4041510 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あしたの風

'18★モルドバ~ウクライナ~ベラルーシ

2018年7月:モルドバ~ウクライナ~ベラルーシの旅

★ 別ウィンドウで開きませんので、ブラウザの「戻る」で戻ってください
★ 上下にある「<< 前へ」や「次へ >> 」で移動すると、旅行とは関係のない記事に飛ぶことがあります

1. モルドバ 首都キシナウ ~聖ティロン大聖堂 ~キシナウ大聖堂 ~シュテファン・チェル・マレ公園


7月の旅は旧ソ連の構成国、モルドバ~ウクライナ~

ベラルーシの3か国巡り

サッカーのワールドカップで盛り上がっていた時期で

折しも日本が決勝トーナメント進出し

その日の夜が試合!って日にモスクワに出発…続きを読む

2. モルドバ ミレスチ・ ミーチ・ワイナリー ~未承認国家の沿ドニエストル共和国


良質な葡萄がたくさん採れることから

ワインの国としても有名なモルドバ

今回の旅の目的の一つは

ココのワイナリーに行くことだったんです ふふ…続きを読む


3. ウクライナ「黒海の真珠」オデッサ ~オペラハウス ~愛の橋


ウクライナの国境を越え黒海に面したリゾート地

オデッサに到着したのはすでに日が暮れかけていたころ

ウクライナ最大の港湾を備える工業都市でもあり

ロシア帝国時代には経済・文化の交流の拠点でもある街

「ウクライナに行ってきま~す」って言うと…続きを読む

4. ウクライナ オデッサ ~ポチョムキンの階段 ~パサージュ


エカテリーナ2世の広場から

まっすぐ黒海の方へ歩いていくと…

リシュリュー公爵の像が立っている広場へ

1803年にオデッサの長官に任命されたフランス人の

アルマン・エマニュエル・リシュリュー

彼の下でオデッサは劇的に発展したのですが

1814年9月に長官の職を辞しフランスに帰国したそうです…続きを読む


5. ウクライナ 首都キエフ ~ドニエプル川クルーズ ~聖ミハエルの黄金ドーム修道院


オデッサから首都キエフまでは1時間ほどのフライト

バタバタと移動していましたが、ここキエフは2泊の予定

到着してすぐにホテルのレストランでディナー

珍しくお魚メニュ、マッシュルームソースでした

キエフはさすがに大都市

高いビルも多いし、無機質なビルも……続きを読む

6. 首都キエフ ~アンドレイ教会 ~世界遺産ソフィア大聖堂 ~黄金の門 ~ウラジミール教会


聖ミハエルの黄金ドーム修道院を出ると…

見えているのは聖ソフィア大聖堂の鐘楼

が、その前に ぷちっと寄り道

ドニエプル川からも見えていた

ブルーのファサードに緑色のドームがのっかった

ウクライナ独立正教会のアンドレイ教会…続きを読む


7. ウクライナ キエフ 世界遺産ペチェルスカヤ大修道院 ~クレーヴェン ~リヴネ


ペチェルスカヤ(ペチェールシク)大修道院は

現在はロシア正教のウクライナ本部となっている

11世紀の創建の南スラブで最大の修道院

丘の傾斜に建っており大きく分けて2構成に分かれています…続きを読む

8. ベラルーシ 英雄都市ブレスト ~ブレスト要塞 ~世界遺産ネスヴィジ城


かつてはリトアニア大公国領であり

1569年にポーランド・リトアニア共和国

1795年にはロシア帝国領となりました

第一次世界大戦中の1915年にはドイツ帝国に占領され

1919年に再建されたポーランドの領土となったブレストは

ベラルーシ西部、ポーランドとの国境近くに位置します…続きを読む


9. 世界遺産ミール城 ~首都ミンスク ~独立広場 ~聖霊大聖堂 ~帰国


ネスヴィジ城から約30kmに位置するミール城も

世界遺産に登録されています

15世紀末から16世紀初めにかけてゴシック様式の城として建設され

1568年にリトアニア大公国の大貴族であるラジヴィウ家の手に渡り

ルネサンス様式の城として完成 …ここもラジヴィウ家です

17~18世紀の戦火で破壊され、その後修復されるも…続きを読む


2018年7月:モルドバ~ウクライナ~ベラルーシの旅トップに戻る

海外旅行記トップに戻る


メッセージはこちらから ぺこり

Message


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.