360737 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

 eco eco五座三座

PR

Calendar

Free Space

eco_eco☆五座三座のHPへ

楽天が運営するポータルサイト【インフォシーク】Infoseek

Wiki Leaks
CNN
AFN

PVアクセスランキング にほんブログ村

Headline News

Recent Posts

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2009年08月08日
XML
カテゴリ:gender
幸福実現党 政策についてのQ&A

Q.「憲法9条」を改正すれば、戦争になるのではないですか?
A.憲法改正しなければ、日本が属国となります

日本は、戦後60数年間「憲法9条」があるため、
紛争解決の手段として自衛隊を活用することができませんでした。
そのため、北方領土はロシアに占領されたままで、竹島は韓国に実効支配されています。

このままの状態では、今後沖縄の離島で領土問題が起こっても、
日本のシーレーン(海上交通路)が押さえられても、
有効な手を打つことは難しいでしょう。そうなってしまえば、
日本は中国の属国として生きていくほかはありません。
 「憲法9条」を改正すると戦争が起こるという見方もありますが、
現実には「憲法9条」があるために
国民の生命・安全・財産は危険にさらされているのです。
日本がこうした国難から脱出し、もう一段の発展をするためには、
時代遅れの憲法を改正し、未来をデザインする新しい憲法につくり変える必要があります。

http://www.hr-party.jp/inauguration/pdf/qa_v2_const_jp.pdf(PDF形式)



戦争の原因は主に3つあります。

一つは資源の枯渇による略奪、乃至、弱肉強食による結果 
一つは虚構による被害妄想と感情共鳴による防衛本能の結果
そして、もう一つは、モラハラによるトラウマ、つまり怨念です。

そしてその根本には常に自我を守りたがるヒエラルキーが潜んでいる訳です
そう・・・「母性愛」皮肉にも戦争を生んでいる因だったりもするんですよ

確か2~3年前に敗北宣言と揶揄した、2007年のSGI提言にて
「修羅界」の事が書かれていましたが
修羅界の根本は「身を守るための智慧」が転じた結果でもあるため
特性によって争いの引き金、乃至、戦争の引き金にもなってしまうわけです。
つまり防衛本能と言うのは母の命だったりもする。

そういった意味では正確な記述をしたものの、あの提言内容だけでは
結局、本末転倒の結果しか出ません。
何故なら中国人の性格、特に儒教の害毒端折っていたからなんです。

従って この因なども 支那三国のモラルハラスメントによるトラウマが
上記のような結果へと繋がっているのですが
しかし、この考えでも最終的にはモラルパニックへと転じて
最後的には 戦争へと繋がってしまい、本末転倒になってしまう事は明白で
大川隆法氏はその辺を計算に入れていなかったのでしょうか?

結局「大川の御本尊」では限界で平和を止めるだけの力が無く
「軍隊の御本尊」に頼らなければ 自分の国が守れないという事にもなるので
結局、その時点で大川のお値段が下がってしまう事には気付かないのでしょうか?

大体、大川きょうこ女史は、憲法9条の改正に賛成なんでしょうか
賛成だとしたら、女性達の主張する平和とは・・・
「自分達だけの平和」だった・・・と言う証明にもなり
egoismの平和を推しつけた詐欺・・・と言う事にもなりますよ

また「生命を尊重する性」・・というのも、この振る舞い一つで嘘にもなります。

では、軍隊を作って 血を流してくるのは 誰になるのでしょうか?
真っ先に殺されていくのは誰なんでしょうか? 
真っ先に不幸に貶めてしまうのは 誰になるのでしょうか?
幸福実現・・・と言っても それは結局・・・
「大川きょうこの幸福」しか実現しないんじゃないでしょうか?

女性は「徴兵の対象にはならない」
常に他人事傍観者の立場にたたされている為、人の痛みが解らず
無責任にも上矢印こんな事が 平気で言えるわけです。
他人の命は犠牲になっても、自分の命は犠牲にならないから
無責任にも上矢印そんな事が平然で言えるわけです

よく平和のために戦う、なんて事を平然と言っていますが
一体、誰の為の平和なのでしょうか?
平和の権利は全てにあるんですよ。

それだったら、まだ「幼稚園児の論理」だとかオムライス」だとか揶揄されていても
きらきら不軽菩薩のように「憲法9条の改正」に終始一貫して反対している
「命をまもる」福島瑞穂女史の方が、遥かにマシ!!


