000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

 eco eco五座三座

PR

Calendar

Free Space

eco_eco☆五座三座のHPへ

楽天が運営するポータルサイト【インフォシーク】Infoseek

Wiki Leaks
CNN
AFN

PVアクセスランキング にほんブログ村

Headline News

Recent Posts

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

全5件 (5件中 1-5件目)

1

子宮頸がんワクチン

2010年09月10日
XML
この写真を見てください。

natalie_morton_3.jpg

この娘が、Junk氏のブログにも書かれていた
2009年に英国で、ワクチン接種一週間後に亡くなった女性なのですが
このサイトでも指摘されているように
この娘が「重大な基礎疾患」で亡くなった・・・と思えますか?

私は、とても思えませんが、皆様は如何でしょうか?
尚、彼女は亡くなる直前まで元気に学校に通っていたそうです。



・・・・で、Junk氏が指摘した
そのFDA発表によるAFPの記事
を、改めて読み返してみました・・が!
よぉ~~く読むと、その否定記事
推測の範囲でしか物事を述べていない文章・・・だった事に
    “ 気 付 き ま せ ん で し た か ? ”

国語に煩い筈のJunkさんなのに
その点には何の疑問も抱かず記事を読み
それだけで「嘘を見抜いた」などと酔い知れて判断したのでしょうか?

また、「重大な基礎疾患」を引き起こし死亡した・・・とされる少女
「詳しい症状」については、あまり語られていませんでしたよね~
そして「関係ない!」の一点張りだけで、物事を片付けようとしフシがありましたが
それだけを鵜呑みにして、スルーなのかな?

更に、如何いう訳か・・・・・
英国では、その死亡した女性の抗体保存しており
何の為に保存しているのか?説明が施されて居なかった。

それを考えると
余りにも、不自然すぎませんか?

それを踏まえて、賛成派のみなさんに伺いますが
事細かい事を発表せず「関係ない」の一点張りだけで
強引に安全性を強調していたのは、「どちらだった」のでしょうか



しかも、発表したのは「HPVと子宮頸がんの因果関係は無い」・・・と
2003年(平成15年)に発表しておきながら
その後、子宮頸がんワクチン用にHVP-16とHVP-18を承認した
支離滅裂な、アメリカのFDA
ですよね 

これはJunk氏のブログでも書いて認めていた事じゃないか!!

http://www.naturalnews.com/downloads/FDA-HPV.pdf(PDF形式)

しかしwikiで「子宮頸がん」の項目を開くと
「原因がHVPに起因する」と言いきっていますよ?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%90%E5%AE%AE%E9%A0%B8%E7%99%8C

あれ?一体、どちらの説が、本当なのでしょうか?

しかもHVPの抗体と言うのは「人間誰しも持っている抗体」で
果たして、それが、どの程度まで子宮癌と結びつくのか?
懐疑的だと指摘している人もいますし
事実、FDAはそれを認めて、後に否定しているわけです。

つまり、FDAでも「意見が二つに分かれている」・・・と言う事でしょ?

また、HVPが「子宮頸がんの原因」だったとしても
このサイトによれば、子宮頸がんの原因がHVP-52や53だと主張しており
今回、承認されようとしている薬はHVP-16とHVP-18に効く薬で効果がなく
また、ココでも無駄税金を使っている事にもなりますよね~

否、合法的なアカデミックハラスメントにも等しい予防接種
安い値段もしくはタダ同然で打たせて餌を撒き
「女性達を実験台」にしようとしている可能性だって否めない。

http://www.thinker-japan.com/hpv_vaccine.html

しかもFDAがHVP-16とHVP-18を承認した背景には
2003年の文章が遠因なのか、存じませんが
その業者から告訴されていた事実があったりしたのですが
そのような「カラクリ」もJunkさんの記事ではスルーでしたよね~

http://tamekiyo.com/documents/healthranger/hpv.html

つまり、先進国でもこのクスリに関しては裏が潜んでおり懐疑的で
その背景には名誉の出来レースに、科学や医学が巻き込まれている状態
・・・・にも関わらず「世界の潮流」だって??

本当に笑わせるなよ

その先進国が、このクスリに疑問を抱いて中止したい旨があるのに
何故、先進国のまねをしなければいけないのでしょうか?
どうして、その事は隠したがるのでしょうか?

まったく推奨派の宣伝は「ペストX」や
「飲むヒルアロン酸」のCMばかりしか学んでいないのが推進派


その事も踏まえて、まだ推奨するつもりなのでしょうか?


