361757 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

 eco eco五座三座

PR

Calendar

Free Space

eco_eco☆五座三座のHPへ

楽天が運営するポータルサイト【インフォシーク】Infoseek

Wiki Leaks
CNN
AFN

PVアクセスランキング にほんブログ村

Headline News

Recent Posts

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

全800件 (800件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 80 >

2015年08月15日
XML
カテゴリ:Usual topics
中国兵器工業グループ新華会社が14日明らかにしたところによりますと
天津の爆発事故を受け、同社では
「核」「バイオケミカルの防護」「活性炭の専門家」・・・を集めました。
この専門家は 事故後の汚染状況を調べ救援の需要に合わせて政府部門と協力し
「汚染物の浄化方法」などの案を提出します。


CRI-北京放送(中国国際放送日本語放送局)8/15付のニュースより抜粋
https://archive.is/fc5qq

-----------------------------------------------------------------------

久々に 北京放送中国国際放送局の今日(8/15)の放送を聞いていたら
さりげなく、このニュースを流していて 思わず注目をしてしまったのですが
果たして 上記のニュース内容を聞いて
  「天津における化学工場の爆発は、核爆発だったのか?」
        ・・・と誤解したり、思い込んでしまうのは、私だけなのでしょうか?

単なる 含みを持たせた複数の専門家を並べてきて 
どっちにでも転がるような 曖昧かつ不明瞭な表現で報じているけれど 
それでも 化学工場の爆発なのに「核の専門家」まで呼び集め
汚染状況を調査し その解決方法を模索しようとしている点が 非常に気になりませんか?

上記のニュースと YOUTUBE等で見られる状況を重ねれば
「やっぱり核爆発が発生した」・・と疑られても致し方がないニュースなんだけれどね~
ちなみに 下記の映像は中国国内では検閲の対象になっていて 閲覧ができない様子です。



「天津の爆発事故」映像
(1)https://youtu.be/SZDStWwx-jk
(2)https://www.youtube.com/watch?v=QvywBDeIoyI



にほんブログ村






Last updated  2015年08月16日 18時31分19秒
2015年07月23日
カテゴリ:公明党
大河-20150721-1.png

http://megalodon.jp/2015-0722-1601-39/miraihisyo.exblog.jp/24712971/より
----------------------------------------------------------------------------------

7月20日に書いた記事にしても、7月21日に書いた記事にしても
こちらが 終始一貫して 主張しているのは 
中国政府(中国共産党)『公明党主導で決めたの安保法制』に対し
『NO』と言う強い意思と不快感を示している上
大河さんが主張するような「蹂躙」を警戒しているのにも関わらず
(だからなのか 青山繁晴氏の情報ですが 今回の反対運動の影には中国共産党も暗躍しているとか)
「手のひらを返した」・・かのように
奴らが言うところの「安倍右翼政権」が打ち出した内容に迎合し
「蹂躙の後押し」に協力をした形にもなっていて 
中国政府や中国人に対し「誤ったメッセージをすり込んでいる状態」で
「その責任が取れますか?」・・という質問に対し 上記の返答で返されたら 
ますます 中国政府は「この記事のような事」を感じて
騙された!・・と認識するんじゃないでしょうか?

単に「売り言葉に買い言葉」を並べているだけじゃないかよ!

中国政府や中国人に対しても 上記のような同じ台詞が言えるのか?
本当 見ものですね

特に下記に示した 二つの文章は 
肝心要の中国人の立場や気持ちを無視した文章で 自分たちの「お手柄自慢」に終始し
「中国人は大丈夫だろう理解するだろう」という結論に達していて
慢心と油断が丸出しな文章の上 仏法上では天界の命をさらけ出していたり
また 世法に於いては
 「早まった一般化」
  「伝統論証」
  「観測結果の選り好み」の要素が交じった詭弁が並びたてて
結局 中国政府や中国人に対し「誤ったメッセージをすり込んだ事に対する責任」に対しては
明快な回答を示しておらず 自己陶酔に陥っている・・と感じていたのは 私だけなんでしょうか?

大河-20150721-1B.png

大河-20150721-1c.png
 
特に 中国国籍の方には 彼女の反論意見についての感想を伺いたいものです。


もう一度書きます。
中国政府は創価を特別視していて「大丈夫」だ 節穴じゃない・・・と言うのなら
何故?国営放送でもある「北京放送」が 
(今回の安保法制に関して)公明党が貢献しているのにも関わらず
安逸に「NO」を示しているのでしょうか?





