386404 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

 eco eco五座三座

PR

Calendar

Free Space

eco_eco☆五座三座のHPへ

楽天が運営するポータルサイト【インフォシーク】Infoseek

Wiki Leaks
CNN
AFN

PVアクセスランキング にほんブログ村

Headline News

Recent Posts

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2009年09月10日
XML
カテゴリ:Soka-Filtrum
開目抄

我並びに我が弟子・諸難ありとも疑う心なくば自然に仏界にいたるべし
天の加護なき事を疑はざれ現世の安穏ならざる事をなげかざれ
我が弟子に朝夕教えしかども・疑いを・をこして皆すてけん
つたなき者のならひは約束せし事を・まことの時はわするるなるべし

(堀日亨編纂:新偏御書 P.234)
http://www.sokanet.jp/sg/sn/gosho_text.html?key1=234&ref=Kyogaku


本当は、こういう時にこそ!!、創価に対して用いる励ましの言葉でもあり
決して、ひらめき開き直りの時に用いる常套句ではなかったんだよなぁ・・・

今回の「選挙の事」や「一連の出来事」を振り返り・・・改めて読むと
この御文に対する「真意の垣間が実感した。」・・ような気がする。
こんな事を思っているのは私だけなんだろうか?


元々、あの御文は・・・
自身の信心を深める為に“自身に向けて唱えた言葉”であって
他人と言うか・・・  少なくとも「大聖人の御書を読んだ事がない人」や
「全く理解していない人」に向けて用いる文言ではないし
状況や前後も弁えず、例の御文を取り上げて、ネットで折伏していた・・とすれば
読み手は、あなたの事を「開き直り」の姿にしか映らず
「自己顕示欲の塊」と見られて、対話どころか対立を深めるだけで
返って炎「焼け石」に水を注ぐ行為・・だったのではなかろうか?

典型的なのが「そうかの森」で、なんか、過去に・・・
きらきら御書を全部読破したことがある赤ハート・・・などと
ブログなどで、自慢した事があったらしいんだけれど
彼が「どんな姿勢で読みきったのか?」或いは「どんな人間だったのか?」が、あの・・・
2ちゃんねらーに対するあの態度一発
彼の命が!!全部、露呈してしまうんだよなぁ・・・・・


もし、読破した事があるのであれば、下記に掲げたの御文を、如何捉えて
・・・と言うか自分に対して捉えて読んでいたのか?非常に懐疑的で
他人事だと思って読んでいたのではなかろうかと・・・

但し、また、勘違いされても困るのですが・・・・・


十字御書

わざわいは口より出でて身をやぶる・さいわいは心よりいでて我をかざる。
(堀日亨編纂:新偏御書 P.1492)
http://www.sokanet.jp/sg/sn/gosho_text.html?key1=1492&ref=null


諸経と法華経と難易の事

仏法やうやく顛倒しければ世間も又濁乱せり
仏法は体のごとし世間はかげのごとし体曲れば影ななめなり
幸なるは我が一門仏意に随つて自然に薩般若海に流入す

(堀日亨編纂:新偏御書 P.992)
http://www.sokanet.jp/sg/sn/gosho_text.html?key1=992&ref=null


秋元御書(筒五器抄)

は我等が身心を表す、我等が心は器の如し口も器・耳もなり
法華経と申すは仏の智慧の法水を我等が心に入れぬれば
或は打ち返し・或は耳に聞かじと左右の手を二つの耳に覆ひ・
或は口に唱へじと吐き出しぬ、譬えば器を覆するが如し
或は少し信ずる様なれども又悪縁に値うて信心うすくなり
或は打ち捨て或は信ずる日はあれども捨つる月もあり是は水の漏が如し
或は法華経を行ずる人の一口は南無妙法蓮華経
一口は南無阿弥陀仏なんど申すは飯に糞を雑へ沙石を入れたるが如し
法華経の文に・・・
「但大乗経典を受持することを楽うて乃至余経の一偈をも受けざれ」等と説くは是なり

(堀日亨編纂:新偏御書 P.1071~1072)
http://www.sokanet.jp/sg/sn/gosho_text.html?key1=1071&ref=null
http://www.sokanet.jp/sg/sn/gosho_text.html?key1=1072&ref=null


守護国家論

身口は実教を行ずと雖も心には亦権教を存ず。故に天台大師摩訶止観の五に云く
「其の癡鈍なる者は毒気深く入つて本心を失う故に
 既に其れ信ぜざれば則ち手に入らず、乃至・大罪聚の人なり」

(堀日亨編纂:新偏御書 P.64)
http://www.sokanet.jp/sg/sn/gosho_text.html?key1=64&ref=null


御義口伝(方便品八箇の大事より)

方便とは十界の事なり又は無明なり
妙法蓮華経は十界の頂上なり又は法性なり煩悩即菩提生死即涅槃是なり
以円為即とは一念三千なり妙と即とは同じ物なり
一字の一念三千と云う事は円と妙とを云うなり
円とは諸法実相なり、円とは釈に云く・・・
円を円融円満に名くと円融は迹門円満は本門なり
又は止観の二法なり又は我等が色心の二法なり
一字の一念三千とは慧心流の秘蔵なり
口は一念なり員は三千なり一念三千とは不思議と云う事なり
此の妙は前三教に未だ之を説かず故に秘と云うなり
故に知ぬ南無妙法蓮華経は一心の方便なり妙法蓮華経は九識なり
十界は八識已下なり心を留めて之を案ず可し
方とは即十方十方は即十界なり便とは不思議と云う事なり云云。

(堀日亨編纂:新偏御書 P.714~715)
http://www.sokanet.jp/sg/sn/gosho_text.html?key1=714&ref=null
http://www.sokanet.jp/sg/sn/gosho_text.html?key1=715&ref=null




そんな事を考えると、「ネットだった」・・としても「文字媒体の代物だった」・・としても
人間性と言うのが、どうしても滲み出てくるので
結局は、一般社会と同じ姿勢で取り組まないと、命までもが全世界に晒されて
返って「信頼性を失ってしまうリスクがある。」・・わけなんだよなぁ・・・日本茶



報恩抄

月の影は同じけれども水に清濁ありなんど申しければ、此の由尋ね顕す人もなし
(堀日亨編纂:新偏御書 P.302)
http://www.sokanet.jp/sg/sn/gosho_text.html?key1=302&ref=null

【参考】主客転倒
http://dictionary.infoseek.co.jp/?spa=1&sc=1&se=on&lp=0&gr=ml&qt=%BC%E7%B5%D2%C5%BE%C5%DD&sm=1&sv=KO




カンカンカン☆\(・∀・) 
南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経

ブログランキング・にほんブログ村へ







Last updated  2012年10月09日 13時57分08秒
[Soka-Filtrum] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.