4042233 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あしたの風

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

ミャンマー

April 12, 2014
XML
テーマ:海外旅行(5176)
カテゴリ:ミャンマー

myanmar
myanmar posted by (C)nana


とうとうというか、やっとこさというか、ようやく最終回です

若干かなり飽きつつあるパゴダ・寺院・僧院ですが、まだ続く…



シュエナンドー僧院は19世紀ミャンマー最後の王朝のミンドン王が住んでいた場所で

この建物の中で亡くなったといわれています

ミャンマーでも数少ない木造建築で、建物はチーク材で作られており、外壁や屋根には

丁寧かつ見事な彫刻が施されておりミャンマーでも最大級の傑作アートだと言われているところ 

現在は僧院として利用されている めがね


確かにおみごと~~

これは一見の価値のある建物、柱一本一本も見逃せませぬ


myanmar

myanmar



今一歩ピントが合わないのがもどかしいものの、シャッター切りまくり

myanmar


個人的にツボにはまる好みの建物・造り

myanmar


ものすごく細かいところまで彫が入っています


myanmar

myanmar



ちょっと艶めかし気なのが気になるけれど ぼーっとする 見惚れてしまう

それにしても… 艶っぽい


myanmar

myanmar

myanmar

myanmar




よくよく見ていると、なんだか物語になっているような気にもなってきた

いろんな歴史を見てきたんだろうなぁ、この彫刻…

こういう名所は来てよかったって思える やったね

myanmar



まだ時間が有り余っているらしく、またパゴダ…


サンダムニ・パゴダはマンダレーに都を置いたミンドン王が

王宮が完成するまでの仮住まいとした場所

境内を埋め尽くさんばかりに1774もの小さな仏塔が直線状に並んでいるのは圧巻



東隣に隣接して同じような造りのクトードー・パゴダがあるのだが

サンダムニはとんがり屋根の塔であり、クドードォ・パゴダは丸い屋根の塔が並ぶ

ミャンマーの仏塔は金箔で覆われたものが多い中

この2つのパゴダは白亜の仏塔が並び立つ点で異色と言える サングラス


myanmar

myanmar



それぞれの仏塔の中には、仏教経典を刻んだ大理石の石版が収められている

myanmar


夕方のやさしい日の中で見るパゴダは幻想的なくらい

myanmar


myanmar



とうとう最後のスポット、マンダレー・ヒルに到着モータースポーツ

旧王宮の東北にある高さ約235mの小高い丘で、丘全体が仏教寺院になっている

夕陽鑑賞スポットでもあるようで、この時間に向けてどんどん人が登ってくる 

…うう、ちょっと人込みで暑苦しいぞぉ



ようやく人込みから抜け出し、撮影スポットを探します

先ほどのパゴダがきれいに見えてる 拍手

myanmar


こうやってマンダレーを見下ろすと、緑の多いきれいな街 …に見える

myanmar


残念ながら、夕日は雲の中に入ってしまい見ることはできなかったけれど

最後にきれいな景色を眺めて、良い締めくくりになりました

myanmar


この後、ディナーをいただき(いつもの…味、ゆえに割愛いたします)空港へ

一日暑い中外にいたため、空港で汗を拭き着替えて機上の人となりました

チャーター便のため、マンダレーから直行で成田 飛行機 5時間強のフライト 近っ

短い旅ではあったけれど、目いっぱいミャンマーを堪能いたしました 


今回も長い旅行記にお付き合いいただきありがとうございました ぺこり

このところずっと秘境ばっかりだったので

次回は女子度アップしそうなエリアの予定です… fin




2014年3月:ミャンマー、奇跡の岩と黄金の都めぐりの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ



☆★ブログランキングに参加しています★☆

今日もポチッと応援クリックしていただけますとブログを書く励みになります
よろしくお願いします (別ウインドウで開きます)

メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 3, 2018 09:51:19 AM
コメント(2) | コメントを書く
April 11, 2014
テーマ:海外旅行(5176)
カテゴリ:ミャンマー

myanmar
myanmar posted by (C)nana


マンダレー旧王宮に

ミャンマー最後の王朝、コンバウン朝の王宮は一辺約3kmの正方形の敷地に建つ

第2次世界大戦で王宮は焼失し、城壁のみ現存しており、旧王宮の建物は1990年に再建された めがね

この下矢印城壁がオリジナルなんだと… 帰ってきてから知ったの

myanmar


相変わらずのかわいいミャンマー文字につい目がいってしまい… つい撮っちゃうんだわ

myanmar


ここ王宮はきらきらキンキラキンきらきらというより、渋い造り

柱の美しさ、一本一本の装飾も美しいのだけど、並んだ柱がホッとするすっきりさ


myanmar

myanmar



王宮は裸足にならなくても良かったのもうれしいどきどきハート

もう足ボロボロですもん雫

王座はこんな感じだったのね… あまり印象に残ってませぬ

myanmar


広い庭に建物がいっぱい建っているのだけど

火の見櫓みたいな塔がおもしろい形でした …登れないみたいでした

myanmar


外から眺めるとこんな感じ

赤い部分が渋めなのと、金も光るというより渋い金色なので

今までの光り輝く寺院・パゴダと違って見えるのみたい

myanmar

myanmar


王宮のメインの建物以外は、金色がほとんど使われていないため

ちょっと倉庫のようにも見えてしまいます

たくさんの建物があるのですが、軍関係の施設として利用しているものもあるためか進入禁止 ノーノー

myanmar


塔のてっぺんだけは光っていたわ

王宮は最近の再建ということもあるせいで、歴史や重厚さを感じることもできずあっさり終了~


myanmar

myanmar




今日はいったいいくつ回るんだ…

まだ日が高いってことは…

まだまだだよな~ ヒコーキ深夜だもんな~ 


暑いこともあって、かなりバテ気味になってきたとき到着したのはマハムニ・パゴダ

マンダレーで最大のパゴダ

本尊のマハムニ仏はカンボジア右矢印タイ~モン右矢印ヤカイン(アラカン)と

戦争の戦利品として移動してきていると言われている サングラス


ブロンズ製の仏像だが、信者が金箔を貼り続けているためキンピカ仏になっているそうだ

自分の体の悪い場所と、仏像の同じ場所に触ると良くなるという言い伝えがあるらしいけれど

ここもやっぱり男性しか触れないんだよ ふんっダッシュ って感じ



入口はこんな感じで、中を覗くと …半端なく焼けて熱そうな参道

足の甲はすでに水ぶくれになりつつあるし、どっちみち仏像触れないならと断念

myanmar


水辺に建っているので、爽やかな印象

入口こそミャンマーっぽい色と造りだったけど、こうやってみると白が目に入るせいか違って見える

myanmar


もちろん形はやっぱりミャンマー様式だけど

myanmar


すこ~し違った景色も見られてよかったわ ハイ

myanmar


もうパゴダも寺院も僧院も …お腹いっぱいざます

続きはこちら 13. 最終回!木彫りのシュエナンドー僧院とマンダレー・ヒル

2014年3月:ミャンマー、奇跡の岩と黄金の都めぐりの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ


☆★ブログランキングに参加しています★☆

今日もポチッと応援クリックしていただけますとブログを書く励みになります
よろしくお願いします (別ウインドウで開きます)

メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 3, 2018 09:56:29 AM
コメント(2) | コメントを書く
April 10, 2014
テーマ:海外旅行(5176)
カテゴリ:ミャンマー

myanmar
myanmar posted by (C)nana


マンダレーから南に11kmくらいのところにあるアマラプラは織物が有名で

遷都が繰り返された時代に都であったこともある街


そのアマラプラにあるマハーガンダーヨン僧院はミャンマー最大規模の僧院

1200人の僧侶が集団で修行生活を送っており、托鉢姿は街の風物詩となっている めがね

寄進者のプレートが並び…

わんこが寝ていて、長閑 …それにしてもわんこだらけ

ご飯があるから、食べるのには困らないのかヤンゴンにいた犬より太っている


myanmar

myanmar



洗濯された袈裟が無造作に干してあったりして、けっこう生活感あふれる居住区 嫌々ー

myanmar



僧侶の食事は朝とお昼の2度

その時間に合わせて鐘がなると、周りの建物からぞろぞろと僧侶たちが出てきて

2列に並び始めた

myanmar


先頭の二人はなんともいいお顔つきです …さすがというか、優等生なお顔

後ろはあっち向いたりキョロキョロしたりいろいろですが…


myanmar

myanmar



いやいや、いっぱい集まってきた 

myanmar


最後尾はもう見えない 体操 1000人以上っていうのはスゴイ数ですな

myanmar


托鉢って、沿道の人が少しずつ鉢に食料を入れていくのかと思っていたら

ちがった・・・

給食のように食事が用意されていて、そこで鉢によそってもらってた

そうなんだぁ 覗きチラ見 

myanmar


裏手に巨大な台所があり、そこで大鍋でお米を炊いていたり、グツグツ何か煮ていたし

建物の外では、大量の魚をさばいていたり、鶏をさばいていたり…

それが全部寄付された食料・・・・

う~~ん、なんかあんまり釈然としません


これだけの青年たちが集まっているのです

お経も大切だと思いますが、ちょっとは自給自足って考えないものなのでしょうか…

大きなお世話ですが、これだけの食料が全部あの貧しい人たちが寄付するのって…



そしてココには食料があることが分かっているからなのか

乞食さんもいっぱい…  同居中です ノーノー


ここで初めてにゃんこ見っけ 


myanmar

myanmar

myanmar



ようやくワタクシ達もランチ …托鉢じゃあないっす

グリーンエレファントというレストラン、小奇麗でちょっと期待できそ


myanmar

myanmar



ミャンマーでミャンマービール以外のビールと初めて出会いました

その名もマンダレービールビール このネーミングもまた「まんま」です

ラガーとアルコール度数が高いストロング

どちらも飲んでみたけれど、ストロングはちょっとアルコールの匂いが残ります

これはラガーが好み

myanmar


スープのグリーンの葉っぱが思いのほか柔らかく香りも良く美味しかった

ですが… ですが…  後はいつもと一緒 秘密内緒ね


myanmar

myanmar


決してまずいわけじゃないんだけど、もう… あ・き・た  っす


myanmar

myanmar



ゾウの置物がキュートどきどきハート


myanmar

myanmar



続きはこちら 12. マンダレー王宮と水辺のマハムニ・パゴダ

2014年3月:ミャンマー、奇跡の岩と黄金の都めぐりの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ



☆★ブログランキングに参加しています★☆

今日もポチッと応援クリックしていただけますとブログを書く励みになります
よろしくお願いします (別ウインドウで開きます)

メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 3, 2018 09:57:03 AM
コメント(2) | コメントを書く
April 9, 2014
テーマ:海外旅行(5176)
カテゴリ:ミャンマー

myanmar
myanmar posted by (C)nana


まただよ… なんですが朝一便でバガンからマンダレーへ飛びます

またお弁当かなぁ~ と暗い気分でいたら、朝5時半からレストランをオープンしてくださり

しかもコールドだけではなく、たまごも焼いてくれるし、熱々のフォーも作ってくれるし

お粥も作れるというブレックファストパラダイスだった

…全然期待してなかったからカメラもスマホも部屋に置いたまま ごめん大泣き

ツアーを通して一番おいしかったとも …言えたのに


そうは言っても早朝出発

マンダレーまでは飛行時間30分弱 


でもって …あり得るのか 自由席 ショック

離陸後バガンが上空からきれいに見えるのは左側の席です …なんて言われたら


そう、全員でダッシュ 根性だして最後の一席確保 滑り込み 


myanmar

myanmar



どんだけすんばらしい景色かと期待したものの…

この程度でしたけどね


myanmar

myanmar



写真じゃあまりよく撮れなかったけれど、それでも実際に見える風景はなかなかのものでした

もちろん、ダッシュして確保するべき席かどうかってのはビミョーでしたけど


myanmar

myanmar



あ、乗っているヒコーキの影だ…

なあんて思ってるうちにもう到着ですもん  早っ

myanmar



早朝からマンダレーに来たものの…

この日って最終日なんです


しかも日本へのフライトはマンダレーから直行便ってのは良いのだけど

午前1時10分発(翌日とも言う) ヘロヘロ さすがチャーター便


要するに、たっぷりとたっぷりと時間があるってこと

ってことは、たっぷりとたっぷりと寄り道しないと時間潰せないってこと



そんなわけで、当初予定になかったところへも寄り道ついでの観光が入ります


バスに乗って、走り出すと思いっきりミャンマーの田舎の風景が広がります

見てるとね、何だか知らないけれど…

家が全部傾いているの

はっきり言ってよく建っているなって感じ

myanmar


屋根がなかったり、テントの様だったり…

ヤンゴンやバガンや今から行くマンダレーは都会なんですな

ちょっと田舎に入ってしまうと、やはりまだまだ貧しさ全開になってしまう


myanmar

myanmar



道が悪すぎて渋滞気味だったので、結構写真を撮っていたのだけど

あ、かわいい母子とシャッターを押そうとした瞬間

いきなり目の前で、子供に○○チさせようとお尻丸出しでしゃがまれたのはびっくり仰天 びっくり目が飛び出る


myanmar

myanmar





到着したところは、タウンタマン湖に架かる全長1.2kmの木造橋ウー・ベイン橋

1849年の遷都の際に、使われないチーク材を旧王宮から運び出して造られた


橋の前でなにやら揚物 

myanmar


ザリガニ?

