067030 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

なめこ先生の我ら食べ鉄道中記

PR

X

プロフィール


なめこ先生@食べ鉄

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

なめこ先生@食べ鉄@ Re[1]:伊予灘ものがたり双海編(06/28) 車内販売マニアさんへ 訪問ありがとうご…
車内販売マニア@ Re:伊予灘ものがたり双海編(06/28) 「車内販売でございます。」を書いている…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.07.25
XML
カテゴリ:駅弁
人吉取材の前に新潟の駅弁はテーマに沿っていない感じもしますが、取材では駅弁のやまぐちさんにも伺う予定で、その核となるテーマになるのが肉系でない駅弁になります。その代表格(魚系の駅弁)として2年ぶりの直江津駅弁の紹介ですが、さけめしを取り上げます。



直江津のさけめしは2年前に紹介した鱈めしと並ぶ実力派駅弁で、掛け紙のデザインも漁の姿を現していることから、鱈めしの姉妹品であることが強調されています。入れ物も鱈めしと同じ容器が使われているので、食べた後は小物入れなどに再利用できます。



中身もほぐした鮭といくらがたっぷりの贅沢な内容で、この下に炊き込みご飯が隠れています。勿論、お酒の合う駅弁であることは言うまでもありません。焼き鮭は骨をしっかりと取ってあるので食べやすいですし、脂が結構乗っているので濃厚な旨味が楽しめます。いくらも醤油漬けにしてありますので、ご飯やお酒との相性はばっちりです(^~^)。

さらに、4月からは鱈めしとさけめしに加えて新たに、にしんめしがラインナップに加わりました。にしんめしもにしんの甘露煮や昆布巻、味付けカズノコがどーんと乗った玄人好みの駅弁に仕立てられているので、新潟に次に足を運ぶときには間違いなく買っているでしょうね。

にしんめしを含めた駅弁の詳細はホテルハイマートのHPでアップデートされていますのでご覧ください。

ホテルハイマートHP↓
http://www.heimat.co.jp/restaurant






最終更新日  2021.07.25 22:27:08
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.