025725 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

民族衣装屋 スタッフ日記

PR

X

Profile


セラヴィ@

Calendar

Favorite Blog

Free Space

Freepage List

Comments

王様@ 潮 吹 きジェットw サチにバ イ ブ突っ込んだ状態でジェット…
お猿@ やっちまったなぁ! http://feti.findeath.net/1rbcgvl/ ちょ…
開放感@ 最近の大学生は凄いんですね。。 竿も玉もア○ルも全部隅々まで見られてガ…
MATUDA@ なんじゃこりゃぁぁぁっぁぁ!! ちょwwおまwwww ネタのつもりがマジ…
しおん@ ヤホヤホぉ★ こっちゎ今2人なんだけどぉ アッチの話…
2009/07/06
XML
カテゴリ:仕入れ日記
タイ北部の山奥には、中国国民党の残党が住む村がいくつもあります。その国民党残党の司令部があったチェンライ県のメーサロンという村に寄り道してみました。

2282833209_a5166566e3.jpg

国民党雲南軍93師団の老兵とその子孫の村

2116811009_70c71a67a8.jpg

第二次世界大戦後、共産中国の人民解放軍に敗北した国民党軍の指導者や主要部隊は台湾に逃れたましたが、雲南、四川省方面に駐留していた部隊と家族は孤立しミャンマーに逃れました。その後ミャンマー政府との関係が険悪になると、国境を越え最終的にタイ北部の密林・山岳地帯に本拠地を構えました。その数兵士の家族を合わせると5,000人にものぼったそうです。そのため、司令部のあったメーサロンの住民のほとんどが華人で、中国語が普通に飛び交い中国語の看板や標識も数多くあります。雲南の料理を食べれる店も幾つかあり、店内では台湾のテレビ放送も観ることができました。

IMG_0553.jpg



メーサロンには、同胞・台湾(中華民族)からお茶の栽培技術が伝わり、気候も合ったことからお茶の栽培が盛んに行われるようになりました。茶店の店主さんは、以前日本で働いていたそうで日本語を少し話せます。

IMG_0556.jpg

93師団の師団長「段希文将軍」の子孫が営む店。(く、暗い・・・) 「黄金の三角地帯」を作ったとして知られる麻薬王クンサー。当初は段希文将軍の傘下の将兵として働いていました。

011 069.jpg

学校の敷地内でお祭りがあることを知り覗いてみました。お祭りというより同窓パーティーのような感じ。記念撮影のあとカラオケ大会が始まり、何語で歌われるか興味津々で見ていると、若い世代は振り付けをしならがらタイポップス(タイ語)、上の世代は中国歌謡曲やテレサテンの歌を。日本の演歌(中国語で)も人気のようで「川の流れのように」から始まり、演歌が数曲続きました。


メーサロンの村には、ネット設備の整ったホテルが無い(たぶん)為、後ろ髪を引かれる思いで会場を、そしてメーサロンを後に・・・・。


IMG_0559.jpg

夜の山道を飛ばし、チェンマイ県メーアイ郡のタートンにあるホテルに一泊。


民族衣装屋 AsianTaste
民族衣装屋では少数民族の衣装を中心にアジアの民族衣装を販売しています。卸販売のご相談もお気軽にどうぞ!

ホテル割引予約 - HotelClub






Last updated  2009/07/07 12:32:51 AM
コメント(0) | コメントを書く
[仕入れ日記] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.