Fan! Fan!

全1622件 (1622件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2018年09月30日
XML
テーマ:Hey!Say!JUMP(7)
カテゴリ:カテゴリ未分類

「SENSE or LOVE」静岡公演初日に行って参りました。

 

今まで母親もしくは友人としか入ったことないジャニーズコンサートに、初めて1人で。

 

母と行く予定で申し込んだ東京公演は当たり前のように落選し、なんとか遠征できる範囲で和歌山と静岡に希望枚数1枚で応募していたのですが、静岡公演の初日のみ当選。
”ダンス”をテーマにしたアルバムを引っ提げたコンサート、どうしても見たい気持ちしかなかったのですが、一緒にコンサートに入れるようなJUMP好きなのお友だちがいないので頼れるのは自分の名義のみ…というところで、なんとか首の皮1枚繋がった大事な1公演でした。

 

アリーナクラスは近年マリンメッセ福岡にしか行ってなくて、なんなら1万人規模の箱は11年前に行った広島グリーンアリーナ以来で、小さな箱だとどんな席でも近くて楽しめることを知っていたからこそ、もう当選がわかった日から楽しみで楽しみで仕方がなかった。
ほんと、9月15日のために2ヶ月くらい生きてましたからね!!人生に全力投球してましたからね!!! ​

 

そんなこんなで迎えたSENE or LOVEコンサート静岡公演の感想(というか自分のための備忘録、雑記)を書き残します。

 

※残念ながらMCなどの詳細は覚えていない頭ですがそこは有難いことにいろんな方があちこちで書いてくださっているので、私は心置きなく自分の感想を書かせていただきます。ほんと、レポではなく感想文です。

 


ひとまずコンサート後にホテルで書き殴った感想をセトリに沿いつつ箇条書きします↓

 

 

・17時の開演時刻、メインステージ上に吊るされていたツアータイトルロゴ(SとLでできたハート)のオブジェが「ドクン」という心臓音に似たリズムに合わせて光り出します。少しずつ速くなるリズムに、会場の心拍数も一緒に上がっていくような演出。ここ、とってもドキドキしました…!
・暗転後、アルバムの雰囲気を反映したようなお洒落なオープニング映像。白黒(でしたよね?)なのがまたオツ。いつものようにメンバー1人ずつ出てくる演出で、それぞれ物を使ったり自分自身で音を奏でている。
・最後、絶対エースが「SENE or LOVE」と言うと会場のボルテージは最高潮に。ところで、「LOVE」の、特に「L」と「V」の発音ちゃんとしてたの良くなかったですか
・センターステから8人が登場してBANGER NIGHT。赤と黒のキラキラした衣装で、1曲目からガツガツ踊る!生BANGERめちゃくちゃカッコよかったです
Precious girlまでしっかり踊ってくれた後、OLE!で客席へ近づいて会場を盛り上げてくれました。曲自体は、圭人へ贈る歌なんだなぁくらいにしか思っていませんでしたが、とにかくこの曲は振り付けが可愛すぎるしJUMPが楽しそうでした。彼らが横並びで踊るだけで、どうしてこんなにも心が潤うのでしょうか…。確実に現場に行って好感度上がるタイプの楽曲です
・最初の数曲がこのコンサートにおける第1章で、その締め括りがJourneyというイメージ
・3人のHey!Say!7によるVirtual Buuterfly。NYでみっちり練習した成果が出ていました。でも正直かっこよい、しか記憶にない(ごめん)
・有岡くんのBubble Gumは、有岡くんの可愛いとカッコいいが完璧に詰まっていました。それまでカッコよく踊っていたのにオチでGum踏んでしまうとこ、最後ペコッてお辞儀するところまでセルフプロデュースがかなり上手だと感じました
条件反射は親子席(今は着席ブロックと言うのだろうか)には刺激が強くなかったか…?どっちかというと「伊野尾&高木」のパフォーマンスになっていたけど、伊野尾担さんはそれで良かったのだろうか。しかもこの曲の高木雄也、無駄にエロさ全開(いのちゃんのソロ曲なのに!)
・いのちゃんのソロ終わりに赤いハートの被り物と全身黒タイツを身に着けた薮・八乙女・有岡が登場し、しばし茶番。末っ子3人がキメッキメだった中、兄ちゃんたちはスンダDnaceで楽しいことやりたい放題、JUMPはこの図が楽しいんだよなぁ。
・光くんが「ずんだ?ルンバ?サンバ?(手を電話の形にして耳に当て)OVER?」ってやってた流れがくだらなくてツボにハマってしまった
・スンダは結構C&R覚えていったのに自分が思ったより周りがノってなくて戸惑った…え?みんな\フッフー!/ってやらないの…??ぷっちょへんざ~~!って言われて手上げないの…???
・最も楽しみにしていたソロ曲が159だったけど、期待を裏切らない知念様の演出は最初から最後まで楽しくて最高でした。やぶひかを平然と脇役にして主役で輝ける知念くん、「158」のキメ台詞の時なんてやぶひか椅子代わりにしちゃう知念くん天才の塊かよ…。
・椅子、ハット、ステッキと今まで数々の物とプレイするJUMP見てきましたが、Jelous guyはまさかの”柵”プレイ。柵のようなセットをすり抜けたり、向こう側に手を伸ばして届きそうで届かない、そんなもどかしいこの曲を表現してみたり、終始シャレオツな演出。
・初めて1人でコンサートに来て縮こまっていた私に(周り、自分より若い子だらけだしぃ…)、One & One Makes Twoで「大胆になっても構わないさ こんなに素敵な時を焼き付けよう」とJUMPが言ってくれたおかげで、夢中になって一緒にワナワンの可愛らしい振り付けを踊って最後は高木くんの音頭で会場全体でペンラウェーブをやって、「忘れられないSummer」になりました。この曲を静岡で聞くまで夏は終われない!と勝手に意気込んでいたので、無事私の夏が幕を閉じました(笑)
キミアトラクションの「キミがナンバーワン」の台詞部分で、先日いたジャンでチャレンジしていた「トゥギャザーしようぜ!」を少しずつハイテンションになりながら言うやつを実行してました(もちろん仕掛け人は出だしのいのちゃん)。有岡くんがはちゃめちゃなテンションだったため、大サビ後の出番を控えていた山田くんが超困り顔で笑ってたのがこの日イチのツボ…可愛すぎ…みんなもっと山田くんを困らせてくれ!!!
最終的には山田くんも溜めに溜めてからの全力トゥギャザーしようぜをやり切ってました!さすがはエース、ハードルはちゃんと超える!
マエヲムケはTV披露ではかっちりめのジャケットが多かったけど、今回はメンバーカラーひらひら衣装。それはそれで踊る度にひらっひらして可愛かった!