myanmar


ちょっと東洋的なというより日本的な(色がね)渋い感じの木造橋 たそがれ


myanmar


手すりがないのと、踏板もかな~~り古びていて… 

抜けそうな板もあるので、スリル満点

myanmar


のんびりと田舎な風情が良い雰囲気を醸し出しているわね

勿論そこかしこでお土産物を売っていて、「10個1000円」とか纏わりつかれちゃうのだけどね

myanmar



続きはこちら 11. 1200人の僧侶の托鉢風景@マハーガンダーヨン僧院

2014年3月:ミャンマー、奇跡の岩と黄金の都めぐりの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ



☆★ブログランキングに参加しています★☆

今日もポチッと応援クリックしていただけますとブログを書く励みになります
よろしくお願いします (別ウインドウで開きます)

メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 3, 2018 09:57:35 AM
コメント(2) | コメントを書く
April 8, 2014
テーマ:海外旅行(5176)
カテゴリ:ミャンマー

myanmar
myanmar posted by (C)nana



タビィニュ寺院は高さが61mもあるバガン一背の高い寺院

背が高いので、遠くからでも良く見えます

下矢印このひとつ前のアーナンダー寺院にいた時に撮った写真

myanmar


1140年にバガン朝のアラウンズィトゥ王によって建立

精巧な煉瓦造りの立派な寺院は、2層構造の上に3段の基壇、そして塔が建っています

近づくと、ちょっとアーナンダー寺院と似た造り …というか、似た汚れ方 

タビィニュ(Thatbyinnyu)とは「全知者」という意味だそう

myanmar


2階部分に、大きな仏像が納められています …が観ることはできませぬ

ミャンマーのパゴダで階段を登っても良いのは本当に皆無に等しいみたい

この仏像は1階に納められている座像

myanmar


オリジナルの壁画も残っていて(と言うのだろうか…な状態だけど)

歴史を感じることができるのだけど、如何せん …どんな絵柄だったかがほぼわからん 


myanmar

myanmar




もう… パゴダはお腹いっぱい  足も手も真っ黒けだし…

全身洗いたいぃ な気分に陥っていると

ホテルに向い、先にチェックインするって  心底うれしいぜぃ

ホテルは思いのほかゴージャスきらきら

なんとゴルフリゾートの中にあるの… 最初クラブハウスかと思っちゃった

myanmar


ロビーにはミャンマーっぽい傘の飾り

ゲストルームはコテージというゴージャスな感じ


myanmar

myanmar



プールもきれいだし… アメージング・リゾートっていう名前に恥じない感じ 

myanmar


このコテージに泊まったのだけれど、内装もきれいで満足

真っ黒な足を真っ先に洗い、そのまま全身シャワー 

勿論その後にはミニバーからビールを取りだし  プファァーーーーッ

生き返りました 

myanmar


でも今日はまだ終わらない 



ホテルを出て夕陽を観にシュエサンドー・パゴダへ

バガン王朝の前期となる1057年にアノーヤターが建立したパゴダは

レンガを積み上げた珍しい造りで

さらに珍しいのは、5層に重ねられた基壇の最上部前登ることができること

そのため、夕陽鑑賞をする観光客でごった返します


けど、ココってやっぱりパゴダ

・・・そう裸足にならなきゃならない

myanmar


もうヤダ  汚れるの・・・ 

というヘナチョコ母娘は登らず下から鑑賞

パゴダをぐるりと回ってみると

色とりどりの花が咲いていてその合間から見えるパゴダがビューティフォー


myanmar

myanmar



平原とは言え、高低差があるため点在するパゴダも見えるし

myanmar


さっき行ったタビィニュ寺院も見えます

myanmar



だんだん空がオレンジに

夕陽の中に浮かび上がるシルエットのパゴダ

myanmar


なんとも幻想的

myanmar


夕陽は雲の中に入ってしまいそうなので、これがギリギリ最後の光

十分堪能できました 

バスの中から撮った一枚

バスって高さがあるから、結構良い撮影スポット


後で、パゴダに登った人と話していると、上は人込みがすごくて写真があまり撮れなかったらしい

この写真見て、「楽して一番たくさん写真撮ってる」って言われてしまった

たまに楽するもんも良いもんですな …え?そうじゃない??

myanmar



この後ディナーに向かったのだけど…

迎えてくれた女性の民族衣装がとっても綺麗でした

お料理 …割愛 


myanmar

myanmar



続きはこちら 10. マンダレーへ 木造のウー・ベイン橋@アマアプラ

2014年3月:ミャンマー、奇跡の岩と黄金の都めぐりの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ



☆★ブログランキングに参加しています★☆

今日もポチッと応援クリックしていただけますとブログを書く励みになります
よろしくお願いします (別ウインドウで開きます)

メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 3, 2018 09:58:04 AM
コメント(2) | コメントを書く
April 7, 2014
テーマ:海外旅行(5176)
カテゴリ:ミャンマー

myanmar
myanmar posted by (C)nana


バガンのすごさって、ココのパゴダというより

そこかしこに林立する2800基ものパゴダ群 というか、遺跡群なのではないかと


そんな風景は見慣れているのか、現地のガイドさんはバスを止めてくれない雫

そんなのいや~~ と思わず、「バス止めてください」って大声出しちゃった

暴れちゃいないけど、そんな勢い おしりぺんぺん

だってはっきり言って仏像よりこっちに興味ありありですねん

myanmar


ってことで、バスを降りてゆっくりと遥か悠久の時代のパゴダだらけの景色を楽しむ

myanmar


それにしても、いったいどうしてこんなにいっぱい建てることになったのか…

myanmar


あくまで『祀り祈り』の場であるわけだから、教会のようなもの …だよね?

myanmar


それなのに、隣り合わせとか…

近隣で競い合った?

myanmar


なんだかお墓のようにも感じてしまう


myanmar

myanmar



これって上空から見ると、どんなだろ…

気球で上がってみたい…  ってそんなツアーもあるみたいだけど

myanmar


写真を選びきれず、かなりいっぱい載せてしまった…

パゴダでお腹いっぱいになりそ はああ

myanmar



さてさて、また寺院巡り続きます

こんどはバガンで最も美しいと言われるアーナンダー寺院へ

myanmar


1091年第三代チャンシッター王によって建立された本堂は正方形で

本堂の一辺は63メートル、塔の高さは50メートル

これまた東西南北それぞれに黄金の立像が納めれられている

myanmar


4体の仏像のうち、南北の2体は建立当時のもの

左は西の仏像なので、再建されたもので、右が当時のままの北の仏像


myanmar

myanmar



左は、再建された東

建立当時の姿である南の仏像は右


えっと、えっと… 手の違いしかよくわからんのだが ごめん泣き

見る方向によって表情が変わるそうだ …そなの?


