3877032 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あしたの風

'14★ミャンマー:奇跡の岩と黄金の都

2014年3月:ミャンマー、奇跡の岩と黄金の都めぐりの旅

★ 別ウィンドウで開きませんので、ブラウザの「戻る」で戻ってください
★ 上下にある「<< 前へ」や「次へ >> 」で移動すると、旅行とは関係のない記事に飛ぶことがあります


1. 旅の始まりは …お鮨@成田空港
寿司田


すっかり春めいてきて、桜も一気に満開な今日この頃…

この時期の季節の移り変わりのはやさにはびっくり

今回出かけた先は、ミャンマー

ビルマと言った方がまだ通りが良い世代人間 …続きを読む

2. 寝釈迦像 ~チャウット・ジー・パゴダ@ヤンゴン


今回のミャンマー旅行は今までとは違い

日本からのチャーター便で行くツアー 

これがすごい・・・ 総勢217名 もちろん全員日本人 平均年齢は軽く75歳は超えてる感じ…続きを読む
myanmar

3. ミャンマー仏教の総本山は金ぴかシュエダゴン・パゴダ
myanmar


ミャンマー仏教の総本山

どんだけ威厳があるかと思い期待を膨らまし

裸足の足裏が焼けそうに熱いけど…続きを読む

4. かわいい子坊主の得度式見てきた ~アウンサン・スーチー家


一生のうちに何度でも出家し、還俗するという不思議な制度(風習?)があるミャンマー

最初に出家するのは6歳くらいとのこと

その6歳児の得度式に参加することができた

小坊主はかわいいけれど、大人の僧侶はカッコいいわ

向かって右の青年僧侶が好み…続きを読む
myanmar

5. 奇跡の岩 ゴールデンロック@チャイティーヨー
myanmar


このツアーのハイライト、奇跡の岩とも言われる

落ちそうで落ちない岩を見るために、バスで片道5時間のチャイティーヨーに向かいます…続きを読む

6. 世界三大仏教遺跡バガンへ ニャンウー市場~シュエジーゴン・パゴダ


ヤンゴンからミャンマー中部のバガンへ出発

バガンはカンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドールと並んで

世界三大仏教遺跡と言われ…続きを読む
myanmar

7. 外壁のレリーフが美しいティーロー・ミンロー寺院@バガン
myanmar


ティーロー・ミンロー寺院は、1215年パガン王ナンダウンミャー

(別名ティーロー・ミンロー)の時代に王位継承を記念して建てられた寺院…続きを読む

8. 圧巻は林立するパゴダ ~アーナンダー寺院@バガン


バガンのすごさって、ココのパゴダというより

そこかしこに林立する2800基ものパゴダ群 というか、遺跡群なのではないかと

そんな風景は見慣れているのか…続きを読む
myanmar

9. タビィニュ寺院 ~シュエサンドー・パゴダで夕日@バガン
myanmar


タビィニュ寺院は高さが61mもあるバガン一背の高い寺院

背が高いので、遠くからでも良く見えます
…続きを読む

10. マンダレーへ 木造のウー・ベイン橋@アマアプラ


まただよ… なんですが朝一便でバガンからマンダレーへ飛びます

またお弁当かなぁ~ と暗い気分でいたら、朝5時半からレストランをオープンしてくださり…続きを読む
myanmar

11. 1200人の僧侶の托鉢風景@マハーガンダーヨン僧院
myanmar


マンダレーから南に11kmくらいのところにあるアマラプラは織物が有名で

遷都が繰り返された時代に都であったこともある街


そのアマラプラにあるマハーガンダーヨン僧院はミャンマー最大規模の僧院

1200人の僧侶が集団で修行生活を送っており、托鉢姿は街の風物詩となっている…続きを読む

12. マンダレー王宮と水辺のマハムニ・パゴダ


マンダレー旧王宮に

ミャンマー最後の王朝、コンバウン朝の王宮は一辺約3kmの正方形の敷地に建つ

第2次世界大戦で王宮は焼失し、城壁のみ現存しており、旧王宮の建物は1990年に再建された

この城壁がオリジナルなんだと… 帰ってきてから知ったの

相変わらずのかわいいミャンマー文字につい目が…続きを読む
myanmar

13. 最終回!木彫りのシュエナンドー僧院とマンダレー・ヒル
myanmar


とうとうというか、やっとこさというか、ようやく最終回です

若干かなり飽きつつあるパゴダ・寺院・僧院ですが、まだ続く……続きを読む



2014年3月:ミャンマー、奇跡の岩と黄金の都めぐりの旅トップに戻る

海外旅行記トップに戻る


メッセージはこちらから ぺこり

Message


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.