~MC~
自分の中で面白くて心に残っているものだけ書き出します
・スタンド席上段の方に話しかけた薮ちゃんに向かって\ゆーとー!/と叫んだファンに「それはダメだよ!」ってガチ説教を始めた真面目裕翔くん。裕翔くん全体的にボケ役多かったけどここはいつものマジレスキャラ発揮でした
・いつまでそのキャラ貫くの?と聞かれ「んー、80歳まで」と答える知念くん。腰が曲がって身長は縮むだろうから「159が155、153…ってなっていくかも」知念が面白いぞ…
・センターステからメインステに移動中、水とかタオルが入ったカゴを持っている山田くんが有岡くんに「カゴ持てよ!!」と脅し(?)にかかる。知念くんから「大ちゃん言った方がいいよ、俺先輩だぞって」と真面目アドバイスを受け、「オレ先輩だぞ!!(※全然怖くない)」とその通りに言う有岡先輩。後輩に流されるがままのいじられキャラ有岡先輩

 

題名の無い物語は辛口コメントで申し訳ないですが、高木くんの歌唱力がもっと伸びると良い世界観が出せるはず…!
流星の詩の時に改めて薮ちゃんの歌唱力が沁みた…。あの曲とても薮ちゃんの声に合っていてステキですね。知念ちゃんのダンスも曲の世界観をキレイに表現できていてとても良いコンビだなぁと思いました
女王蜂に関しては期待値が高すぎたため、尺が短くてむっちゃくちゃ悔しかった。あの曲をあえてバンドでやろうとしたJUMPのチャレンジ精神はとっても良いと思ったしオトナっぽくて今の彼らならではだと思ったのに、あの尺の短さは許せない~!もっと堪能させてほしかった
・続くバンド曲FLASH。この曲の時、双眼鏡で薮ちゃんのギター姿を拝見しカッコよくて驚愕する。似合いすぎませんか?いのあり仲良しコンビが前後にゆらゆら揺れてノリノリだったの可愛かったです
・今回セトリを事前に見た時にチョコラタの文字を見て「はい勝訴!」と思ったからか知らんけど、チョコラタに関してコンサート後の殴り書きに「勝訴」とだけ書いてあって今笑ってます なんてことはさておき、ツアー初日に出だしの「チョコラタ(ウィスパーボイス)」聞けた人たちがほんっっと羨ましい。この曲を歌うって知ってても、最初の部分すっごい鳥肌たった!知らずに聞いたら尚のことテンション上がっただろうな~その時の喜びの渦中にいたかった…!
・バクステ付近のファンのみなさんは、あんな1メートルもないくらいの近さで我 I Need Youを見た後は息してたのだろうか 
・ドゥリラゲ…でなくDo it againは、巷での噂通りTHE・YAMADA・WORLD全開でもう…感服でした。「強いて言うなら山田担」という前置きを全力でしたうえで書きますが、山田くんが美しかったとかカッコよかったキレイだったというよりも、山田くんによる山田くんのための山田くんの世界を120%ほどの濃度であの時間内に収めたことが凄すぎる、という意味合いです。あそこまで振り切った演出をやりたいと思い、キメ顔でやってのける山田くんはマジで尊敬する(羽が舞うし、あ、ここ脱ぐ!ってとこで脱ぐし)。
でもごめん、もうアラサーのおばちゃんは目をハートにして浸ることはできんかった、ただただすげぇ~って尊敬の眼差しで見ることしかできんかった、そこは若い子に託す…
PINKはCDより断然現場の方が良かった!男らしい光くんカッコいい!
Waiting for the rainの裕翔くんは丈の長いジャケットがとてもお似合いだった上にタップダンスで爆イケがすぎた
・サングラスを全員着用して登場したTO THE GALAXY、途中センターステージが斜めになってガシガシ踊ってるとこはなかなかの斜度で足を滑らせないかハラハラしていた…盛り上がる演出の一つだけどもGをかける必要はあるのか…
大サビの「この先へ~♪」を歌っている時の裕翔くんの目が会場にいる女子全員をオトしにかかるレベルでたまらなかった
Dance The Night Awayは、なぜセトリのこの部分にもってきたのか疑問でしたが、パンフ読んで納得。もともとこの曲はリード曲候補だったのね。確かにBANGER~は攻めまくっていたけど、この曲は楽しさ&可愛さがJUMPらしく融合されてて見ていてとても楽しかった!ぜひもう1回見たい。
White Loveをきちんと踊ってくれたのは大きい。キラッキラなJUMPで、そうそう!やっぱりJUMPと言えばコレだよ!と、どうしても思ってしまう。「心に咲いた花を~」の裕翔くんだとか、「Lady」な知念ちゃんとかが生で見れて大満足
ウィークエンダー真剣SUNSHINEの時に自分がいるスタンド側に山田くんがトロッコで来てくれて、この日1番近くで見ることができました。笑顔でファンに手を振る姿は可愛らしく、飛び散る汗までも美しかった(変態か)
COSMIC☆HUMANは最初こそ踊らなかったけどサビで敬礼ポーズして左右に揺れる振り付けのやまゆとがすっごい可愛くて好きて、そこだけ双眼鏡で拝めたのは眼福でございました
・最後の曲はまたこの場所で、このコンサート初めての全員でバラード。なんと言っても「は 」のゆとやまハモリパート、CDだけじゃここのハモりが裕翔くんって知らなかったので衝撃を受けましたし、向かい合ってハモるという演出が良すぎるし、そこがアカペラなのも星が流れる演出も最高だった。
気になったのは、この曲でJUMPが去った後すぐに座るお客さんが多かったこと。悪くはないですが、まだ本編終わっていないのになぁ~本人たち去ったらそれでいいんか~い。って心の中では思ってました。
・アンコール曲を踊るって珍しいですよね。そんなとこまでダンスに拘るダンスがテーマが今回のツアー素晴らしい
・もともとみんな知念くんに甘々なのに静岡という地元にいる知念くんには甘々×100くらいで、想像以上に知念くんに優しい世界すぎた…
・会場見渡して、山田担が減ったなぁという印象を受けました。以前に比べて他メンバーのファンが増えたかなという意味合いで、人気が1人に集中しているうちはグループとしてはまだまだ成長途中だと思うので、これはグループ全体としては良いことだと感じました。個々の力が上がることこそグループ力の向上!
・全体通してやまゆとのビジュアルが最強すぎました、ありがとうございました

 

 

最後に、全体的な感想を。

 

私は2016年DEAR.公演で初めてJUMPのコンサートを拝見したド新規なので、いろんな方がレポで書かれていた「やっと"アルバム"ツアーをやってくれた!」っていうのはなるほど確かに…くらいしか感じなかったんですが、とにかく感嘆したのはほぼ全曲踊りっぱというALLダンスなステージ構成。
1曲目のBANGER NIGHTからアンコール曲のありせかまで、こんなに踊るステージは久しぶり?いや初めてかも?ってくらい。
もともとジャニーズは踊ってナンボじゃ!と思っているタイプなので、見終わった後の満足感が半端ではなかったです。JUMPファンはもちろん、そういったジャニーズの踊っている姿がとにかく好きなみなさんにも見ていただきたい。そう思うステージでした。


私はファンサとか近くに来て欲しいって気持ちより、やっぱり構成のクオリティとかダンスレベルとか、そっちの方に重きを置いて見ているので今回のステージ構成に不満はそうなかったですが、やっぱり今までのスタンスからすると今回花道を無くしたステージはJUMPにとってはかなりの挑戦だったのだろうな、と。
後輩が続々とデビューして、じわりじわりとその勢いを増していく中で、11年目の自分たちはこれからどうするのか、どうしていきたいのかを考え、全員が変化を望んだんだっていうことがひしひしと伝わってきました。
どうしても年齢重ねると昔と同じようなパフォーマンスをすることが難しいのは重々承知なので、そういった変化が出てくるのは仕方がないことだと思います。しかし、JUMPの場合はそんな後ろ向きな理由からでなく、「今回はダンスで満足させます」といったそんな前向きな宣言的なものにも捉えられるなと思わせてくれるステージにしてくれたと感じます。ちょっと大人だったり、ハードだったり、見たことないJUMPの顔が見えましたから。


