何に使うかを考えよう

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

ちょっとした話

2021.08.07
XML
カテゴリ:ちょっとした話

​・警戒している人の生活パターンには​

 新型コロナの感染者数はオリンピックの興奮に乗るかのように急上昇で、本当に心配な状況になってきました。
 多くの人はコロナを恐れて、かなり自粛した生活を繰り返していることと思います。
 おそらく今、ワクチンを打っているのは、警戒している人が主流なので、感染の拡大傾向を止める効果は小さいのではないかと個人的には思っています。
 

​・警戒していない人の中で感染率の向上で増えているのか​

 警戒していない人の生活パターンの中では、コロナウイルスに触れる機会は警戒してる人に比して多くあるはずで、そこでさらに感染率の高い新型により感染が拡大しているとみています。
 要するに、すでに警戒している人が頑張っても、状況を変える効果は低そうな気がしています。

​・ワクチンとか酒とか​

 ワクチンは効果はあるでしょうけど、警戒している人から打っているわけなので、感染しやすい状況にある人の状況が変わらないのでは、全体の感染者数を抑え込むのは無理だと思います。
 酒を飲みたい人は、警戒するのをややあきらめ気味なので、こうした人の中から新たな感染者が生まれます。無症状の感染者が誕生して、重傷者を生み出すロシアンルーレットに近い感覚でしょうか。
 酒を飲むなというなら、ワクチン2回接種して2週間後から飲んでいいとかしたほうが、現在より感染者は減るとは思います。
 どうしても0にしたいと思ってしまうと厳しいことをしなければならなくなりますが、リスクコントロールで割り切ってしまうなら、方法はあるでしょう。まあ、人道的かと言われればそうではないですが。
 なんにせよ、変異型に対応するワクチンを開発して接種するサイクルをあと何回か回さないと普通の病気レベルの扱いは難しいかなと思います。
 何を恐れるか、正しく判断して、いい人生を過ごしたいものです。
​​​​​​






Last updated  2021.08.07 21:29:29
コメント(0) | コメントを書く


2020.04.25
カテゴリ:ちょっとした話

 世界は人類共通の敵である新型コロナウイルスとの戦いに入りました。
 人類の英知がこの戦いに勝利することは時間の問題だとは思いますが、その間に政治と経済に欠陥を抱えている国家は国力を大きく損なうことは間違いないように思えます。
 その結果、世界は変化することを余儀なくされるのでしょう。


 こうして新しい世界へと踏み出すことを余儀なくされる我々は、元に世界に戻ろうとするのではなく、新しい世界を生き抜かねばなりません。
もちろん、今を生き抜くことをした上でとなります。


 まずは、今を生き抜き、新しい世界で戦い抜くための力を蓄えなければなりません。


 まあ、思いとしてはそれくらい頑張らないとダメじゃないかという気持ちです。
悲観したり焦ったり、不安に駆られたり、いろいろなネガティブなことを考えてしまうところですが、冷静に今すべきことを考えて、次への布石を打っていかねばと思っています。






Last updated  2020.04.25 22:23:36
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.18
カテゴリ:ちょっとした話

 まず、医療関係者の方々に感謝いたします。そして、自らを律することで自らを守り、大事な人を守る、名もなき勇者の方々にも最大の敬意を表します。
 さて、筆者はテレワークをしていましたが、会社に行かなければならない仕事のために、埼玉から東京に通っています。
 その方法として選んだのは自転車です。
 1時間かけて通うのですが、これがなかなか体力的にはつらいものがあります。それでも電車に乗って通勤するよりリスクは低いと考えて実施しています。
 一人一人が、リスクを避けて感染者にならないことが、この戦いに勝つことです。
 政治とか色々なものがそれぞれの思惑で動いています。ですが、自らの危機と考えて自らの力で情報を分析して、行動を決めていただきたいと思います。
自分が決めて何を守り、どう動くか。それが大事です。
 生活ができなくなる人が多く出る可能性もあります。
 団結とか精神論で何とかなるものではありません。
 どう生きるか、どうすれば生き残れるか、状況が悪い人ほど考えなければならないことが多くあります。
 こうなってしまっては、元に戻るという方向ではない思考が必要だと思います。
 どうするべきかの答えは筆者にもわかりません。
 それでも、生きていかねばならないのだと筆者は考えています。






Last updated  2020.04.18 20:33:07
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.11
カテゴリ:ちょっとした話

