000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

 eco eco五座三座

PR

Calendar

Free Space

eco_eco☆五座三座のHPへ

楽天が運営するポータルサイト【インフォシーク】Infoseek

Wiki Leaks
CNN
AFN

PVアクセスランキング にほんブログ村

Headline News

Recent Posts

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2012年03月11日
XML
カテゴリ:東日本大震災
-報恩抄-

天台の仏法やうやく習い失せし程に唐の太宗の御宇に玄奘三蔵といゐし人
貞観三年に始めて月氏に入りて同十九年にかへりしが
月氏の仏法尋ね尽くして法相宗と申す宗をわたす
此の宗は天台宗と水火なり而るに天台の御覧なかりし
深密経・瑜伽論・唯識論等をわたして法華経は一切経には勝れたれども深密には劣るという
而るを天台は御覧なかりしかば天台の末学等は智慧の薄きかのゆへに・さもやとおもう
又太宗は賢王なり玄奘の御帰依あさからず、いうべき事ありしかども
いつもの事なれば時の威をおそれて申す人なし
法華経を打ちかへして三乗真実・一乗方便・五性各別と申せし事は心うかりし事なり
天竺よりは・わたれども月氏の外道が漢土にわたれるか
法華経は方便・深密経は真実といゐしかば釈迦・多宝・十方の諸仏の誠言もかへりて虚くなり
玄奘・慈恩こそ時の生身の仏にてはありしか。
其後則天皇后の御宇に天台大師にせめられし
華厳経に又重ねて新訳の華厳経わたりしかば
さきのいきどをりを・はたさんがために新訳の華厳をもつて天台にせめられし
旧訳の華厳経を扶けて華厳宗と申す宗を法蔵法師と申す人立てぬ
此の宗は華厳経をば根本法輪・法華経をば枝末法輪と申すなり
南北は一華厳・二涅槃・三法華・天台大師は一法華・二涅槃・三華厳・
今の華厳宗は一華厳・二法華・三涅槃等云云。


(堀日亨編纂 新編御書:P.301)



これも状況証拠やコミットメントの域でしか回答が出来ないけれど
今回の震災で注目を浴びた「貞観地震」の頃に
「頭でっかち」でしか体得をしていなかった おばかな弟子の為に
「誠の時に忘るるなるべし」で
結局・・・ 「天台の教義」が行詰まって崩壊している。
(但し 報恩抄には「状況証拠」や「コミットメント」に対する脆弱な一面なども
 要素としては しっかり説かれているので注意されたし。)


そして、震災から1年・・・・・
震災前から、その「瑞相」や傾向性があったものの 
「報恩抄」に説かれていた事が如実に顕れた 1年だったと、個人的には思います。

今回の震災で亡くなった方々に対しては、きつい内容にもなるので
躊躇したけれど、それでも、今後の事を考えたら
オイラも含め 一切衆生に対しても大事な内容だと感じたので、追善法要も含まれる勤行の際 
今日の勤行は 御本尊に対する御観念文を除き、次の三編を拝読させていただきました。

・立正安国論
・撰時抄
・報恩抄


ところで、撰時抄・報恩抄と続けて読むと
(・・・厳密には字を追っかけていた感も否めないのですが)

一支国をはじめとする、小野組の流れを組む鯖板の人達や
日蓮正宗の連中も含め「マンセー」ども全体に当て嵌まるんだけれど
こいつ等の信心や信念と言うのは 結局、ここにたどり着いてしまう。 


-報恩抄-
糞を集めて栴檀となせども焼く時は但糞の香なり
大妄語を集めて仏と・がうすとも但無間大城なり、
「尼ケン【にけん】」が塔は数年が間・利生広大なりしかども
馬鳴菩薩の礼をうけて忽にくづれぬ
鬼弁婆羅門がとばりは多年人を・たぼらかせしかども
「阿ス縛ク沙菩薩」にせめられて・やぶれぬ、
「ク留外道」は石となつて八百年・陳那菩薩にせめられて水となりぬ
道士は漢土をたぼらかすこと数百年・摩騰・竺蘭にせめられて仙経もやけぬ
趙高が国をとりし王莽が位をうばいしが・ごとく法華経の位をとて大日経の所領とせり
法王すでに国に失せぬ人王あに安穏ならんや
日本国は慈覚・智証・弘法の流なり一人として謗法ならざる人はなし。


(堀日亨編纂 新編御書:P.311)

法滅尽経に云く
「吾般泥<オン>の後五逆濁世に魔道興盛し魔沙門と作つて吾が道を壊乱せん
 乃至悪人転多く海中の沙の如く善者甚だ少して若しは一若しは二」云云
涅槃経に云く
「是くの如き等の涅槃経典を信ずるものは爪上の土の如く
乃至是の経を信ぜざるものは十方界の所有の地土の如し」等云云
此の経文は時に当りて貴とく予が肝に染みぬ


(堀日亨編纂 新編御書:P.313)