ブログランキング・にほんブログ村へ






Last updated  2010年09月16日 01時52分50秒
2010年09月05日
では「子宮頸がんワクチン」について
8月に行われた彼女の質疑のやりとりを、改めて、振り返って検証してみましょう

その前に、彼女の前に質疑した
自民党の西田昌司議員との質疑のやり取りを御覧ください

西田昌司【にしだ しょうじ】議員の質疑
(1)http://www.youtube.com/watch?v=WnQ2g1AozHk&feature=related
(2)http://www.youtube.com/watch?v=McdhKyM320E&feature=related
(3)http://www.youtube.com/watch?v=1Pje2oRr2RI&feature=related

次に彼女の質疑を御覧ください。

松あきら議員の質疑
http://www.youtube.com/watch?v=hr5CcVA37lo&feature=player_embedded

“彼女の質疑”と“自民党の西田昌司議員”との質疑を比べ
質疑の質に対する差に気付きましたか?
果たして、どちらの議員が「説得力」を持っていたのでしょうか?

まず、西田議員の場合、「役人の事務的な答弁」に対し、事、細かく追求していたのに
彼女の場合、役人の「事務的な答弁」は細かく追求もせず
物事を全部「役人の答弁」だけで、片付けようしていたわけ

更に西田議員場合、民主党の「鳩山議員の脱税問題」に於いて
国家公安のトップを呼び出し「事例を含めた質疑を行ったのに対し
「役人」が「御茶を濁しかねない事務的な答弁」に終始したため
「それでは回答にならない!!」
・・・と、議事を止めてまで
追求をしていましたよね~

ところが!彼女の場合は、ソレを怠り、
“役人の事務的な答弁”だけで“事実”に持っていこう・・・と誘導をしていた!!


もう一度、「子宮頸がんワクチンの副作用」についての質疑の部分を見てみましょう

彼女は「不妊なると言うデマが流れている」
・・・と言う質疑を最初に行いました。その際、長妻厚生大臣が
「副作用のリスクもあるから、其処をキチンと説明しないと国民は誤解を受ける」
・・・と「明快な回答」をしていたのにも関わらず
その回答を反故にして、強引に厚生労働省の役人を呼び出し
何の動物を使って実験をしたのか?
 明確に示されていない、非常に曖昧なデータ
」を晒して
西田議員の時と同様、得意の事務的な答弁に終始していたのにも関わらず
彼女は、細かい追求もせず、ヒステリックにもなって
「ほら!御覧なさい そんな根拠などない!」・・・などと大声を張り出し
「安全性ありき」で駒を強引に進め、そして、彼女も、御茶を濁して逃げたわけです

しかも、実は、「流産の症例がある事」を「推進派」も認めていることなのに
その「事例」に対しての質疑は行いませんでしたよね~

因みに長妻厚生労働大臣は、答弁において
「その事」もキチンと説明していたのですが、それを無視したのは彼女ですよ。

http://www.thinker-japan.com/PDF/hpv_vaccine.pdf(PDF形式)
http://medg.jp/mt/2010/08/vol-260.html

つまり、反対派は「流産の恐れがある」ことも指摘していたのに
それを何時の間にか推進派の連中が「不妊になると言うデマが流れている」
・・・と一つの噂を粗探しのように取り上げて国会で質疑をおこない
「危険性のすり替え」を、平然と行なっていたわけです。

その誘導では、「飲むヒアルロン酸」のアレ・・・と大して変わらない
また「水伝」の時と同じ論法で、物事を片付けようとしているじゃないですか!!
これじゃぁ~ 朝鮮人お得意の「声闘」でしょうよ

こんな処でも、前出の西田昌司議員とは、余りにも突っ込み方に雲泥の差があって
松あきら議員の質疑は、余りにもお粗末です。

それでも、Junk darkさんは
その怪しい「水からの伝言」を推薦した議員の言う事が信じられる
・・・と

上矢印こんな矛盾した事を平然と言える」ような創価の香具師
いくら「子宮頸がんワクチンの安全性」を強調しても
焼け石に水を挿しているだけで、「胡散臭さ」が滲み出るばかり・・・・


しかもJunk氏のブログを見てもお判りのように
原料のアジュバンド(免疫増強剤)」の副作用については
不妊ばかり取り上げて安全性を強調しておりましたが
「脳の破壊」や「その他の問題」はスルーなのかな?

下記のサイトによると、1991年の湾岸戦争の際
アジュバンドが接種されたようですが、その副作用で精神障害を起こす人が多いとか・・・

http://blog.goo.ne.jp/hatatomoko1966826/e/5c54f7a266da32bcc4d976ebe71844df

因みにアメリカの場合、公正と言う観点から、任意ではありますが 兵役につけます。
(本当は女性も兵役の義務を行わないと平和問題と言うのは、一向に解決しないのですが)

しかも、アジュバンド(免疫賦活剤または免疫増強剤)を添加した
各種の新型ワクチンがもたらす人体への長期的な影響については
いまだ実験段階にあることまで指摘され、はっきりしていない事はスルーでしょうか?

http://www.thinker-japan.com/hpv_vaccine.html

更に、wikiでアジュバンドの項目を読むと
アジュバンド=「花粉」や「ディーゼル排気ガス中の微粒子」と同じもので
人体の影響については疑問視している様子ですね 
しかもアジュバンドは癌に掛かった場合に追加的に使われるケースが多く
現時点では確認が出来ませんが
恐らく末期患者の場合に最終段階で投与するクスリなんじゃないでしょうか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%88

