000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

nana1451@たぶん日記

PR

X

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


nana1451

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません
2020.04.05
XML
カテゴリ:PC:その他
​​ さて、少し前なのですが、注文していた車が納車されました。


HONDA FIT4
ちなみに実際に購入したのはHOMEのガソリンです。

フルモデルチェンジしたFIT。
大幅に変わったデザイン。Bセグメントでありながらホンダセンシング等安全装置完備、渋滞追従機能付きACC、電動パーキングブレーキ採用と、待望のフルモデルチェンジ車が出るのを待ちに待って発注…

ではなくて

① それまで乗ってた車(ホンダ車)の車検が間もなく切れる。
  11年も乗ったからそろそろ変えようかねぇ
  ↓
② ということで、ディーラーに行って「フィットください」と言ったらたまたま新型の予約が始まったとこだった。
 ↓
③ じゃあそれでいいや

くらいの理由です。

それまで乗ってた車には、ACCどころかバックモニターすらなかったので、機能を覚えるのが大変でした。

と、いうことで今日日の車にはほぼついているドライブレコーダー、もちろんこのフィットにもついています。(ついていますというか、つけたんですけれども)

ドライブレコーダー(フロント用) DRH-204VD



こんなやつです。
これについて、簡単に調べてみました。

1 映像ファイル
 ドラレコで録画した動画は基本的にはカーナビで見れますが、microSDをひっこ抜いてパソコンなどに挿しても見れます。

ちなみに、microSDには動画ファイルのほか

「DR_Viewer」という動画を見るアプリが入っており、これを使えば


動画だけではなく、日時や場所、速度なんかも分かります。
これは面白いですね。

また、
保存されている動画はMP4なので、普通にWindows Media Playerとかで見ることができます。
ただし、1ファイル39秒(標準)/52秒(長時間)なので、ファイル数は結構とんでもない量になります。

​そのほか、そもそもどんな感じで映るのか、ですが​

昼間(といっても夕方ですが)


夜間

動画を静止画で説明するのは難しいんですが、日中はもちろん、夜間もそれなりにちゃんと写っています。まあ、夜間であれば必ず車のヘッドライトはついていますし。
そして当たり前なのですが、かなりの広角です。まあドライブレコーダーなのですから広角でないと困りますしね。下3分の1くらいはダッシュボードが写ります。

標準モードで撮った映像


1920×1080の28fps。まあ、何が起こっているのかを知るには十分すぎるスペックですが、車載動画などとして使うとなると少々物足りないでしょうか。
ちなみに、長時間モードで撮影した場合は1280×720となります。

音についてはホント「聞こえればいいや」くらいのビットレートです。
そりゃまあ無駄に256kbpsとかにして無駄にファイル容量増やすこともないですしね。

2 純正以外のmicroSDカード
 このカーナビに付属してくるmicroSDカード

16GBのmicroSDカードとアダプタ
Gathersとありますが、これはホンダ純正カーナビのブランド名です。

ただまあ、16GBでは少ないですよね。標準モードで290分しか録画できません。
しかもこのカーナビ、エンジン停止後30分録画をするので、場合によって走行中の記録はさらに短くなる可能性があります。

一応別途32GBのmicroSDも売っているのですが

 
高けぇぞおい
ただ、当たり前なのですが純正カーナビはこの純正microSDでしか動作を保証していません。

ということで、純正以外のmicroSDを使ったらどうなるかを簡単に調べてみました。

事前の予測として
(1)ラインナップに16GBと32GBしかないってことは、SDHCまでの対応なんだろう。
(2)ただ、他のドラレコやアクションカメラと同じく、64GB以上のSDXCでもFAT32でフォーマットしてやれば使えるかもしれない。
(3)挿入されたmicroSDが純正であるか否かについては
   ①そもそも、純正か否かは判別していないのではないか?
   ②判別している場合は、IDか何かで判別しているんでしょうから、純正でないもを純正と認識させるのは容易ではない(少なくとも私には)と思う。
  ので、どちらになるにせよ純正でないもを純正と認識させることは行わない。

