Fan! Fan!

レコメン!『相葉とトーク』なな出演編

2004年4月2日なな In 相葉雅紀のレコメン!ARASHIリミックス

レコメン!
レコメンで採用されたらもらえる救急セットです!一見普通そうに見えますが、中身も普通です。(笑)
前に一回だけメールも読まれたことがあって、実はコレ2つ目!!(密かに3つ目目指し中)
とってもっても大事な宝物です!




みなさん、こんあいば~~♪
え~、このページは相葉くんのラジオ番組『嵐!相葉雅紀のレコメン!ARASHIリミックス』の中に『相葉とトーク!リスナーリミックス』というコーナーがあり、そこでうちの娘ななが相葉くんと電話でお話をして、4/2に放送されたのをレポしたものです。
あの時はHPもまだ立ち上げたばっかりで、ラジオレポするなんてこれっぽっちも念頭にありませんでした。(テンパってたし)
HPに来て下さる方からチラホラ「レポしたら読んでいいですよ」と言っていただいたので調子に乗って(笑)ずーずーしくページ作っちゃいました。
うっとおしいとは思いますが、ななと相葉くんの会話の間にワタクシまみの“心の声”がたびたび入ってます。(すまみせん・・)
イヤしかし、会話を書き留めるって意外と大変だった・・(汗)
相葉くんの笑い方独特だし・・(笑)
雰囲気、伝わってるかな??(テープリライターとか無理だな、私。)
とりあえず、あ「」と書いてあるセリフは相葉くんを思い浮かべて読んでみて下さいね♪

~~~○~~~○~~~○~~~○~~~○~~~○~~~○~~~○~~~○~~~○~~~○~~~○~~~○~~~~○~~~○~~~○~~~


ジングル「オレの気圧は2000ヘクトパスカル!! 嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス!!」(←ここから電話に入ってきました。)

あ「相葉とトーク!リスナーリミックス!
  相葉雅紀とリスナーが生電話でおしゃべりするコーナーです。
  今夜のリスナーはですね、福岡市のななちゃんです。
  え~ちょっとメールを読みたいと思います。」

  『相葉くん、こんにちは。毎週レコメン母と楽しく聞かせてもらっています。
  最近の相葉ちゃんはテンションが高くてすごく面白いですよ』
 
あ(照れながら)「あっ、ありがとうございます」

  『私はこの春、新中一になります。
  楽しみなこともあるけど、不安なこともいっぱいあります。
  先輩と上下関係や、友達がちゃんとできるか・・とか・・。
  私はすごく人見知りなんです。
  慣れればそんなことないんですが、はじめが全然ダメで、自分から話しかけるとか全然できないんです。
  そこで相葉ちゃんにぜひ友達ができる方法・アドバイスを教えてもらいたいです。
  相葉ちゃんなら友達ができる方法などいっぱい知ってそうだから、ぜひ教えてほしいです。
  よろしくお願いします。』

あ「・・というですね、福岡県のななちゃん!
  電話繋がっております。もしもーし!」(←ななの心拍数最大!!)

な「もしもしー」(←ちょっと可愛らしく・・)

あ「相葉ですけどもー」

な「あ、こんばんはー」

あ「こんばんはー。ななちゃんですか?」 な「はい」

あ「今度新中一になる、と」 な「はい、そうです」

あ「だからやっぱ不安なことも多いんですか?」

な「そうです」(←返事が固い・・(汗))

あ「じゃ、それ解消しようね、今日はね」 な「はい(笑)」

あ「じゃ、まず何から行く?」

な「えーと・・友達がいっぱいできる方法を」

あ「(笑)友達がいっぱいできる方法かー」

な「(笑)アドバイス、欲しいです」

あ「やー、オレもねーホントに友達少なくて困ってるんですよ」

な「うふふ・・(笑)」

あ「ホントに(笑)中一のななちゃんに言うのもなんなんですけどもね」 な「はい(笑)」

あ「うーん・・友達ってね、多分こっちからね?」 な「はい」

あ「友達欲しい、友達欲しいって思っててもやっぱ、そんな、できなゃないかなって、そういうもんじゃないんじゃないかなって」

な「あ~・・・(うなずく)」

あ「思うんだけどー」

な「はい」(←“はい”とか“あ~”とかしか言えないなな・・。緊張のあまり)

あ「ななちゃんは小学校が一緒だった子が、中学いっしょじゃないの?」

な「あ、いっしょです」

あ「いっしょ?ちょっといっしょなんだよね?半分ずつくらいだね?新しい学校から入ってくるんだよね?」

な「はいはい、そうです」(←返事は一回で(笑))

あ「そうだよね?」 な「はい」

あ「じゃーやっぱりー最初のさーアレじゃない?自己紹介」 な「はい」

あ「あのねー一番危ないのがー最初の自己紹介でウケを狙いすぎて、ハズす人いるでしょ?」 な「(笑)はい」

あ「あーいう子はあんまりねー最初にとっつき・・・とっつかれないって思うんだよね。なかなか友達が寄ってこないと思うんだよね」

な「あ~~・・なるほど」(なるほど・・ってオヤジくさい!)

