんなとき屋根の下にいると、とても危険なので気をつけましょう。
冬景色はきれいですが、危険も隣り合わせです。






最終更新日  2017年01月25日 18時38分46秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年11月24日
カテゴリ:信濃追分の自然


 12月になるまでに、まだ1週間もある、というのに--- 朝起きて戸を開けてビックリ。
置物のウサギが雪の中で、震えているのです。



ベランダからの我家の庭ですが、わずか数時間で20cmの積雪になってしまいました。
景色が一変です。

昨日から東京23区54年ぶりの大雪、という報道が流れていましたが、
我家にこんなに雪が来るとは、思ってもいませんでした。
タイヤのはき替えの予約は、まだ1週間も先なのに困ってしまいます。



今年最後の紅葉も、いつもの年より良くありません。そして、雪が降ってしまって!
煙突掃除だけは昨夕、何とか終わっていたので、薪ストーブは焚くことが出来ました。
1昨日は暖房もいらないぐらい暖かかったのにーーー
今年はどんな冬になるのか?ちょっと心配です。





















最終更新日  2016年11月24日 21時47分57秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年11月09日
カテゴリ:信濃追分の自然


朝晩寒くなり、紅葉が一層進んできました。
ご近所を歩くと、楓の紅葉に目をみはります。
お隣のW家の庭です。白樺の白い幹が、楓の紅葉を引き立てます。



K家の庭です。いつもは苔が美しいのですが、この季節は落葉の絨毯になります。



別荘の方なので、たまにしか見かけません。
でも毎年、冬になる前に、落葉の片づけにこられます。



葉っぱを落としているのは、桂です。随分大きくなりました。そして楓、
下にはドウダンツツジ。秋を競っているようです。



時々ウォーキングする温水路へ続く小道も、大分色づいてきています。



落葉松林も、いつ間にか黄葉に変わり、まもなく金糸の雨を降らせるでしょう。







最終更新日  2016年11月09日 22時16分25秒
コメント(2) | コメントを書く
2016年11月02日
カテゴリ:信濃追分の自然


昨日の朝、家の庭から見た浅間山です。山の頂に何か白いものが!
ズームして見ると、



浅間山がうっすりと白いお化粧をしていました。
いよいよ、到来です。冬の使者が---



このところの冷え込みで、家の庭は美しく紅葉しました。



朝の早い時間に降っていた雨が止み、11時頃にはすっかり青空になっていました。
資料館は休館の日ですが、予約の方が来られるので昼食後、資料館へ。



本庄の歴史を学ぶ会の皆さんです。10人ぐらいなら、館に設置してある丸椅子を移動させながら、
それぞれのところで、館長のメリハリのある熱のこもった話を聴くことができます。

皆さんとても熱心に、約2時間浮世絵のこと、中山道にまつわる話を聴かれました。



資料館の庭は、ミニ中山道です。69次の宿場巡りが出来ます。
一里塚を説明するために塚の上に、エノキを植えています。ここしばらくの間に、
随分大きくなりました、。榎は、オオムラサキの好物です。
でも、寒さの厳しい軽井沢では、エノキが育ちにくいです。








最終更新日  2016年11月02日 22時59分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年10月14日
カテゴリ:信濃追分の自然



10月も半ばになってきました。久しぶりに、朝食前にウォーキングしてきました。
まず出会ったのが、赤い実ーツリバナです。笠の付いた灯りみたいで可愛いです。



赤松に這い上がっているツタウルシ、以前は10月の10日の頃は真っ赤になっていましたが、
今年はまだ黄色くなったばかり。



ムラサキシキブが色づいてきました。



犬の散歩の方と出会いました。この時間にウォーキングすると、
よくこのワンちゃんに出会います。



ドウダンツツジの紅葉は、始まったばかり。スモークツリーも、この時期になると
名付けられた通りのスモークです。



近くの温水路では、カモたちが憩っています。そういえば我家にくるカモたちは、
しばらくご無沙汰です。



我家の庭にもどって来ました。たくさん植えられている紅葉ですが、小さな木が
紅葉しているだけで、まだまだはじまりです。
でも急に寒くなり、夜になると気温は1ケタです。
これから、秋が進んできます。






最終更新日  2016年10月14日 08時54分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年09月25日
カテゴリ:信濃追分の自然
久しぶりのブログです。9月の前半は、私的なことでとても忙しくて、ブログを書く余裕がなく、
後半は雨ばかりの日々でした。
雨が連日降り続いて、青空を仰ぐこともなかったのですが、この子たちは雨がどんなに降っても
平気です。



自宅に去年造った池で泳ぐ鯉たちです。
体長5cmぐらいだった鯉たちが、随分大きくなりました。
去年は水不足だったので、今年は近くの小川からポンプアップしなければいけないかと、
思ったのですが、たくさん降った雨のおかげで、順調に育っています。



 忙しくて、娘の家で泊まったりしていたので、えさをやれない日もありました。
体が大きくなった白い女王様は、大きな口でパクパクと食欲旺盛です。
雨がどんなに降っても喜んでいるようです。



雨が降って、地面に湿り気ができると、ムクムクと出てくるものがあります。
赤い傘、黄色い柄、白い皮膜は卵のようなので、タマゴタケとよばれています。

今年は何回かに分けて、色んなところから出てきました。




夕方、赤い傘をみつけると、次の日の朝は一番に収獲です。
何しろ美味なキノコですから、虫たちも大好きのようなので、人間と虫との競争です。

バターで軽くソテーしていただきます。すまし汁では、だしが出て美味しいそうです。
雨のおかげで、毎朝でてくるイグチもぬめりがあって、味噌汁の具に最適です。



これだけ雨が降ると、6月の花のはずの紫陽花が嬉しそうに咲いています。
挿し木をしても元気なので、どんどん増えていきます。
我家の庭は、そのうちに紫陽花園になるでしょう。

とは言っても雨続きなので、草ぬきも出来ず、夏野菜園の後片付けも出来ず---
ストレスはたまります。







最終更新日  2016年09月25日 22時59分49秒
コメント(0) | コメントを書く

全199件 (199件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >


© Rakuten Group, Inc.