でも、以前と同じようなキラキラな部分も、JUMPらしい清潔感溢れる部分も忘れないでいてくれて、そんな場面を見るとやっぱり彼らの強みは間違いなくコレだ!って思ってしまうのよね。
こんなにもれなく全員キラキラしているグループはなかなかない。絶対にグループとしてのストロングポイントだから、その部分もこの先ずっと忘れないうえで新しいことにどんどんチャレンジしていって欲しい、とキラキラした曲では思わざるを得ませんでした。


とは言え、正直もっと磨ける部分もあったと感じるので、テコ入れすればこのコンサートは確実にもっともっと良くなると思います。今回セトリ落ちしたアルバム曲を拾ってくれるとともに、冬のドーム公演ではさらに良くなっているのではないかなと期待が大きいです(まだ当たるかわからないけど…)


ちなみに席はスタンド端の方だったんですが(2連~4連で座席割り振ってたら1席余ったからまぁ当ててやるかbyコンサート事務局 的な、ほんとにそんな席でした…)それでも双眼鏡無しの肉眼で見えるほどの狭さなエコパアリーナ万歳でした…。
しかし今回のこのコンサート、”肉眼で全体が見える”ことはとても大事だと思います。体育館ツアーなんて揶揄され、なぜこんな小さな会場でやることになったのか色んな憶測が飛び交いましたが、あのダンスステージを魅せるという観点だけで言うとあの規模で良かったのではないかなと思います。
まぁそれ以外は落選してる人がいるから全然良くないですけどね!結果的に追加でドームが決まったからなんだったんだってなっているけど、小さい箱で、肉眼で彼らの渾身のパフォーマンスを見ることができた幸せはずっと噛み締めていきたいです。

 


最初にアルバム情報が出た時に「ダンスがテーマ」という一文を見て「絶対自分が好きなやつだ」と確信し、さらに会場までも小さいとなればそんなの何がなんでも行かなければ…!と思った勢いで降り立ったこともない静岡にたった1人で申し込んでみた自分の心意気を本当に褒めたい。あと当ててくれたチケットの神様、本当にありがとうございました。見に行って良かった!最高だった!

冬もまた、彼らに会えますように。

 


なな







最終更新日  2018年09月30日 17時46分05秒
コメント(0) | コメントを書く


2017年10月21日
カテゴリ:
​​

みなさん、元気ですか。
嵐ニューアルバム「untitled」、聞いてますか。

連日、寝ても覚めてもUBゆーびーユービー言ってるので、もうブログに吐き出すことにしました。
​この萌えを!この尊さを!!​
にのあいのユニット曲があると知った時、それだけでも十分夢のようなことだった。
にのあいなら別にどんな曲でも私文句言わない、2人が一緒に1曲歌う、それでだけでいいよと思っていたんだけど、


​​こんな名曲だなんて聞いてない。​

ほんとに。
ちょうどフラゲの日飲み会で、帰宅したのが12時過ぎてたけど、次の日休みだったしいてもたってもいられなかったので、UBを1番最初に聞いたんです。

​​

泣けるなんて聞いてないっっ!!!
​※飲み会と言いつつ、下戸なので酒は飲んでいなかった​​



壮大な音楽が流れてきて、にのあいの優しい声が私を包み込んだ午前1時。
そして1度聞いただけで確信したのです。
今年の(個人的)楽曲大賞は間違いなくこれだ、と。
そんなこんなで2017出会った色んな楽曲をいっきに掻っ攫っていくほどの破壊力だったUB。
にのあい担に白旗を降らせたUBのすごいと思うところを今日は書きたいと思います。

UBのここがすごい①にのあいの歌声の魅力が最大限

嵐の曲聞いてても思うんですが、にのあいのユニゾンがとても好きです。
二人とも歌声がとても優しくて甘いから、優しい気持ちになれる。
UBは、そんな二人の歌声がとても引き立つ楽曲。
優しいBGMににのあいの柔らかな歌声が乗ると、
優しいアンド優しいでもう優しいが飽和状態!耳が溶けそうだ!!
よくぞこの曲調をにのあいに持ってきてくれた!って思う。

​UBのここがすごい②にのあい=ユニットバスが成り立っちゃってるところ

​タイトルがUBって出てから「UBとはなんだ!?」と、ファンの間であれやこれやとUB案が出てて、まさかユニットバスなわけないよね~!なんて思ってたらユニットバスだった。
でも、私が考えてたユニットバスの曲と違う…
何かとツアー中にお風呂ネタが発生する彼らだから、それはもう面白おかしい歌になるんだろなぁって思ってたのに…
まさか、ユニットバス=にのあい にしてしまうなんて、そんなこと考えたことなかった。

二宮:でも考えたら 君はいつだって 熱いシャワーでみんなをほら包んでる
​相葉:いや君こそが 大きな心さ 小さなこと 水に流してくれる​​

お風呂、トイレが見たお互いのことを歌ってるけど、二宮くん、相葉くんが見たお互いのこと​とイコールになってる。
二宮くんから見た相葉くんは、その明るさで周りを包んでくれる存在。
相葉くんから見た二宮くんは、小さなとこに気付いて手を差し伸べてくれる存在。
この曲では、トイレ=二宮、お風呂=相葉​なんだと気付く。

な、なんという等式が出来てしまったんだ…
これからユニットバスに出会う度に拗らせなければならない…
この距離感が愛おしい~とか思ってしまうではないか…こわい…。​

​ユニットバスの曲で泣くなんて誰が予想していた?
にのあいをユニットバスに当てはめたらいいじゃん!って最初に思った人天才だと思う。
弟子入りさせてください。

UBのここがすごい③もはや「離れたい」って歌っちゃう

​ずっと一緒にいようね☆これから先ずっと☆みたいな歌ってたくさんあるけど、
この曲は1番でしきりに「Need to leave」と歌ってます。​
​​「同じものを見た時間が長すぎた」から、「Wanna be alone」と。​​

離れたいって言って、「まぁ、それもわかる」みたいになる関係になるまで、結構な時間を要
すると思う。
「それだけ一緒にいるよね、ずっと一緒だよね」って自他ともに共通認識がないと言えなくて、「え・・・まかさ不仲!?」なんて聞いているこっちが心配になるような関係性でも言えなくて。


離れたいって言っても違和感ないほど一緒にいて、お互いを知っている。
でもそれは決して本心ではなくて、結局戻るのはココだもんねっていう安心感がある。
周りにも言われるほどにJr.時代からずーっと一緒にいたニコイチなにのあいだからこそ、歌詞にできた言葉ではないかと。

UBのここがすごい④尊い

​なんだかんだ言いましたが結局この言葉に集約されます。
26年間生きてきて、初めて尊いという言葉の重みを知りました(?)
人って、本当に尊いと泣くんですね…(仏の顔)
もはやにのあいって自分の中でそこまでのレベルに達していたんだと実感もしました。
二人でいることが正義なんだと。


​​座談会で言ってた「​テーマは言えない​​」「感じてもらって」っていうのは
勝手に言葉にできないにのあいヒストリーだと思ってますから!!
​​そりゃ簡単に言葉にできないし歌にできないよねにのあいの歴史なんて~~!​​​​

普段二宮さんのTOPぶりを拝見することが多くあったり相葉さんもまんざらでもなさそうに「俺のこと好きなんだろ?」って言っちゃったりするけど
そんな二人がこの曲ばかりは隣に並んで同じ歩幅で前を向いて確かに歩いてる…!!
はぁ…眩しい尊い拝むしかない…

​​​​​って思ってたら最後に
​肝心なとこで 一緒だって分かる 付かず離れず今日もまた 君と並んでいる​
なんてユニゾンされたらもう無理だね~~~~泣くしかないね~~~~!!!!!!​​
2017ベストオブ尊い!!にのあいが出会ってくれてありがとう!!!
君と同じ時代に生まれてきた僕らはツイてる!!!!!(突然のFrom.)