にほんブログ村




-余談
クジラ掲示板の管理者様でも、こちらが示した趣旨を理解していて 
「鋭い御指摘」だと感謝までされているのに
あなた方 二人の態度は ピンボケの記事を掲載したまま理解することもなく
しかも始末が悪いことに 追記・・という形で 
本人が言うのならともかく 他人でもある大河さん自身が
「クジラさんに感謝しろ」等と義務を要求するような発言をしたり 

  下矢印 下矢印 下矢印 下矢印 下矢印
taiga_20150721B.png

沖浦さんに対して述べている細野さんのコメントを掲載した 
悪意のある構成で書いている お二方とを比べても 
クジラさんの方が 遥かに誠実で マシですね

しかも 感謝されていることが気に食わなかったのか どうなのか存じかねますが
阿部日ケ~ンさん 腹いせに そのクジラさんに対して 八つ当たりをしていたり・・と 

ブログを閲覧しているみなさまも同じことを思いませんか?






Last updated  2015年07月25日 04時16分20秒
2015年07月21日
カテゴリ:公明党
taiga-20150721.png

http://megalodon.jp/2015-0721-1659-06/miraihisyo.exblog.jp/24706190/より



(´Д`;)・・・・・
おそらく昨日の記事に対する 彼女の追記だと読み取ることは 一応、できるのですが
ただ 感情論が先走ったのか、なんなのか? 解らないけれど
いつのまにか、話が 「クジラ掲示板での出来事」へと飛んでいたり 
いつのまにか、話が「ちよさんブログの話」へと飛んでいたりしていて
ごちゃごちゃになっており
結局 昨日の記事に関する反論らしき反論が、まともに成されていない上
まったく理解ができない様子なので
もう一度 CRI-北京放送(中国国際放送局)のニュース記事を貼っておきますので
あなた自身で 中国人の視点に立ち 中国政府の意思表示を読み取ってください。

『安保法案の衆院通過 中国外務省が反発』-CRI 北京放送(中国国際放送局)
『中日ハイレベル政治対話初回会合が開催』 CRI-北京放送(中国国際放送局)

記事をみてもお判りのように 今回の強行採決も含め反対をしているし 警戒感を顕していて
間違っても 公明党に対する高い評価をしていませんよね 
要するに 中国政府は 創価学会の気持ちも、あなた方の意見も
まったく理解されていないんですよ 
その点を 中華人民共和国在住のマグマグさんに伺ってみたらいかがでしょうか?

では、何故?中国政府は警戒感をあらわしているのでしょうか?
理由はさまざまありますが それでも その根底には 過去に日本が蹂躙し多大な苦しみがあり
今後、同じような目に遭う・・という警戒感から 
中国政府は反対をしているわけだし、非難をしているんじゃないでしょうか?

ところが、お二方の紹介した記事をみてもお分かりのように
あべひさん大河さんの意見は 
結局 中国人の視点から見れば 
「今後 中国や韓国に対して蹂躙を推奨する記事・・を書いて 
虐待の言い訳を並べているだけで、表向きは・・・ 
   『中国人とお友達だよ』
   『中国人や韓国人の痛みはわかりますよ』・・・などといいつつ
裏では 悪口を書いていたり 
あるいは この映画に出てくる捕虜監視員と同じように 夜の顔は優しく 
中国人や韓国人をいたわりながらも、昼になると急に人格が変わって、虐待を行ってしまうような
「二重人格の捕虜監視員」と同じようにしか映らない・・・かと思われます。

既に「二枚舌だ」と言われてしまうような原因を 
あなた方や公明党も含め しっかりと構築しているわけですが
まだ、こいつらは気づいていない様子。

もっとも中国共産党も善悪の二元論に捉われおり、ゼロサム的な判断で
チベット仏教やウィグル人相手に
この映画に出てくる捕虜監視員と同じように、二枚舌を繰り広げていて 
人のことは言えないんですけれどね。




にほんブログ村






Last updated  2015年07月21日 20時51分17秒
2015年07月20日
カテゴリ:公明党
安保法制、なにが違憲になるのか-阿部日ケ~ンの魅惑的な人
http://megalodon.jp/2015-0720-1825-56/captivated2.blog.fc2.com/blog-entry-419.html
もらって嬉しいメール-希望の哲学
http://megalodon.jp/2015-0720-1823-17/miraihisyo.exblog.jp/24701410/