として、次の5つを準備しました。

1 32GB(SDHC) FAT32
2 128GB(SDXC) FAT32
3 512GB(SDXC) FAT32
4 64GB(SDXC)  exFAT
5 64GB(SDXC) NTFS
​​NTFSとかムリゲーでしょうよ…​​

​ちなみに、WindowsではSDXCをFAT32でフォーマットすることが出来ないです。​

exFATかNTFSしか選べません。

ので、

例えば、ApemanA80

その辺に転がっている中華アクションカメラを使ってフォーマットするとか、


例えばIOデータのフォーマッタとかでフォーマットすれば


64GB以上のSDカードでもFAT32でフォーマットできます。

としたところ、以下のようになりました。
種類別に解説


1 32GB(SDHC) FAT32
2 128GB(SDXC) FAT32
→メッセージが出ますが、使えます。

ドラレコにmicroSDを入れると、ドラレコ本体の緑ランプがしばらく点滅します。この時にデータを書き込んでいるようで、容量が大きいほど時間がかかります(32GBで1~2分)。

書き込まれるものは、こんなものです


MOVE××というフォルダ
・基本的には録画された動画が保存されていく
・何も録画されていない(初回)時は「DUMMYMOVE00××.DAT」(36,864MB)というファイルが一つのフォルダ内に50個記録される。録画していくと動画ファイルに置き換わっていくと思われる。

ちなみに上の画像は容量16GBの時で、容量が32GBの時は17個ありました。
初回時はこのデータを延々と書き込んでいくので、時間がかかるんだと思います。

その後次のようなメッセージが出ます。

「ドライブレコーダーに非対応のSDカードが挿入されています。必ず付属のSDカードをご使用ください。」

と出ますが、録画自体はされています。
ちなみに、何かを書き込むような緑色点滅は初回のみですが、このメッセージはエンジンかけるたびに出るので毎回OKを押す必要があります。

3 512GB(SDXC) FAT32
→使えるが、たぶん全量を使いきれない

基本的には使えるのですが、上にある「初回時にデータが書き込まれる」のところで、MOVE××というフォルダが作成されて…という話がありました。

このMOVE××のフォルダなのですが、最後が「MOVE99」でそれ以上は作られないようです。

一つのフォルダは1.75GBで、99個フォルダがあると使用量は174GB
実際全量使い録画したわけではありませんが、たぶん174GBしか書き込まれないと思います。

ので、512GBあってもしょうがない、ということになると思います。
256GBでも十分です。

4 64GB(SDXC) exFAT
5 64GB(SDXC) NTFS
→ピーコピーコエラー音なってなにも使えない。

まあ、何となくダメかなと思ってましたが、全くダメでした。
しばらくたったのち、エラー音とともに「ドライブレコーダーが動作できません」と出て終わりです。

ちなみに、その辺に転がっていた中華アクションカメラなどは、フォーマットをすればFAT32にフォーマットされなおして使えるようになりますが

通常時

右端に「ドライブレコーダー」のボタンがあります。
ここから設定なりカードのフォーマットなりを行うのですが

exFATやNTFSでフォーマットされたSDカードを入れた場合

そもそもドライブレコーダーのボタンがありません。
なので、ドラレコのみでFAT32にフォーマットし直すことはできません。

ということで、
・FAT32でフォーマットすれば、大容量のmicroSDでも使える
・ただし、174GB以上の容量は書き込まれないと思われるので、あまり大容量の物を買っても無駄が多くなる。
・「非対応のSDカード…」のokボタンを毎回押す必要がある。
となりました。

まあ、ここまでやっといてなんなんですが、普段使いなら純正16GBまたは32GBの物を使っておけばいいんじゃないでしょうかね?
確認ボタンも出ないですし、基本的にはループ録画なので容量があまり大きくなくても問題にはならなそうですし、何より純正で動作保証がありますし。

長距離ドライブなどで初めから最後まで記録を残しておきたい、とかであるなら大容量の物に交換するのもありかと思います。​​






最終更新日  2020.04.06 06:02:57
コメント(3) | コメントを書く
[PC:その他] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.