000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

 eco eco五座三座

PR

Calendar

Free Space

eco_eco☆五座三座のHPへ

楽天が運営するポータルサイト【インフォシーク】Infoseek

Wiki Leaks
CNN
AFN

PVアクセスランキング にほんブログ村

Headline News

Recent Posts

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年10月14日
XML
カテゴリ:Usual topics



近所とはいえ、「赤い橋」の記事用に撮影した「羽田可動橋」以来
滅多には行かなくなったのですが、この前の体育の日(2016年10月10日)
少し時間があったので「気分転換に」・・と思って、久々に、森が崎へと散歩に出かけたのですが
 
ところが、下水場の上にあって
羽田空港や東京港が見える「森が崎の大きな公園」の入口前にある工場に差し掛かると
工場の前に、なにやら怪しい「のぼり」が・・・・





・・で、その「のぼり」のスローガンをよく見ると・・・
え!? (゚O゚)「遺体保管所??」・・・・


家もそうですが、自分家のすぐ側や近所に「墓地」「火葬場」「葬儀場」等
死に絡む場所が建設される施設や、清掃工場や廃棄物処理等々の施設というのは
普通の人の心理としては、必ずしも「快い施設」ではないので
「反対したくなる気持ち」も解らなくもないのですが
しかし、スローガンをよく読むと、住民が反対しているのは
「墓地」「火葬場」「葬儀場」ではなく、あくまでも「遺・体・保・管・所」



つまり「遺体」なんらかの形で保存しながら「安置」するだけ・・の施設のようなのですが
しかし「遺体安置所」だったら、警察署とか病院や葬儀関係の施設で自動的に保管するだろうし
また 大規模な災害や大きな事故が発生した場合は
臨機応変に学校の体育館等々の公的な施設に「仮設の安置所」が置かれるので
普通に考えれば わざわざ「遺体を専門に保管する場所」を設置する需要があるのか?
妙に 気になってしまい、そこで 家に帰ってから「遺体保管所」で検索すると・・・
どうやら そういった専門の業種や施設があるようで、しかも簡単に開業ができる条件があり 
そして 同時に その周辺では住民とのトラブルが絶えない様子です。

・Blogs-遺体ホテル 死というものをどう考えるか?
http://blogos.com/article/94020/
 

・死者が増えすぎて、川崎市の住宅街に「遺体保管所」、規制なくどこでも建設可能
http://radiation7.blog.fc2.com/blog-entry-4169.html

・遺体安置所を始めようと思っているのですが何か許可が必要でしょうか?-YAHOO知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1172631806

・・・で 件の「保管所」も 、2011年から「自動車修理工場」の施設を
そのまま「遺体保管所」として利用し 
しかも大田区や国土交通省には「倉庫」として申請をして 許可を得ており
個人的な感想として言わせれば「遺体」をモノとして考えている業者の感覚が怖いのですが・・)
また、その事で、ワイドショーでも取り上げられ、お約束ですが、日本共産党の区議会議員が
「その件」でも取り上げられていて、大田区が対処しているようなのですが
どうも、その「のぼり」が残っている以上 まだ、その施設が存在しているようで
池田氏の生まれ故郷が「こんな形」で遺産として残るというのも、なんとも皮肉な話です。
 


・ウチの隣が遺体保管所!! -オレっち!のブログ
  http://ameblo.jp/imademokimigasuki-heart/entry-11485716037.html

・都市整備費の項目で遺体保管業について質問しました。

(2013年10月8日付け 日本共産党 清水菊美のホームページ)
  http://www010.upp.so-net.ne.jp/kikumihp/gikai/gikai-131008.htm

それにしても、大田区は池田氏の地元でもあり 
しかも有名な関西創価の源流もココから出発していて創価の比率が高く
それ故に都議が二人も出ている地域で公明党も強い地域なのに
この事実に対して なんにも言わなかったのかなぁ~






にほんブログ村






Last updated  2016年10月14日 03時39分19秒

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.