はい。
以上、私のUBここがすごい語りでした。
今年のコンサートはUBだけのために7,000円払える。(UB聞くまで5,000円だったけど値上がりしましたよ)
しかも、コンサートでは踊るらしいので!!
歌うだけじゃなくて踊ってくれるなんて、これはもう括目するしかない!!!
でも今のままじゃ二宮さんの「Listen...」から涙腺が崩壊する気しかしないので!!!!
せめて曲聞くだけで涙出そうになるのはやめようと、今から耐性つけるために、
コンサートまでに毎日たくさん聞きまぁーす!!!!


byなな







最終更新日  2017年10月21日 19時09分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年09月30日
テーマ:Hey!Say!JUMP(7)
カテゴリ:カテゴリ未分類

​お久しぶりです、ななです。

すっかり秋めいてきましたね。
みなさん、今年の夏はいかがでしたか?
私のこの夏をお洒落メニュー風に申しますと、「Hey! Say! JUMP~山田くんを添えて~」という感じでした。

え?なに?嵐じゃねーの?って思われるでしょうが、正直、この夏は圧倒的に嵐よりJUMP聴いてたし、見てたし、どうにも言い訳ができないレベルでして…。

8月に、I/Oツアー福岡公演に行ってきました。
昨年に引き続き2度目です。ジャニコンは結構な経験値ありますが、JUMPだけで言うとまだまだ初心者レベル!
去年とっても楽しかったし、箱がアリーナだし、もちろんまた行きたい!と、10周年という記念ツアーにもかかわらずそんな意識のペーペーが行ってしまって申し訳ない気持ちも多少ありましたが、、(でも行きたい気持ちは止められなかったんだ、、)
今年からデジタル形式が若干導入され、チケットは事前に届くものの座席の記載がなく、当日チケットのQRコードを読み取ると初めて座席番号の書かれた紙が出てくるという仕組み。
こちらは本当に初体験でした。当日会場に行くまでどの席かわからない…という、ドキドキを抱え、いざッ、入場。
入口で係の人にチケットを機械にかざしてもらい、出てきた座席番号票を受け取るとると…ななななんと近年稀に見るアリーナ・花道最前の良席。
え?え?!?まじでこんな良い席で見れるの今日!!
どうしよう私ウン十年前購入したジャニーズペンライトしか持ってない、、!(汗)ご、ごごごめんなさいこんな良い席に座ってしまって!!!(汗汗)
と、嬉しい気持ちよりもJUMPくん、JUMPファンのみなさんに申し訳ない気持ちが芽生えてしまいました。こんなことなら、なんでもいいからうちわ持ってくるべきだった…ペンライト買うべきだった…!それが花道最前としての最低限のマナー…!(※完全なる持論です)

そんなこと言ったって指定席なわけで開演30分前なわけで、小さくなりながらも見てきました。会ってきました。デビュー10年目のJUMPくんたちに。
久々にあんなに良い席でコンサート見ました。しかもマリンメッセ!ドームじゃないから普通にしてても肉眼で見えるのに、もう見えすぎて嘘じゃない??って何度も思いましたもん。
すぐそばを通るJUMPくんたちを、ひたすらじっと見ました。うちわもなんもないから、アピールすることもなく、ただただ近くで拝見いたしました!
近くで見るともちろん、キラキラなアイドルなんですが、やっぱり同年代ってこともあって(真ん中の有岡くんと同い年なんです)、近くにいたとしたら、友だち・同期・年の近い先輩・後輩かぁ…って思うと、少しだけ親しみを感じました。

全員、近くて歌って踊る姿を拝見しましたが、中でも群を抜いて印象的だったのが絶対エース山田くんです。
去年はスタンドにトロッコで来てくれた時、残念ながらお尻を向けていたので近くでお顔は見れませんでしたが、今年はバッチリ、そのオーラとイケメンっぷりを確認することができました。
わりと書きたいことあれやこれやあって頭がパルプンテですが、まずは山田くんのことから書こう。

冒頭で言ったように、今年の夏はJUMPの中でも山田くんの見る目が変わったとこがあります。
これまでも、ジャニーズトップレベルのイケメンであることも含め、もちろん彼のことは存じ上げておりましたし、昨年も生で見てはいたんですが、
今回、座席の近さと、さっき言ったように「近くにいたとしたら…」っていう視点で見たことがきっかけではあるかもしれません。
近くにいたら、年の近い後輩。
2コ下、会社の2コ下というと、あの子たちと同い年…
そう思ってステージ上にいる山田くん見たら、素直に「すげぇな」って思いました。
24歳でデビュー10周年のグループの絶対エース担ってて、その名に恥じぬ立ち居振る舞いをするんですよね。

私が社会人になっていて、ジャニーズつったって仕事だ!っていう目で見るようになったのも大いにあるかもしれない。
きっと学生の頃の私が見てもこうした視点では見てなかっただろうな…
コンサートは、お客さん一人ひとりが決して安くない何千円ものお金を払ってアイドルに会いに来てる。見に来ている。
だから、手を抜くなんてことがあっては絶対ならない!!って私は思うのです。ステージに立つ数時間は最高のパフォーマンスをしようと努めて欲しいのです。

それが、山田くんって徹底されているのです。とにっかくステージに立つとキラッキラしてるんですよね。
ダンスも歌も手を抜かない。
JUMPはもともとダンススキルがものすごく高いグループだとは思うんのですが、ダンスってセンターのカラーが大いに出ると思っています。
いくら個々のスキルが高くてもセンターによって良くも悪くもそれは左右されると思うし…
このグループは、センターの山田くんがパリッパリした動きをするから、ダンスの完成度はより高度。
しかも、ちゃんとファンサービスも忘れない山田くんは、ちょこちょこダンスの合間にカメラに向かってウインクしたり、不敵な笑みを浮かべたりする!
そんなのって、ダンスを覚えに覚えて余裕が出ないと無理じゃない!?増してやセンターで真ん前で、前の人に合わせて踊りゃいいかぁなんてこともできない立ち位置で
人一倍大変なポジションでもそんなことできるってこたぁ、あんたどれだけ練習したの!?あんなに忙しいのに!?
と思ってしまうわけです。


これを「才能」と言ってしまえばそれまでですが、それで片づけるのはちょっと惜しいかな、と思った理由もちゃんとあります。
結局山田くんって仕事に対してどういうモチベーションで、どういう気持ちで臨んでいるのかな?というのが気になって調べたことがあります。
そこで見つけた記事がこちら。

モデルプレス - Hey! Say! JUMP山田涼介“天才は才能を意識しない”―ひとつの卒業で得たモノ「ここからがスタート」

そこで山田くんは仕事についてこんな発言をしていました。

「周りの評価はもちろん大事だけど、僕は全力でやっているから。それがこの仕事において、最も大事なことだと思うんです。
中途半端な仕事をしていたら、何を言われても文句は言えませんが、僕はすべて本気です」

 

「僕は基本的に人見知りだし、あまり人前に出るタイプではないので」と、“アイドル”の肩書きがとてつもなく似合う彼からは想像もできない答えが返ってきた。
グループのセンターでキラキラと歌い踊る姿と普段のギャップには、「そりゃ仕事だもの(笑)!」と笑う。

なるほど…やはり、彼はステージ立つ間は「仕事」だと割り切って、キラキラした自分を演じていたわけで、でも仕事に対して「全力でやること」が彼のモットーである。
才能も確かにあるかもしれないけど、それ以上に仕事に対する全力な姿勢。仕事のためなら努力をする。
だから、私の心に響いたんだ…!と、この記事を見た時に納得しました。

