364873 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

 eco eco五座三座

PR

Calendar

Free Space

eco_eco☆五座三座のHPへ

楽天が運営するポータルサイト【インフォシーク】Infoseek

Wiki Leaks
CNN
AFN

PVアクセスランキング にほんブログ村

Headline News

Recent Posts

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

全5件 (5件中 1-5件目)

1

ぷれいばっく

2009年03月07日
XML
カテゴリ:ぷれいばっく
さて、売春組織についてですが、ドイツは大統領が女性になった瞬間
何故か売春が合法にもなっていた事実がありました。
(但し、その矛盾点が指摘され 改正して禁止になった ・・・と言う話もある)

アメリカにも「合法売春宿」と言うのが存在しており
アメリカでは、自分を値に吊上げて
自ら売春をしてしまうニュースも報じられましたよね~

フィリピンに至っては更に酷く
「女性のアロヨ政権」になってから臓器売買を合法にしたんですよ

また日本でもいまや水商売が女性の憧れの職業にもなり
花形ランキングになる始末

しかもコギャルなどは自ら身体を売っていましたよね~ 
しかも「売春の何が悪い」・・・と開き直っていました90年代の話です
(その後“男性に脅迫された”などと言って責任逃れ)

そんな事を考えると本当に苦しんでいるんですか?


ただ単にアタシの値段が安いから「正義」と「同情」を利用して
巧みなマインドコントロールで
「あなたの生き血を絞るまで、金クダサイ」
・・・と「おねだり」しているだけじゃないの

要は、大麻と同じような商売方法と同じで
労働改善の要求と
自分の値に対する値の吊上げを要求しているだけなんですよ
だから規制が良い餌なわけ


ところで、コレを取材していたのは男性でしたね~
一橋文哉も男性です。

貴女はその男性が取材したニュースを額面どおり信じているんですか? 
何回も書きますが、随分都合の良い思考回路ですよね~

こうやって女性の言い分には
以前、言っていたことと今やっている事の自語相違の矛盾を
延々繰り返し布教させ「修行するぞ」の如く条件反射を与えて
飼育しようと考えるわけMind controleの手法と一緒です

もっとも不軽菩薩品には「その心理手法」が見事な位、説かれておりますが
単語を間違えるととんでもない事になるわけ

さて・・・、その売春ですが、お金の流れなどを逆算して考えれば
結局、これで美味しい想いをしているのは
表面化していませんが、皮肉にも女性だったりもするんですよ
そういえばかつて80年代に“ゆうぐれ族”と言う愛人バンクの売春があり
その首領は女性でしたね~

これをきっかけに「表に立つのは危険」だというのを悟ったのでしょう
テロリストと同じ犯罪心理で陰湿です。

結局、男性=陰湿と言うのは
女性達が勝手に決め付けた妄想にしか過ぎないわけ
はっきし言えば 女性の方がかなり陰湿ですよ


そういえば市川房江女史は山口組と繋がりがあったのをご存知ですか?
結託をして敵対する赤線を国法の権威で狩っていたんですよ
その事を考えれば、売春防止法と言うのは
結局、利権の為の(付加価値を高める)為の運動で、それに見事、嵌められたわけ

第一、売春の歴史は 雄鶏が先か雌鳥が先の世界に等しく
判別が出来ませんが、しかし、人類の祖先が女性である以上
全ての悪因はやっぱり女性に帰着してしまうんですよ 
これは遺伝子の経緯で説明が出来ますよね

しかも釈尊やキリストなどが出て来る前は
男性に対し今よりも、もっと、ひどい事をしている話もありますし
この事は創価大学の岩本祐氏などが、よく研究をしていますよ 

・・・で、それらの反省は棚上げでしょうか??

しかも、その罪は男性よりも歴史が長く
ソレゆえに仏法の眼でみれば
ただ単にそれ等の罰が顕れているだけの話しなんじゃない? 
罪業を考えたら男性よりも女性の方が罪の時間は長いし重い筈ですよ

それ等を考えると、イスラムで顔が焼かれる女性や
黒服でまとって顔を隠す事、男尊女卑の経緯なども含め
“女性差別”とは結局、男性達に彼是、要求した末
自ら引き起こした自業自得の結果ではないでしょうか?