 日々の暮らしは、新コロナウイルスの感染症によって失われてしまっています。
 経済的な支援もままならず、このままいけば従来の社会に戻るということは難しくなります。
 まずは生き残ること。これをしたうえで、社会を再構築していくことになるのではないかと個人的には予想しています。
 まずはリスクを正しく把握してどうやってリスクを抑えた生活をするか自分で考えていく必要があります。
 なぜ3密が危険なのか、飛沫感染を避けるためです。これと共に、自分が汚染されたものに触れて、自分を感染させてしまう危険があることを理解する必要があります。
スーパーは行くことができるが自分以外が触れたものに触ることはリスクを冒すことです。
 そうしたことを理解すれば、何故手洗いが重要なのかわかると思います。
 こんな状況でも社会を支えるために頑張っている人もいます。そして皆さんも、自分と家族を守るために頑張っていると思います。
手洗い一つすら、家族を守る尊い行為なのです。
 皆様の努力が報われる日が来ることを切に願い、頑張っているすべての方にエールを贈ります。
必ずや生き残って、新しい時代を謳歌しましょう。
 






Last updated  2020.04.11 20:56:43
コメント(0) | コメントを書く
2017.01.28
カテゴリ:ちょっとした話

 やっと歯の痛みが治まって来て、徐々に元の生活ペースを取り戻しつつある。
何を患っても、治りが遅いので、ひとつの不調が致命傷になりかねない。

 管理が大事であるが、まあ何事もうまくやるに越したことはない。

 今年なりたい体のイメージを決めて、それになるための生活を考えるようにしたいものだと思う。

 そう考えれば何事も前向きで楽しめそうである。

 とにかく、やってみようである!






Last updated  2017.01.28 21:55:57
コメント(0) | コメントを書く
2017.01.21
カテゴリ:ちょっとした話

 昨年末からの歯の治療が長引いていて、いまだに良くならない。
 歯の痛みがひどいときは脈打つたびに痛いので、運動は歩く以外は自粛している。

 太ってしまうかもしれないが、何を一義にするかは考えて決断するしかない。

 治りさえすれば元のような生活に戻していけると思うが、しばらくは自粛せざるを得ない。

 歳を取ると何もかも治りが遅い。これは認めてうまく自分と付き合っていくほかない。
幸い、1日1万3千歩のペースは保てている。

 当たり前のようにあるものが失われることが最も辛い。
 自分の体が自分の思い通りになることはとても重要である。

 何事も焦らず、うまくやっていくほかない。







Last updated  2017.01.21 22:06:05
コメント(0) | コメントを書く
2017.01.14
カテゴリ:ちょっとした話

 ちょっとダイエット日記はお休みで。

 体調不良から大分復帰したが、完全とは言い切れないあたりにいる。
 故にダイエット生活に完全復帰はし切れていない。

 治るまでは治ることが最優先なので、それはいい。

 楽天市場でちょっと薬を注文しようと手続きをした。EDY払いは支払いのURLを連絡してもらってそれで支払いを行う。
その連絡が来ないので、待っていたら支払いがないのでキャンセルしますという連絡がきた。

 なかなか見事な扱いである。
 買いたくてもこの支払方法では買えない店であった。

 ちょっと大晦日から買い物でケチがつくことが多いので、どうかなと思ってしまう。
まあ、悪いことを数えていくのはあまり前向きではない。

 いいことを数えていく人生でありたいものである。
 自分にとってあまり良くないものでも知ることができれば対処法を予めもっておく事も出来るし、近寄らない事も出来る。

 自分に対する厳しさは必要だが、必要以上に悪く考えることはない。
 ポジティブであったり、楽しみを見出すことは前向きな人生を生きていくために必要なことであると考えている。

 まあ、起きてしまったことはどうせ元に戻るわけではない。なら、ちゃんと何事も経験として生かしていこう。

 面白くなき世を面白く住みなすものは心なりけり

 である。(by高杉晋作)