そんな「リスクを伴うクスリ」を予防に転用しようとしているわけです。

また、例の安全性を指摘している?サイトを閲覧しても
終始、流産の危険性やリスクを伴う有害事項などが、全部、確率論ばかりで片付けられ
まるで、自分には関係なく他人事のような感覚で、平然と物事を説明しており
こそこそ、アカデミックハラスメントを推奨してませんかね~

(但し、アカハラの場合、定義が曖昧な場合があり、足かせになっている部分も否めませんが
 そんな輩の意見に乗じて、ドサクサ紛れにアカハラを行なう人間が後を絶たない為
 結局、この問題が比例して解決しない。)


もし、あなたの産む子供が「子宮頸がんワクチン」が原因によって
「流産」の「当たりくじ」を引いたら如何しますか?
死亡や発狂のリスクを背負ったら如何しますか?

本当、自分が「危険性の強いワクチン」を打たない事・・・となると
他人事だと思い、他人の生命を平然と軽視が出来るんですね~

しかも、推進派の多くは福沢諭吉の「散切り頭を叩けば」と言わんばかりに
   “西洋も真似ているから”・・と
先進国の権威ばかり頼って、例のワクチンを強調する論調ばかり

ところが!実施を先行した、先進諸国でも「死亡例」が多発していて
しかも欧州でもこのワクチンに疑問を抱いて居る人が非常に多く
この件に関しては、危険性を告発している団体もあったり危険性を唱えている学者もおり
また、CNNなどでも懐疑的な報道をしていたりもしていて
その事に関してはスルーだし、充分に調査したのでしょうか? 松あきら議員殿

外国人だって人間です。
「性善」もあれば「性悪」もあり、更に日本以上に汚職もあり、悪知恵も発達しています。
その事も踏まえて信用しているのでしょうか?
権威の毒に流されている可能性だって否めませんよね。

(1)http://aus911truth.blogspot.com/2010/02/investigation-chief-swine-flu-pandemic.html
(2)http://tamekiyo.com/documents/healthranger/hpv.html
(3)http://www.cbsnews.com/stories/2009/08/19/cbsnews_investigates/main5253431.shtml

また、Junk氏のブログによれば、2009年の英国の死亡例だけを取り上げておりましたが
過去、アメリカでも20人もの死亡例が報じられています
http://www.nytimes.com/2009/08/19/health/research/19vaccine.html?_r=2

ソレばかりではなく、オーストリアやドイツでも、同じような事例が起きている。
http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/2009/oct/01/natalie-morton-cervical-cancer-jab

インドでも同じ事が起こり現在接種を中止しており
また、女性の団体からもその事でクレームが来ている事
http://www.dnaindia.com/india/report_cancer-vaccine-programme-suspended-after-4-girls-die_1368681

そして、その度に、推進派の多くは 疾患等の「具体的な症状」を明確にはせず
「薬とは関係ない」の一点張りだけ・・でしか片付けておらず
それどころか!推進派の方が人格攻撃ばかり かまして
ますますワクチンの信用性を低下させているわけです。



ブログランキング・にほんブログ村へ






Last updated  2010年09月15日 23時40分46秒
2010年08月28日
さて、8月23日付のブログでは、公明党の松あきら参議院議員が
「水伝」と同じようなやり口で「子宮頸がんワクチン」の質疑で行っている
・・・と書きましたが(厳密に言えば「水伝」と同じ感覚で「子宮頸がんワクチン」の質疑で行って話を丸めた
では、その「水伝」とは、何か?・・・と言うと
「水からの伝言」を「水伝」と略し称したもので
氷の結晶に「言葉」をかけると、「結晶の形が変わる」・・という
江本勝氏が唱えた話なのですが
ところが!「この話」・・・現在のところ、科学的に証明されていない上
結局は「Homeopathy」と「同類の類」にしか過ぎなかった。
ノート(wiki)「水からの伝言」

  • 「水からの伝言」を信じないでください

  • 専門家?いえいえ似非科学販売業者ですよ。-JunkDarkの勉強部屋


  • ・・・にも関わらず 公明党の「松あきら議員」は2001年に「参議院の文教委員会の席」で
    その似非業者の戯言「水からの伝言」を肯定的に引用して質疑を行い
    更に、教育現場でも「水から伝言」が採用しろ!…とまで言った張本人で
    結局、問題を拡大させた「とんでもない前科」(笑)の持ち主なんですよ

    ・・・という訳で、その事を踏まえ、もう一度 Junk dark氏が書いた
    「2008年(平成10年)12月29日付けのブログ」を読みかえしてみましょう。
    http://kurasi.homeftp.net/~junkdark/item/37/catid/1
    下矢印 下矢印 下矢印
    次に、「2010年(平成22年)8月6日付けのブログ」を、読みかえしてみましょう。
    http://kurasi.homeftp.net/~junkdark/item/302