ところが都合が悪くなると 
先に示した部分を端折って悪い一面だけ(但し経緯を端折る)をあげ
印象操作をしたり、観点のすり替えなどして男性に丸投げして逃げ始める
その癖、男性が築いたものは嫉妬心が強く横取りしようとする
あくまでも“自分は良い子”なんですよね~


なんだか女性の要求などを聞くと
「人間の存在そのものを否定しているんじゃないか?」
・・・と思う時がありますよ 地獄を造りたいだけなんですよ


ところで、私はアレを見てふと思いましたが
見方を変えれば彼女等が「不軽菩薩」かもしれませんよね~
彼女等は成仏の約束が果たされるかも知れませんよ
過去の業を今、償っている訳ですから 

更に角度を変えれば
「罪業を積んだ法華誹謗者の成れの果てかも知れませんよ」
佐渡御書や顕謗法抄にも書かれているでしょ?
その結果だと思えば楽しいじゃないですか?


そんな意味なども考えると宿業論と言うのは
これから先を考えても大事なことなんですけれど、誰も真剣に考えない祈らない
あなた自身の過去世を考えた事は無いですか?
自分は来世何になるのか?考えた事はないのですか?


何せ“地獄へ堕ちようが成仏しようが
貴女も私も“自我は永遠”で「滅する事」がないわけですから・・・・・





カンカンカン☆\(・∀・) 
南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経

ブログランキング・にほんブログ村へ






Last updated  2012年10月08日 09時17分26秒
2009年03月06日
カテゴリ:ぷれいばっく
再び、中国の売春組織臓器売買の仲立て人の話しに戻しますが
これを行っているのは、池田先生逆らわず敬え!!と主張している
中華人民共和国での出来事です

因みにTibetの人達あの映像のように
人畜の対象にされて、かなり殺されています。

ところが、貴殿は創価学会の会員でもあり
池田先生信棒者なのにも関わらず逆らっている訳ですが
貴殿は、その矛盾を どのように筋道をたてて訴えますか?

あなたが、これ等の問題に対して、真剣に思っているのなら
貴殿は組織や幹部に対し何にも言わないのでしょうか?
Tibet問題に対して何も言わないのでしょうか?

沈黙はムカッ!! じゃなかったっけ??


私は、組織内部にも この事を既にお話もしています。
婦人部の幹部にも話しております 
・・・が!誰もとりあってはくれませんでした

そこで本部まで言って陳情を訴えました。「おかしい」・・・と
お陰でブラックリストです。

他にも別経由で中央の人達にも訴えております。
しかし、この人達は真摯に受け止めてくれました ・・・が!
彼等では横の情報がないため
悲しい事に力がないし難しい状態なんですよ
ここで限界を感じてしまう訳です。

そんな状況の中、聖教は聖教で その一件を端折り、首謀者を宣揚する始末

それどころか、聖教新聞では公式に出なかったものの
その後、創価内部や、組織内では、その中国の情報に踊らされ
Bstan-'dzin Rgya-mtsho Dalai Lama氏悪人扱いした噂など
平然と流していましたよね~

上矢印因みにこの一件はnet上の書き込みでも、何度か見かけていますよ 
但し、その書き込みに対しては反論されましたし
こちらも反論もしましたが・・・

ところで、貴殿も含めて、何時も不思議に思うのですが
先に貴殿が示した、「ブローカーの存在」を認めてBlog等で訴えているのにも関わらず
その悪人どもの言い分を鵜呑みにして
単純に「Bstan-'dzin Rgya-mtsho Dalai Lama氏が嘘つきだ
・・・と信じている、その思考回路が理解できませんね
随分と都合のいい赤ハート脳の処理をしているような気がしています