myanmar

myanmar



まだまだガイドは続けど、飽きてムカッ回廊へ

で、不謹慎にも思ってしまった… 修道院みたいなこの回廊が好き って

myanmar


それぞれの小窓の中には仏像が納められているので正面から撮ると違っちゃうけど

こうやって光のさす石の廊下って ここだけ見るとヨーロッパの修道院ぽい ハイ

myanmar


また扉がすごいことに…

重厚な木彫りの、おそらくとんでもなく重量もありそうな扉 

…隅に施されているコレはなんでしょね


myanmar

myanmar



外観もまた重厚な造りです

確かに大きい… ちょっとお掃除が必要みたいだけどね

myanmar



写真には撮らなかったけれど、参道、建物内の回廊にもお土産物屋さんが雑然と…

売り子はくちゃくちゃ物を食べながら、しゃべってるし… そのまま食べかす散乱だし…

そのすぐ脇ではお祈りしている人もいっぱいいるのね

なんというか、あまりにも雑然、ぐちゃぐちゃな統制のなさ プラス汚いし

こういうところが世界遺産に登録されない要因の一つのなのかな… 

って、この旅を通じて思ったことでした


沙羅双樹の花が咲いていたわよ …清涼剤の代わりにどぞ ためいき


myanmar

myanmar



続きはこちら 9. タビィニュ寺院 ~シュエサンドー・パゴダで夕日@バガン

2014年3月:ミャンマー、奇跡の岩と黄金の都めぐりの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ



☆★ブログランキングに参加しています★☆

今日もポチッと応援クリックしていただけますとブログを書く励みになります
よろしくお願いします (別ウインドウで開きます)

メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 3, 2018 09:58:34 AM
コメント(2) | コメントを書く
April 6, 2014
テーマ:海外旅行(5176)
カテゴリ:ミャンマー

myanmar
myanmar posted by (C)nana


ティーロー・ミンロー寺院は、1215年パガン王ナンダウンミャー

(別名ティーロー・ミンロー)の時代に王位継承を記念して建てられた寺院

ちなみに「ティーロー・ミンロー」=「傘の王」という意味

王には5人の息子がいたが「公平を期するために」傘の倒れる方向で次の王を選んだという

嘘か真かは分からないけど、そういうエピソードが残っている


またバガンに建てられた最後のミャンマー形式の寺院として知られている

高さ46mと、このあたりでひときわ大きな寺院 めがね


myanmar

myanmar



ミャンマーの比較的大規模な寺院は、四方に仏像が安置されていて

回廊でつながっている仕様が多い

ここでも同じ様式で、仏像が安置されているのだが…

座像2と立像2 …だんだん飽きてくるワタクシ 

上矢印ここはレリーフと 下矢印外観が思いっきり好み

myanmar


だって… やっぱり太もものあたりがどうしても… もじもじ気になる もじもじ

myanmar


天井というか壁はとても精巧な造りです


myanmar

myanmar



あら… 外に出てしまった …ってことは、仏像4体ないわね

どこかで一体ミスしてしまった …わざとじゃないよ

myanmar



金箔の貼られたぴかぴかの仏像の造りや表情より

個人的には13世紀バガン王朝の象徴的建築物の外観に興味ありあり 秘密内緒ね


myanmar

myanmar




内部からとっとと外に出てしまい、ぐるりと見回す

尖塔の造りが気になり

いろんなところに仏像も彫られ…

myanmar


細かなレリーフが施され

myanmar


しかもこれってオリジナルだそう


myanmar

myanmar



う~ん、このお顔好きざます

myanmar



外に出たところに、首長族?の方が機織りをしていた

一緒に写真をどうぞって言われたけど、なんだかちょっと見世物みたいで痛かったわ雫


myanmar

myanmar




珍しく(とういか、最初で最後の)西洋食ランチ

パンの代わりにピザトースト …は、冷凍食品のカホリ

タバスコ持ってきてくれたんだけど

あの有名な日本でもいたるところにあるタバスコの液体部分が真っ黒って …怖くて使えなかった

サラダはニソワーズな感じかしら


myanmar

myanmar



かぼちゃのスープは… お水の分量が多いみたい

そしてお魚は …はっきり言って「生」でした 激しく凹む ちょっといただけないわね


myanmar

myanmar



続きはこちら 8. 圧巻は林立するパゴダ ~アーナンダー寺院@バガン

2014年3月:ミャンマー、奇跡の岩と黄金の都めぐりの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ


☆★ブログランキングに参加しています★☆

今日もポチッと応援クリックしていただけますとブログを書く励みになります
よろしくお願いします (別ウインドウで開きます)

メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 3, 2018 09:59:14 AM
コメント(2) | コメントを書く
April 5, 2014
テーマ:海外旅行(5176)
カテゴリ:ミャンマー