    あれれれ? Junkさんは過去、「水の伝言」について
    「似非科学販売業者ですよ」・・・と断じましたよね(爆)

    ・・・にも関わらず
    その「怪しい壷」や「印鑑」を売りつけるような「販売業者」と結託?して
    国会の席で「マッチポンプ」のような質疑をした議員の話し
    また鵜呑みにして、援護しているのは誰でしょうか?(笑)

      
    しかも、その「水の伝言」だって、当初、幹部が何の疑問も抱かず信じきってしまい
    その事を、一生懸命、信者に対し「折伏の具菜」にして指導していたのは
    何処の組織でしたっけねぇ・・・ Junkさん(笑)

    「水伝の話」を鵜呑みにしてしまうような議員で「危なっかしいもの」があるのに
    あなたは「子宮頚がんワクチンは安全なんだ」…と思い込める神経・・・

    こいつはネームバリューだけで 物事の真偽を判断しているだけなのか?

    もし、2001年 当時、アンチと称する第三者が「水伝」の胡散くささに気付き
    「水からの伝言」を批判したら
    恐らく、彼は、こんな記事右矢印http://kurasi.homeftp.net/~junkdark/item/37/catid/1など書かず
    マニュアル本から引用した人格攻撃に終始して・・・
        下矢印 下矢印 下矢印

    「水からの伝言」は似非科学じゃない
    こんなものは、江〇勝に対する嫉妬だ(笑)
    第一、反対論者の本は、大田出版から出ている本が主で
    元社長の高瀬幸途は
    法政大学時代に非合法革命党派に所属して戦っていた前歴があり

    その事を考えれば、こんなものは、所詮、新左翼のプロパガンダだ(笑)

    ・・・などと必死に反論して見下していたんでしょうね~(笑)

    【参考資料】
  • キドカラー大道

  • Namブログ

  • 柄谷行人・浅田彰の犯罪

  • eco◆Smw69BiSBO の 独り言 Oo。.(ーoー) ボソッ
    なるほど、裏に、こんなカラクリがあったから
    それまで肯定的だった「水からの伝言」が急に翻って
    創価学会側でも急に批判を始めたわけか・・・・


    あなたは、過去の記事で「仏法は全て自己責任と説く、スタンスが違うのだ(笑)」などと豪語して
    「閲覧者を見下し、小バカにしていた記事」を書いたくせに
    平然と、そんな「ダブスタ全開の記事」が書けるものか?・・・と(爆)

    これだって、あくまでも、“江本さんの責任”ではなく
    何の疑問も抱かず騙されてしまった、あなた達、創価の“自己責任”でしょ?(笑)

    しかも宿業で物事を片付けるのなら
    如何あがいても、あなた達が「過去世に江木さん誑かした罪」があった訳で
    結局は、あなた達の責任じゃないですか(笑)

    宿業なんでしょ? 都合よく「宿命転換」などと詭弁を振るい
    罪を江木氏に被せて逃げないでくださいね
    また罪のポイントと見下した罪のポイントがふえますよ(笑)

    顕謗法抄曰く、幹部や学者ほど阿鼻地獄や屠殺場へ行く確率が高いとか言うからね(笑)

    ところで、如何でも良い事なのですが
    5w1hの法則で、あなたの宿業を証明していただけませんか?
    一体、過去世の宿業なんて誰が解るんでしょうか?

    結局、あなたも「悪魔の証明」しか出来ていませんよね~ 矛盾していますよ(笑)
    捉え方が違うなどと選民思想で見下した以上、完全な証明ができるんですよね~ 

    それが折伏でしょ?
    似非科学を撲滅するんでしょ? 


    ところで、貴方は、鯖板で「不安を煽る奴は金儲けが絡んでいる」
    ・・・などと根拠も示せず書いておられましたが
    寧ろ、下記に示した記事を読むと、開発者自身が「名誉」や名文名利に溺れて
    「ノーベル賞に対する汚職の疑惑」まで報じられており
    明らかに「推進派の方」が利権や名誉や名文名利など、金儲けが絡んでいますよね(笑)

    (1)ノーベル賞の詐欺が明らかに(英文)

    (2)出来レースだったノーベル賞 - 子宮頸癌ワクチンは打たないで!

