2015年04月29日

春は野鳥たちも仲良しカップル

(2)
雉ー雄雌

 庭の工事をしているところに、雉の雄がやってきました。
 すぐ後を、雌がチョコチョコと歩いてきます。

雉ー雄

 「お~い、僕の彼女、ついてきているかい?」と振り返る雉の雄くん。
  同じ雉なのに、雄はこんなに鮮やかな色彩をもっているのが不思議。

鮮やかな

 体の色は金属光沢のある複雑な美しさがあります。雄の雉の顔は、何とも赤い色で目立ち過ぎ。
 縄張り宣言をしたり、体も鳴き声も羽ばたきも、存在感のある留鳥です。

カルガモー1
 
  年中カップルで行動しているカルガモです。悪戯カラスに追いかけられて、
 四国を形どる川に飛び込みました。

カルガモー2

 水鳥のカルガモにとっては、水の中は安全地帯。そろそろ何処かで卵を産んで、可愛い家族が
 見えたらいいのですが---

 でも、木の上ではカラスが狙っています。庭の工事をしてもらっているので、
 お茶を出すのですが、 時々、上から舞い降りてきたカラスがお菓子などさらってしまいます。
 数もわかるのか?2つ目も盗ろうと飛んでくるので、困ったものです。
 





TWITTER

最終更新日  2015年04月30日 22時00分21秒
コメント(2) | コメントを書く
[信濃追分の動物や鳥] カテゴリの最新記事