458706 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

なみだを超えた先に広がる本当の豊かさ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


人間物語・とね しゅんじ

Calendar

Freepage List

Headline News





あなたが

あきらめた場所で

あきらめたまま生きる

そのままで あなたは前を向けるし 

歩ける様にもなれる


それこそが今迄

多くの人達が求めていたのに

見つけ出すことの出来なかった道


本当は

誰にでも

開かれている道だ



それは

あなたにも

簡単に見つけられる道だ



もう人生を

やめてしまいたくなったり

生きるのが

イヤになったり


全てを

投げ出して

しまいたくなった時


その

直ぐ足下に

本当は 簡単に

生きられる

道が 有る事に

多くの人は気づいていない。



死ぬ前に

全てを投げ出す前に

あなたの 足下を 探してごらん


その全てを

投げ出してしまう位置こそ

楽に 生きられる 場所だと 

言っているんだよ。


誰もが

そんな処は

生きられない場所だと思っている


何故なら

そこは 物事を

あきらめる場所であって

やる場所では無いからだ



そこは

落胆する位置であったり

死のうとする位置だと多くの人が

思い込んでいる



違うよ・・・・・・。

それは 間違っている。


だから

多くの人は

自分の中に位置する

本当に物事をやれる場所を知らない



今迄の あなたの

知っている

物事をヤル場所は・・・

最後には 誰もが挫折して 

まっ逆さまに 落ちてしまう

場所でしかない。



一体

誰が そんな位置で

生きろと教えた?


誰が人生とは

頑張らなければいけない

ものだなどと教えた・・・?


誰が人生とは

苦しいものだなどと教えた?