あ「(笑)だから最初に自己紹介はフツーにやろうね」 な「はい(笑)わかりました」

あ「わかった?フツーに。・・練習する??」 な「えっっ??(驚き笑)」

あ「練習しよっか?」

な「あー・・じゃ、します」(ヤケクソ)

あ「はい、じゃ次の人」(いきなり始める??相葉雅紀!!)
   
な「はい。えーー・・え?えっと・・(汗)T小学校からやってきました、○○ななです」

あ「ンフフフ・・・」(うれしそーに笑)

な「え――・・・(笑)えっ?えっ?なんていったらいーのか・・・(大汗)」(結構パニック)

あ「すきなこととか、趣味とかさ」

な「あー!えっと、趣味は」 あ「うん」

な「『嵐』です!!」

あ「アハハ!!!やばい!!友達いなくなったらどーする??それで!そしたらオレもショックだからなー・・趣味『嵐』って!わかんないんじゃない??」(謙虚な嵐メンバー、相葉ちゃん(笑))

な「わかりますよー(笑)」 あ「わかるかなー?」

な「わかります。多分・・わかる・・」(自信なさげな嵐ファン、なな(笑))

あ「だいじょぶ??」 な「わかります!だいじょぶです」

あ「だいじょぶか!」 な「だいじょぶです」(ふたりとも“大丈夫”ではなく“だいじょぶ”って言い続ける。“グッジョブ”みたいな。少し頭悪そうだった(笑))

あ「じゃ、趣味は『嵐』です!」 な「趣味は『嵐』」 

あ「フハハハ!!!」 な「キャハハ!!」(少し打ち解けてきたなな)

あ「趣味は『嵐』です!で、好きな食べ物とか、嫌いな食べ物とかも言ったほうがいいんじゃないか?」

な「えー・・好きな食べ物はー!」 あ「うん」

な「えーと、お菓子が好き♪」 あ「お菓子が好き?」 な「そう」

あ「じゃ、ピノが好き!」 な「ピノが好き!!(笑)」

あ「ピノ好き?」 な「ピノ大好きです!」

あ「でしょ?じゃーそーしよう!じゃ、好きな食べ物はピノです」

な「ピノです。うふふ・・(笑)」

あ「で、嫌いな食べ物は?」

な「嫌いな食べ物はー」 あ「うん」

な「グリンピースが嫌いです」

あ「あ!いーね!グリンピース。キラワレモノだよね」 な「キラワレモノです」

あ「キラワレモのだよね(ンフ♪←笑いです)よくキラワレてる、あいつは」 な「(笑)はい」

あ「じゃ、それをゆってみよう!今!わかった?」 な「はい、わかりました」

あ「練習しようね。ハーイ、じゃ次の方」

な「はい、えと、T小学校から来ました、○○ななです。と、趣味はー嵐で」

あ「ンフフフ(笑)」

な「好きな食べ物はピノです」 あ「ん!」

な「嫌いな食べ物はグリンピースです」

あ「OK!もう友達100人できたね!!」 な「ヒャハハハ!」

あ「もうイケる!!」

な「えー・・クラスそんなにいませんよ(笑)」

あ「ヤハハハ!!そんないないか!!?」 な「すいません、いません(笑)」

あ「ンフフフ!いないけど、だからのちのちね、できるかもしれないでしょ?」 な「はい」

あ「だからそれはまー・・じゃ、自己紹介はOK!」 な「はい」

あ「ね?」 な「うん」(ここの会話、意味不明・・)

あ「次、なんだっけ?」 

な「次はー、あの、先輩との上下関係」

あ「あー先輩との上下関係ね」 な「はい」

あ「そうだよねー小学校の時にさー、上下関係とか気にした事ないでしょ?」 な「全然ないです」

あ「小6の人とかにさー「ウルセー!バーカ!」とか言っちゃうでしょ?」

な「(笑)い、言わないけど、」 あ「え?言わないけど?」

な「言わないけど・・」 あ「そこまでは言わないけどー」

な「言わないけどー・・カゲでは言ってるけど・・ハハ」

あ「(ひときわ大きい声で)カゲで言ってるんだ!!(笑)」

な「カゲでは言ってるけどー、先生の前とかでは言わない」

あ「うん、言わないよねー」 な「言わない(笑)」