仕事だと割り切っていたとしても、やる気なく手を抜いてステージに立たれるよりも全然いい。
だって、仕事なんだから!お金貰っているんだから、全力でやらなくてどーする!!お客さんに失礼だ!!!(※持論)
そして現状、私も入社して4年になり、だんだんと自分のポジションが変化しつつあって、
責任感や仕事量がアップしていく中で、山田くんのことを見て、自分より年が下の彼がこれだけやっている!っていうことに衝撃を受けたんだと思います。
絶対エースの重圧は相当なものだろうに、それを彼は背負い続けてここまできた。ものすごい24歳ですよ…。
今まで年上ジャニーズばっかり見てきた私が、ふと後ろ向いたらすげぇ奴いたよ、みたいな。
なんというか、今は社会人として尊敬します、山田くんのことを。
その姿勢は、ぜひとも見習わせていただきたいと、おこがましいけれども感じた夏でした。

…わりと内面なことばかり書いたけど、整いすぎなほどあるお顔ももちろん堪能しております(笑)
どの写真見ても100%イケメンだし、どれも二次元みがあって楽しいです!!
おかげ様で「二次元みのある山田涼介」写真フォルダができました。たまに見て癒されてます。


ほんと二次元好きにおすすめしたいのはJUMPかもしれない。
JUMPくんは、アイドル・ジャニーズとしては本当模範的な正統派っぷり。
いちばんキラキラ感強くて夢見させてくれるし、なんてったってセンターがほんと二次元から出てきたようなのだから。
前々からテレビでJUMPくんたちのパフォーマンスを見る度にホッとするな~と思ってた要因はここだろうなぁ。
いろんなタイプのジャニーズがいるけど、この子たちが絶対に元来のジャニーズらしさを守ってくれる!期待に応えてくれる!っていう。
そしてそれが、大真面目なセンターがいるなら、尚更安心だ。
そんなJUMPのコンサートの魅力を知ったことも書いておこう。


結局、I/O福岡公演後、ずっと気になっていた「smart」コンサートDVD購入まで至りましたが、結構コレが思った以上の衝撃でした。
(まさかのI/Oコンのことじゃなくてごめんなさい)
もともとアルバムが好きだったのもあったので見たくて買ったのですが、めちゃくちゃ素晴らしいコンサートだった、これが!
嵐以外で素晴らしいコンサートだなって思ったの、NEWSのDIAMOND以来なんですが、それ以上の衝撃でした。
少しずつ日を分けて見ようと思っていたのですが、止めどころがわからなかった。全部見どころすぎて!
ずっと踊ってるし、息つく暇がないほど魅せるし、構成が素晴らしい。9人の踊りが揃う姿は圧巻です。
中でもお気に入りは、

・RELOAD(顔が見えなくてもかっこいい山田くん、てか作った有岡くん天才?)
・Ride With Me(無音で踊るとこ好きすぎる)
・Come back...?(あの演出考えた人ノーベル賞、てか作った光くん天才?)
・School Girl(全員可愛すぎ。振り幅すごい)

強いて言うならってレベルでどこも見どころだったので、思わず見入りすぎて久しぶりに疲れるコンサートだった(褒め言葉)
まさしく、私が求めているコンサート理想像そのもの!
とにかく歌って踊るジャニーズが見たいのだ!っていう希望をぎゅっと詰め込んでありました。
さらにそのアレンジや構成が完成度高いから、
完成度高いアルバム+完成度高い構成=完成度高すぎるコンサート となっていたのです。
ジャニファンにオススメしたいコンサートDVDかもしれない…。​


でも、これってきっと、若くて、リハの時間もしっかりとれていたこそ出来たコンサートなのでしょう。
昔嵐もそうだった…。
今、アリーナクラスの会場なんてとんでもないし、リハの時間なんてほんと昔の何分の一なんでしょうか。
そう考えると、彼らはドーム公演を、もっと上に行くことを望んでいるようですが、
ファンの子たちのことを考えると「どうかこのままで…」と願わずにはいられません。
このコンサートのクオリティは、ぜひ彼らには維持し続けてほしい。
ダンススキルがこれだけ高いメンバーが9人も揃ったグループだから、それを余すことなく発揮できるコンサートという場をぜひ大切にしてほしいです。


彼らも外向きというより内向きのグループで、この10年なかなか苦労してこられたことが、今回色々と調べていくうちに伺えました。
尖ってみたり喧嘩してみたり、いろいろと悩んできたり…
9人もいて、しかもデビューしたのが中高生、そりゃ何もない方がおかしいわ!
少し前にVS嵐出てた時に櫻井さんが「永遠の4周年」というなんとも絶妙なコメントしておりましたが、おっしゃるとおりまだまだ若く見える彼ら。
でもそれは伸びしろが十分にあるということ。
山田くんも「10周年のその先の方が重要」だと言っておりました。
だって、下はまだ24歳だもん!まだまだこれからだよ。
本当、これから先がとても楽しみなグループだなって思います。


彼らは、どのように成長していくのかな。
きっと考え方も言動も、大きく変わっていく年齢にさしかかってるんだろうな。
この正統派ジャニーズHey!Say!JUMPにオトナの男性の魅力が備わったらもう…。
そう思うと、本当にこれからのJUMPは楽しみで仕方ない!
まだまだ若いなぁって思うことが多い山田くんに、大人の余裕と諦め(←)が加わったら、そりゃもう手が付けられないだろうなぁ…!!


久しぶりにこんな夢中になっていて、正直いつまで続くのか、本気なのかどうかも今はまだわかりません。
嵐も好きですが、忘れかけてたときめきを取り戻させてくれた感はあります。
そっか、私はこういう形のコンサートを望んでいたんだ!って気付かせてくれた夏でした。
でもとりあえず、今楽しいんです。久々に毎日見返したいコンサート映像があって楽しいんです!
もう、昔のように夢中になれるコンサートに出会うことってないのかなって諦めかけていたとこに見つけてしまったんです。
ですので、もう抗うことはやめて、とことんやりたいようにやろうって思いました。
好きなように応援してみよう!と。笑
わりと失礼なスタンスで応援しているのは百も承知なので、あまり公言できないですが、
これからもJUMPのことを、こっそりと応援させてもらえたらと思っています。
(とりあえず、リトルトーキョーライフは視聴を始めました)



あ、嵐もコンサートは行けることになりましたので…また、改めて書けるといいな、そのこと。

なな





Hey!Say!JUMP/Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2014 smart







最終更新日  2017年09月30日 17時41分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年06月27日
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんあいば~^^

お引越しから早2ヶ月。
快適に暮らしております。
でも・・・お金がピーンチ!!∑(°◇° )
引越しで冷蔵庫買い換えたり、初期費用かかったり、駐車場を自分の給料から月々払うようにしたり
加えて3.4月は税金地獄・・・。
細々と貯めた貯金も使ってしまったよ・・下向き矢印
そしてまだまだ夏には車検がある。どひーーヽ(°◇° )ノヽ( °◇°)ノ 
もう月々節約できるとこは削りまくった(保険見直しとか)ので
残すは新聞代くらい・・・
新聞・・・やめ・・・たくないのよね・・・。
仕事に役に立つこともあるし、朝読むのが日課になってるし。
うーーーむ。
今とっても悩んでいます。

あーあ。お金、どっかからわいてこないかな~(笑)
とりあえず引越しも落ち着いたので節約生活がんばろ!!