式の値を何処かで端折るか違う値を記入して
都合の良い答えを作って、摩り替えているようにしか思えません 

つまり、この場合は答えが一つだけとは限らないわけです。

・・・にも関わらず
貴殿自身が、物事を「一つの答え」として無理矢理当て嵌め
自己正当化
をして訴えよう ・・・としているから性質が悪いんですよ

これは司法とて同じ事が言えます。

だから司法で「勝った」だの「負けた」だの騒いでいる輩たちは
物事の見方に対して 非常に浅く感じる時がある

これは司法に携わっている人なら解る事なんですよ
だから、それで限界を感じて議員になった人が多いわけでしょうよ


更に、今の創価学会の問題は池田大作氏、個人一人の話しばかりじゃない
創価学会は弟子の振舞価値観などにも問題があったりするわけ
しかも、政権与党ですからね~ 権力にいる立場でもあるわけ

ただ、今は権力が分散され、分散しているが故に
新たな問題が発生している訳なのですが
ソレに対し・・・
創価学会も貴殿も何も対応対処が出来ず、放置している状態なのが現状でしょ?

結局、頚がすげ変わっただけの話しだけで
「権力の構図」は、昔と何ら変わらないし、支配と奴隷は、延々、続いている
そこに問題がある事を、全然、自覚していない

今の批判等を閲覧してみると
博士の独り言きっこのブログ等もふくめ
まさに、この比率の方が非常に大きいわけ

・・・にも関わらず、世間知らずなのか如何なのか存知しませんが
彼等の主張を真摯に受け止める事が出来ず、理解もせず
相変らず恩着せがましい上目線の傲慢な態度で接するが多いし
池田氏を盾に出して自己正当化している人達が圧倒的に多いから
焼け石に火と水を差して自ら頚を絞めているから痛々しい


結局、創価学会の人達の感覚は「Noah's Ark」と同じ感覚なんだよな
時代遅れも甚だしいし、創価自身正宗と同様小乗にも陥っているんじゃないですか?




カンカンカン☆\(・∀・) 
南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログ ランキング






Last updated  2012年10月08日 09時16分59秒
カテゴリ:ぷれいばっく
ところで、池田氏も提唱していたSGI提言の内容ですが
抽象化の罠を指摘しておきながら 
自ら抽象化の罠に嵌った指導が多く
結局、「自語相違」で矛盾が発生しているのが現状です。

指導を聞いてても、「あ!コレは抽象化の温床になるな・・・」とか解りますよ

もっとも単語それ自体抽象化へと変化していく事に気付いていない
従って、貴殿のblogも私のblogも「抽象化の対象」だし
なんか典型的で、抽象化の罠に嵌り易い要素などが沢山ある

イスラムや儒教、それにキリスト教なども含む、宗教や学説、教育などなど・・・
数え上げたらキリがないのですが
実は皮肉にも創価の教義とて同じ事が当て嵌まってしまう
「抽象化の対象」が池田先生の指導だったり御書だったりもするわけ
また条件反射の実験などを考えたら
池田氏の下にいる人間、御書の下にいる人間にもなってしまう・・・・・

つまり「抽象化の罠」の存在と言うのは
「ソレが原因でいけないことだ」・・・と表面上では否定が出来ても
害毒なのか条件反射の蓄積かそれは解りませんが
実際は否定が出来ない状態になっていて
修正が全く効かないのが現実なんですよ

事実、あの提言内容でもやっぱりそれになるな・・・と言うのが解る
それについては、チラッと、自分の掲示板下矢印にて、それらしき内容を示しましたが・・・・
http://yy48.60.kg/test/read.cgi/yukanseikyo/1221648495/96-99
http://yy48.60.kg/test/read.cgi/yukanseikyo/1221648495/102-107


その上で、敢えて書きますが
「ブログ村」の宗教欄に示されている
創価系のblog等を閲覧すると 一括りには できないけれど
「にっしー君」と負けず劣らずの香ばしい輩のがゴロゴロいるよね~