さすが「女は守られる立場」ばかり歩んだ人生の方が多いので
机上の計算しかできなく
自分達が戦争に加担している・・・と言う実感がないまま
今日も赤ハート生贄造りをしているんですよ。
こんな、本末転倒な側面にまったく気付かないまま
何時も同じ過ちと悲惨な歴史を築いて 進展すらしない 進化すらしない、発展すらしない

よく「戦争で犠牲になるのは女性ばかり」と良く主張するけれど
深く掘り下げてみれば、それは、結局・・・

・「負けた国」の女性達を ピックアップして物事を捉えた錯覚を造っただけ
・「生贄が枯渇した国」の女性達を ピックアップして物事を捉えた錯覚を造っただけ
・事実は事実でも「半真実」で語った偏向報道や側面迂回の情報操作をしただけ 

では、第二次世界大戦中アメリカの女性達は何をしていましたか
先の大戦での、あの国で一滴でも血を流した女性がいましたか? 
犠牲者が出たのはパールハーバーぐらいです。

そこまで考えた事がないでしょ?


結局、誠の時に自分達で戦わず 
オトコを生贄に捧げて 自分の身を守っていただけにしか過ぎない 
だから女性が平和主義なんて言うのは嘘っぱちで
女性の言う平和主義と言うのは、結局、己を守る平和主義にしか過ぎない

そんな事を言ったら言いすぎでしょうか?


ところで、以前、創価系の某ブログで
「戦争をなくすには如何したら良いのか?」・・・と提言しておりましたが
私から敢えて提言をするならば・・・
 
「日本国憲法9条」のように
世界中が「戦争放棄」の条文を盛り込んで、憲法を改正
世界中から徴兵制をなくせば良いだけです。
その努力を行えば良いだけです。
その努力を怠わらなければ良いだけです。


簡単な事でしょ?

日本は、自衛隊やアメリカに守られた要素が強いものの
64年間もやってきた実績がありますよ 
上矢印それを世界各国に輸出すれば良いのです。


元々、憲法9条に書かれている戦争放棄を提案したのは、皮肉にも日本の政府なんです。
左翼の連中もGHQも日本の軍隊を潰そうとは考えていなかった

戦後、マハトマスガンジーのインド独立の際
イギリスは日本軍の捕虜を「どのように扱ったか?」・・・といえば
独立戦争の際 自警団として復活させていた事ぐらい知っているでしょ

だから本当の意味で「9条の改正」は駄目だし
それでは、結局、民族浄化を推進する中国と同じ発想で本末転倒じゃないでしょうか?
本当、戦争の因まで深く考える人が居なさすぎですよ

大体、平和主義の象徴である 女性主体の北欧の各国
「女性省」設置しているブラジルに(しかも提案者はSGIのメンバーだ)
未だ徴兵制が存在する事自体、矛盾していますよね~


もう一度書きます。

・軍隊を作って 血を流してくるのは 誰になるのでしょうか?
・真っ先に殺されていくのは誰なんでしょうか? 
・真っ先に不幸に貶めてしまうのは 誰になるのでしょうか?
・10トントラックと10トントラックのぶつけ合いを仕向けているのは誰なんでしょうか?




カンカンカン☆\(・∀・) 
南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経

ブログランキング・にほんブログ村へ



付記

今回、態々、書く事でもなかったのですが
左翼の無能ぶりと創価の無能ぶりが、戦後64年の間蓄積して失敗した結果
「漁夫の利」の如く 理想の形であった憲法9条を改正したがる傾向が強いこともあり
また、終戦記念日も近い事もあって、改めて「平和とは何か?」を問いただす意味でも
この記事を書かせていただきました。






Last updated  2012年10月08日 10時49分34秒

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.