    上矢印「これ等の記事」を読むと、どうやら、学説の時点から、既にデタラメだったようですね

    要するに「韓国で開発されたES細胞の時」と同様
    ノーベル賞をもらう為に唱えた、捏造の疑惑が 先進国のヨーロッパで報じられているわけです。

    また、「デンセン音頭」の記事でも書いたように
    既にインドでは、今年の(2010年)の4月の時点で
    「子宮頸がんワクチンの予防接種」が始まった途端、副作用の患者が続出した為
    予防接種の中止が決まってしまい、「女性団体から抗議が出ている現実」があり
    しかも、インドでも、例のワクチンを採用した際
    「アメリカの製薬会社」の言い分を鵜呑みにして、臨床試験を充分に行わないまま
    見切り発車をしていた杜撰な事まで発覚してしまい
    これが大問題にもなっています。


    http://www.dnaindia.com/india/report_cancer-vaccine-programme-suspended-after-4-girls-die_1368681

    ・・・のにも関わらず 一体、何処に
    反対派の「そんな利権があり 絡んでいる」・・・と思い込めるのでしょうか?(笑)

    鯖板で書いていた、その発言は、余りにも抽象論すぎませんか?

    こんな人格攻撃と抽象論ばかり並べる事しか脳がない
    「無責任な創価の香具師(笑)」が「子宮頸がんワクチンの安全性」などを書けば
    まるで、去年から話題の押尾学被告が・・・
    「この薬は安全なんだ気持が良いんだ。
     MDMAの危険性を強調して不安を煽る奴は金儲けが絡んでいる」

    ・・・などとタナカサンに諭しているようなもので
    ますます「胡散臭さ」に磨きが掛かる(笑)

    (※但し、報道によると、昨日(9/4)の公判、押尾被告側の言い分では
    彼女が勝手に飲んで死亡した・・・と主張している。)


    しかも、こういう「ずる賢い畜生」は、男女問わず、ヤバクなったら
    「法の網を掻い潜るような行為」を施して、逃げるような事をするから非常に性質が悪く

    (例えば、マネージャーが押収品に指紋をつけて
    証拠を無効にしかねない行為なども含め 法律を駆使して黒がシロになるケースなど)


    しかも、こんな陳腐な浅学な人間が
    「似非科学撲滅」のサークルのトップに居る・・と言うのだから
    「そのサークル全体」に対しても「怪しさ」を感じてしまうし
    その下にいる会員達も、こんな詐偽野朗に振り回されて、余りにも哀れだ(笑)

    (あくまでも対告衆はJunk Dark氏です。押尾学氏じゃありません。)




    ブログランキング・にほんブログ村へ


    | Comment-field |






    Last updated  2012年10月01日 21時30分22秒
    2010年08月23日
    各方面から拙き講義と突っ込まれそうですが
    まずは御書の拝読から・・・



    事理供養御書

    Depeche_Mode-A_Broken_Frame-Collectors_Edition-2.jpg
    by:http://www.blacksign.de/gallery/details.php?image_id=668

    人にも二つの財あり・一には衣・二には食なり
    経に云く「有情は食に依つて住す」と云云
    文の心は生ある者は衣と食とによつて世にすむと申す心なり
    魚は水にすむ水を宝とす・木は地の上にをいて候・地を財とす
    人は食によつて生あり食を財とす
    いのちと申す物は一切の財の中に第一の財なり
    遍満三千界無有直身命ととかれて三千大千世界にみてて候
    財も・いのちには・かへぬ事に候なり
    されば・いのちは・ともしびのごとし・食はあぶらのごとし
    あぶらつくれば・ともしびきへぬ・食なければ・いのちたへぬ
    一切のかみ・仏をうやまいたてまつる
    始の句には南無と申す文字ををき候なり


    (堀日亨編纂 新編御書P.1596)
    http://www.sokanet.jp/sg/sn/gosho_text.html?key1=1596&ref=null



    まず、人間は、何故、「お金」を欲しがるのでしょうか?
    「お金」が無ければ「食べ物」と交換が出来ませんよね
    では、何故、「食べ物」が必要なのでしょうか?
    これは、人間に限らず、「他の生き物」も含め
    水分と食物が無ければ最終的には「死に至る」からなんです。

    また、「お金」が無ければ、住む事も出来ません。
    住む場所が無ければ「自然の厳しさ」にも負けてしまい
    時には、その事によって「死にもいたる場合」が御座いますよね~

    この部分が「人間の弱さ」でしょう。
    同時に「生命の弱さ」でしょう。
    だから「争い」が常に絶えないし、生贄も絶えないわけです。


    さて、ここで問題です。

    では、相手を隷属せしめる為、罠を仕掛けて「獲物を捕る」には・・・
    どうしたら良いのでしょうか?

