June 15, 2008

1昨日通ったばかりの付近が…

(49)
カテゴリ:自然
昨日、岩手・宮城内陸地震が土曜の朝の静けさを襲った。マグニチュ-ド7.2。震度6強。最大級の大地震だ。山あいを走る道路は、土砂崩れで寸断状態。土砂に生き埋めになった人、土石流で押し潰された旅館で行方不明になった人、崖から転落した観光バスの乗客など、阿鼻驚嘆の世界は想像を絶する。
今回の地震は、山間部に大きな被害があったわりに、家屋の倒壊などにはさほど被害はなかったようだ。これは東北特有の家屋の建て方にもあるそうだ。
厳冬期の家屋は積雪による屋根のつくり、頑丈な柱の使用、さらに窓の少ない間取りなどが、地震による揺れに耐震作用がはたらいたから、なそうだ。
これが東京などの都心部で発生したとしたら、いったいどうなるんだろう。考えただけでもゾッとする。

1時帰郷していた自分は、そんな被災地の近くを、1昨日車を飛ばして帰京した。
まさか2日後には、大震災に襲われるとは考えてもみなかった。
九死に一生を得たというたとえは当てはまらないかもしれないが、
いま考えてみれば、命拾いをしたようなきもする。





TWITTER

Last updated  June 15, 2008 01:29:20 PM
コメント(49) | コメントを書く
[自然] カテゴリの最新記事