読んでも、やっぱり、ワイドショーCommentatorと大して変わらん
聖教も含む読売から公明までの受け売りばかりを選んだ
「右向け右」の記事の陳腐な内容ばかり

意外ですが柳原氏も含めて見事な位、抽象化の罠に嵌って
しっかり固定しているんだよなぁ・・・

こんな事を思うのは私だけなのでしょうか?ねぇ・・・ 


公明や聖教しか見ない人は気付いていないかもしれませんが
最近は少しづつ変化しているものの (それでも元に戻ったからCamouflageか??)
公明の論調が意外ですが読売の論調と良く似ているんですよ
福知山線の事故の時に それに気付いた。

それで、ふと90年代後半に
秋谷氏読売渡辺氏“何処かの料亭”で 会談していた写真」
「Flyday」Scoopされていた事を思い出したんですよ

同時に、読売新聞文芸春秋の株を買ったnewsも伺っているし 
その頃から呪いの題目帳から「文春」の文字が消えた気がした。

(そういえば、文春と読売は揉めていたんだなぁ・・・
 一場の事件といい、やたら「Carry out a coup」が多すぎるのも気になるのですが
 結局は上が株を買い占めても下はいう事が効かない ・・・と言う証明なんだよね)


そうなってくると面白い事に
読売などが創価の教主にもなってしまい 会員を振回すことにもなるわけ
要は御本尊大聖人ではなく、読売新聞御本尊になってしまっているわけ。
(もっとも読売じゃない要素もあるのですが、今の時点では大聖人よりも読売の比率が高い)

だから、信じているものの中には、結構・・・
読売から教育された商品もあるんじゃないですか?
かつての小沢一郎氏を信棒していたように・・・・・
(もっとも、コノ場合、使い捨てにするような非道な真似をしているのも創価なので、お互い様なのですが・・・)


結局、奴等の批判や提言と言うのは
「創価工場で大量に製造したお酒か?」
「それ以外の場所で大量に作ったお酒か?」

・・・のBrand goodsの違いだけであって
中身の成分は何も変わらないわけですよ。

それでいて、「まともな反論が返って来ない アンチのバカども!!なぁ~んて
「天界の命まるだし」で書いてくる輩が 結構いるけれど

そんなのは、結局、創価の物差しから見た主観だけれど 
創価工場のお酒の味しかしらない輩が(もっとも読売委託かもしれませんが)
自分達がそのお酒に酔いしれて、天界に陥り
その毒の危険性にも気付かないから、結局、答え切れないし、素晴らしさも語れず
そういう抽象的なkey-word」で御茶を濁す訳なんだよなぁ~


要はあいつ等の批判は
「ナンミョー」「ナンマイダ」と一緒の呪文Labelでしか語っていなく
具体的な反証に欠けているから
何時まで経っても環状線で、相手にあなたの気持も伝わらないわけ

(もっとも呪文自体は、唯物論的な見方をすれば
 にもなりますが凶器にも変化するわけなんだけれど・・・)

・・・で、コチラが、そんな事を指摘すると
どういう訳か都合の悪いComment fieldだけが削除され
泥棒獲りにも等しい反復の印象操作ばかりに終始して
コチラが悪人にされ、先方が善人にされて自己正当化されていくわけ

そして、こんな矛盾した振舞い一つ一つの蓄積が
結局は法を汚す、或いは地獄の環境作りの要因にも成ってしまう訳


そういった意味では 生命の尊厳だの人間の連帯だの ・・・と、
こいつ等は、上辺ばかりの中身が供わないSloganばかり推しつけて
勝手に広めておりますが
結局、上辺だけなので中身が伴っておらず、一部を除けば
700年以上、延々と、からまん●ーなんですよ

本当、今まで 一体、何を教わってきたのでしょうか?
私だって私だって 疲れるわ




カンカンカン☆\(・∀・) 
南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログ ランキング


―追記ー

そういえば、その詩が流行ったのは、皮肉にも第一次宗門問題があった頃で
そんな事も考えると「Play Back PartII」
まるで戸田先生池田先生も含めて
弟子達全員獅子躯したような詩
にも聞こえるから面白い







Last updated  2012年10月08日 09時16分04秒
2009年03月05日
カテゴリ:ぷれいばっく
。。。(ーoー) まず・・・・・
くどいようで申し訳なく思っておりますが
下矢印下記に示されまし情報操作の手法を、読んでいただけないでしょうか?