本当 創価問題の執筆者『どら猫様』の奥さんでも おわします いまり様が述べるように
「類は友を呼ぶ」と申しますか・・・
宿坊板にて「今回の教義改定」を支持していない人たちの殆どが 
今回 安保法案の改正 及び 集団的自衛権に反対しているわけで
その反動なのか?存じかねますが 
「今回の教義改定」を支持している 大河さんと 阿部日ケ~ンさんの 
お二人は 
上記のブログのように ちゃっかり“ 安 倍 右 翼 ”に迎合したりして
「戦争法案じゃない」だの なんだのと 
宿坊板や 新安保法案に反対している人たちに向け 騒いでいるわけです。

ところが、あなたがたは、どちらかといえば 下記のブログの内容を読む限り
下矢印 下矢印 下矢印 下矢印 下矢印
http://megalodon.jp/2015-0721-0337-12/captivated2.blog.fc2.com/blog-category-8.html
http://megalodon.jp/2015-0721-0341-33/miraihisyo.exblog.jp/24618550/
親中国、親アジア思想の持ち主だということがわかるわけで 
その事を踏まえて あなた方お二人に伺いますが 今回、通った法案に対し
中国政府は苦々しく思っていたり 安倍政権の独裁性を 
ものすごく批判した内容のニュースが連日のように、中国国際放送で報じているのですが
その事を ご存知の上で 冒頭の記事を書いていたのでしょうか?

『安保法案の衆院通過 中国外務省が反発』-CRI(中国国際放送)
『安保法案の衆院可決に日本の学者が批判』-CRI(中国国際放送)

もし 今回の法案が「公明党の意見に反映した内容だ 戦争法案じゃない・・と言い張れるのなら
何故 中国政府 いや中国共産党は警戒感を高めながらも 反対をしているのでしょうか?
中国と仲良しならきちんと 中国共産党の幹部に懇切丁寧に 
今回の改正法案を説明してあげたらいいのに 公明党の議員も含めて説明しておらず
しっかり迷走していますよねw

宿坊板や民主党など 日本人が反対している連中に対しては批判旺盛なくせに 
中共からの批判に対しては『貴方の考えは間違っている。誤解だ』・・・と
堂々と叫ぶことができないのでしょうか?

ここでも 奴らの臆病ぶり・・というか 畜生ぶりが 見事に露呈しているわけで
こういった多重人格性や2面性が垣間見えるような振る舞いばかり続けていくと 
そのうち中国人や韓国・北朝鮮から・・・

   「やっぱりJAPは 創価も含めてずる賢い」
   「二枚舌だ」


・・と オマエさんらの記事を証拠にして 
日本人を貶めるようなプロパガンダを また するかもしれませんね
その際 あんたたち二人は  
誤ったメッセージをすり込んだ事に対する責任を 如何、取るのでしょうか?

https://youtu.be/NCc2EgOvhwk




にほんブログ村






Last updated  2015年07月21日 05時11分36秒
2015年06月20日
カテゴリ:信心出来レース
anago.2ch.net_1433312755-610.png

上記の文章・・・ 
2ちゃん(創価板)のスレッドに書かれていた、外部から見た観察結果なんだけれど
この文章をみていたら
菊川一派 あべひ一派 宿坊一派 反宿坊・・etc 
さまざまな派閥が「俺の信心こそ大聖人直結だ』と言わんばかりに
“信心の出来レース”を、にほんブログ村(創価カテ)も含めて展開しているのを思い出しちゃって
結局はアンダードッグ効果を高めているだけで、広宣流布も糞もない事が証明されているわけ

しかも 負の部分に対する火消しに躍起になるんだけれど 焼け石に水
二次被害 三次被害とステレオ的に被害が広がって
悪い方向へ悪い方向へと向かってしまう処が 非常に痛くて
結局は、梵天さまによる「外部からの圧力」か 「つるの一声」がないと 
創価山のお猿どもは なんにも変わらないようです。
もっとも、そのつるさまの声も届かないのが 創価どうぶつ園にいる お山の猿たち・・・

(°д°)



北朝鮮放送がアメリカや韓国に対して罵るような「不適切な発言」を述べたことを 
深くお詫び申し上げます。

| Comment-field |



ブログランキング・にほんブログ村へ






Last updated  2015年06月20日 12時40分09秒
2015年05月23日
カテゴリ:信心出来レース
http://megalodon.jp/2015-0523-0513-43/captivated2.blog.fc2.com/blog-entry-400.html

記事中に アドラーの心理学を引用した文章があったので
改めて このサイトの漫画を読んだけれど⇒http://yuk2.net/man/110.html
この漫画を読む限り アドラーの心理学には 
「無責任」がまかり通ってしまう脆弱面があるんじゃないでしょうか?