Last updated  2017.01.14 21:45:24
コメント(0) | コメントを書く
2009.05.03
カテゴリ:ちょっとした話

地デジチューナーを買ってみた

 なんでかと言えば、テレビを買い替えるお金がない。
 HDDレコーダーも買い替える余裕がない。

 それでも準備はしないとね。

 その結果、お金が貯まるまでは、凌がなければならないという結論です。

 映りました。見えました。まあ、それだけだなあ。

 単純にチューナーを買うだけなら安いですね。1万円あればなんとかなります。

 地デジの悩みは、アナログならケーブルテレビから配信されている関東ローカル局が減ってしまい、とある番組が見られなくなってしまうことぐらいですね。

 それは極めて個人的な悩みではあるのですが。

 とりあえず、地デジの準備、始めました。ってところでしょうか。

 ところで、地デジの準備から思ったのは、これも消費拡大に繋がるってことぐらいですね。


 今までものが使えなくなってしまう。→買わざるを得ない。→経済効果が高い。→景気が良くなる。


 と言いきれるかどうかもわかりませんが、考え方ですよね。

 消費税も段階的に毎年あげれば、毎年駆け込み需要が発生しそうだが、そもそも上がってほしくないしなあ。

 まあ、世の中の仕組みが変わるって、そこに消費が発生するということなんだなあと思ったということです。


 皆さんも地デジの準備、始めてますか?・・・あの方は大丈夫なのでしょうかねえ・・・。


まあ、こんなのを買ってしまいました。








Last updated  2009.05.04 00:53:09
コメント(0) | コメントを書く
2008.05.11
カテゴリ:ちょっとした話


 最近、デジカメを新しくしたことで起きた悩みです。
 撮った写真のファイルサイズをみて驚きました。

 何でこんなにファイルサイズが大きいの??? 

 高解像度になって画素数が増えたことで、画像ファイルがこんなに大きくなるとは。

 パソコン初心者の方には、その後の取り扱いで困ることもあるのではというサイズです。

 ソニーのT100いいですよ。カメラに文句はありません。


価格は画像をクリックして確認してください。

 ところで、メールで画像を送りたいのにこのファイルの大きさはいただけません。
 数メガクラスのファイルになってしまうのでは、受け手に届かない恐れもあります。

 正直、悩んでおりました。

 その結果、見つけました。
 
縮小専用

 画質を落とさずに縮小してくれる(完璧とはいいませんがかなりいい感じです。)

 デジカメも性能が上がってしまって、高画質の写真を撮るとファイルサイズが大きくなってしまうから、他人にメールで送ろうとしてもちょっと苦労してしまうケースが出てきました。
 そこで、こういうツールを使うと、悩みを解消できる。

 このツールで、ファイルサイズを縮小すれば大丈夫。フリーソフト(ただで使えるソフト)なので、気軽に使えます。

 私と同じ悩みを持つ方にはお勧めのツールです。







Last updated  2008.05.11 19:34:20
コメント(0) | コメントを書く
2007.12.30
カテゴリ:ちょっとした話

 感謝還元企画です!!! 

 私のその他のサイトにありますパソコン初心者の為の情報集に掲載している情報を一挙公開します。
 皆様にとって役に立つものがあれば、幸いです。

 ほとんど自分の他のサイト紹介になっていますが、自分がこつこつ集めた情報ですので、何か皆様の役に立つものがあれば幸いです。

 初心者向けと銘打っていますが、まあそれなりにはありますので、何かが役に立てば幸いです。

パソコンの基礎知識
 |
 |-1.良いパソコンとは
 |-2.速いパソコンとは
 |-3.パソコンの容量とは
 |-4.どこで情報を仕入れるか
 |-5.ネットに接続するのに速さは大事?
 |-6.古くなったパソコンはどうする?
 |-7.パソコンを安全に使うために
 |-8.パソコンが苦手な人は?
 |-9.パソコンで出来ること
 |-10.パソコンの周辺機器とは
 |-11.バックアップはどうする
 |-12.フリーソフトって何?
 |-13.パソコンを買う時は


パソコンで知っておくと便利なこと
 |
 |-1.検索と辞書
 |-2.電車の乗り換え案内
 |-3.ちょっとコアな天気予報
 |-4.地震情報
 |-5.地図
 |-6.電車の運行状況
 |-7.タクシー料金
 |-8.飲み会の場所探し
 |-9.文章の翻訳
 |-10.専門辞書
 |-11.タウンガイド
 |-12.冠婚葬祭
 |-13.渋滞情報
 |-14.チラシなど、新聞の折り込み広告の一部
 |-15.メーラーソフト
 |-16.オフィス製品
 |-17.図書館の蔵書検索(東京限定情報)

 
 ざっとこんなものです。

 何か良いネタはありましたでしょうか。


 さて、皆様はどんな1年を過ごしたでしょうか?
 来年が皆様にとってさらによい年でありますように。 
 このサイトを訪問してくださった方々に最大の感謝を込めて。






Last updated  2007.12.30 17:52:40
コメント(0) | コメントを書く

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.