    簡単な事です。例えば「秋刀魚」は光に群がる習性があります。
    従って「網の部分」に光を照らせば
    勝手に秋刀魚が集まり、大量に魚を獲る事が出来ます。
    また鶫の場合、「細い糸に対して離さない習性」があるため
    鉄砲や弓矢など使わず「網一本」で「大量に捕獲する事」が出来ます。

    その事を考えれば「相手の習性」などをみつけて
    そこに「希少性」の罠を仕込ませていけば
    特に人間は「知覚コントラスト」の原理などによって
    「新しいもの」、「新鮮なもの」
    或いは「閉塞感から解放されてしまうもの」・・・と考えてしまうので
    その希少性を作る、或いは「最後の砦」を設け
    巧みな話術などによって「希少性」を高め、値を吊上げていけば
    最終的には相手を服従していくため
    相手を家畜や虫けらのように支配が成立し、餌食にする事が出来る訳です。

    また、誑かした人間が、「自分の身に火の粉が降りかからない」ようにセットして
    希少性だけを高め、値だけを吊上げてセリを行えば
    弱い人間同士で奪い合いが発生するため
    支配者は、他人事のように、その残虐性まで楽しめる特典までついて上
    自分だけが傍観者のように関係なく
    かつ大儲けまで出来るので、これほど楽しく、幸福な人生もないわけです。


    さて、日本では何故「麻薬が禁じられている」のにも関わらず
    「密輸などの汚染」が後を絶たないのでしょうか?

    また、何故、日本では、かつて「タバコ」や「塩」など
    「生活に欠かせない商品」に関しては「専売公社」・・・と言う公社制度によって独占を行い
    「私有の販売」を「一切、認めなかった」のでしょうか?

    そして、何故、日本では、かつて、米を、国が買い上げ
    「国民」に対して公平に分配を行う「食管法」が定められていたのでしょうか?

    これ等、共通して言える事は、コレ等は全て・・・・・
    「人間が生き抜くための、最後の砦」が成立している事なのです。

    従って、支配者が、この「最後の砦」を抑え込んだ末
    口八丁、手八丁で、相手を誑かしながらも罠を仕掛け、自ら管理していけば
    支配者は、「これ等の商品を絶たせる事」によって
    相手を死滅させたり、弱体化させたり、苦しめたり、家畜にしたり・・・と
    そんな「脆弱さ」が秘められている事を、加害者も被害者も、よく知っているからなんです。


    人は“限定品”に弱いものです。

    それは、経験上、手にするものが難しいもの
    それだけ「貴重なものである」ことが多いので、

    「希少性の高いもの=素晴らしいもの」
    ・・・という計算自動的に働いてしまうからです。


    ◆稲葉正毅の心理学講座110 「希少性の価値」より
    http://shinrigaku.inabamasaki.com/scarcity/


    だから、態と麻薬に対する健康や精神面の弊害を強調し
    所持や常用を禁止にする方向へと煽動していけば
    その分、値が吊り上がって行くわけですから、一発の仕事で大儲けが出来る訳です
    ここで、「ハイリスク」、「ハイリターンの商売」が成り立つわけですよね

    もし、仮に日本で麻薬が、いきなり解禁になったら
    一番、熱心に反対をするのは、密売人や胴元じゃないでしょうか?
    何故なら、まるで嬬恋村で、よく起こる「とれすぎたキャベツ」のように
    そこで「値崩れ」が起きてしまうので、売人は、それを恐れるわけです。


    さて、人間も他の動物と同様、病気をします。
    病気を治す最後の砦は「医療」でもあり「薬」が必要にもなってきます。
    つまり、人間に限らず、生命全体が「薬に支配されている現実」がここにある訳です
    (厳密に言えば「病気に支配されている」が妥当だろうか?)
    それ故に、薬と言うのは恐ろしい凶器にもなるわけです
    ・・・と、同時に「最後の砦」なので神にもなるわけです。

    その事を踏まえて、その薬を管理し「神になる方法」を考えて見ましょう


    -開目抄-

    かくのごとく巧に立つといえども・いまだ過去・未来を一分もしらず
    玄とは黒なり幽なりかるがゆへに玄という 但現在計りしれるににたり
    現在にをひて仁義を制して身をまほり国を安んず
    此に相違すれば族をほろぼし家を亡ぼす等いう
    此等の賢聖の人人は 聖人なりといえども
    過去を・しらざること凡夫の背を見ず
    未来を・かがみざること 盲人の前をみざるがごとし


    (堀日亨編纂 新編御書:P.186)
    http://www.sokanet.jp/sg/sn/gosho_text.html?key1=186&ref=null



    先にも申し上げた通り、まず「相手の習性」や「特性」などを観察し弱点を探します
    仏法でいえば「餓鬼界の命を引き出していく作業」です
    次に、その弱点を見つけたら、「ハロー効果」などによって
    「権威あるもの」を餌に散りばめて、罠を仕掛けていきます
    すると、相手は「ある程度」まで、あなたに落ちていくでしょう


    法衣書

    抑食は命をつぎ衣は身をかくす
    食を有情に施すものは長寿の報をまねぎ 人の食を奪うものは短命の報をうく
    衣を人にほどこさぬ者は世世・存生に裸形の報をかんず
    六道の中に人道・已下は皆形裸にして生る天は随生衣なり
    其の中の鹿等は無衣にして生るのみならず
    人の衣を・ぬすみしゆへに
    身の皮を人に・はがれて盗し衣をつぐのうほうをえたり
    人の中にも鮮白比丘には生ぜし時・衣を被て生れぬ
    仏法の中にも裸形にして法を行ずる道なし