要は使い方を間違えると
「言ったものがちの論理」や「開き直り」やジャイアニズムが
「まかり通ってしまう」欠点が潜んでいて犯罪者には ありがたい御説法です。

【参考】
『アドラー心理学の個人心理学はヤバい』
http://adlerpsy.blogstown.info/


従って 阿部日ケ~ン氏は“その事”
どこまで認識した上で物事を書いていたのか? 本当に疑問で
また アドラーを心理学を用いた阿部日ケ~ンさんの解説だけでは 
「因果そのもの」を否定することも簡単に出来てしまうわけで
結局は「責任逃れ」と 自身の顕示欲を示す目的と 
相手を虚無に追い込ませて 黙らせる目的をも兼ねてアドラーの心理学を利用し
詭弁を並べた「毀謗の哲学」を展開しているだけにしか映らないのですが
みなさまは、奴の話を聴いて、どう思いましたか?


それにしても 便利な心理学ですね 
この心理学を用いれば 従軍慰安婦の問題も 南京大虐殺の問題も 
結局は 中国、韓国の自爆と結論できる事ができるわけで
日本に対して文句を言われる筋合いもないだろうし 恨まれる筋合いもないし
日本側が謝罪を行う必要もなければ 村山談話も含めて 取り消すことも可能になります
 
また アドラーの原理を用いれば 中国で起こっている チベット及びウィグルの大虐殺も
自己責任で片付けることができてしまい 虐殺の正当化もできそうです。

なにせ アドラーの原理に従えば 加害者・被害者の概念がないわけですから
当然 謝罪に対する承認要求に応える筋合いもなくなります。


| Comment-field |



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




【追記】
アドラーの心理学で検索をすると どうやら「ブーム」のようですね
たしかに ブームになるだけの要素は多分にありますし 頼る気持ちも解らないでもないし
アドラーの概念を考察すれば、元は養老孟司先生の影響もありますが
このブログも その概念で物事を書いていた事に 改めて気付かされます。

ま・・・自画自賛でしょうけれどね 







Last updated  2015年05月31日 23時29分09秒
2015年04月18日
カテゴリ:題目日誌
miraihisho-24369108-2.png


上記の記事 どうやら大河さん自身が 前回の記事を閲覧した上で 
御自身のブログにて返答した内容なのですが
ところが こちらも 最初、該当の記事を読ん際 
前回の記事との整合性の あまりのなさ」に話が噛み合っておらず
「何を 突然 逆ギレしているんだ?( ゚Д゚)ハァ?」とか 
「こいつ 余程、余裕がねぇーんだなぁ~日本茶」とか あれこれ思ってしまい
返答するのも面倒になっていて 当初は無視しようかと思ったのですが

ああ、なるほど!(・∀・) ポン
「そういう事」でヒエラルキー全開の文章を書いて、おかしな仲間意識を持っていたのねん


元々 前回の記事は、当初 
ちよさんブログの該当記事」にて、コメントという形で残していたわけです。
ところが 元記事の事も含め 文脈も考慮した上で、改めて読み返してみると
本人はどう思っているのか? そのへんは存知かねますが 
客観的にみても コメント自体長すぎた上 教義改定の事も含めて書いてしまった・・が故に 
色々と趣旨からずれる要素が多分にあって
「それならブログに掲載したほう合理的だな」 ・・とこちらも判断し 
そこで 後に 当該の記事のコメントを削除し加筆した上で 
改めてブログにUPすることに至ったのが「前回の記事」だったわけですが

下矢印 下矢印 下矢印 下矢印 下矢印
予定変更.png
 
ところが その過程の中で 「元のコメント」を 大河さんが閲覧していたのでしょうね
同時期に 創価ダメだしのブログにて
「教義改定の件」で コメントを残したことも相まってか
 
それが 大河さんの脳内で「ごちゃごちゃ」になり 
ヒステリーを起こして「パクちゃん」に至ったのが、大河さんの上記記事だったわけで 
そこで、整理する意味でも その元にもなった ちよさんによる該当記事の件も含め 
改めて大河氏に返答しますが
『ちよさん本人が書いた記事の内容』は どちらかと言えば、その昔・・・
2ちゃんの創価板にて「平和創価氏」がスレッドという形で立ち上げていた アレ
・・・と大して変わらない内容を述べているだけにしか過ぎない訳ですから 
それなら、あなた方も 毎日、夕方4時に気象庁からお届けする
晴れ気象通報のようなものだと イメージして読めば 
別に 阿部日ケ~ンさんも あなたも 不快に思うことはございませんし、
また ちよさん等の題目の事に関しても 
特段 (`・ω・´)ムッキー!になって 干渉する必要もないんじゃないでしょうか?