1:情報操作

ブーメラン効果
国家権力により弾圧・迫害されることで
「自由の闘士」というイメージを作り出し、官営マスコミの報道を逆用する。
           下矢印
センセーショナリズム
又は緊急性 緊急性を有する事件・事故の報道において、報道を一方的に飲み込ませる。
上矢印注意!
先方の示すblogは、この手法を使っている
           下矢印
虚偽類似
世論操作に都合の良い「原因-結果」の因果関係を作り出す
           下矢印
観点の偏り
紛争の報道において、どちらか一方の主張のみを取り上げ
他者の立場を無視する。いわゆるスピン。
           下矢印
社会的同意
社会全体が報道の中の意見に同意しているような印象を与える。
           下矢印
一次効果
「最初に発信された情報」は「後発の情報」よりも優先され
信用されやすいという原理に基づく。
上矢印注意!
この場合は「先方のblog」が先発「当方のblog」後発
           下矢印
すり替え
否定的な意味を有する言葉を受け入れ易い言葉に置き換える婉曲的手法。
たとえば、テロリストはレジスタンスとなり、略奪行為は抗議デモと報道される
(但し観点の偏りを考えれば「観点のすり替え」所謂、論点暈しもある。)
           下矢印
連想の創出
隠喩、比喩を駆使して、敵対者に否定的な印象を与える。
           下矢印
癒着提案
互いに無関係情報から一定の意味のある文章を作り上げる。
これらの情報個別的には事実であるが、組み合わせの結果
読者に誤った印象を与える。
上矢印注意!
今回の記事上矢印コレ狙っていた!!のかもね、何せ文章が無いのですから・・・
そして再び下矢印へ・・・と続き、以後、環状線
           下矢印
センセーショナリズム
又は緊急性 緊急性を有する事件・事故の報道において、報道を一方的に飲み込ませる。
上矢印注意!
先方の示すblogは、この手法を使っている


2:次に上矢印上に示した項目を参考にしながら
下記のblog下矢印を閲覧してください。
http://d.hatena.ne.jp/sokanet/20090303/p1


・・・で、結局、何が言いたかったのでしょうか?
ただの貴女の主観による「癒着提案」を羅列して
自己正当化しようとしただけじゃないでしょうか?
苦しんでいるのは貴女だけじゃないんですよ

だから消したか如何かは存知しませんが
先方のblogに「だから、何?」Comment fideを書いた訳です。
今度はしっかり残していたりしてなw


日本茶まぁ・・・ それでも「捨てる神あれば拾う神あり」
このお陰で、間抜けにも“あなたのblogの記事”
こちらとしては都合の良い餌を・・と導いてくれました♪

本当は今回の記事は、先の記事でも予告した
Comment field を消されたソレ「焼き写し第一弾!を書こうとしたのですが
何せ、logを残していなかった為
一からやり直しの上、もう少し詳しく書こうかと思い
色々、調べなくてはいけなかったので面倒だったのですが
この一発作業軽減しました
毒鼓の縁で本当に感謝しております。

http://d.hatena.ne.jp/sokanet/20090303/p1
そうなんです。現実には先のコレ上矢印に示された組織が存在するわけですから
こういう仲立人が、中華人民共和国内で仕事が出来なくなれば
当然、仕事のしやすい赤ハート合法的な国へと逃亡しますよね~

そうなってくると・・・・・
先方が主張していたムカッコレ右矢印http://d.hatena.ne.jp/sokanet/20090227/p1!
もし日本国で成立してしまえば改正した国籍法セットで組めるため
当然、奴等の商売が赤ハートやり易くなって
組織の分子や因子などが大量に来日してくるわけ

しかも、これからは、外国人を受け入れやすい環境にもなりますからね~
既に中国人が 90年代から大量に旗日本へと来日したため
尚更 最悪の状態になるわけです

要は中国での悲惨な状況日本に移るだけの話しなんですけれどね~

気付きませんでしたか?


