490470 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

なみだを超えた先に広がる本当の豊かさ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


人間物語・とね しゅんじ

Calendar

Freepage List

Headline News





あなたが

あきらめた場所で

あきらめたまま生きる

そのままで あなたは前を向けるし 

歩ける様にもなれる


それこそが今迄

多くの人達が求めていたのに

見つけ出すことの出来なかった道


本当は

誰にでも

開かれている道だ



それは

あなたにも

簡単に見つけられる道だ



もう人生を

やめてしまいたくなったり

生きるのが

イヤになったり


全てを

投げ出して

しまいたくなった時


その

直ぐ足下に

本当は 簡単に

生きられる

道が 有る事に

多くの人は気づいていない。



死ぬ前に

全てを投げ出す前に

あなたの 足下を 探してごらん


その全てを

投げ出してしまう位置こそ

楽に 生きられる 場所だと 

言っているんだよ。


誰もが

そんな処は

生きられない場所だと思っている


何故なら

そこは 物事を

あきらめる場所であって

やる場所では無いからだ



そこは

落胆する位置であったり

死のうとする位置だと多くの人が

思い込んでいる



違うよ・・・・・・。

それは 間違っている。


だから

多くの人は

自分の中に位置する

本当に物事をやれる場所を知らない



今迄の あなたの

知っている

物事をヤル場所は・・・

最後には 誰もが挫折して 

まっ逆さまに 落ちてしまう

場所でしかない。



一体

誰が そんな位置で

生きろと教えた?


誰が人生とは

頑張らなければいけない

ものだなどと教えた・・・?


誰が人生とは

苦しいものだなどと教えた?


そんな

場所で 物事を

やる事自体が間違っているんだよ。



新しい

場所を 位置を探してごらん

誰もが見付け出しにくい場所に

それは在る。



だが

誰も まだ

発見出来ていない・・・。



でなければ

既に多くの人達が

見つけ出して 

そこで生きている筈だ。



誰もが

そんな場所には

有る筈がないと 思い込んでいて

探そうとも しない場所

そんな場所にこそ 道は広がっている


息を潜める様に

ひっそりと

誰にも知られずに

誰にも触れられずにして

それは在る・・・


もう何十年もの長い間

何ひとつ文句も言わずに・・・。


あなたが

いつの日か

見つけ出してくれるのを

ただ ただ 静かに待っている。



皆が

そんな場所では 物事は

出来ないと思い込んでいる場所


力む事すら

出来ない場所


そんな所で

生きたら 駄目にしか

ならない様に見える場所

本当にそこは

あなたの 直ぐ傍に在る。


これは

誰にでも可能で

本当に簡単な道だ



もしも

あなたが

死にたくなった時

最後に この位置を

真剣に 探してごらん

きっと簡単に見つかる はずだから。


その場所と

そこでの生き方を

あなたも 必ず見つけ出せるから



死ぬより

もっと簡単に生きられ

ずっと物事が

簡単に出来る場所は

あなたの 中にも必ず在ると

私は断言出来る


だから

あなたは死ななくていい

死ぬ必要なんか無いんだよ。






あきらめた場所で

あきらめたまま生きる

そのままで 前を向けるし

歩くことも出来る



すると

あなたから まったく新しい

物事のやり方が 産まれて来てしまう



そここそが

まったく 新しい歩き方の

産まれる可能性が 有る場所だよ。



あなたが 誰の真似でもない

あなただけの オリジナルな生き方が



歩き方が 出来る場所だ

誰とも 競争など

する必要のない場所だ。



そして いつも

あなたが自然で居られて

一番に成れている場所だ。












日記の最初から
順を追って見て頂く事によって

あなたの中に
新しい物の見方と
気づきが生まれる事でしょう。

それは
とても小さなものかも知れません
けれど 育てるに値する何かが
あなたの中に きっと芽生え始めます・・・。




自分の心の育て方
http://ningen-monogatari.ameblo.jp/














Shopping List

誕生日や記念日のギフトに!そのまま飾れるアレンジメントや旬のお花を使った花束で…
結婚記念日に贈らせて頂きました。 仕事から疲れて帰って来て宅配元に連絡をして 持って来て頂いた花を見…[>>]
>> お買い物履歴一覧を見る
2019.06.19
XML
カテゴリ:いのち の 智慧
○昨日までUPしたものが前編部です。