myanmar



ヤンゴンからミャンマー中部のバガンへ出発飛行機

バガンはカンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドールと並んで

世界三大仏教遺跡と言われているところ


何の知識もないまま向かう nana 早朝フライトで1時間20分程


朝4時15分のモーニングコールはかなりキツイ

myanmar


眠気眼  のまま機窓を眺めていると …何やらまたキンピカきらきらパゴダが

myanmar


もちろんプロペラ機でした・・・ ミャンマーエアのマークが菊のご紋に見えてきた

ターミナルビルがミャンマーっぽい 


myanmar

myanmar



遺跡を観に来たけれど、まずはニャンウー市場へ向かいます

現地の人たちの生活や食文化を垣間見ることができる『朝市』のようなところだけど

まず一番に目についたのが托鉢姿の子坊主

myanmar


野菜・果物・お花… 何でもアリな市場

売っているものにも目がいくのだけど、やっぱり見てしまうのは働くおかーさん達


myanmar

myanmar



女性、子供は頬に粉のようなものをつけている人が多い

これって「タナカ」という清涼剤兼日焼け止めみたいな効果のある粉らしく

パッと見砂を塗りつけているようにも見えるけど、立派な薬らしいっす

myanmar


小さいけど白菜、ジャガイモ、玉ねぎ、トマト… 何でもあります


myanmar

myanmar



このかわいらしい紫のものはナスビ …かわいい くるくる回る

myanmar


さすが南国の花は色トリドリ …キク科のお花が多い気がする


myanmar

myanmar



そんでもってこれはひょうたん、冬瓜のようにスープの実になったり炒め物にするそうです

myanmar


几帳面とも言えるくらいきちんと並べられている葉っぱ …お米もあったわ

民芸品っぽいものもあったけれど、ほぼ食料品だったので何を買う訳でもなく…

時間つぶしっぽいノリの見学 な気がしたのはワタクシだけか 嫌々ー



myanmar

myanmar




さてようやく本題のバガンは1044年ビルマ族に与いる最初の統一王朝が築かれた古都

もともとは4000基以上のパゴダと寺院があったとも言われているが、倒されたり、壊れたり…

それでも現在でもエーヤワディー川の中流域に広がる平原に、2800基ほどが残っている めがね



シュエジーゴン・パゴダはキンピカの仏塔が目印 覗きチラ見

方形の基壇も巨大な仏塔も金箔でキンキラキン

バガン朝屈指の征服王アノーヤター王が11世紀後半に建設に着手し

次代のチャンシッター王で完成

釈迦の遺骨と歯が納められていると …いわれている

myanmar


仏塔の四隅にも黄金の小仏塔があります

もちろんちょっと間抜けな狛犬不思議ちゃん

しか~し、仏像を観てぶっ飛んだです …女性? ちょっとエロチックゥ


myanmar

myanmar



少数民族の方だそうです、確かに衣装も頭に巻いたターバンのようなも見慣れない

myanmar


・・・だんだんキンピカパゴダに飽きつつあるっす

myanmar


タマリンドの木と実、初めて見ました サングラス

マダガスカルのキツネザルの好物として知られているけど、東南アジアだと酸味付けに使うみたい


myanmar

myanmar



続きはこちら 7. 外壁のレリーフが美しいティーロー・ミンロー寺院@バガン

2014年3月:ミャンマー、奇跡の岩と黄金の都めぐりの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ



☆★ブログランキングに参加しています★☆

今日もポチッと応援クリックしていただけますとブログを書く励みになります
よろしくお願いします (別ウインドウで開きます)

メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 3, 2018 09:59:43 AM
コメント(2) | コメントを書く
April 4, 2014
テーマ:海外旅行(5176)
カテゴリ:ミャンマー

myanmar
myanmar posted by (C)nana


このツアーのハイライト、奇跡の岩とも言われる

落ちそうで落ちない岩を見るために、バスで片道5時間のチャイティーヨーに向かいます


高速道路なんてあるわけもなく …というか、有料道路ではあったけど高速は出せんムカッ

トイレ休憩のトイレも …なかなかのもの(ご想像に任せます)

せめてきれいなお花でも どぞ

さすがに南国、いろんな色のブーゲンビリアが咲き誇り

myanmar


ちょっと見たことないような葉っぱが全部下向いている木があったり… 


myanmar

myanmar




いい加減エコノミー症候群になるな… ってギリギリのところでようやく到着

いや~~ 腰も背中も痛いのなんの雫

でもこれで終わりじゃなかった


下矢印このトラック・・・・・

手すりも何にもない

荷台の座るところに木が渡してあり、形だけの薄っぺらなクッションが貼り付けてあるもの

ええ、どこにもつかまれない

これに乗って、ガタガタの山道をバウンドしながら暴走トラックは登って行くのだわ

それも40分!! よく誰も落ちなかったことだこと


今まで事故がなかったのが不思議(あったのかも…)

遊園地のアトラクションより、マジ恐怖でした なんせ安全策ゼロだもん 

myanmar


たどり着いた門前 …もちろんココも寺院ですからこんなところで靴を脱ぐの雫

ちなみにここから軽く2時間くらい裸足のまんま、しかも屋内ゼロムカッムカッ

myanmar


これまたおもしろい狛犬

myanmar


チャイティーヨー・パゴダが正式名称なのか な

ゴールデンロックはミャンマー仏教徒の屈指の巡礼地であるパゴダ


ありがたいものですから、両手で持ってみました 

myanmar



落ちそうで落ちない不思議な大岩

岩の上部には高さ7mの仏塔が建ち、中に仏陀の頭髪が入っていると言われている

岩の表面は信者から寄進された金箔が貼られ黄金に輝く


ここってめっちゃ男尊女卑なんだ

だって岩に触れるのは男性のみ

故に金箔貼れるのも男性のみ ちっ

myanmar



ミャンマーの仏教は、生きている間に功徳を積むことによって来世で良い人生を送れるという教え

だから金箔を貼りつけるのも、功徳を積む方法の一つなのよ 

じゃあさ、女性は功徳積む方法が一つ減るじゃんね 

myanmar



やっぱり不思議な岩

ちゃんと隙間が見えてる… 地震とかないんかな

あったら …落ちる気が

myanmar


この岩自体がパゴダになっているので、尖塔をくっつけてます

ふむ、これってどうやってつけたのだろう

人が登った? クレーンのある時代になってからの工事かしら?

myanmar


女性は触れないので、悔しかったけど

岩の周りを下から眺めているとそれだけで十分な気分にもなります


myanmar

myanmar



いたるところで皆様お祈りしているので、上ばっかり見ているとぶつかりそうになってしまう

でも… 目が離せないわ 

ちなみに地面にいるお祈りしている人にぶつからないように下を見なきゃと思うのと同時に

わんこの○○や、鳥の○○なんかもそこいらじゅうにありますんで 要注意!!

myanmar


同じグループの男性は、金箔貼りを体験

「押すと揺れるよ~」って言っていた けど、ホント?

だとしたら、やっぱりスゴイというかコワイ 

myanmar


これだけのためにヤンゴンから片道5時間近く

でも来る価値あるざます

myanmar



お食事タイム

もう定番化しておるビール&豆腐チップス


myanmar

myanmar

それと野菜炒めのカレー風味

ミャンマー特産のカシューナッツとチキンの炒め物 …感想 なし

myanmar

myanmar



ライトアップされたシュエダゴン・パゴダがビューティフォきらきら

これは帰りのバスの中で撮ったものだけど

myanmar


ホテルの窓からも見えていた …昨夜気づかず

幻想的な夜景でござった

myanmar


続きはこちら 6. 世界三大仏教遺跡バガンへ ニャンウー市場~シュエジーゴン・パゴダ

2014年3月:ミャンマー、奇跡の岩と黄金の都めぐりの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ



☆★ブログランキングに参加しています★☆

今日もポチッと応援クリックしていただけますとブログを書く励みになります
よろしくお願いします (別ウインドウで開きます)

メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 3, 2018 10:00:18 AM
コメント(2) | コメントを書く
April 3, 2014
テーマ:海外旅行(5176)
カテゴリ:ミャンマー

myanmar
myanmar posted by (C)nana


一生のうちに何度でも出家し、還俗するという不思議な制度(風習?)があるミャンマー

最初に出家するのは6歳くらいとのこと


その6歳児の得度式に参加することができた


小坊主はかわいいけれど、大人の僧侶はカッコいいわ ぼーっとする 向かって右の青年僧侶が好みどきどきハート

きれいに着飾った出家前の小僧たち…

6歳にしては小さい気が…

そう言えばミャンマー人はかなり小柄ね


myanmar

myanmar



今から坊主になるとはいえ、子供ですから

足はブラブラ、時々こっくりと寝落ち …かわいいけどね


myanmar

myanmar



揃って『出家させてください』とお願いする …ほんとになりたいのかどうなのか不明

こうやって並んでいるとお稚児さん達みたい

myanmar



『わかりました、あなた達の出家を認めましょう』みたいな感じかな

一人一人頭を丸められ、僧衣に着替えさせてもらいます


myanmar

myanmar



なかなかどうして、イッチョマエのミニチュア坊主って感じです 踊る

myanmar


マルコメ君が並んでいるような

myanmar


マルコメ君達なかなか様になっている子とそうじゃない子がいるところがおもしろい

それにしても素晴らしいのは、こんな小さい子たちなのに、みんなちゃんとお経を唱えられるの

勿論復唱しているだけの子もいるけれど、きちんと覚えてる子もいたわ

myanmar


こうやって並ぶと、もうそれなりに坊主に見えます

托鉢のボールが大きく感じてしまうほど

まだこんなに小さいのにこの先出家している間はこの托鉢が全財産なんだよね


ちなみに、出家期間は1週間でも良いらしい …えっ びっくり

ある意味この歳で出家するときは『お行儀』『作法』『躾』の一環と捉えられているような感じ

良いことだわ …とゲームに熱中する同年代の日本の子供と比較しちゃう

myanmar




ヨーロッパ風な建物でいただくお食事

myanmar


もう喉がカラカラビールビール飲ませてくれいぃっ

毎回テーブルに出てくる揚げ煎餅みたいなのは、豆腐のチップス

myanmar


そして味がボヤボヤなカレー …もう毎度なんで食事の写真撮るの途中で止めたわ ブルー

不味くはないんだけど、中華の炒め物のカレー風味なイメージ

まだこの時はおいしかった方 …だから画像を残していた(んだったと思う… 頭もボケボケ)


myanmar

myanmar




バスから見る車窓

何だかきれいな塀が見えてきた …ここがかの有名なアウンサン・スーチー家

myanmar


ここに何年も軟禁されていたのよね

もはや観光名所となっているらしく、ひっきりなしに車が止まり

写真を撮って去っていく…

myanmar


アウンサン将軍も
myanmar



続きはこちら 5. 奇跡の岩 ゴールデンロック@チャイティーヨー

2014年3月:ミャンマー、奇跡の岩と黄金の都めぐりの旅トップに戻る

国内旅行記トップへ
海外旅行記トップへ



☆★ブログランキングに参加しています★☆

今日もポチッと応援クリックしていただけますとブログを書く励みになります
よろしくお願いします (別ウインドウで開きます)

メールするメッセージメールする
こちらからお願いします

Message







Last updated  May 3, 2018 09:55:55 AM
コメント(2) | コメントを書く

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

PR

Recent Posts

Category

◆食べ歩き徒然◆

(14)

銀座・有楽町・日比谷・新橋

(251)

新富町・東銀座・築地・八丁堀

(103)

丸の内・八重洲・京橋・日本橋

(136)

人形町・馬喰町・水天宮・浜町

(27)

御茶ノ水・秋葉原・神田・新日本橋

(26)

上野・御徒町・湯島・稲荷町

(212)

谷中・日暮里・鶯谷

(9)

浅草・田原町・蔵前・浅草橋

(196)

北千住

(4)

本所吾妻橋・押上・青砥

(7)

両国・錦糸町

(4)

神楽坂・飯田橋・曙橋・四谷

(16)

新宿・代々木・練馬

(119)

六本木・麻布・乃木坂

(27)

赤坂見附・半蔵門・溜池・虎の門

(16)

渋谷・青山・表参道・恵比寿

(61)

品川・五反田・高輪

(17)

京王線沿線・成城学園前

(229)

◆旅たび徒然◆↓旅行記はFreePageへ↓

(40)

カナダ

(23)

アメリカ・ハワイ

(58)

メキシコ・ベリーズ・グァテマラ・ホンジュラス・エルサルバドル・コスタリカ・パナマ

(31)

キューバ・バハマ・カリブ海に浮かぶ島国

(26)

エクアドル・ペルー・コロンビア

(26)

ボリビア

(19)

ブラジル

(14)

アルゼンチン・チリ

(19)

タヒチ・パラオ・バヌアツ・パプアニューギニア・ニューカレドニア

(31)

ニュージーランド

(28)

ロシア

(21)

モルドバ・ウクライナ・ベラルーシ

(16)

リトアニア・ラトビア・エストニア

(14)

フィンランド

(15)

ポーランド

(16)

ドイツ

(24)

オーストリア・チェコ・スロバキア・ハンガリー

(20)

ベルギー・オランダ・ルクセンブルグ

(22)

フランス

(43)

スイス・リヒテンシュタイン

(35)

イタリア・バチカン・サンマリノ

(81)

マルタ

(11)

スペイン

(40)

ポルトガル

(20)

ブルガリア・ルーマニア

(23)

クロアチア・スロベニア・ボスニアヘルツェゴビナ・モンテネグロ

(17)

アルバニア・マケドニア・セルビア・コソボ

(29)

ギリシャ

(16)

アゼルバイジャン・ジョージア・アルメニア

(26)

トルコ

(6)

イスラエル・ヨルダン

(14)

UAE・カタール・オマーン

(13)

チュニジア・モロッコ

(19)

エジプト

(11)

エチオピア

(14)

ケニア・タンザニア

(22)

マダガスカル・モーリシャス・セイシェル

(30)

南アフリカ・ジンバブエ・ボツワナ

(25)

ウズベキスタン

(8)

モンゴル

(6)

インド・ネパール

(20)

スリランカ・モルディブ

(18)

マレーシア・インドネシア・ブルネイ

(30)

ミャンマー

(17)

カンボジア・ラオス

(22)

フィリピン・台湾

(21)

北海道

(20)

青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島

(49)

新潟・富山・石川・福井

(12)

栃木・群馬・埼玉・茨城・千葉・山梨・神奈川

(46)

東京

(73)

長野・岐阜・静岡・愛知

(14)

滋賀・京都・兵庫・大阪・奈良・三重・和歌山

(28)

鳥取・島根・岡山・広島・山口

(4)

徳島・香川・高知・愛媛

(9)

福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

(19)

沖縄

(11)

◆その他徒然◆

(137)

花散歩あーかいぶ

(3)