でも!そんな貧乏生活の中でも楽しみはあるのだ!
8月のおじゃんぷくんたちのコンサートに行けることになりました*^^*
節約ばっかじゃ人生楽しくないからね~
コンサートくらい行っても罰当たんないよね♪
キラキラおじゃんぷくんたち、今年10周年だし楽しみだ~~( ゚∀゚)きらきら
byまみ






最終更新日  2017年06月27日 23時45分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年04月30日
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんあいば^^
4月26日にお引越し無事終わりました。
今日はもう日曜日・・・。
まだダンボール群の中で暮らしています^^;
ごみ屋敷みたいだよ・・・
キッチンがやっと今日使えるようになりました。
それでも“とりあえず”ここに入れとこう・・的なものもたくさん^^;
おいおいちゃんと収納するつもり・・(ホントか??)
そして自分の荷物はまだひとつも手をつけてないという(´・ω・`)
嵐さんもとてもじゃないけど全部は収納できないことがわかり、
この際思い切って断捨離することにしました!
TV誌は相葉さん表紙以外は処分、他の雑誌もよほどじゃなければ処分。
当然ですけども相葉さんのとこだけは残しておく相葉ファン(笑)
今の半分くらいに減らす予定だけど、かなりの時間を費やしそう・・・
そしてものすごく悩みそう・・・
まあ、楽しみながらやりたいと思います。
秋くらいには終わるといいな・・・(ひと夏かけるつもりか!!)
byまみ






最終更新日  2017年04月30日 17時50分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年04月11日
こんあいば~

お引越しまであと2週間・・・
まだダンボールにやっと少しずつ荷物を詰め始めたとこ・・。
うちってこまごま小さい雑貨が多くてこの際だから捨てようと思うけどなかなか捨てられない・・。
性(さが)だなあ(笑)
断捨離?なにそれ?おいしいの???
ってカンジ(笑)
嵐関連グッズも前の引越しのときかなり処分(捨てたりしないよ!しかるべきところに持っていったよ!)
したのに、まだダンボールに何箱もあるという・・・。
多分・・私が死ぬまでずっと一緒に暮らすことになるような気がする・・嵐ダンボール群(笑)
その時は形見として娘へ!!!(丸投げ 笑)

そんな先の話をしてる場合じゃなかった^^;
2週間先という近い現実に向けて頑張るか~!!
byまみ






最終更新日  2017年04月11日 21時47分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年04月08日
カテゴリ:カテゴリ未分類
またもお久しぶりです。まみです。

野球の春がやってきて、PCを開けることも多くなってきたので
久々にブログにも顔を出してみました(笑)

いまだに嵐さん嵐さん、野球野球の生活をしている我が家ですが
ちょっとだけ他にも興味を持ったりもしていました。
嵐さんのコンサート全落ちした2015年~2016年にはいろんな人のコンサート行ってみたり
インドア派の趣味に走っていたり。
それでも基本は相葉さんなのは変わらない進歩のない人生を歩んでおります(笑)

そんな我が家にもこの春に変化が!!
ペットの飼える家にお引越しすることになりました!!
わーい!!!
思えば2年9ヶ月前、今のところに引っ越した頃の私はすっごく落ち込んで…
今の家も自分も嫌いでいろんなものをいっぺんに失くして人生の底でした。
泣いてばかりだったなあ、あの頃・・・
でも人っていろんなことに慣れていく動物なんですね、今は楽しく幸せに暮らせるようになりました。
ただやっぱり私も娘も“犬を飼いたい”っていうのがずーーーっとありました。
今のところは団地なので飼育不可・・・。
ペット可のマンションは家賃が高く、貧乏な私たちに手が届くわけもなく・・・
犬飼うのも隠居してからかなあ・・・って漠然と考えてました。
でもいい物件を偶然にも発見!!!
すぐに内覧して、即!引越しを決めてしまいました(^^)v
いつもはのほほんぐーたら暮らしてる母娘ですが、決断するときは早いよ!!
そこはふたりともO型なのですね(笑)
ほとんど娘が決めて手配もやってくれて名義も娘の名前で進めました。
母の私はくっついてってるだけ(笑)
もう私(親)の時代ではないのです。
でもそれも心地よい気分です(^^)

4月の末には新しい生活が始まります。
いいことも嫌なこともあるだろうけど、団地住まいだった2年9ヶ月頑張って
それなりに楽しく生活できるようになった経験があればなんとかなるだろうと思います。
近い将来、家族がひとり(いっぴき)加わることを楽しみに・・・♪
byまみ






最終更新日  2017年04月08日 18時10分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年01月28日
カテゴリ:
Are you Happy?

1月7日、ヤフオクドームで行われたAre you Happy?コンサートに参加し、1年ぶり嵐さんにお会いしてきました。
今回、いつも一緒に入っていた母と相方ちゃんと2年ぶりに入るってこともあり、周りが引くであろうほどの気合が入りまくった結果、オリジナルTシャツを作成し着用しての参加でした。
嵐ファン人生初の出来事です。
それくらい、とにかく期待値高くていろんな意味で楽しみにしていたコンサートでした!
簡単ではありますが、個人的な感想を書かせていただきます。
本当に個人的かつ書きたいとこだけ書いていますので悪しからず・・・。


★ オープニング映像
打ち合わせ、リハ、コンサートが出来上がるまでの楽しそうな嵐と苦悩する嵐(笑)
最初のほほーんと、柔らかい空気の中でやってるんだけど、初日が近付くにつれ、焦りだすメンバー。
相葉さん「リハは楽しくないよ~~~」ってしきりに言ってる。そうだろうねぇ。
翔さんはリオやらZEROやら多忙そうでみんなと一緒にリハできず、
そんな翔さんへの置手紙を鏡に貼ってくメンバー。それ見た時の翔さんの顔ですよ・・・(目頭熱い)
ほっこり。あたたかいグループですね。
しかし、さっきまでのわちゃわちゃのんびり嵐はなく、リハ中の眼差しは真剣そのもの。
あぁ、コンサートってこういう風にして作られていくのね・・・!というのがわかる映像。
さて、ここまで嵐が力を入れて作り上げたAre you Happy?コンサート、
どんな仕上がりなんだろう!?って客席の期待MAXになったところでカウントダウン!

★ Ups and Downs
メインステの5つの白い枠から嵐が登場!(語彙力なくてすんません)
毎年1曲目を予想してくけど、今年は1曲目予想がとても難しかった!
この曲だとはこれっぽっちも思わなかったですが、よく聞くと歌詞にWake upとか入ってるんですよね。
割と好きなのですが、アルバムで唯一ソロでもなければUSV曲でもないため1番歌う可能性の低いと思われてたこの曲がまさかのトップバッターで嬉しかったですね!

★ supersonic
この曲個人的に2016イチオシカップリング曲だったのでイントロかかった瞬間テンション上がったー!
まさか2曲目にくるとは・・・中盤くらいのかっこいいゾーンできてくれたら、と思っていたので不意打ちでした。
歌ってくれたの嬉しかったけど、もう少し踊ってくれたら◎だったな~。いやいや歌ってくれたので贅沢言ってはいかんね!これセトリに入れようって言ってくれたの誰だろう?ほんと、ありがとう!