それでも「相手のナンミョー」が気になるのでしたら 
同じ信仰をしている・・・と自負をしているわけですから 
阿部日ケ~ン(院政)さんも 大河さんも ちよさん等に負けず劣らず 毎日 お題目をあげ
「気象観測」と同じノリで 御自身の題目記録と 「それに伴う御自身の結果」をシェアーし 
御自身等の信心の正しさや精神性を表現し ご自身を磨いたら如何でしょうか?

ただし「天気予報」は 「気象予報士」が「気象業務法」に基づき
「予報官の主観」が入るのに対し 
「気象通報」は 気象庁予報部が「ありのままに測った 観測データー」を 
「そのまま述べるだけ」・・・に留めており 
「主観」に関しては「自己責任」にした内容で構成が成り立っているので
それと同じように データーを付ける際は あくまでも自己責任でつけてくださいね。


ついでに 阿部日ケ~ンさんへ

あなたも「ブログのネタ切れ」になったら 毎日「御自身のサイコ通報」を示して
「己の信心が正しいのか?どうか?」の検証を示してみたら如何っすか?





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村下矢印下矢印






Last updated  2015年04月28日 17時31分09秒
2015年04月16日
カテゴリ:信心出来レース
23899840.png

※真実を語る⇒http://tomotiyoo.exblog.jp/23899840/より



あれ!? 創価学会は 確か、2014年(平成26年)11月8日の教義改定によって
弘安2年10月12日に顕された大御本尊と決別し 
そして 阿部日氏や大河氏を始めとした創価信者のほとんどが その改定を支持し
すっきりしたハート」等と、述べておりませんでしたか?

・・・にも関わらず この指導によれば
「大御本尊に書かれていた内容を基礎にして祈り 御書を理解しろ」・・と指導をしていて
この時点で いきなり 点と線が合わなくなっているわけです

まず ここを確認しましょう

では?その池田先生が述べられていた「大御本尊」とは
何を指した上で述べられていた「大御本尊」だったのでしょうか?


ちなみに 「創価ダメだしブログ」でも ちらっと触れましたが 
「決別をする」という形容は 「縁を切る場合などに宣言する意味」もあり
従って、縁を切ったわけですから 
それは「弘安の御本尊を捨てた」という解釈にも繋がるわけです

従って「捨てた」と言う解釈ではない。 ・・とするならば 
どんな意味が込めて「決別する」と宣言したのか?
合理的かつ点と線が繋がる整合性ある説明責任を果たさないと
たとえ 弘安2年10月12日の御本尊を信じていた・としても 
世間に対しては それは「捨てた」と宣言しているようにしか映らず
ここでも創価学会自身が『誤解を与えた誤ったメッセージ』を流した事にもなり
依って 原田会長の今回の発言は、無責任かつ軽率な一面も否めません。

更に あべひさんが示した その指導というのは 何時頃「述べられたもの」でしょうか?
少なくとも 2010年の6月以降は 本人が現れていないわけですから
当然 改定前の指導なわけで
従って 弘安2年10月12日に顕された大御本尊の事を指して述べているわけで
今回の改定で決別(縁を切る)した以上 はしごを外して捨てた形にもなってしまうのに
何故、そんな迹門的な要素を持つ指導を用いて 同じ創価さん宛に示し説得をしているのか
ここでも 点と線が繋がらないので 結局 私には理解ができません

ちなみに、上記のログにて 
阿部日ケ~ン(院政)[略称:あべひ]氏がお説教をしていた相手は
同じ創価学会の信者です。

そのことを踏まえた上で もう一度述べますが 池田先生が指してのべていた 
久遠元初の御当体で事の一念三千でもある 人法一箇一閻浮大総与の大御本尊は 
何を指した大御本尊だったのでしょうか?


ちなみに 戸田先生の指導や池田先生の指導を含めて考察すると
個人的には 大御本尊の存在価値は 相当 優れた羅針盤や気象観測レーダー 
あるいは 優れた計器類と一緒の役割も果たしているもの・・と考えられます

それは 先の指導や時代背景を考慮しても 池田大作保険でお墨つきでしょう

ところが あべひ師曰く 弘安の御本尊は「後づけバイアスの要素」が強く
まったく信用していない・・とおっしゃっており 
では?その日蓮大聖人が顕された 大御本尊は?・・というと
「現在は行方不明」などという珍説や見解を 黄色い掲示板にて迷言を残していますね~