ジェルネイル

(121)

読書

(21)

お取り寄せ・レビュー

(65)

バセドー病・外傷性てんかん

(25)

◆はじめに & 乳がんのこと◆

(1)

1:告知前&告知…そして現在

(20)

2:術前化学療法

(60)

3:全摘手術 ~ホルモン療法

(38)

4:乳房再建

(71)

乳がん番外編:坊主ネタ

(37)

乳がん番外編:医療費と保険 &オフ会

(24)

Free Space

◇◆海外旅行記◆◇
他に下記Freepage Listにもあります

アゼルバイジャン~ジョージア
~アルメニア、コーカサスの旅

<

オーストリア~スロバキア
~チェコ~ドイツの旅



ニュージーランド
北島~南島縦断の旅



エクアドル、生物の楽園
ガラパゴス諸島の旅



「インド洋の真珠」
セイシェルの旅



アジアのゴージャスな王国
ブルネイの旅



マグレブのチュニジア
地中海からサハラ砂漠への旅



リトアニア~ラトビア
エストニアの旅



モルドバ~ウクライナ
ベラルーシの旅



ボスニアヘルツェゴビナ、クロアチア
モンテネグロ、スロベニアの旅



パプアニューギニア 陸の孤島
タワリリゾートの旅



ポーランド ワルシャワ~ポズナン
~クラクフの世界遺産の旅



キューバ 首都ハバナとビーチ
リゾート、バラデロの旅



ラオス 首都ヴィエンチャンと
世界遺産ルアンパバーンの旅



インド洋に浮かぶ「島々の
花輪」モルディブの旅



スリランカの世界遺産と
美しい自然の旅



カリブ海クルーズと
フロリダ、キーウェストの旅



地中海に浮かぶ
蜂蜜色の国マルタの旅



南太平洋の微笑みの国バヌアツと
ニューカレドニアの旅



ポルトガル、リスボン~
ポルト&パリ立ち寄りの旅



ウズベキスタン
蒼穹の世界遺産の古都の旅



ネパール
ヒマラヤ山脈と世界遺産の旅

Nagarkot

古代文明が色濃く残る
エジプト世界遺産の旅

Egypt

モーリシャス、インド洋に浮かぶ
パラダイスの旅

Mauritius
カンボジア、アンコール遺跡と
首都プノンペンの旅

Canbodia

イスラエル~ヨルダン
イエスの足跡をたどる旅

Israel

モンゴル、ウランバートル~大草原
ブルドと世界遺産カラコルムの旅

Mongolia

マレーシア、ペナン島~マラッカの
世界遺産とクアランプールの旅

Kuala Lumpur

イタリア、ベネチア~トスカーナ
~チンクエ・テッレのドライブ旅

Burano

フィリピン、マニラで
過ごす週末の旅

manila

地中海~カナリア諸島
マディラ諸島クルーズの旅

Madeira

アラビアンナイト:カタール
UAE&オマーンクルーズの旅

Abu Dhabi

パラオ
ヨットクルーズの旅

Palau

インドの世界遺産の旅
India

アルバニア・マケドニア
コソボ・セルビアの旅

Macedonia

神秘の国エチオピアの旅
Ethiopia

フランス&スイス・アルプスに
滞在する旅

Matterhorn

ブルガリア&
ルーマニアの旅

Romania

ドイツ・ハイデルベルグと
フランス・アルザス地方の旅

Heidelberg

オランダ・ベルギー
ルクセンブルクとパリの旅

Amsterdam

タヒチ:夢の楽園ボラボラ島の旅
Tahiti

コロンビア~パナマ運河
コスタリカ&メキシコクルーズの旅

panama canal

インドネシア:ジャワ&バリ島の旅
indonesia

フィンランド:オーロラの旅
Finland

東カリブ海クルーズの旅
StMaaten

台湾:台北、高雄、九分十分の旅
Taiwan

カナダ:メープル街道&
USA:サンフランシスコの旅

canada

タンザニア~ケニア:サファリの旅
Kenya

マダガスカル:不思議の島の旅
Madagascar

イタリア:フィレンツェ~ナポリの旅
capri

ミャンマー:奇跡の岩と黄金の都の旅
myanmar

グアテマラ~エルサルバドル~
ホンジュラス~ベリーズの旅

belize

ハワイ:マウイ島の旅
maui

ジンバブエ~ボツワナ~
ブルートレインで行く南アフリカの旅

victoria falls

ボリビア:ウユニ塩湖&
ブラジル:レンソイス砂漠の旅

UYUNI

ギリシャ:アテネ メテオラ&
エーゲ海の島の旅

Santorini

アルゼンチン:パタゴニア氷河&
チリ:イースター島の旅

patagonia

ハワイ:マウイ島の旅
Hawaii 2012

スペイン:マドリッド&
バルセロナの旅

Segovia

ロシア:サンクトペテルブルグ
スズダリ&モスクワの旅

Sergiyev Posad

フランス:ニース&マルセイユ~
イタリア:ミラノ~マラネロの旅

Marseille

ブラジル:イグアスの滝~
ペルー:マチュピチュ&ナスカの旅

マチュピチュ

ハワイ:マウイ島の旅
honua kai

フランス:パリ~ロワールの旅
凱旋門

トルコ:アンカラ~サフランボル
カッパドキア~イスタンブールの旅

トルコイスタンブールブルーモスク1


↓メッセージはこちらから↓
メッセージはこちらから


↓ブログランキングに参加しています
ポチッと応援クリックしていただければうれしいです↓


にほんブログ村


人気ブログランキングへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

Freepage List

◇◆ 海外旅行記 ◆◇


2009年以前の思い出


'10★チェコ・ハンガリー 〜 ドイツ


'10★ハワイ:ハワイ島~マウイ島


'11★イタリア:ローマ〜ベネチア・ミラノ


'11★トルコ:カッパドキア・イスタンブル


'11★フランス:パリ~ロアール古城めぐり


'11★ハワイ:マウイ島~オアフ島


'12★南米:マチュピチュ~イグアスの滝


'12★南フランス~モナコ~北イタリア


'12★ロシア:Stペテルブルグ~モスクワ


'12★スペイン:マドリッド~バルセロナ


'12★ハワイ:マウイ島~オアフ島


'13★南米:パタゴニア氷河~イースター島


'13★ギリシャ:アテネ~エーゲ海の島々


'13★南米:ウユニ塩湖~レンソイス砂漠


'13★ジンバブエ・ボツワナ・南アフリカ


'13★ハワイ:マウイ島~オアフ島


'14★中米4か国:グアテマラ~ベリーズ


'14★ミャンマー:奇跡の岩と黄金の都


'14★イタリア:フィレンツェ~ナポリ


'14★アフリカ:不思議の島マダガスカル


'14★アフリカ:タンザニア~ケニア