此処までは 
言ってみれば基礎編みたいなものです。

初めての方で 
興味を持たれた方は 
その基礎編の方から読むと 
解かりやすく読めると思います。


最初から
此処まで読み進めて来た方達は
今日からは後編に入っていきます
さらに あなたの内面を
ハートを見つめる事を
しなければならなくなるかも知れません・・・。

けれども
そんな時には
そこで逃げ出さずに
読み進める事をして行く事で
あなたの現在抱えている問題の原因と
解決への糸口が見つけられるかも知れません。

だって逃げ出す事は
今日までの間に 既に散々やって来た筈です。
それでも全く解決しなかったどころか
更に現実は悪化の一途を辿っている。

ひょっとしたら
そんな あなたを助け出す事の出来る
再生の道が ここに有るかも知れません・・・。



それでは後編の はじまり はじまり♪




◇二つの自我(エゴ)◇




この話をしている 相手は
あなたではなく

あなたの内側
あなたの本性に向って
常に 話しかけている。

本当のところ
あなたの内側にある本性は
この事 全てを理解している。


だから
私が これに関連する話をすると
あなたの本性は
目を覚まし始め
あなたは 揺さ振られる。

すると 
表面の あなたは
それを防害して
一生懸命 それを理解させまいと
してしまう。

それも 色々な理由を
引っぱり出して来て。


その時 あなたは一体
何をしているのか理解してほしい。

あなたと 言うのは
外側で 色々な事をして来た
過去の体験の 積み重ねで
作り出している部分。

これは
一度掃除をして 
捨てたと思っても

また 
知らずに知らずの内に
溜まって来てしまう
埃の様なもの。


私は
そんな あなたなどに 
話しちゃいない。

私の話し相手は
あなたの 本性なのに
何故 あなたが しゃしゃり出て来る?

邪魔をしなさんな

私が 
話しかけている 
相手でもない あなたが
色々な理由を 引っぱり出して来たとしたら
これは 馬鹿げている。

あなたは
あなたと言う我を
より 強固にしているだけ
そして 一人相撲を してしまっている。


何故
自我が 出始めてしまうのか・・・?