問て云く 涅槃経の文には涅槃経の行者は爪上の土等云云、汝が義には法華経等云云如何
答えて云く 涅槃経に云く「法華の中の如し」等云云、
妙楽大師云く「大経自ら法華を指して極と為す」等云云、
大経と申すは涅槃経なり涅槃経には法華経を極と指て候なり
而るを涅槃宗の人の涅槃経を法華経に勝ると申せしは
主を所従といゐ下郎を上郎といゐし人なり、涅槃経をよむと申すは法華経をよむを申すなり
譬へば賢人は国主を重んずる者をば我を・さぐれども悦ぶなり
涅槃経は法華経を下て我をほむる人をば・あながちに敵と・にくませ給う
此の例をもつて知るべし華厳経・観経・大日経等をよむ人も
法華経を劣とよむは彼れ彼れの経経の心にはそむくべし、此れをもつて知るべし
法華経をよむ人の此の経をば信ずるよう・なれども
諸経にても得道なるとおもうは此の経をよまぬ人なり
例せば嘉祥大師は法華玄と申す文・十巻造りて法華経をほめしかども
妙楽かれをせめて云く「毀其の中に在り何んぞ弘讃と成さん」等云云
法華経をやぶる人なりされば嘉祥は落ちて天台につかひて
法華経をよまず我れ経をよむならば悪道まぬかれがたしとて七年まで身を橋とし給いき
慈恩大師は玄賛と申して法華経をほむる文・十巻あり
伝教大師せめて云く「法華経を讃むると雖も還て法華の心を死す」等云云
此等をもつておもうに法華経をよみ讃歎する人人の中に無間地獄は多く有るなり


(堀日亨編纂 新編御書:P.314)


そういえば、コレがきっかけで第二次世界大戦へ突入してしまった226事件も
経緯を細かく解析していけば首謀者自体が 
当に報恩抄に説かれていた伝行の弟子達の命と一緒なんだよね~
何時の時代も「器」が変わっても流れる水は汚染された水だけ・・・

2日前に富士宮ボーイで書いた内容は、最終的には これが言いたかったのですが
創価の森の小さな家の附録「月下の騎士」を拝見している方なら
お判りかと存じますが「説教オヤジ」の 天台の法門を悪用した「誘導術」の一件もあり
精神状態も ぐちゃぐちゃになってた状態で コチラが拝見しても
結局は あまり上手く伝わっていなかった様子なので
この点については お詫び申し上げます。
(そういえば2ちゃんのログを読むと、気を使って書いたつもりだったのですが
 あっちの書き込みも上手く伝わっていない 
 もし、何らか形で気に障るよう受け止め方をしているようでしたら
 その点についても お詫び申し上げます。)


・・・・・なんだか何時の間にか「始末書」みたいな内容にもなってしまったよなぁ・・・
「始末書」ついでに 立正安国論の話しもしますが、立正安国論の7段目には
下記の事が記されていますよね~ そして、内外問わず 殆ど人が下記の文章を読んで
排他主義、殺人主義、暴力主義・・・と勘違いをしてしまう。


客の曰く、若し謗法の輩を断じ若し仏禁の違を絶せんには
彼の経文の如く斬罪に行う可きか、若し然らば殺害相加つて罪業何んが為んや。
則ち大集経に云く
「頭を剃り袈裟を著せば持戒及び毀戒をも、天人彼を供養す可し
 則ち我を供養するに為りぬ、是れ我が子なり若し彼を「か打」する事有れば
 則ち我が子を打つに為りぬ、若し彼を罵辱せば則ち我を毀辱するに為りぬ」
料り知んぬ善悪を論ぜず是非を択ぶこと無く僧侶為らんに於ては供養を展ぶ可し
何ぞ其の子を打辱して忝くも其の父を悲哀せしめん
彼の竹杖の目連尊者を害せしや永く無間の底に沈み
提婆達多の蓮華比丘尼を殺せしや久しく阿鼻の焔に咽ぶ
先証斯れ明かなり後昆最も恐あり、謗法を誡むるには似たれども
既に禁言を破る此の事信じ難し如何が意得んや。

(堀日亨編纂 新編御書:P.30)


堀日亨編纂 新編御書:P.27~30をよく読んでください。 
立正安国論の7段目では主人が 過去に対峙した一例を引いただけで 
「殺せばよくなる」・・と勘違いしていたのは 客人の方です。

確かに「連想性の創出」と言う問題にも関わってくるので
「殺人教唆」と指摘する事も出来るのですが
しかし、その後 続く文面を読むと、結局 7段目~8段目の内容は
「観察者バイアス」を目的とした 誘導尋問にもなっていて
要は「捨閉挿擲」でマインドコントロールされた客人の心理を見事に引き出し
処方せんを9段目の処で回答していて 要は「四表の静謐の祈り」・・・と 

だけど、そのように読む人は内外含めて少なく 池田氏の講義でも
やっぱり誤解を招く内容にもなってて 国立戒壇と良く似た論争を思い出します。

・・で、もって「客人の解釈」だけで受け止めた弟子たちの論文が
excite版にも掲載されている「立正安国論」なのですが 
個人的には あっちの「安国論」は「暗黒論」で 見解が違うのですが
ただ、今まで 廻りも 「客人のような」解釈しかしていない側面があるので
文上読みと言う意味もこめ そのプログラムの中で育まれて 
最終的には疲弊して脱会したかたの書いた 立正安国論のソレを転載いたしました。

因みに 敢えて「その方に対し申し上げる」・・・とするならば
宝島社から刊行されている「教科書では教えない日本史」を読むと、面白い事が書いてあって
昭和7年だったかに「原敬首相」の暗殺事件があったわけですが
その動機を伺えば、当に伝言ゲームの世界で
要は師匠が「最近は腹を切る覚悟を持つような精神力を持つ男性が居ない」
・・・と言っていたのに対し
かっこつけたがりの「虚飾好き」の弟子が「ハラ」違いを起こして
本当に原さんを逝かせてしまった例があり 
それと同じような罠に弟子檀那等をふくめて 嵌っていたのではなかろうか?・・と
そして、あの3段の金言に対し
フォローする事が 何 一つも出来なかった結果じゃなかろうか・・と

結局は 頭の悪い弟子ばかりが揃うと 師匠の言葉も台無しになってしまう一例です。


ブログランキング・にほんブログ村へ

 







Last updated  2012年03月18日 11時35分16秒

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.