話を臓器移植法案改正の話しに戻しますが
一橋文哉「ドナービジネス」・・・と言う本によれば
あいつ等のやり口は巧妙で 
まず、その前提として、Targetに近づいて赤ハート美味しい餌を、ばら撒き
赤ハート誑かすだけ誑かして、借金を作らせるような環境へと
誘導させたり、追い込ませたりするわけ

だから手始めに、その環境つくりの一環として、国籍法の改正があったわけです。
国籍法の改正によって、見事に美味しい環境が整ってしまいましたからね~

所詮、凡夫ですから、仲立て人の分子裁判官陪臣員
巧みにじやうMind controlで、その気にさせ、真実が麻痺していくわけですから
余程の仏眼を開かない限り、嘘が見抜けないわけです 
仮に一人が開いたとしても、廻りが開いていないから
罰則も効かず役に立たないわけ

そんな状況になれば「しめた!」ものです。現金なものです。

その後、奴等はTargetになった彼等の資産吸い付くだけ吸い尽くし
最後、茹でられた蛙屠殺される豚や牛のように
簡単に闇金などに手を染めさせ、破綻させるような状況にまで追い詰め
相手を“オ・ト・ス”わけ

つまり臓器お金物々交換をするわけです。


更に、一橋文哉氏の本によれば
先に紹介された組織も実は臓器ブローカーの一味だったりもする

つまり証文を盾に家族を破壊させ 女性は外国へ売り飛ばし(但し 美形の人だけ)
男性は臓器バイバイ用家畜として売り飛ばす訳です。

また、そのために子供は畜産物製造用の雌その種付け用の雄に分かれて飼育
振り込め詐欺の手法を考えれば“認知用の子供”も飼育するでしょうね~)
終ったらバイバイハイソレまでよ♪屠殺されていくわけです。

そういったSystemなどが外国ではしっかり出来ている現状なのですが
そんな事を知っておきながら
あなたはソレに加担しているわけですよね

「こういう組織の活動は許せない」と無言で主張しておきながら
この記事によって例の組織の活動容認しまう矛盾した貴女がいるわけ
あなた自身が種を振りまいて、奴等のPropagandaに加担している“あなた”がいるわけ

それが、あなたの視点では、ただのClaimと断定したわけですか・・・ へぇ~


※今回は10000byteを越しそうなので下矢印下の記事へとつづきます
にほんブログ村






Last updated  2012年10月08日 09時14分40秒
カテゴリ:ぷれいばっく
「Title」を変えましたが上矢印からのつづきです。


話を戻します。

更に、もっと怖いのは「生殖ビジネス」などが横行しているため
このまま、ほっておけば精子を出した後屠殺
無駄なく臓器を分けてしまうSystemがしっかり構築されてしまう事に
まったく気付かないのです
人間畜産牧場現実が まったく実感できていないのです。

なるほど(・∀・)イイ!!
仏法には無駄が無いわけやね~

もっとも、あなたの感覚では他人事で、まったく関係のない事なので
その絵などが 描けなかったり 解けないんだよね~
あなた自身が来世McdonaldsHamburgerにでも生まれ変われば
本当の痛みが解るんじゃない?

あなた自身下矢印コレになる姿は想像できないでしょうね~
http://www.mcdonalds.co.jp/menu/products/shared/graphic/heading_hb05_01.gif

いくらナンミョーを唱えている、創価に入っている
池田先生に迎合をして迎合しない人達を攻撃していた人達でも
現実には下矢印コレになった・・と思われる人がいるわけでしょ?
http://www.mcdonalds.co.jp/menu/products/shared/graphic/heading_hb05_01.gif

そう考えると、なるほど・・・
マックで食べているHamburger
法華経の行者に対して誹謗した輩たちのムカッ報い!!・・・と思って食べると
案外、美味しい赤ハートかも知れないね~ ぱらっぱっぱぱぁ~(笑)


ま・・・そんな脱線話の事も含めて彼是考えていくと 
Brokerの視点に合わせてみれば
やっぱり今回行った国籍法の改正は、金を絞るのには、都合の良い餌赤ハートでもあり
鴨がネギしょって、やって来る!! ・・・のと同じなんですよ  

しかも、あの稼業だって
背後には法律家がいっぱい居ますからね~
国会議員赤ハート結託すれば、鬼に金棒!!でしょ?