そうなってくると 日蓮系は 立正佼成会も含め 
どの系統でも 羅針盤がない状態のまま 700年もの間信仰を続けてしまった事にもなり
日蓮そのものの信仰性自体が 怪しくも なってしまいます。

その上 先に あなたが示した池田氏の指導によって
現在 行方不明にもなっている「観心要の大御本尊」を基礎にしなければいけない以上
祈りも 法も成立しないわけですから 従って「行方不明」であるが故に 
「基礎に対し皆目見当もつかない大御本尊に祈れ!」等・・・という お説教を垂れても  
現状では元から羅針盤がないため 余計に迷うわ 己心や我見が膨らむわ 
あまりにも「ちぐはぐ」な状態が続いて いつかは大事故へと繋がりそうで 
それは あまりにも無責任な態度で、ここでも点と線が結びつきません。 


さて ここからは、「創価ダメ出しブログ」 
及び その大御本尊の話とも話の関係が絡んでくるので 大河さんにも申し上げますが 
池田先生の信仰は 人間革命を読んでも 指導集を読んでも
明らかに「弘安2年の大御本尊」を「師(基礎)」にして指導をしている文献が多数あり
その基礎に従って信仰していることが判りますよね

従って 池田先生が述べられていた 久遠の法・・というのは 
弘安2年の御本尊の模式を基礎にして述べられていた久遠の法であり
間違っても 大河さんが「創価ダメだし」にて述べられていた 
久遠元初=一篇曼荼羅は『浅はかな見識』か『勘違い』かと思われます。

また「御書の世界」ばかりが「池田先生の全て」とは限りません。

更に 私たちの信力・行力で、御本尊の「仏力・法力」を
私たちの「内」から開き出す為の、つまり、衆生の仏界の生命を開くためには 
「その観心の大御本尊に祈らないといけない」わけですが 
では あなたが指す「勧心の大御本尊」という羅針盤や計器は どれをみたら安全なのでしょうか?

当然 羅針盤や計器類がなければ 迷路にハマったり 事故が起きますよね
しかし「精度の高い計器類」や「羅針盤」であれば、安全性も高くなりませんか?
 
・・・にも関わらず その肝心な その羅針盤や計器がいらない 
あるいは 羅針盤や計器類は どれも同じ・・と主張していたのが 
大河さんと あべひさん等の主張でしたよね
では計器や羅針盤がない場合 どうやったら道に迷わず 事故が防げるのでしょうか
また 安全上 優れた計器が必要ならば 一体 どの計器類が優れていると考えられますか?

まさかとは思うけれど 今更ながら 沖浦さんと同じような
「自己本尊論」を展開するつもりはないよな

いくら沖浦さんが「マンダラが迹」「自分が本」と述べていて
「己心の妙法」を展開し 自分らは違うなどと詭弁を並べて差別化を図っていたとしても
曼荼羅御本尊そのものを知らないで、ナンミョーをしていたSGIメンバーを引き合いに出して
大御本尊という観心の羅針盤がなくとも 
私たちは久遠元初の当体の一部にしか過ぎないわけだから
「内」から開き出すことが可能なわけで 従って 衆生の仏界の生命を開くことができる
・・・というのが 大河さんや あべひさん等の主張なわけですから
結局は「自己本尊論」へと行き着いてしまう事も否めず
その点では 沖浦さんの主張と大して変わらないか・・・と思われるるのですが
どういうわけか 奴らは「沖浦さんの信心とは違うんだよ eco君」などと言い張り
同じ性能の計器類なのに わざわざ 己の計器類との差をプレゼンしてきて
ここでも 点と線が結びつかない主張を展開してくるわけです


そういえば その羅針盤や計器類で思い出しましたが 
あなたたちの場合 曼荼羅御本尊そのものを知らないで、ナンミョーをしていた
SGIメンバーと大して変わらない 内得信仰をしている 太ちゃんの信心に対し
いろいろと杓子定規をあてて難癖をつけたり「本来の信仰はこうだ」と言わんばかりの
モラルハラスメントをしかけていましたよね

あまりにも滑稽じゃないですか? 
ここでも「筋も通っていない二律背反ぶりの指導」が見事に展開されていたわけですが 
本人たちは まったく気づいていないようです。

曼荼羅御本尊そのものを知らないで、ナンミョーをしていたSGIメンバーに対し
太ちゃんと同じようなモラハラに近い指導ができますか 特にあべひさん
同じ「内得信仰者」の筈なのに 奴らの信仰に対する扱いに関する差別的な意識をもった態度は 
一体 何なんでしょうかね~