他人や 物事によって
自分の 今迄していた事が
今迄 通りには
進まなくなってしまったり

自分の思い通りに
事が進まなくなった時
要するに 我が通らなくなった時に
自我が より強固になって来てしまう。

本当は 
この時に
あなたの 今迄してきた事に
「間違いが ありますよ」と
本性が 教えてくれている。

自分の思い通りが
通らなくなった時も 

あなたの その考えには 思いには・・・
「間違いが 有りますよ」と
折角 あなたの 本性が伝えているのに

あなたは 
それを無視する
と・・・そこに葛藤が 生じてくる。

自分の 思い通りに成らなくなればなるほど  
より強固な
"白分の思い通りにしたい"
と言う気持(自我)を 生じさせるのであって

それが 
思い通りになっていた時

あなたは 
それ自体 そんなに思い通りにしたいと
言う程 強い感情や 思いは
無かった事を見抜いてごらん。

と すると
あなたの 
白分の思い通りにしたいと 言うのは
自我を傷つけられた事への
復讐や 反発であって
あなたの 本当にしたい事じゃない。

あなたは 
何をしているのだろう。
折角の 自我を消せるチャンスを
棒にふってしまった・・・。

それどころか
それによって 
以前にもまして

自我を 
より大きく強大にして
より それを消すのが
困難に してしまっている。

それならば
それでも 決しておかしい事はない
あなたの 外側である 

いわゆる あなたが 
あなたの 内側である 本性を
色んな理由で 言いくるめて

あなたが 自我が
打ち勝って
今まで通りの 思い通りに成ったとしても

それは 
そんなに長続きはしない
それ自体に 今度は あなた自身の方で
興味がなくなってくる。

だって
あなたは それ自体に
興味があったのではなく
自我を 傷つけられた事に 対しての
復讐や 反発に 興味が 有ったのだから。

復讐やら 反発は
思い通りにした 途端に果せてしまう。

すると どうだろう・・・。

あんなに 思い通りにしたいと
思っていた事が さほどでもない・・・。
「こんな事に 躍起になっていた」とは
などと言う感覚が 浮び上ってくる。


その通り
その思い通りが 続けられるには
思い通りにさせまいとする他からの
圧力が有れば 有るほど
長く続けられ。

させまいとする圧力が
まるっきり無くなった 途端に
あなたは それに興味を 失ない始め

やがて 
それから離れて行く。

あなたは 
今まで通りに
したかった訳でもなく

自分の思い通りが
通らなくなった事に対しての
白我が傷つけられた事への
反発やら 復讐をしたかった訳でもない。

この
どちらでも 無いのに
その中に埋もれてしまって

そんな
くだらない事に
動かされていた自分を見抜ければ

それだけで
あなたは 自分自身から
解放され 自由になる。

あなたの
本性が求めているのは
この 自我からの解放だけ。

常に 
この自分自身から 解放された
状態で居たいだけ。

では 
常に この状態で居られるのには
どうしたら良いのだろう?。

自我には 
大きく区分すると
二種類ある。

意識していながら 身に付けた自我と
無意識で 身に付けてしまった自我の
二種類である。

簡単に言うと
この成長課程を受ける以前
あなたは 既に 幼ない頃から

母や 父とのふれあいの中で
あるいは 友達との触れ合いの中で
この意識をしていながら 身に付ける自我を学び始めて

そして
それを 社会に出て
さらに確固たるものに
して行ってしまう。

周囲から 
見たり聞いたりして
それまでの 過去の経験と照し合せて

そこからの 判断によって
こうしよう ああしようと
作り出して来る 自分。

そして
この成長課程を受けて
一瞬 本当の所に立つ。

その時の
ほんの一瞬だけは
真実を見る・・・。

ところが
直ぐに滑り落ちる。

そして
努力をして
また あの状態をと願う。

が・・それは中々来ない
自分で 勝手に 自分を騙し
自分を庇い。

同じ輪の中をグルグル回るだけ
そして それだけではない。

あなたの 
今立っている所には
あなた自身でさえも 気づかない

あなたの
無意識のうちに
身に付けてしまった自我がある。

そこは
あなたが
こうしよう ああしようを
身に付ける以前の

何も
したくないから しないと言う
子供の様な

ただ 
嫌なら 嫌
周囲も 何も考えずに
自我だけを強調するところに

自分が
落ちてしまっているのに
気づかないから

あの人が
言っている事だけでは
今の社会は
生きて行けないとなる。

勿論
その通り
私は そんな事なんて伝えていない。

今 
あなたがいる所なんかを
中心にしなさんな・・・。

中心なんて無いよ
どんな処に居ようと
それが 固まったりしたとしたら
間違っている・・・。

私が 
言っている所に居ると
あなた自身 思えていても

それが
固まってしまう様なものなら
あなたは そこには居ない。

あなたの
頭で
そこに 居るつもりに成っているだけだ。

本当に
そこにいるとしたら
こり固まったりしやしない。

もっと
柔軟で
もっと
柔らかくて
もっと軽い。

頭だけが そこに居たって
何も成りはしない。

1度だけ
そこを 見た事 
味わった事は 有るが
「今の私は そこには 居ません」と
言い直しなさい。

そんな 
処に居ると
又 以前の 

ああしよう こうしようで
自分を作り上げて行くところに
戻してしまう事になる。



自分が 
意識していながら
身に付けてしまった 自我以前に

自分でも
無意識のうちに,
身につけてしまった自我(条件付け)が有る。

それさえも 越えたところに
私の言う生 
真の生がある・・・。
無条件の 真白い1枚の 紙のごとく...。

この
滑り落ちてしまっている所の
無意識の内に 身に付けた
条件付けを 越えるには

人の事など 見ない事
内側の自分の 正体をつかむ事 以外に
実際 可能な事は ひとつもない。

あなたが
人を心配したり
面倒を見たりしている時

一体 何をしているのか
ハッキリ 認識する事。

あなたは 自分を巧妙に
誤魔化し続けて 
内側への探究を
ストップしてしまっている。

これで
終りなどという 地点など 無いのに
終ってしまったつもりになっている。

そんな 
あなたに
私の言うところの生など
起りはしない。

成長課程に 於いては
大きく粗く マクロに

例えば
人を 自分を高める為
満足させる為の道具としか
使っていなかったなどと言う様に
大まかに 総体的に理解した。

今度は
あなた自身で
もっとミクロに 具体的に

日常あらわれて来ている事で
自分の 内面に取り込んでしまっている
あらゆる物事の中に
踏み入って 行かなくてはならない。

自からの
日常の
生との出逢いを通して。






明日の人間物語を どうぞお楽しみに。






自分の心の育て方
http://ameblo.jp/ningen-monogatari/









































Last updated  2019.06.19 06:47:09
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.