★ 挨拶
皆さんいつも通りだったけど、唯一コンサート前に松本さんあたりが
「今から○万人Happyにしてやるよ~!って言いそう!」って思ってたら
「幸せにしましょう!」ってそれっぽいこと言ってて、やっぱりなフフフなんて笑っちゃったけど
「しましょう!」って言ったとこが、あぁ・・・なんか松本さん丸くなったね、ってまた微笑ましくなってしまいました。

★ Sunshine(櫻井さんソロ)
★ To my homies
“おうち”のようなセットでグッドモーニングエブリワン、爽やかさ満載の翔さんソロ。
そのまま“To my homies”に繋がり、なるほど!と。
この曲、ラストかなぁなんて思ってたのですが、ここにもってきたか。
モニターでは、人生ゲームやったり楽しそうに笑う嵐の映像が流れてて、まさに幸せな時間。
「このまま、いこう」そんなフレーズを残し、家を出る嵐。
歌詞の「あの頃のまま今日はさ」「思い出の日々へ戻ろう」このあたりのワードが、今回のコンサートの軸になっている気はしました。

★ DRIVE
家から出た嵐一行は、ドライブへ。
これがまた、金かかってんのかかかってないのかイマイチわからない車のセットで登場。
たぶん、本物の車で出てくる演出だって十分考えられたし、そっちの方がカッコはつくんだけど、あえて手作り感溢れるやつ。車体はキラキラ光るんですけどね、確実に男5人でキャパオーバー起こしてますし・・・みたいな(笑)でもいっちょ前に左ハンドルやん!っていう、もうなんかちぐはぐ具合が面白い。
運転手→松本さん、助手席→櫻井さん、後部座席ガヤ3人っていう配置は完璧ですね。現実味ある!
この曲中、あくまで私たちは「華やいだ街」であり「City Lights」であり、「無数の星座」であり「色とりどり輝く光」で、挙句の果てに「季節外れの打ち上げ花火」を自分たちの1番近くで!自分たちのために!上げているっていう(笑)
「オレらHappyなら、キミもHappyだろ!?」が最高に詰まった1曲。悔しいけど、これ以上なく楽しそうな車内見ると、その通りだと言わざるを得なかった・・・。

★ Don’t You Get It
え?そんな場所から?ってくらい微妙な、メインステ左手の花道からリード曲を歌い始める。
ていうかこれ、リード曲だよね?間違いないよね?こんななんちゃないとこで歌っちゃうの?っていう若干の戸惑いすら生じる。例年のリード曲を考えてみると、決して考えられない扱いである。笑
でもそれがまかり通ってしまうのが、あゆはぴコンなのだ!

★ Bad boy(大野さんソロ)
かっこいい!→・・・いや違う?→笑っていいの?→かっこいいの?→どっちなの?→あ。笑っていいんだ・・・。
ていう戸惑いを経た曲。こんなにかっこいいと面白いが混在しているのなかなかないので・・・
モニター映像で増殖していく大野さんがシュールすぎてじわじわきました。
こうなるともう最初の裸でシャワーの映像は出オチ(笑)

★ Two To TANGO
★ 復活LOVE
★ 青空の下、キミのとなり
30歳を過ぎたオトナな嵐が魅せるTwo To~からの復活LOVEの世界観。
そうか・・・OVER30のアイドルグループとはこうなのね!
これまでのガツガツ踊ってかっこいい嵐でなく、シックなかっこよさが溢れてました。
特にTwo To~の踊りは相葉さんにお似合いでかっこよくて見とれてしまった・・・。
復活LOVEは「おかえり」に全力尽くそうと、見失わないよう相葉さんをずっと目で追っかけてて他覚えてません・・・。瞬きさえするまい!と思ってました。
そして・・・一呼吸置いての「おかえり」はチケット代のうち5000円の価値はありました。
本当最強の「おかえり」がそこにはあった・・・恐るべし生おかえり・・・
その後は青空の下~で、なんだこの相葉祭り!とテンション相葉になりました。この曲、まさか今年も聞けると思ってなかったので嬉しかった~!

★ Baby blue(松本さんソロ)
blueと言っときながらオレンジ色のコート(しかもそれどこで売ってんだってか売ってねぇよな特注だよなっていう派手さ)着て出てくるJはさすが!
一筋縄じゃいかないですね。なんでオレンジ色だったんだろうか?

★ Miles away
自動制御でペンライトの光が落ち、嵐5人だけの歌声で魅了する世界。
アルバムで聞いたとき、新境地だなぁって思った1曲ですが、純粋に重なるフレーズがとてもステキだと思いました。5人揃わなきゃ歌えない、誰か1人でも欠けてはならない曲。

★ WONDER-LOVE
最初聞いた時、歌割が珍しいなと思いまして。
二宮さんだと聞いて納得しました。(プロの人が割り振ったらあぁならなさそう)
踊りといい演出といい、嵐のコンサートらしくて好きでした。
久々のアリーナで、この曲の時に重低音が下から伝わるの感じて、「これこれ!」ってなってました。

★ また今日と同じ明日がくる(二宮さんソロ)
メリクリ、MUSICときて、今回はニコリとも笑わず踊る二宮さん。
とにかく踊る!コンサートの中で1番踊ってるんじゃないか!ってくらい踊る!
それがまさかソロだなんて!一生懸命踊る姿に思わず見入ってしまいました。

★ Amore(相葉さんソロ)
Tシャツ1枚で、あんだけ体張るって・・・ジュニアか!(笑)
いえいえ、34歳トップアイドルです。
それなのに、どうかすると周りのジュニアより汗かいて、必死。曲の出オチは相変わらずですが(笑)
とにかく楽しませてくれる。本人もとっても楽しそうなのである。それがコンサート大好き相葉雅紀。
しかし、ヘルメットって・・・しかも田舎の学生がかぶってそうななんちゃな~いヤツ(笑)
バク宙も東京公演で失敗したって話聞いてて心配していたけど、無事に成功!
呆気にとられた数分間でした。楽しかったよ!

★ 青春ブギ
果たしてどんな構成でくるんだろう?ローラースケートでもやるかな?ってアルバム聞いた時から色々な想像が止まらなかったこの曲ですが、かっこいい学ランでした!
しかし30過ぎのおいちゃんたちが「失恋リハビリ道場」なんかやるもんだから、おかしいやら笑えるやら。
しかし終わってみればこの曲がラスト1番の盛り上げ曲だったのでは?と気付いてからは、え?よく考えたらココがピークのやつ?え?ブギでいいの?ってまた戸惑い(笑)
アルバムで聞いててなんじゃこりゃ~ってなったのに!相葉USV曲がまさかの!
でも、もっと笑いをとりにくるかと思ったら、映像こそ笑えたけどその後はただかっこいい嵐だったなぁ・・・。

★ 愛を叫べ
とにかく、涙が止まらなかった。
この曲ってとにかく幸せな曲じゃないですか。幸せを歌っているというか。
その前のハッピーメドレーでいっぱい歌って踊って1年ぶりに会えた喜びをぶつけたところで、
とにかく笑顔な嵐がいて。
ふと会場見渡すと嵐ファンで埋め尽くされた会場、きらきら光るきれいなペンライト。
両隣には、去年一緒に見ることができなかった相方ちゃんと、母がいて。
ちょうどキラキラ紙が降ってきて、あぁキレイだなぁって思って。
そしたら嵐さんが乗ったムービングステージがすぐそばを通りかかって、
その上にいた相葉さんがサビでフリ間違っちゃって、恥ずかしそうに笑って、それ見た翔さん笑って、わちゃわちゃ。
それ肉眼で見ちゃって、なんかものすごく「あ、今、すごく幸せ・・・!」って感じたら、涙が止まらなくなりました。
本当に、幸せだったんです。
根拠はないけど、今、世界で1番幸せだ!って胸張って言える!って思ったんです。
それぐらい、幸せしかない空間でした。
未だにこの曲を聞くと、思い出して泣いてしまいそうになります。
きっとずっと、あの時のあの景色も、音も、忘れないんだろうなぁって思います。