'14★カナダ:メープル街道 & USA:ナパ


'14★台湾:台北と高雄、レトロ九分十分


'14★東カリブ海クルーズ:ヴァージン諸島


'15★フィンランド:オーロラハンティング


'15★インドネシア:ジャワ島&バリ島


'15★パナマ運河クルーズ:コロンビア~


'15★タヒチ:夢の楽園ボラボラ島


'15★オランダ・ベルギー・ルクセンブルグ


'15★ドイツとフランス・アルザス地方


'15★ブルガリア&ルーマニア


'15★フランス&スイス・アルプス長期滞在


'15★アフリカ:神秘の国エチオピア


'15★バルカン半島:アルバニア・旧ユーゴ


'15★インド:世界遺産12か所めぐり


'15★パラオ・ヨットクルーズ


'16★カタール・UAE・オマーンクルーズ


'16★地中海~カナリア・マディラ島クルーズ


'16★フィリピン、マニラで過ごす週末


'16★イタリア、ベネチア~トスカーナ


’16★マレーシア、ペナン島~マラッカ


'16★モンゴル、ウランバートル~カラコルム


'16★イスラエル&ヨルダン、イエスの足跡


'16★カンボジア、アンコール遺跡とプノンペン


'16★モーリシャス、インド洋のパラダイス


'17★エジプト、古代文明の世界遺産


'17★ネパール、ヒマラヤ山脈と世界遺産


'17★ウズベキスタン、蒼穹の世界遺産の古都


'17★ポルトガル、リスボン~ポルト~パリ


'17★ニューカレドニア & バヌアツ


'17★地中海に浮かぶ蜂蜜色の国マルタ


'17★西カリブ海クルーズとキーウェスト


'17★スリランカの世界遺産と美しい自然


'17★インド洋の「島々の花輪」モルディブ


'18★ラオス ルアンパバーンとヴィエンチャン


'18★キューバ、首都ハバナとバラデロ


'18★ポーランド ワルシャワ~クラクフ


'18★パプアニューギニア 陸の孤島の楽園


'18★ボスニア~クロアチア~スロベニア


'18★モルドバ~ウクライナ~ベラルーシ


'18★リトアニア~ラトビア~エストニア


’18★チュニジア 地中海からサハラ砂漠へ


'18★ゴージャスなアジアの王国ブルネイ


'18★「インド洋の真珠」セイシェル


’19★エクアドル ガラパゴスと首都キト


’19★ニュージーランド 北島から南島縦断


’19★オーストリア~スロバキア~チェコ~ドイツ


'19★アゼルバイジャン~ジョージア~アルメニア


◇◆ 国内旅行記 ◆◇


2009年以前の思い出


'10☆北海道(夏) 十勝~知床~紋別


'11☆岩手・秋田・山形・新潟・石川・富山


'12☆北海道(夏) 登別~紋別~川湯~十勝


'12☆東北~北陸 山形~青森~秋田~新潟


'13☆高知~山口~長崎~鹿児島~熊本~大分


'13☆神戸・大阪


'13☆北海道(夏) 登別~紋別~川湯~十勝


'14☆北海道(冬) 登別~函館


'14☆東北4大祭り 青森~秋田~山形~宮城


'14☆金沢と白川郷・五箇山


'15☆神戸異人館と伊勢神宮


'15☆愛媛、松山と今治


'15☆熊本城、黒川温泉と大分、由布院温泉


'16☆宮城・山形蔵王の樹氷


'16☆岐阜、白川郷と飛騨高山・郡上八幡


'16☆信州長野、桜を追いかけ高遠へ


'16☆滋賀、彦根城、信楽、比叡山と古都京都


'16☆京都、兵庫、鳥取、島根と姫路城


'17☆愛知の3城、岡崎城~名古屋城~犬山城


'17☆みちのく3大桜 弘前~北上~角館


'17☆古都奈良と京都宇治、平等院


’18☆秋田犬に会いたい!秋田から青森へ五能線


'19☆鹿児島、奄美大島


’19☆沖縄、石垣島・西表島・由布島・竹富島


◇◆ プチ旅~お散歩・日帰り・1泊温泉 ◆◇


東京いろいろ神社仏閣・美術館etc. 街散歩


泊まらなくてもちょっと遠出 日帰り旅行


東京近郊1泊で …できれば温泉(希望)旅行


Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


nana's7

Comments

nana's7@ >okumari3さんへ 夏休みの時期に行ったので、子供が多くて…
nana's7@ >makiさんへ こんなに立派な施設になっていたとは… 驚…
okumari3@ はじめまして。 はじめまして。 ランキングから来ました。…
maki@ Re:駅弁を食べに?!一日遊べる鉄道博物館 (大宮)(09/02) 神田の頃の施設とは、大違いですね。 そ…
nana's7@ >maki5417さんへ そうなんですか?知らなかったです。
nana's7@ >makiさんへ 新丸に社食がある会社ってステキですね、…

Archives

Calendar

Rakuten Ranking

Rakuten Card

Headline News

Shopping List

バリリゾートで人気のおしゃれなアジアンランプ インテリアライトループルーツS 60cm 6畳 8畳 ラタン 床置き 1灯 ダークブラウン アジアン照明 間接照明 フロアライト スタンド 照明 フロアスタンドライト アジアン ランプ おしゃれ インテリア 癒し 和モダン リゾート バリ島 北欧 和風 和室 LED 寝室 新築祝い 引っ越し祝い
ナチュラル感あふれるデザインが可愛さをプラス!!ハンドメイドのバングル ブレスレット レディース エスニック アジアン ターコイズ 2連メール便対応/ブレスレット ブレスレット アクセサリー ターコイズ 石 ホワイト ゴールド 金 2連 オーバル ビーズ レディース エスニック 海 リゾート アジアン/BTAI-165/ ポイント消化 (I1-1)
【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】あやかし恋古書店~僕はきみに何度でもめぐり逢う~【電子書籍】[ 蒼井紬希 ]
1本あたり540円(税別)送料無料!各国の白ワインをセットで超オトクに飲み比べ♪1本当たり なんと540円(税別) 送料無料 白だけ特選ワイン12本 85弾 白ワインセット 長S
送料無料 グルメ大賞コーヒージャンル受賞 レビューで大絶賛の初めての方や常連さんに大人気 人気の2種類のレギュラーコーヒーが合計200杯 お得なセット 珈琲福袋 2kg【澤井珈琲】ポイント10倍 送料無料!コーヒー専門店の200杯分入り超大入コーヒー福袋(ビクトリーブレンド/ブレンドフォルテシモ/コーヒー豆/珈琲豆)

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.