そんな

場所で 物事を

やる事自体が間違っているんだよ。



新しい

場所を 位置を探してごらん

誰もが見付け出しにくい場所に

それは在る。



だが

誰も まだ

発見出来ていない・・・。



でなければ

既に多くの人達が

見つけ出して 

そこで生きている筈だ。



誰もが

そんな場所には

有る筈がないと 思い込んでいて

探そうとも しない場所

そんな場所にこそ 道は広がっている


息を潜める様に

ひっそりと

誰にも知られずに

誰にも触れられずにして

それは在る・・・


もう何十年もの長い間

何ひとつ文句も言わずに・・・。


あなたが

いつの日か

見つけ出してくれるのを

ただ ただ 静かに待っている。



皆が

そんな場所では 物事は

出来ないと思い込んでいる場所


力む事すら

出来ない場所


そんな所で

生きたら 駄目にしか

ならない様に見える場所

本当にそこは

あなたの 直ぐ傍に在る。


これは

誰にでも可能で

本当に簡単な道だ



もしも

あなたが

死にたくなった時

最後に この位置を

真剣に 探してごらん

きっと簡単に見つかる はずだから。


その場所と

そこでの生き方を

あなたも 必ず見つけ出せるから



死ぬより

もっと簡単に生きられ

ずっと物事が

簡単に出来る場所は

あなたの 中にも必ず在ると

私は断言出来る


だから

あなたは死ななくていい

死ぬ必要なんか無いんだよ。






あきらめた場所で

あきらめたまま生きる

そのままで 前を向けるし

歩くことも出来る



すると

あなたから まったく新しい

物事のやり方が 産まれて来てしまう



そここそが

まったく 新しい歩き方の

産まれる可能性が 有る場所だよ。



あなたが 誰の真似でもない

あなただけの オリジナルな生き方が



歩き方が 出来る場所だ

誰とも 競争など

する必要のない場所だ。



そして いつも

あなたが自然で居られて

一番に成れている場所だ。












日記の最初から
順を追って見て頂く事によって

あなたの中に
新しい物の見方と
気づきが生まれる事でしょう。

それは
とても小さなものかも知れません
けれど 育てるに値する何かが
あなたの中に きっと芽生え始めます・・・。




自分の心の育て方
http://ningen-monogatari.ameblo.jp/














Shopping List

当店人気No1のアレンジメント。旬のお花を使ったキュートさいっぱいのアレンジです。…
結婚記念日に贈らせて頂きました。 仕事から疲れて帰って来て宅配元に連絡をして 持って来て頂いた花を見…[>>]
甘~い果汁を種ごと丸ごとゴックン♪日本一の産地から濃紫ぶどうスチューベン!!≪送料…
昨年も何度も購入して美味しさが 解かっていたので今年の発売を待ち侘びていました。 今年のスチューベン…[>>]
>> お買い物履歴一覧を見る
2018.02.23
XML
カテゴリ:いのち の 智慧
◇人間物語のメール講座NO27◇




 ☆ 第三の知恵への目覚め 

(真の愛を探し求める旅の第三歩)
 
"すべての愛の運命 誰とも出逢っていなかった"




それから一年
彼は すべてのこだわりが
なくなっているから
仕事は 以前の様に
する様になっていたし
すっかり 元の木阿弥だった。

だって彼は
自分の中の こだわりが取れたことで
もうすべては
問題なしと 思っていたからだ。

本当は やっと世問で言う
正常な人の状態に 戻っただけなのに
彼は それを知らなかった。

生の歪みの少ない人は
彼が 気づいた事に 気づかなくても
彼ぐらいは 年を取れば
自然に理解出来て行くのに・・・。
彼は 自分が すべてを
知ってしまったかの様に 一人思っていた。

その頃の彼の悩みといえば

以前に
こだわっていた時に比べれば
それほど 大きな事ではなかった。

その問題とは
セックスに対する悩みだった。

これは
以前から持っていた悩みのひとつだが
以前は 過去に対するこだわりの
影にかくれて
さほど大きな問題には
感じていなかった。

ところが
ここにきて その問題は
彼の 心の表層に 浮かび上がって来ていた。

彼は 自分の妻と
思う様に セックスが出来ない事で
悩んでいた。

何故だろう
彼は 妻をまったくの 母親的な存在として
扱ってきた。

多くの男性は 無意識に 
妻の 背後に 自分の 母親の姿を 置いて 
妻を見ている。


そして
女性も無意識に
夫の 背後に 自分の 父親の姿を 置いて
夫を 見ている。

その為
男性が 母親に対して
憎しみの質を 多く持っていれば いるほど
それを結婚した妻に向けて
結婚生活が破壊されてしまう。

それは
無意識のうちに 行なわれてしまう為
本人も 止めようがないし
どうする事も 出来ない。

その逆に
女性が 父親に対して
憎しみの 度合が 強ければ 強いほど
それを 結婚した 対象者である 
夫に 向けてしまい
破壊という道を
知らずに歩んでしまう・・・。

これを
くい止める事は 非常に難しい。

何も 離婚したからといって
「私は 欠陥人間だ」などと考え
塞ぎ込む必要は まったく無い。

それは 
そうなって当然だった。
カルマの 悪戯だ。


しかし
それを 相手の一方的原因と決め付けて
人の所為にして 次なる結婚に逃げたとしても

やはり
同じ事が 繰り返えされてしまう。

もしも 
形ちの上では
同じ事が 繰り返されない様に
取り繕ったとしても
あなたの心は 惨めさで 一杯だ・・・。

それを 超えるには
事実を ハッキリと見つめ
その中に 今まで気づかなかった
新たな事実を
発見して行く事にある。

自己嫌悪に落ち入り
塞ぎ込む事も。

他の人の責任にする
誤まかしも。

このどちらも 何の役にも
立ちは しない。


彼の場合
母親に 対しての憎しみの度合は
さほどのものでは 無かった。

その逆に
母を慕う願望が
とても 強かった。
だから彼は
結婚の 対象である 妻には
とても 母性の強い
女性を選んだ。

女という香りよりも
母という香りの強い女性だ。

女性は 
両親からの愛情に
満たされて 育ってくれば
母性の強い女性になり。

両親の愛情に乏しいと
女としての
香りを 放つ
女性として 育つ。

満たされていない
愛の獲得の為に
見せ掛けの「女」を
演じるからだ。

その様な 女性の内面は まるで男性だ。
性を武器に使う様に成る。


親の愛情に 満されていれば いるほど
女性本来の 受容性がやどる。
それは 母に近い愛の質や
香りを放つ。





ところが逆に
親の愛情に餓えていれば
いるほど それを欲してしまい
愛を求め歩く様になる。
攻撃性を持ち
それは「女」という
愛に対する欲望からの
愛の質 香りを放つ。