あ「だからーなんかねーオレが中学校上がった時はーまずねー敬語から覚えていったね」

な「あ~・・」 あ「敬語。」 な「敬語ですね・・」 あ「そう、敬語ですよ」 な「(笑)」

あ「中学校1年でしょー?で、いろいろなさー部活とかも体験入部みたいな感じでさーいろんなの期間的に入ったりもできるじゃん、最初は」 な「あ~・・」

あ「で、いろんなとこオレは回ったんだけどさー。いろんなー・・ホラ、2年生・3年生の人たちに敬語使わなきゃいけなくなっちゃうんだよ」 な「ああ・・はいはい」

あ「だから敬語はちょっと覚えといた方がいいかもしれない」 な「あ、なるほど~」 あ「うん」

な「じゃ、今から覚えます」

あ「うん、そう、ちゃんとできてると思うよ、ななちゃん」

な「そうですか?」 あ「そうですよー」 な「エヘヘ・・」(うれしそう・・)

あ「敬語はだいじょぶ!!だからーそんなにねー・・ボクの学校で、オレが言ってた学校はあの体操服のね、シャツをね、1年生は絶対出しちゃいけないの、外に」 な「あ~・・」

あ「シャツをイン!!なの」 な「ハハハ!」

あ「インで、ウエストまでズボンあげないとね、先輩にすごい怒られるんですよ」 な「(笑)」

あ「そーいうのが多分学校によってあると思うんだよね、1年生は何を守んなきゃいけないみたいな」 な「あ~・・」

あ「それを早い段階で見つけてー・・ね?」 な「はい」

あ「でーそれをちゃんと・・服装なのか、言葉遣いなのか、まだわからないよ?ななちゃんの行く学校だから・・。それを見つけてそれをちょっと、ちょっとの間、守っといた方が目につけられないんじゃないかな?」

な「あー、わかりました」

あ「そしたら先輩も怖くないと思う」 な「わかりました」

あ「わかった?」 な「あ、わかりました」

あ「じゃー、ななちゃん最後にー」 な「はい」

あ「ななちゃんの好きな曲教えてもらってもいいですか?」

な「はい、えっとー島谷ひとみさんの亜麻色の髪の乙女」(嵐以外の曲で・・とスタッフさんに言われてたんです。もちろん嵐がよかったんだけど)

あ「じゃーこれあとでかけるから、聞いててね、ななちゃん」(この「聞いててね、ななちゃん」がもう優しくて、甘くて、ノックダウン!)

な「はい、絶対聞きます!」

あ「うん、ありがとね!今日はどうもありがとう!!」

な「ありがとうございました」

あ「がんばってね!ななちゃん!」 な「はい、がんばりまーす!」

あ「じゃーね」 な「じゃーね」

あ「バイバーイ♪」 な「バイバーイ♪」

おしまいε(*´・∀・)з ε(・∀・`*)з

・・・いかがでしたでしょうか??
えー・・こうして改めて聞くと意外と楽しそうにしゃべってたんですね~。
相葉くん優しかったし。
今回UPしたのはラジオで放送された部分だけでしたが、うちの電話にはラジオでカットされた部分も入っています。
書くと異常に長くなるので書けませんでした。
・・ほんとはなんとなくもったいなくて書けませんでした(オイ!)
その部分もまた機会があれば・・・。

この時のアドバイスのおかげで(?)ななは中学校生活すぐなじめました(笑)相葉くん、(人´∀`o)ぁ,*゜;;り,。;が,,と*,ぅ゜;,,(o´∀`人)
ちなみに自己紹介はなかったそうです。
せっかく「趣味は嵐!」って言おうと思ってたのに・・(ウソつけ!!)

このラジオ出演(?)一生の記念です。宝物です。
でも母は相葉くんとしゃべるなんてできそうにありません・・。
ななのテンパリ具合を見て、恐ろしくなりました(笑)
胃がひっくり返ってたもん。ハハ。

最後にななのコメントを。
「はっ、恥ずかしいっっっ!!!(/////)って、いまさら遅い・・?(泣)」

byまみ




Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.