362128 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

 eco eco五座三座

PR

Calendar

Free Space

eco_eco☆五座三座のHPへ

楽天が運営するポータルサイト【インフォシーク】Infoseek

Wiki Leaks
CNN
AFN

PVアクセスランキング にほんブログ村

Headline News

Recent Posts

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2010年04月30日
XML
カテゴリ:Usual topics
やっぱり、コレでしょう(笑)

PICT0056-2.JPG

PICT0051-2.JPG

今は「管理通貨制度」なので
たとえ、紙でも「お金」にはなりますが
考えてみたら
心理学を応用した暗示と同じで
紙をお金と仮想しているだけにしか過ぎず
貨幣の殆どが資源か鉱物なわけだし
「物々交換」だって
「交換する物」が変わっただけで
「システムの基本」は
希少性なども含めて
古来から何にも変わっていないのですから
当然、空き缶だって
使える要素があれば、付加価値がつく上
鉱山にもなるわけ。

考えてみたら「1円硬貨」は
「アルミニウム」が原料だし
「10円硬貨」は「銅」が原料で「100円と500円硬貨」は「銀」が原料だし

PICT0052-2.JPG
 あの「住友」だって
「チリも積もれば山」で
 江戸時代末期に「四国の別子」に
 「銅の鉱山」を見つけ
 最初は、こんな生活を、地道に送って
 最終的には
 「財閥」にもなったわけですから
 やっぱり、あなどれない。

 因みに、未確認なので
 何とも言えないのですが
 「これ等の業者」に持っていくと
 「1kg辺り70円のお金」が
 もらえるとか・・・






但し、「口コミ」などで、面が広がりすぎると
「ちり紙交換」や「キャベツ」と同様、今度は出しすぎて、希少性が薄くなってしまい
「デフレスパイラル」を起こしてしまう可能性が否めず
その辺は「管理通貨」と同じような「やり方」をしていかないと
自爆して失敗するので「ご注意」を

事実、一回、在位60周年だったか何だったか忘れましたが
何か記念で発行された硬貨を流通の過程で、偶々入手した事があったのですが
それを「コイン商」に売り飛ばそうとした際
不況も手伝って、売り飛ばす人が多くなってしまい
そのお陰で「値」が下がってしまった「苦い経験」がある

それを考えると、先物取引と同じものにもなってしまうわけか・・・

PICT0058-2.JPG


ところで、何時も不思議に思っている事があって
こういった仕事をしている人の場合、必ず「リヤカー」が、お約束として登場するわけですが
ふと考えてみると「リヤカー」と言うのは、何処で販売していて
また「お値段もいくらなのか?」 やっぱり気になりませんか?
そこで、今回は、その手のプロの方に伺って、調査をしてみる事に致しました。♪

まずは某埠頭の片隅で「アウトドアーライフ」を行っている方々の「お家」を訪ねてみると・・・

PICT0110-2.JPG

あ・・あれ?「この家」には、リヤカーが見当たらない・・・ Σ(゚O゚;) 

しかも、よぉ~く見ると、自転車が「妙に新品」だし、「最新型」で「高級品」だし・・・・・
どうやら、ココでは「リヤカー」を取り扱っていない様子で
相手も仕事に夢中だったので、調査も糞もなく
結局「聞かず終い」のまま、現場を立ち去った訳ですが
それにしても、自転車だけが「妙に高級だった」のには「意表」を突かれたよなぁ・・・

そこで、次に、多摩川の某所を訪ねてみることに致しました。

PICT0008-2.JPG

多摩川の場合、利便性故に、対岸に辿りついてしまい
結局、橋を渡りながら、リヤカーを探す事にも なったわけですが
橋から眺めても一向に、リヤカーが見当たらない

PICT0010-2.JPG

PICT0011-2.JPG

しかも、渡っている最中、「大量に空き缶を積んでいる人」と、何人もすれ違ったのですが
殆ど、自転車に積んでいるだけで、リヤカーを引いている人には出くわさず
「もはや時代遅れの代物なのか」・・・とションボリしながら、半ば諦め状態で
彼等が住んでいらしゃる「対岸の入口」まで来ると Σ(゚д゚ )! 

PICT0013-2.JPG

あれ?自転車の牽引だけれど、リヤカーを引いている人がいる!!
しかも、入口近くの橋の下を眺めてみると、其処にはリヤカーが二台も♪♪ \(゚o゚;)/

PICT0015-2.JPG

そこで、橋を渡り対岸の土手を降り、現場で作業している方々に
「リヤカーは、何処で売っているのですか?」・・・と単等直入に伺うと
どうやら、羽田にある「某DIYのホームセンター」で
「リヤカー」が売られており、お値段も区々だが「3万程度で売っている」との事

早速、場所を教えてもらい、紆余曲折ながらも「リヤカー」が売られている。・・とされている
「某ホームセンター」へ行って見ることに致しました。

PICT0016-2.JPG


さて、その羽田にある「某ホームセンター」に辿りつき、店内を見渡すと、あれ?
明らかに、店内を見渡す限り「リヤカー」が置いていない!!Σ(゚O゚;)

リヤカーは「交通法規上」自転車と同じ「軽車両」にも該当するので
「サイクリングコーナー」にも立ち寄ってみたが、其処にも「リヤカー」らしき姿がない!!

まさか・・・
「ホームセンター」故に「リヤカー」はパーツだけ売っている、自作形式 なのか??

親切に「リヤカーの組み立てキット」ぐらい、あったっていいのに・・・と思いつつ
余りにも、らちがあかないので、早速、店員さんに伺ってみたのですが
やっぱり、「滅多に頼まない商品」なのか、店員も店員で慌てだしてしまい
店の事務所に内線で問い合わせる始末・・・

どうやら「リヤカー」は店内には置いていなく、個人の注文によって購入するらしい・・・

カタログや・価格等の問い合わせなどは「サービスカウンター」に伺ってくれ
・・・と言われてしまったので
早速、サービスカウンターに「リヤカー」の事を伺うと、やっぱり慌てだしてしまい
しかも、滅多に問い合わせのない商品なので、店員さんが、カタログを探す事態にも陥り
その事で、サービスカウンターにおいて 行列が出来て、気まずい空気がプ~ン ~∞・・・

暫くして、店員が、カタログを取り寄せて来てくれたので
コチラも、絶対、他のお客とは目を合わせず
シラをきり通しながらも、価格等も含めて説明を受けた。

説明によると、リヤカーは全て特注で、タイプも三種類あり
一番良いのは、大きさによりけりだが、特注のせいか、10万~20万と意外な値段がついており
安いタイプでも「2~3万はする」・・・との事

PICT0040-2.JPG
※「S8AP-1型」パンチングメタルで着飾り、ノーパンクタイヤを装備した、高級車は20万もする。

PICT0044-2.JPG
※こちらは「一般型」の「CC3-3SD-1型」アルミ製の一輪車タイプでお値段は2万~3万

因みに「注文しますか?」と訪ねられましたが
その「意外なお値段」と、仮に購入した際、家の前に置くと
置き場所の関係から、異様に目立ってしまい
ただでさえ、色々と目立つ事が多いので、今回は「考えておきます」
・・・と申し上げたうえ、丁重に断りました。

でも、将来を考えたら1台は必要かなぁ・・・



カァ~ン・カンカンカンカンカンカン☆\(・∀・)
南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経

ブログランキング・にほんブログ村へ



| Comment-field |






Last updated  2012年10月08日 04時35分42秒

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.