2017年01月06日

妙義神社から黒滝不動寺へ

(4)
カテゴリ:信濃追分からの旅
妙義神社ー1階段

 新年のお参りです。
軽井沢から碓氷峠を越えると、特徴のあるギザギザの山並みが現れます。
まず、碓氷神社へ参ります。古いお札を納めてから、少しきつめの坂を上っていくと、
今度は石の階段が続きます。足を止めて振り返ると、こんな感じ---。そして

妙義神社ー2

 更に階段が続きます。この神社は、台風や地震の影響でしばらく行けなかったのでした。

妙義神社ー3

 神社もすっかり修復されて、真新しくリニューアルされていました。細かい彫刻に
鮮明に彩色されて、何だか日本の神社でないような雰囲気でした。「妙義神社」です。

白雲山

お詣りが済んで下から見上げると、岩場だらけの白雲山と、白い「」の字が見えました。
3年程前に中之嶽神社の方から3時間ぐらいの行程で登ったのですが、鎖場が沢山あって、
結構冒険でしたよ。あの大の字から上は、上級者コースです。「危険」の表示があります。

神社

 駐車場からドライブウェーを7km程移動して、中之嶽神社まで来ました。
 この神社も長~い階段をあがってお詣りします。
 地元の野球クラブがトレーニングしていました。

大黒さん

 そして日本一を誇る大黒さまも居られます。

黒滝不動

 上州南牧村まで移動してきました。
 狭い山道を車で上っていくと、途中対向車があったので避けていました。
 その車からお声がかかり、「寺の上まで行って、鐘をついて下さい。」とのこと。
 黒滝不動寺のご住職様でした。

 お不動様を祀っている上から、少しですが水が落ちてきていて、岩が黒くなっています。
 黒滝不動と名付けられた由来でしょう。

不動寺

 一番奥には江戸時代前半にお寺を開山され、何代にもわたって籠られた開山堂がありますし、
 信仰の対象とされている方が沢山おられるのか、幟が賑やかです。

金附き堂

 お参りが終って、鐘つき堂にきました。ご住職様が薦めてくださるだけの響きのある音が
 夕方の山並みに木霊してしていきました。
 戦艦陸奥の羅針盤がこの鐘楼に練りこまれてそうです。

 少し遠いですが、この鐘の音を聞きに行かれることをお薦めします。





TWITTER

最終更新日  2017年01月06日 23時54分42秒
コメント(4) | コメントを書く
[信濃追分からの旅] カテゴリの最新記事