    (堀日亨編纂 新編御書P.1296)
    http://www.sokanet.jp/sg/sn/gosho_text.html?key1=1296&ref=null


    昔の言葉に「溺れる者は藁をも縋る」・・・と言う諺がありましたが
    どうやら人間は特に未知の部分が重なったり
    先進諸国とか学者とかの言葉が重なると新鮮さを覚えるのか
    知覚コントラスト効果などによって
    藁すら「神の贈り物」と錯覚する傾向があるようです。


    医者や弁護士、大学教授など
    その職業を聞いただけで尊敬を集める人たちがいる。
    実際、すごい人なのだろうが
    それ以上に、勝手に"すごい"というイメージを膨らまれてしまう。

    「さすが大学の先生だけあって凛々しい顔をしているわ
    弁護士なんだから、さぞかし正義感の強い人なんでしょうね」

    このように、その人物に際立った特徴(外見や職業)があると
    そのイメージで他の面まで評価してしまう。
    これをハロー効果という。

    あるいは後背効果、後光効果などとも呼ばれる。


    アメリカのシンガーという心理学者が大学教授に行った実験がある。
    これは大学教授に女子学生の写真を見せて
    その魅力が成績にどう反映するかを試したものであった。

    実験の結果、美人だと評価された学生ほど、成績も良いことが分かった。
    これは、美人という外見的な特徴
    ハロー効果となって、成績に反映したことを意味する。

    この効果を利用してクロージングする場合、引用が効果的。
    自分で考えたことであっても
    権威の意見を引用して説得すると、説得力が格段に高まる。


    ◆livedoor-wiki:詐欺学データベース
     権威を立てて、その威光を利用してクロージングする方法:「ハロー効果」
    http://wiki.livedoor.jp/hanamaru0002/d/%A5%CF%A5%ED%A1%BC%B8%FA%B2%CC


    それ故に「そのイメージに捉われすぎて、他の側面(特に悪の側面)を見失う事」が多く
    この隙を巧みに狙ってくるのが「僭聖増上慢の正体」なのですが
    どうやら、松あきら議員も、創価のJunk Dark氏も、
    その「カラクリ」がまったく見えていないようです。

    ところで、例の国会での松議員の質疑を伺って解りましたが
    「例の一件」では、役人に答弁を任せ「丸投げ」をしていた部分は見逃さなかった。

    つまり、彼女は、「学者や製薬会社や厚生労働省の役人」を担保にして
    質疑に応戦していた、巧妙なカラクリまで仕込んでいたわけです。

    では、万が一、学者や厚生労働省の役人のデーターが
    妄語になったり、崩れた場合を想定してみましょう

    「後付バイアス」よって、最終的には、責任が
    「学者や製薬会社や厚生労働省の役人」に、全て降り注ぐ為
    彼女は、あくまでも“被害者”で、自分には実害がないわけです。

    つまり「騙された」の一言で片付けられ終わり

    その一言で「学者の意見を鵜呑みにして推進した事実」などは棚にあげられ
    無残にも有耶無耶にされてしまうでしょう

    こうやって、松議員は「ヒロイン」気取りで崇めたてられたまま
    「自分の権益」だけは守られるわけです。

    「水伝」のときと同じやり口です


    ブログランキング・にほんブログ村へ






    Last updated  2010年09月03日 21時01分28秒
    2010年04月26日
    Cancer vaccine programme suspended after 4 girls die

    これ、インドの新聞「Dna-india紙」が報じていた記事で
    インドでは「子宮頸がんワクチン」によって
    死亡例や精神的な被害が続出しており、予防接種の中止を命じたのですが
    創価学会の女子部を使って組織的に署名活動までおこない奨めて
    何をやっているのでしょうか?

    以下、その記事の翻訳infoseek翻訳を使用


    【ニューデリー発】
    Medical Research(ICMR)のインドの会議は
    女性だけに接種していた子宮頸がん支配予防接種プログラムの中止を
    アンドラプラデシュ州とグジャラト州に命じました。
    このプログラムは、米国メルク社(日本では万有製薬)の主導の下で奨めた
    Gardasilの公衆衛生計画の一環です。
    また、人間の乳頭腫ウイルス(HPV)ワクチン有用性を調べる為に
    許容性での範囲で2年間の暫定処置を行った一部で、既に薬局や病院では
    インドの製薬会社MSD Pharmaceuticals Pvt Ltd より、薬物が出回っております。

    このプログラムによって女性4人の死亡例が確認され、また120人の女性の間では
    「後遺症」などによる「複雑な被害例」などが「予防接種の後」報告されました。
    報告例によれば、胃障害、癲癇【てんかん】、頭痛と
    「初期の初潮について不順等」が報告されております。
    また、女性活動家の間では、ワクチンの予想外の効果に対して
    「苦悩の徴候を示さなかった。」「女性の精神衛生に影響を与えるかもしれない」
    ・・・と懸念して反発しております。

