021232 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

北の国から 閑話休題

PR

Calendar

Recent Posts

Category

Archives

2018.04
2018.03
2018.02
2018.01
2017.12

Comments

八幡屋海老蔵@ Re:道徳の時間(01/31) 私も道徳の時間ってつまらなく 何をやっ…
平石雅浩@ 道徳の時間 我々の年代の道徳の時間は昼寝の時間でし…
yumi@ Re:仕事はじめ(01/06) 素晴らしいですね! 管理職が、いえ働くも…
yumi@ Re:年頭の戯れ言(01/01) 素敵ですね。 カッコいいです。 ずっとか…
南部千兵衛@ Re[1]:毎日暑い日がつづきますが(09/01) 南猫さん コメントありがとうございま…
2018.01.06
XML
カテゴリ:政治に・・・・
幕末、日本は西洋列強の帝国主義を知り怯えた

ロシアの不凍港を求めた南下政策も知った

日本列島に向けて突き付けられた匕首(あいくち)の、朝鮮半島の不安定が国を危うくすることを、先人は蒙古襲来をはじめとする過去の歴史から学んでいる

中華思想に凝り固まった清の力も不気味である

そんななかで日本は西洋帝国主義、植民地支配から国を守るため、幕藩連合を捨て中央集権国家構築の明治維新を成し遂げた

支配階級たる武士が自らの地位と職を捨てて近代平等国家を作り上げた

日本はこの国に突き付けられている匕首たる朝鮮に近代独立国家をの構築を即し、ともに西洋列強から国を守ろうとし、両班という支配階級にその権益を捨てさせ日本のような国家を作るよう働きかけた

しかし支配階級たる両班は既得権益を守るため、その後ろ盾を求め清にすり寄った

日本にとっての生命線に清の大きな影がみえてきた

このすり寄り国家には、独立の気概なし、このままではやがて清かロシアのものになる

そうなれば次のターゲットは日本

そして、征韓論が起こりやがて朝鮮併合の歴史がはじまる


さて 日本が敗戦後の韓国

歴代大統領の政策と辿った道 あるいは国民の意識をみるがいい

国をまとめる指導者も出てかないければ、国民もまた変わっちゃいない


そして今、新型漫才がくりひろげられている

どつき漫才というのは吉本新喜劇によってつくられたが

ゆすりたかり漫才という新ジャンルが朝鮮によってブレークしている




上記は、異論もあるかもしれないが、私の日本と朝鮮との近代史ダイジェストである






Last updated  2018.01.06 11:21:51
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.