これは 男性の場合も同じく
父性的な香り 父親的な香りと
「男」という香りとになる。

見せ掛けの男だから 
内容は まったく無い。

ポーズとしての「男」
本当には 男らしくなど無く 
情けないくらいの男だ。

内面は 女性の様に
女々しいし 
人間的な成長を まるでしていない。

幼い頃からの
満たされていない 愛の 獲得の為に
「男」を振舞い 演じる事で
愛を獲得しようとする。

この偽者に出逢ってしまったら
あなたは 生涯 苦労を背負う破目に成る。

そんな相手とは 
スッパリと 別れる決断をしてしまうか


或いは 
相手に 内面的な成長を
起こして貰わない限り
その相手と 一緒に居ての
あなたの 幸せは無い・・・。



彼は 常に 妻の背後に
母の姿を
自分でも 気づかぬ内に
見てしまっていた為に
彼女を 神棚にでも
飾る様に 扱って来た。

そして
セックスは 彼女を
汚がしてしまうかの様に考えていた。

だって 彼女の後には
常に 母がある。
母と セックスなど
出来るはずがない。

それは 母を汚している様な
感覚さえ あるからだ。
彼には そんな事はできない。

だから 他の愛で
何か違う 精神性の様なもので
互いの愛を
深め合っていた。

だが
彼自身のセックスに対する欲求は
深まって行くばかりだった。
これが
この頃の彼にとっての 問題だった。

丁度
その頃
ある程度の経済性にも満されかけていた彼は
仕事に対しての 壁にぶつかり始めていた。


そして
彼は 最後の愛を 経験する事になる。

これが
彼にとっての 最後の恋愛だった。

何故なら
彼は 丁度
第三歩目に 差掛かっていた。

そして 
第三歩目を体験すると
彼は目覚め始めてしまう事になる。

目覚めてしまえば
二度と愛は 
経験できない。

その変わり
それ以上の 偉大な事が起こる。

人は ひとたび 目覚めたなら
「愛」そのものになってしまう。

こうなったら 愛は二度と体験できない。


何故なら
あなたが 目覚める以前は
愛と 愛を 体験する人の 二つだ。

ところが
目覚めたなら
あなたは「愛」そのものになってしまう。

あなたの 傍に近づくだけで
そこには 優しさが感じられる。
それは 愛から放たれる優しさだ。

あなたの 傍に近づくと
暖かさを感じる。
それは「愛」そのものから放たれる
暖かさだ。

あなたの 傍に 近寄ると
誰もが 愛されていることを
感じてしまう。

そうなったら
二度と 愛など体験する事は
不可能だろう。

第一
そんな気になりはしない
だって 愛そのもので
いつも愛と共に在り
愛と 一体なのに 
それは必要ではないからだ。

それが必要なのは
まだ「愛」そのものになっていない
人達にとってだ。

だから
人は それほど 
愛を欲しがり 求め歩く。

その 
あなたの 求めている愛は
あなたの 内側にある。


いつも
あなたと共にある。

だが
人は 
内側を 
見ない為に
それに気づかず
いつも 外側ばかりに
愛を求め様とする。

それこそ 不可能な事なのに・・・。

それが 不可能だと理解して
内側を 覗き始め出す 道こそ
第三歩目の道だ。






それでは 
明日の人間物語のメール講座を どうぞお楽しみに 






自分の心の育て方
http://ameblo.jp/ningen-monogatari/






Last updated  2018.02.23 08:12:03
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.