もしかしたら公明党が誇張までして宣伝した
「定額給付金」

実は国籍法改正から目をそらすために行ったCamouflageかもしれませんね~


ところで国籍法改正については にっしー君などが
「罰則強化をすれば安心」などと申し上げていたのですが
三類の強敵の存在を忘れて 罰則強化ばかりに縋りつくあまり
現状や全体が把握しきれていなかったわけ

当に魔は天界に住む ・・の世界ですね(・∀・)!!

過去のことばかりに捉われて
これから先のSimulateが、まったく出来ていなかったわけ
更に餌にばかされ釣られた魚にも なっていたわけ

まぁ・・・
相手側にしてみれば活きのいい餌なんだけれど活きのいい餌
活きたまま自分が大きい魚に食われてしまう事に まったく気付かない


そんな訳で、今回、この法案に反対していた人達は
来世も成仏して人間に生まれ変わって欲しいですね~

反対に賛成した輩、特に促進した人達こそ
畜産物にでも生まれ変わってしまえ!!
・・・と願いたくもなりますよ 
「後になって騙された」じゃ済まされないんです。


だから、先方のcomment fildeでは
先に話した部分を端折り検証もせず 改正賛成ありきの論調で誘導していたので
ソレを指摘しただけなのですが
残念ながらそれが消されてしまったのです。

確か、消されたComment fieldには

「もし、あなたが臓器の売買の対象・・・と言う宿業にぶつかり
 そこまで追い込まれた場合・・・

 (先方の場合、売春と言う逃げ道があるので、他人事の視点なんでしょうけれど) 
 あなたは喜んで臓器を提供し死ねますか? 

・・・と書いたのを記憶しております。

また、生体移植の実例があるため
上矢印こちらの方向へ発展させる
 或いは移植を必要としない方法を見つけるなど・・・
 そちらのほうに目を向けたほうが余程、慈悲の行為ではないのか?

・・・とも書いたのを記憶しています。

更に三世の生命論のことも鑑み
「来世その“当たりくじ”を 引ける自信!がありますか?」・・・とも問いかけた筈です。

「生殖ビジネス」が横行している昨今・・・ このまま行けば
来世は同じ人間に生まれても、生まれた時点自動的
人間組みぶた家畜組み振り分けられてしまうのがムカッヲチなんです

何故なら 学者の権威によって抽象化されていて
更にあなた自身もその情報に踊らされている為
その事によってある程度の予測が出来てしまうから なんです。

この話は養老猛先生「バカの壁」を読んだ人なら
「なるほど」・・・と解る事なのですが、読んでいない人は解らないし
私の言いたい事も通じないでしょうね~

面白い事に 彼の著書は「抽象化していない内容」でもあり
如来寿量品と同じ臭いがするんですよ。

まぁ・・・そういった事も含めて
本当は、コレ等の事を食い止めていかなければいけないのですが
誰も止めないし、止める方法が見つかっていない上、原因も解らない
また、皮肉にも学会それを加速させていたり
火に油を注いでいるしね~

ところでこの原理については「人間革命」でも「新人間革命」でも
一例をあげて書かれていますが気付きましたか?

その事も含めて先方のblogには書いたのですが
創価脳のあの方(創価学会には失礼な言葉なので 厳密にはcult
「修羅界の戯言」などと揶揄して「抽象化」したうえ言い訳をして開き直っただけ

本当、疲れる人




カンカンカン☆\(・∀・) 
南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 人気ブログ ランキング








Last updated  2012年10月08日 09時15分30秒

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.