ここでも点と線がぷっつりと切れています。




ブログランキング・にほんブログ村へ



おまけ

そういえば 沖浦さんの事を引き合いに出し 大河さん御自身のブログにて 
「曼荼羅御本尊の相貌を「本・迹」にたて分けることはできる」・・と述べていましたね

その通りですが しかし 「御本尊はどれも同じだ」という見識と矛盾していませんか
更に あなたの発言によって 創価は「本迹の縦分けができなかった事」を見事に証明し
支離滅裂な事を述べていたり その場しのぎの詭弁を振りまいていたことを 
見事に吐露し 自白してしまったわけです

ちなみに 佐渡始顕と弘安の御本尊の模式や意味を考えれば 
佐渡始顕は「迹」で 弘安の御本尊が「本」であって 
間違っても 一篇曼荼羅は「迹」の部類にしか過ぎず「本」にはなりません
あくまでも三大秘宝の祈りがなければ意味がありません

また例の記事は 単なる擬似相関性の強い「悪魔の証明」程度の説得力しかなく
それは「占い師」レベルのものです。






Last updated  2015年05月31日 23時29分49秒
2015年03月30日
カテゴリ:信心出来レース
共産党は公安調査庁にマークされている政党(阿部日ケ~ンの『魅惑的』な人々)より
http://megalodon.jp/2015-0330-0851-19/captivated2.blog.fc2.com/blog-entry-376.html

そうですか それは存じませんでした 注意しましょう・・て!
そんなことは 破防法ができた経緯 等々を考えれば 
創価学会の人間でも知っている事だよ(失笑)
しかも あなたのペンパルだった「おにゆりさん」に至っては
今年(2015年)の一月に 今は無き 富士宮ボーイ掲示板にて 
こんな事を書いておりましたよね~ 
下矢印 下矢印 下矢印 下矢印 下矢印

富士宮ボーイNo.41523-2.png

ん!? 安倍右翼??
 

そういう表現の仕方で「安倍総理」の事を指して
「安倍右翼」等と断定的に呼び捨てにする人たち・・て
阿部日ケ~ンさんが書いた 例の記事で 批判している連中と
「左曲がりの市民プロ」ぐらいしか・・・

ちなみに「おにゆり」さんが「話していた?」・・とされる 
高遠菜穂子さんという方は こんな人物 下矢印 下矢印 下矢印 下矢印 下矢印

高遠菜穂子
http://zarutoro.livedoor.biz/archives/51411047.html

そうなんです 皆様、イラク戦争の時を思い出してください。 
確か、自衛隊派遣直後に 若い日本人の男女三名が誘拐された事件があり 
その後 解放された事件がありましたよね

その一人が“ 高 遠 菜 穂 子 さん ”なんですよ。

しかも その人質にされたグループというのは?どんな輩達だったのか?・・というと 
彼ら及び 彼女等は 当時、イラクに対する自衛隊の派遣に反対していたグループで
その活動も含めて イラクへ行ったグループだったこと
さらに その中には・・・  

   親が 例の記事にて 阿部日さんが批判している政党や
   及び そこに絡む団体の活動家だったり
・・と 

従って そんな輩とガッチリと絡んでいた人の話に同情した挙句
そのお友達さんの話に これまた阿部日ケ~ンさんが同情していたりもしていた訳ですが
・・・にも関わらず「例の記事」で反故にしてしまうような
本末転倒な記事を書いているのは あまりにも滑稽な話で
abehi-kenさん メイソウでもしているんですか??


つか さぁ~・・・・・雫 
あなたの好きな 柳原繁雄さんも含め その・・ 
普段から あなたが批判している政党と大して変わらない主張をしているのに 
何故「そんな記事を書いたのか?」 どんな形であれ 
ブレない野党でもある 日本共産党よりも不可解です。




にほんブログ村




-おまけ
あべひさんは かって「故松本清張氏」が仲介に入り 
創価学会と日本共産党が「創共協定」を結んで 
共産党とつるんでいた時代があった事を存じていましたか?