「これぞ、原点回帰。」

今回のコンサート、総括するととっっっても楽しかったです。
なんでだろう?って思うくらい余韻に浸っています。

実は先に他の公演に入っていた方に軽く感想聞いたら「・・・地味かな」って答えが返ってきたのですが、それも納得でした。
ここ数年の嵐のコンサート(特にJaponism、DIGITALIAN)は確かに派手だった!
コンセプトもそうだけど、セットやらやること全てエンターテイメント性高く、煌びやかでした。
とにかく視覚で楽しませるものだったので、きっと嵐のことを知らない人が見ても楽しめる。
見るだけで、楽しいコンサート。ちょっとしたテーマパークみたいなイメージです。
だから、そんな中にいる彼らはキャストの一員であって、お客さんを楽しませることを第一に考えていて。(もちろんそれが彼らのお仕事なんだけれども)

そう考えると、いつぶりだろう?
今回は、久しぶりに「肩の力をものすごく抜いた嵐」が見れた気がします。
今までは、お客様第一。お客様目線で、お客様の見たい嵐をお見せすることに全力を注いでいた人たちが、「あっ・・・なんか疲れちゃった!」って、思いっきり自分たちがやりたいことをやった感じ。
でも結局、嵐が楽しければファンも楽しいよ!ってとこに繋がるという意味では、「嵐ファンのためのコンサート」であったと思います。きっと、一般のお客さんが見て楽しいのはきっと去年やその前のコンサート。
だからそれが見方によっては「手を抜いてる」ようにも捉えられるし、「懐かしい」とも思えるし、「地味」にも見えるし・・・
見る人によって、見え方が違うコンサートだろうなぁ、と思いました。

あんまりお金かかっていない感じもなんだか懐かしかったです。
じゃぽにずむの時と比べても、うん、お金の掛け方は段違いというか、同じグループでここまで違うもん?ってなる(笑)
その昔アリーナクラスでやってた時代なんて、2000万のドーム型セットで誇らしげに「ドームツアーです!」て言ってたし(@いざなう)、派手なことやりたくても金銭的にできなくて、多分、とにかく自分たちで踊って魅せることが1番だと思っていた彼らでしたから。
その分、缶蹴りやったりA嵐やったりと、やりたい放題ではあったけどね(笑)

今じゃトップアイドルと呼ばれ、毎年新しい何かに挑戦することを期待される立場。
「嵐のコンサートは常に最先端」ってのを意識して、毎年何かしら目玉商品を携えてのコンサートが続いていたので、いったい彼らはいつまでこの立場に縛られるんだろう?って思っていました。
それが今回、期待やら重圧やらが乗った荷を肩からおろしたように見えましたね。
だから、みんなとっても良い笑顔してたよ。楽しそうだったなぁ。
そうそう、昔みんなそんな顔してた。チープなセットでもお金かけてもらえなくても、そんな顔して5人で笑ってたよ。そんな5人見てファンが笑ってた。それが嵐のコンサートだったよ、って。

私は、今回のコンサートは大好きでした。
だって何より嵐が楽しそうだったから、もうその空間に一緒にいられただけで幸せだった!
きっと、どこか遠くへ行ってしまった気がしていた嵐が、「変わらずここにいる」っていうことが感じられて、嬉しかったんだろうなぁ。
幸せだ!って思って泣いたことなんて初めてでしたが、学生の頃の私でなく、今の私がそう思って泣いたのは、やっぱり社会人になっていろんな経験して、コンサートっていう特別な場所にいることの幸せを改めて噛み締めたからなんでしょう。ほんと、嵐って罪なヤツ・・・。

要するに、1周まわって戻ってきたんだよね。
おかえりなさい!
去年のテーマであったけど、私は今年こそ「原点回帰」だと思いましたよ。

これから先も、ずっと、変わらず。
私はきっと、彼らが笑顔で問いかける限り、答え続けると思います。
「I’m so Happy!」と。

byなな

P.S.
後にお隣のフリーページに移します^^






最終更新日  2017年01月28日 19時16分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年03月10日
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんあいば~^^

野球の季節到来で、パリーグTVに登録したのと同時にここにも復活^^
野球とともにこのブログもシーズンINということでしょうか(笑)

今年に入って初めての更新なので・・・あけまして!です(笑)
何月やねん^^;

前回はなんだか暗~~い日記でしたね。
悩みの種だった仕事なんですが、苦手だったパートさんが1月で退職して
新しい方も決まって、今はものすごく楽に仕事できるようになりました。
相変わらずブラックなとこだし、労働時間が少ないので転職の希望は持っていますが
少し前より居心地はよくなりました。
ホントに人間関係って大事!っていうか、仕事の良し悪しは人間関係で決まるんだなと痛感しました。
人間関係さえよければ多少のことは耐えられるんだなと。
冷たいようだけど、彼女が辞めてくれて本当に助かった・・・^^;
彼女も次の職場で頑張ってるらしいので、そういう意味でもほっとしました。
今は私も担当任されたりして忙しくしています。
でもいい条件の他の職場も探してみようとは思っています。
経済的にもう少し楽になりたいし・・・娘に頼りっぱだしなあ・・・。

ここにもちょくちょく来ようっと。
パリーグTVのあとにね^^

今年もよろしくお願いしま~す^^ノシ
byまみ






最終更新日  2016年03月10日 21時43分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年11月23日
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんあいば~

野球も終わり、パリーグTVを解除したのでPCを開けることも少なく・・・。
またブログ放置の日々がやってきたようです^^;
今日は・・・用事があってPCを開けたのでブログも寄ってみようと。

ここ最近、仕事への不満が溜まりつつあります。
9月に親会社が変わったのですが、そこがブラックすぎて・・・。
前の親会社もそこそこブラックだったと思うんですが、今の会社『超』ブラック^^;
そこへ人間関係のモヤモヤが加わり、ストレスはんぱない・・・。
悩んだ末、ちょっと他の職場を探してみようかと、ハローワークへ行ったり求人誌見たりし始めました。
でもね・・・やっぱり書店の仕事は大好きで、天職だとも思っていて・・・。
本の仕事への未練はなかなか断ち切れません。
けど、書店は求人が少ないし、労働環境も今のところより良くなる保証もないし・・・。

正直まだ転職に迷いがあります。
もっと視野を広げて、書店以外のとこにも目を向けねば!と自分に言い聞かせてはいるのですが・・。
年齢も年齢だから、転職自体が怖かったりもするんですよね・・。
求人情報見ても、腰が引けちゃってる自分・・
若いころは「えいっ!」って飛び込めたものも、いろいろ余計なこと考えちゃって躊躇が先に立っちゃう。
なんかこう・・「よし!!」って気持ちになる方法はないものか・・・^^;

ここ2年くらいの自分の置かれてる環境があまりにも変わりすぎて、いろんなことに臆病になってます。
後悔しまくりなんです・・・。
なので変えるのが怖い。決断するのが怖い。新しいことにチャレンジするのが怖い・・・。
今の自分の状況を打破するには動かないと何も変わらないのはわかってはいるんだけども・・。

他力本願だけど・・・誰か私に「喝!」を入れて背中をどどーん!と押してくれい!!
変わるきっかけが欲しいいい!

今日の日記は愚痴と魂の叫び・・でした^^;
でも切実です!
byまみ







最終更新日  2015年11月23日 18時45分45秒
コメント(0) | コメントを書く

全1622件 (1622件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.