    健康省筋(厚生省に該当する)とVM ICMRチーフでもある
    Katoch博士
    「シアトルに拠点を置くNGO、ICMRと2つの州政府とともに
     およそ32,000人の女の子(10-14歳の)は研究データによって
     共同で予防接種プログラムがGardasilによって行われている事例」を示し
     助言的な役割で、「ICMRが技術的なパートナーだけである」ことをはっきりさせましたが
    しかし、Katoch博士は「彼らのデータに於いてチェックの不備がある」と指摘しています。

    この研究に疑問を抱いていたCPMリーダーBrinda Karat氏は
    「政府はたった2つクスリによる臨床試験のデーターだけを鵜呑みにし
     十分かどうかも見極めることが出来ず
     また、どういう訳か3回も接種する事を含めて、安逸に決めてしまったのか?」

    子供たちに投与される薬のために、Karatは言いました。
    「それは、第3相を含めた大人の臨床試験を含めて
     臨床試験の舞台を通り抜けなければなりません。」

    Gardasilの予防で110人の小さな女の子を実験台として調査し、彼らは決定しましたが
    第三相の大人については
    「一人の27歳の成人女性を実験台にして
     その反応結果だけで承認された」とKatoch博士は指摘しております

    Brinda Karat氏も「科学的根拠」を指摘し
    そして、「倫理ガイドライン」では
    薬とワクチンの成果に於いて、各々のステップで違反されている事も指摘しています。

    【原文】
    New Delhi:
    The Indian Council of Medical Research (ICMR) has told Andhra Pradesh and Gujarat to immediately suspend the cervical cancer control vaccination programme for girls. The programme is part of a two-year study to look into the utility of a vaccine in public health programmes and acceptability of Gardasil, the human papillomavirus (HPV) vaccine made by Merck. Gardasil, available in medical stores across the country, is marketed in India by MSD Pharmaceuticals Pvt Ltd.

    The programme was marred by controversy after four deaths and complications among 120 girls were reported after vaccination. Women activists fear the vaccine may impact the mental health of girls who have shown no signs of distress so far.

    Health ministry sources said the vaccination programme is being conducted by Gardasil, jointly with PATH, a Seattle-based NGO, ICMR and the two state governments. About 32,000 girls, aged 10-14, were to be tested in the study.

    ICMR chief Dr VM Katoch clarified ICMR was only a technical partner, with an advisory role, in the project. But Katoch said they were checking out who was at fault.

    For a drug to be administered to children, Karat said,
    it has to go through stages of clinical trial, including phase 3 adult clinical trials.
    With Gardasil, only one trial has been carried out with a small sample of 110 girls, which has followed up with them for a month after completion of vaccination and that too only to look at the immune response post-vaccination, Karat said. The vaccine has also been approved for adult women aged 27, Karat said, without any trials on them.

    Karat also alleged scientific logic and ethical guidelines have been violated at each step during drug and vaccine trials.

    http://www.dnaindia.com/india/report_cancer-vaccine-programme-suspended-after-4-girls-die_1368681


    要は7.5hz水からの伝言と同様、「悪魔の証明」だった訳だよな

    外国の製薬会社の利権も絡んでいるのに気付かず
    「NPO」や「アメリカ」と言うネームバリューや「学者の権威」に誑かされて
    インド政府や女性達が「知覚コントラストの原理」で信じ込んでしまい
    臨床試験も、充分に検証されないまま、科学的な根拠も示せずに
    「脱法的な詐偽」と「脱法的な殺人行為」に政府が加担してしまった
    ・・・と言う事なんですよ

    ましてや、コレを奨めたのは、「水伝」を信じ込んでいた「松あきら」さん です。

    過去に、創価学会を含めて「似非科学の失敗」があるのに、
    公明党の女性局は、反省も出来ず、相変らず、検証も確認もしないまま
    学者の意見を鵜呑みにして安逸にプロジェクトを奨めていたのでしょうか?
    余りにも単純すぎませんか?

    僭聖増上慢・・と言うのは「学者」や「製薬会社の異名」でもあるんですよ
    どうして、それが読めないのでしょうか?
    一体、貴女達は何の為に「三沢抄」を読んでいたのでしょうか?

    参考リンク
    http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2010/04/post_98a3.html
    http://okinawa-chiro.at.webry.info/201004/article_18.html

    「薬害エイズ問題」の時もそうでしたが
    あれだって当時は、成分もろくに精査せず、血友病患者に
    「安心して飲んでください」などと、学者が誑かして
    返って被害を拡大させたわけです。


    カァ~ン・カンカンカンカンカンカン☆\(・∀・)
    南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経

    ブログランキング・にほんブログ村へ


    | Comment-field |






    Last updated  2010年04月28日 11時47分56秒

    全5件 (5件中 1-5件目)

    1


    Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.