Last updated  2015年05月31日 23時32分01秒
2015年03月09日
カテゴリ:信心出来レース
459c2e5b15f1ec084b46cc86ccc5ed7c.png

http://megalodon.jp/2015-0308-1702-24/miraihisyo.exblog.jp/24211857/
  ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
大河さんは 結局 何が言いたかったのか? わからないんだけれど
2015年(平成27年)3月9日現在 富士宮ボーイ掲示板にて 
そこの 長老でもある あべひ氏(阿部日ケ~ン[院制]の略称)が
ある創価学会の壮年部員に対し 元自治大臣だった 白川勝彦氏と負けず劣らずの
下記のリンク先に書かれていた内容に等しい行為を 阿部日氏のブログにて公表し批判した事から
右矢印http://www.yanagiharashigeo.com/report/Journal7.htm
当の本人から抗議がきたことが発端で  
阿部日ケ~ン氏に対する『掲示板への出入り禁止動議』が提出され (いわゆる、アク禁動議)
審議されている状態なのですが 
未だ決着がつかないので そのことも兼ねて 今回は 特別に一度だけ返答をいたします


まず、阿部日ケ~ンさんに対する アクセス禁止の動議理由は 上記に書いた問題もあったこと
また 過去を振り返ると 彼の行った人権侵害行為は 他にも及んでいて 被害者が多数いること 
さらに 阿部日ケ~ン自身が所有するブログの記事に対する 
ご意見、ご感想、抗議等々の受付を 自分のブログでは受け付けておらず 
すべて 富士宮ボーイの管理者がもつ 自作サーバーへと誘導し 二次利用をしている一面があり 
その事によって管理者に負担をかけさせるばかりか 富士宮ボーイの管理者に対し
『電気通信事業法27条』にも抵触するような行為までも加担させ
すべて責任を管理者になすりつけていて 客観的にみれば
他人の財産を勝手に私物化している著しい一面も発覚している事等 
数え上げれば 問題点が多数あったので そのことによって アク禁動議が発動され
11人だったかな 賛同を得ております

・・・で、私の意見ですが
私 eco◆Smw69BiSBOは 過去に 富士宮ボーイをアク禁(出入り禁止)にされて
現在 出入り禁止の状態なのですが
元々 その動議が示され eco◆Smw69BiSBOを追い出したのは  
あべひ氏はもちろんの事 河内平野という人物だったことを覚えているでしょうか?
その理由は 様々な伏線がありましたが 主に下記の記事での出来事で
すったもんだの神学論争の末 収集がつかなくなったことから 
富士宮ボーイ管理者の独断に任せる結果になってしまったわけです。
http://plaza.rakuten.co.jp/namassaddharma/diary/201401310000/

従って実質2人の動議で成立しちゃった形だったわけで
そのことも踏まえた上で 今の現状を見ていくと
その動議を出されて eco69を富士宮ボーイから追い出した二人が 
その一年後 教学リポートの一件で揉め

(この件で 二人が揉めるのも おかしな話なんだけれど
 それはここでは置いておきます 不毛になるから 詳しくは宿坊板で)

そして 今回、その阿部日のブログによって被害を受けた方から出されている 
富士宮ボーイにおける 阿部日氏のアク禁動議に 河内平野氏までもが賛成しているのは  
いやはや皮肉な話で ここまで来ると 
多数決よりも ほとんど つるの一声にも等しいんじゃないでしょうか?

そのことも考えれば こちらとしては 富士宮への復権は求めないけれど
ここまで分裂するだけ分裂している以上
今回、家に対する 富士宮ボーイへの出入り禁止は 完全に無効な状態で 
しかも 大河さん あべひ氏も含めた 富士宮ボーイの存在価値というのは
あなたが その前の記事でも書いた 
 『バイパスに岡○商店が立ったお陰で客の流れが変わり
  中心部が寂れたシャッター通り』 ・・と 同じ状態に陥っており
従って 今後の富士宮ボーイの活性化を考えれば
そろそろ あべひ氏も 小野不一さんと同様 卒業させてあげてもいいんじゃないでしょうか?

3月だし・・・


また 今回の騒動について あえて見解を求めるのなら ecoを追い出した張本人まで 
あべひ氏のアク禁に賛同しちゃったら あべひ氏にとっては身も蓋もない話で 
従って あべひ氏の富士宮での振る舞いは 一種の 承認要求の顕れにしかすぎず 
単なる 鎮魂歌にしか過ぎません。


※冒頭のイラストはhttp://sozai-good.com/archives/5808のフリーソフトを使用



―追記
その後、富士宮ボーイの管理者(今、気づいたけれど 二人いたんだな)サイドから
掲示板内での 会員同士のトラブルが絶えないこと、本来の目的から逸脱してしまっていること
このことで訴訟沙汰にまで発展する可能性が高く 
そのことで日蓮正宗や他宗などからの攻撃材料になることなどから
2015年3月16日の深夜で 15年間の幕を閉じる旨が発表されています。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






Last updated  2015年05月31日 23時32分31秒
このブログでよく読まれている記事

全800件 (800件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 80 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.